おもうことの最近のブログ記事

樋口広太郎氏 逝去

個人的に知ってるわけでもないのだけど。
著書などを通じて思うところがあった。

私が一番好きなビール、スーパードライ を販売したのも氏が社長の時代だった。スーパードライで一気にビールシェアを取ったという話がすきだった。

おいしいスーパードライをありがとう。と伝えよう。

合掌

一眼レフカメラの欠点

 いままで欠点などそんなに感じたことなかったのだけど。

どうしようもない欠点に気が付いた。

撮影した瞬間の映像は見ることができない のである。

この夏。ツバメを撮影していた。
ものすごく動きが早い鳥である。

とにかくたくさん夢中でシャッターを切る。(これとてフィルム時代には考えられないこと)

撮影を終えて、かえってからPCで何千枚という写真を見ていると、記憶にないけど、良いなぁと思うような映像がでてくるのである。
ツバメが空中で捕食している姿である。
猛禽類みたいだなと感じる瞬間である。

とにかく撮影中は夢中になっているからではなく、ミラーがあがっている瞬間の映像は肉眼では捉えていないということになる。

これは一眼レフカメラの最大最強の欠点だと、やっと認識するにいたった。

もっともメーカーによっては、そうならない仕組み(ペリクルミラー?)などを色々考え出しているようだけど、使っているのは極々一部の人らしい。

 いままでこんなに動きの早い物体を撮影しようとしたことはないので意識したことすらなかったのだけども。これはどうしようもない欠点だと再度言おう。

 何とかならんのだろうか?

その次に感じた一眼レフカメラの欠点は音だな。連射をバリバリやってると、最初は気持ちいいけど。うるさく感じて仕方ないときがある。大自然の一部にいると特にそう感じる。

 解決策は他の機種を使うことだと思うけど。
どんな機種ならいいのだろうか。
ゆっくり考えることにしよう。

おしまぃ。


今日は終戦記念日。

町を歩いていたら、ところどころで日の丸の半旗を掲げていた。
半旗とは弔うために掲げる旗のことである。

8月15日を終戦の日とし、戦争でなくなった人々(軍人・民間人)を弔う日である。
今年で67回目である。

だんだんと当時のことを知る人が減り、語りつぐひとも少なくなっている。

戦争の悲惨さも語り継がなくてはいけないけれども。
なぜ、戦争へ至ったのかのほうが大事だと思う。

生き残った人たちの話を聞くと、「戦争ってそういうもんだからな。人が死ぬんだよ」とかなり達観した意見を聞くことが多い。時間を巻き戻すことなどできないという現実には前に進むしかなかったのだと言う言葉も聞いた。

今年も戦争中の話を聞いた。
校庭に爆弾が落ちた学校の話。
「すり鉢状に校庭に穴があくんだよ」と言うので、「人が落ちるくらいの穴?」と聞いたら。。。
「そんな小さくない。深さ5,6mで直径10m以上のでっかい穴だ」と言うではないか。
想像を絶する破壊力だとやっと気がついた。もし直撃を食らっていたら人間など塵と化すほどの破壊力。

その爆弾が落ちた校庭の横にある校舎は木造で、爆弾の破片で穴だらけ。
天井をみれば空が見え、柱は傾き、床はガタガタ、雨は漏る。
「それでも建物があるだけましだった。勉強する場所はあったからな」と。
そんな学校に通いながら、学徒動員という名の下にいろんなところで働いたそうだ。

そして終戦を迎えた。
戦争中の終戦間近の食糧事情も悪かったけれども。
終戦後はもっと悪かった。と。

そして振り返るように語った。
「よく生きていたとおもうよ。あんな時代があったなんて。おまえらにはわからんだろけど。」
「忘れられないよ。あの夏の日々のことは・・・」
それぞれの人に多くの想いがあった夏だったのだ。

そんな言葉・想いを語る人々も少しずつ減っていく。

終戦記念日なのであった。
おしまぃ


世界不況への入口

ニュースをみていると。
オリンピック以外あまり明るいニュースはない。

今年のアメリカでの穀物市場は値上がり一方だし。
ヨーロッパの金融は何かが狂い始めているし。

日本の隣国は日本を悪者扱いするし。

日本では増税法案がとおりそうだし。 

ロンドンオリンピックが終わったら
何かが崩壊するんじゃないかと思う。世界不況が本格的にはじまるということだ。
そんな悲観的なことばかりではないと思いたいのだけど。

その前に何ができるか・・。

おしまぃ。

ロンドンオリンピック

柔道ではない、JUDO のルールの話である。

背中がつかなければ一本ではないとか、
脇腹がつけば技ありとか、

どうでもいいようなルールができていた。

あきらかに投げられて、一本だろと思ってみていても、背中ついてないから技ありになってたりとか、
頭でブリッジすれば背中がついてないだろとか、
柔道ではなくJUDOだからと思ってみていたが、
おもしろくないことこの上ない。

男子66kg にいたっては
どうみても日本選手が勝っていたのに、
旗判定では審判3人とも相手側(青)に挙げる始末。会場のブーイングは凄いもんだった。
それが審判委員全員(3人)の意見で覆り、旗が3本とも白になったりもした。
前代未聞のできごと。これなら審判などいらん。
 審判が青旗側に買収されていたんじゃないかと言われてもしかたないと思うような審判のジャッジだった。

そのほかの試合でも、3人の審判が明らかにおかしいのは何度も見る。
旗判定で他の審判が挙げるのに合わせて旗を選んで挙げる審判がいたり。なんで他の審判の挙動が気になるのか不思議ですらある。そんな自信のない審判ならやめちまえ・・・である。

ルール改正で変なのが足への攻撃がNGとなったこと。
もろてがり とか かたぐるまで 足への攻撃はできないことになった。
じっさいに、肩車をしようとした選手が反則負けになったりもしている。これは納得がいかなかった。
ただこのルール改正のおかげで前より良くなったという意見もあったようだが・・・。

よくルール改正することで特定の国の選手が有利になったりするので、ルールを決めるところから試合は始まっているとか言われるんだけども、JUDOもここまでルールが変わるとレスリングとなにが違うのかわからない。

技の名前で韓国投げとかいうおかしな技もでてきたし。他にもへんな技がでてきそうで嫌だね。

JUDOと柔道は別物だとあらためて思う。
日本の柔道選手がJUDOで勝てないのは驚くことではなくなってしまった。
柔道人口が増えたことを素直に喜ぶべきだとも思う。

心配なのは、日本発祥の競技JUDOがルール改正が続くことでおもしろみがなくなり、競技として五輪種目からなくなる可能性だってあるんではないか ということである。 

きれいな一本だけが結果となるような柔道をみせてほしい。

おしまぃ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は土用の丑の日
夏バテ防止に
うなぎを食べる習慣の日

昔はウナギなんて高級食材だった
めったなことでは食すことなど出来なかったものだ


 それがいつからだろうか 中国産が出回り始めたころからだろうか
安く買えるようになった

ところが今では資源が枯渇し再び高い物になってきた

そこまでしてウナギを食べたいか?


と思うのであった


イチロー選手

シアトルマリナーズのイチロー選手が、なんと電撃移籍した。
行った先はニューヨークヤンキース。

移籍発表してから4時間後にはニューヨークヤンキースのユニフォームで試合に出るという電撃ぶり。

イチローといえばマリナーズ。
であるのは間違いなかった。

イチローのいるマリナーズはあまりに当たり前になりすぎてマンネリ化していたと思う。

それにしても急な話だったと思う。

ヤンキーズ行ってからも大活躍することだろう。

それにしても。

おっどろいた。

おしまぃ

三成堂書店 という本屋さんが国分寺にある。

kokubunji-sanseidou.JPG


 国分寺に出店したときからのお気に入りの本屋さんだった。35年くらい前にできたのではなかっただろうか。

知り合いに国分寺にも「さんせいどう」があると言ったら思いっきりうさんくさい奴だとおもわれたことがある。w
三省堂(さんせいどう)といえば本屋さんとして有名な店。
発音が同じのため誤解されたのである。
それも懐かしい思い出になるのだろう。

ここで買った本は数知れず。
 私の知識の多くはここで買った本から得たと言っても過言ではない。
辞書などもここで買ったし。
一日中、本を探して立ち読みしていたこともある。

その三成堂書店が今月6月いっぱいで閉店なのだ。

私の記憶の一部が消えていくような感じ。
街の風景も少し変わる。

何かとても寂しいのである。

いままでありがとう。

久しぶりにガソリンを給油する。

当然レギュラーである。

この半年ぐらいはいつも行く、少し遠いけど安いガソリンスタンドを使っていた。

今日。

出かけた先で給油したのだ、タンクはほとんど空だった。

しばらく走ると何かが違うことに気がついた。

エンジンが良く回るのだ。アクセル踏むといままでより軽い感じ。

気のせいと言うには少し違いが大きい。

同乗者も音が違うねと言う。

うーむ。
何が違うのだろうか?

そこで思った。
ガソリンの品質ってそんなに違うのだろうか?
いちおう規格があってそれが大きく変わることはあるまい。

でも、違うんだろうと思ったしだい。

おしまぃ。

Amazonという通販サイトがある。
いまや、知らない人も少ないだろう。

私はとてもたくさん買っていると思う。こまごましたものを。

最近はAmazonに出店している会社も多い。アマゾンの通販システムを利用しているだけのところ、アマゾンの配送もつかっているところなどたくさんある。

出店している店がどんな店かよくわからないのが一番怖いのであるが、Amazonのやっている評価などをみて、これなら大丈夫かなと思って使うわけである。ほぼ完全に個人商店のようなところも多い。

アマゾンが責任を負わないとはいえ、アマゾンに出店するぐらいだからまともなのだろうと思っていたのだけど。。。。
最近怖いと思って使うのをやめることにした。
なぜかというと・・・。

 アマゾンで買い物して、その店のアンケートを答えることがある。そこに不満があったのでそのまま書き込んだのだ。そしたらなんと出店しているところから取り消せとメールがきたのだ。一度目はやんわり断ったのだけど、二度目の取り消し依頼のメールが来たのだ。
 これを見て思った。アマゾンの評価は正しくないなと。私以外にもこのような依頼をされている人が山ほどいるのだろう。
 アマゾンが本気で出店している店を管理するつもりなら、メールの内容はチェックするはず。今回のように出店する側に有利な情報はそのままにすることが、アマゾンの利となるのなら、正しい評価などホームページ上に反映されるわけない。 正しくない評価だとわかったのが今回の収穫であった。

 さらに怖いと思ったのは、正しくない評価をされたと逆切れするような店(または責任者)だった場合は、嫌がらせなども可能なのだ。住所は配送先から全てわかっているのだから。書き込んだ内容しだいでは何でもありえるだろう。

 アマゾンに出店している店で配送票も納品書もないような会社にも出くわしたこともあった。日本の商習慣から言っていまどきありえないだろと思ったりもした。

 そんなことを思ううち、通販で身元不明ともいえるような会社から物を買うのは気分悪いので今後使わないことにした。というかそれはあたりまえで。アマゾンに出店してるから安心というのが、なくなっただけである。アマゾンはアマゾン直送だけを使うことにしよう。

 信頼とは時としてお金によって手に入れるものだと気がつくのである。
おしまぃ。

中野にある中古カメラ屋さん。

ときどき行くのだ。
衝動買いを抑えつつ。
買う。

久しぶりに行って、中古レンズを買おうとしたら
店員の対応が悪いこと悪いこと。
他に客がいて忙しいわけでもないのに。
いくつか中古レンズをみせてくれと言ったら、どれも同じでしょ。とか言ってみせてくれないわけ。
それもかなりぶっきらぼうな言い方。

暇もないので、一つを選んで買ったのだけど、それも早くしろよという圧力に負けた結果。

帰ってからつけてみると、しばらく使っていると異音が出始めた。
たしかに確認したときは最初はでてなかったからな。。。
持って行く暇もないし。。。
買ったときの対応もあり気分最悪。
中古の外れほど気分悪い物もないって久しぶりに感じた。

ここは店舗が3つあり、めずらしく、ジャンクとか雲台もみて小物を買ったのだが、
その2カ所で釣り銭を間違えて、それもこっちが指摘したらムスッとした顔で渡すのであった。

一つ店でこんな待遇を受けまくるとは。厄日だったのだろう。

もういかねぇと思ったのんだけど・・・。
間違いなくまた行くだろう。w

そんだけおもしろい商品があるのである。

今朝のNHKのニュースで。

九州大学のどこかの人が、バングラデシュの農村で自転車発電を始めたと言っていた。
自転車に車のオルタネータを取り付けた発電機を作ってバッテリーに蓄えるのだ。
そうすることでLED電球を照らすことができて明かりのある生活を手に入れることができると。

仕組み自体は別段珍しい物でもなく、よく遊びで作っている人がいる。
自転車を利用したのはバングラデシュでも田舎町のどこでも自転車屋があるからだという。

ただ、発電量に応じてお金を支払うという仕組みを導入していた。
まさしく! 人力発電所である。

まさかこんなに早く実現するとは思わなかった。
人力で発電することで経済が回るなんて・・・・。
経済が未発達で電力事情が悪いから実現しているということではあるが、いつまでこんなことが続くのだろうかと思う。
この仕組みが発展すれば大規模人力発電所というのができて、ぞの中では刑罰として自転車を漕ぐ人が鞭に打たれながら電力発電するようになるかもしれない。とSFチックな風景を想像してしまうのである。そうならないまでも経済格差により金のある人が金のない人に自転車発電を強要するような風景もでてくるかもしれない。


日本など先進国ではダイエットのために自転車を漕ぐ人は多いわけだが、生活のために自転車を漕ぐ人はいない。
ニュースで最後に日本でも実現する日がくるかもしれないなんてことを言っていたが、冗談じゃない。知恵と知識を積み重ねた現代日本の電力事情がある。それを人力で発電で代替えする日がくるなんて少しでもNHKは期待しているのか? 馬鹿も休み休み言えである。そんな日がきたら本気で人間やめたいとに思う。
 あ、原発が止まって電力事情が悪くなり電力が高騰したら、日本でも人力発電所ができるかもなぁ。

それにしても、「ショッキング」なニュースであった。
目が覚めてしまった。
おしまぃ。
 

東京大学の入学時期

何年後からかは聞きそびれたがニュースで言ってた。
春4月入学を秋9月入学に変更するらしい。
欧米では9月入学が多いらしい。世界の7割欧米では9月入学。
反対にインドなどでは4月入学らしい。
国際標準に合わせることで人材交流が進みやすくなるという。
わからなくもないな。

でも桜の季節の入学式という風物詩がなくなるのは寂しくも感じる。
感傷的なものではあるが。

高校卒業から大学入学までの時期や、
大学卒業から入社までの時期について
どうするのかという声があるが。
そんな暇があればいくらでも勉強できることを喜べばいい。
暇をもてあますような奴は東大には行けないだろうからw。

就職時期に関しては一括採用には全面的に反対だと個人的に思っているのでどーでもいいかな。

優秀な人材ならいつでも会社は門戸を開いている。
問題なのは、雇用の義務があるとかいわれている現状だとおもう。

おしまぃ。

Canonのドキュメントスキャナ
Canon imageFORMULA DR-M160


使ってみる機会があった。
性能は良いのか?
とても興味があったのだ。
後日:使えない機器であることが判明した・・・。

DR-M160 の評価をしてみる。

 私は現在FUJITSUのS1500を2台体制で自炊をしている。にもかかわらず、なぜこのマシンを使う検討をするかというと、あらたに20年ぐらい前に埋蔵した本が段ボール箱で10箱分も発掘(?)されてしまったのだ。これだけの本を見て、「自炊作業が永遠におわらないかも・・・・」と思うに至った。そこでより高性能なスキャナはどんなものか検討することにしたのだ。

カタログスペックで良いと思われた性能は
解像度にもよるが300dpiで40枚(両面だと80面)/分の性能。これはFUJITSUのS1500のちょうど2倍の性能。
 紙送りの性能が良さそう。
の2点。

私の使い方は300dpiの両面カラーでスキャニングするのがほとんど全て。個人的な意見ではあるが、200dpiと300dpiの違いは大きい。300dpi以上になると拡大しないと違いがわからない。と思ってる。画像重視の場合は600dpiで取り込むこともある。

 で、使ってみた。
●最初の感想。
設定方法がよくわからん。DR-M160は動かす前に電源を入れて、PC上にソフトを立ち上げる必要がある。(良く考えればこれがあたりまえだが) S1500は常駐ソフトが起動して自動的にソフトが起動する。

●読み取り速度
A4ほとんどフルサイズのページ数650ページ(325枚)の本を投入する。
は、速い・・・。 これはすごい。紙の誤送りもない。(これは紙質良いのを入れたからな。)と思っていたら20枚近く読み込んでから急に紙送りの速度が遅くなる。何が起きた? と思っても原因は不明。おそらくデータ転送速度がボトルネックになりPC側に取り込まれないためバッファがいっぱいになり読み込み速度が遅くなったのだと思われる。
 読み取り速度が遅くなるくらいなら、S1500で十分でしょ。なんじゃこりゃ。
 その後設定を200dpiにして読み込みをすると転送データ量がすくないためか、最後まで読み込み速度が遅くなることはなかった。この機器は200dpiで使うには良いのだろう。
 また紙送りが遅くなるだけならまだしも、スキャナ側で取り込みが終了したので紙を追加しスキャンボタンを押してもデータ転送中はスキャンが始まらない。とても使いにくい仕様である。遅いなら遅いなりにスキャンを継続してほしいのである。
 スキャン終了後にファイル保存するのにやたら時間がかかる。何をしてるのだ?

●紙送り精度について。
これはまだ何とも言えないが、2枚くっついていたページを読み込んだら、かなり強引にとりこまれてしまった。途中で止まってくれればいいのに、シュレッダーのように強引に吸い込むのを見て、「やめてくれぇぇ」の心境であった。S1500はもともと紙送り速度が遅いせいもあるけどさほどの恐怖はない。 とはいえ、紙を分離して送る性能はS1500よりずーっと良い。それは間違いない。
 本の自炊の場合 ページが重なっているだけでなく糊がついてページがくっついていることのほうが圧倒的に多い。そのようなときには吸い込まれないのが最も正しい機能であり、DR-M160はとにかく速いのでその分被害もでかくなるのである。 

 紙送り精度に不満がでた。
 速度が速いからかおかしいのかもしれないが、ごくごく稀に縦につぶれたような画像がでる。それも微妙なのだ。ホントに少しだけでる。最初は印刷がへんだったのかと思ったが、そうではない。はぁ・・・・。こんなのありか?

●取り込んだ絵の画質。
 S1500のほうが私の好みである。色も線の太さも。DR-M160だとまず色調が変。青が緑がかったりする。 これは調整できるようだが、こんなの膨大な本を前に一々調整する暇なんかないだろ。キャリブレーションされたディスプレイでみればまた違うのかもしれないけどね。
 スキャンした文字の線が太くなる。コピー機で濃淡を濃くしたような感じの画質。これも調整できるのだろうか?まだやってないができるものなら薄めにしたい。濃くにじんだようになるのは好きでない。
 良い点が一つある。裏面の写りが少ない。そのような設定ができる。S1500よりも透けた裏側の影響が少ないようだ。しかしこの機能を使うとスキャン速度は遅くなるようである。
 あくまで推測だが、CISセンサーというのは被写界深度が浅いらしいのでピンぼけぎみになりやすいのかもしれない。だとしたら打つ手はないとおもわれる。
 画質の悪さを補おうと後処理でAcrobatで何かしても良いのだが、たいていの場合さらにひどくなる。うまく使いこなすのに時間がかかるのは本末転倒なのだ。

●PCの要求性能
 マニュアルにはCorei7 2.8GHz以上が十分に満足に動作する推奨条件となっていた。カタログなどにはCore2Duoぐらいしか書いてなかったと思うのだが・・・。


●テキスト情報生成(OCR?)
 文字OCR機能もついているのだがこれがとても速い。S1500では取り込んだあとに別プログラムでテキスト情報を追加するのだが、本機のソフトでは取り込むと同時に行っているようだ。最後にファイルを保存する時点ではテキスト情報生成済みのPDFファイルができてる。これはすごいな。でも、そこまでする必要はないな。本をすぐ読むのが目的ではなく溜め込むのが目的だから。

追加情報。この付属ソフトのOCRは使えない。認識精度の問題ではない。PDFファイルとしてOCR後の選択部分の表示が汚いのだ。一文字ずつの認識となっているようで行まるごと選択すると文字ごとに範囲の違う選択結果が表示される。それはとても汚い。もっとも認識精度については評価してない。もしかするととても良いのかもしれないが、たとえそうでも使う気はしない。
 DR-M160でスキャンしたPDFファイルをScanSnapOrgnizerというScansnap1500についている付属ソフトのOCR機能を使おうとしてもできないことが判明した。Scansnapでスキャンしたファイルではないと断られてしまうのだ。そこでAdobeAcrobatのOCR機能を使って再度OCR化することにした。
 AdobeAcrobatでいちいち処理すると結構な時間がかかるのである。これをするくらいならScansnapのほうが楽だ。

●コスト
買うとなると、Amazonで130000円。S1500は40000円 この差はあるかなぁ。。

●総評
価格差と性能を考えるとこれを買うのは躊躇する。(後日:買ってはいけないと思う。に感想がかわる)
S1500の2台体制で十分。 S1500の画質に不満がなければ代える必要はない。
本機の紙送り精度だけは良いと感じる。
紙送り速度は300dpiだと遅くなるし。 画質も私の好みではない。さらには、付属ソフトの使いかってもS1500のほうが使いやすい。細かく設定しなくてもS1500のほうが気楽に使える感がある。
 カタログなどでは丈夫にできてることを売りにしているけど。たいしてジョウブではない。値段にあった性能というだけである。

ほぼ同等性能のFUJITSUのfi-6140という機種がある。これにはScanSnapモードというのがあるらしい。これなら操作性に違和感なく移行できると思う。これも使ってみたいものである。


 このような不満レポートでしたが、もう少し使う機会があるので、良い点が見つかったらまた記述します。
おしまぃ。

情報革命
昔から、電子化された情報を扱い効率をあげることを情報革命というようなことは多い。

最近、自らの蔵書をひたすら電子化している。読まないと思われるような本から買ったばかりの新しいものまで。電子化した本はPDF化し全文検索できるようにしている。

そうするとどういうことがおこるかというと、いままで買った本すべてから検索して情報が取り出せるのである。これは凄いことなのである。インターネット上にほしい情報の多くがある時代にはなったけれども、著作権などの問題がある書物はインターネット上では検索対象とならない。

 個人の蔵書だけでも多くのことを考えることができるわけだが、
世界中の本をすべて検索できるような話になるととてつもなく巨大な情報プラットフォームができるのではないだろうか と思うに至ったのである。

 ちなみにアメリカでは大学などの図書館などの本、古書から最新刊までありとあらゆる本を電子情報化し検索できるようにするプロジェクトが進んでいるという。
 著作権がなければ新しい文学などが金銭的欲求から生まれる道がなくなるという反対意見もあり、日本はまだそれにしばられているのが現状である。
 しかしアメリカを例にとって見れば巨大なデータベースすなわち「力」であるというもっとシンプルな考えを元に世界を発展させようとしている。アメリカのような考えをもとに情報を誰もが手に入れられれば、情報を持つものと持たざるものの格差は、より大きな経済格差を生むことになるはずである。

 何が言いたいのかというと。 
 世界中のありとあらゆる情報を簡単に手に入れられるグループ(アメリカ)とそうでないグループ(例えば日本)などでは競争力に差がでるだろうと言うことである。
 日本では著作権が本当の情報社会への足枷になりつつあると思うのである。著作権による権益の保護もわかるが、それ以上に手に入れなければならない情報化世界は大きいと思う。
 
 さらにもし全ての情報が自由に手にはいるような社会になったら現在のどんな商売がなりたたなくなるか考えてみたい。
・本屋さん すべては電子データで家にいながらにして手に入るのだ。
・印刷業者 本がなくなれば印刷するものも激減するはず。
・製紙会社 印刷しなければ製紙会社もいらないだろう。
・文筆業  作家。残念だが今の著作権による保護がなくなったら魅力はないだろう。
       何か良い方法がないだろうか。 これが一番の問題だとおもう。

情報に対する対価をどのように回すかという仕組みが重要になる。そのサイクルに「紙」や「本」という媒体はなくなるのである。

今はだれもが手探りでビジネスを考えているが、決定打は今のところない。
これらの仕組みを新しく考えた人が、次世代への扉を開くことになるのである。
「日本での」情報革命。これからが本番である。

おしまぃ。

本の自炊で思うこと

自炊:自分で炊飯すること。
自分で料理をつくることで食費を節約すときによく行われる。
とまじめな話ではなく。

書籍の情報をスキャナで自分で吸い取る→自吸(じすい)
から転じての自炊。

ここのところ自炊をやっているのだ。
ScanSnapS1500を2台体制で行う。
2台つかっても2倍の効率にはならない。効率的には1.7倍ぐらいが限界。
そしてPDF化した情報を目視でページ数とか余計な紙(栞とかアンケート葉書)が挟まれてないかを確認する。
この目視確認の作業を行うのがとてつもなく大変なんだが、これを省くとせっかくの努力が無に帰すことにもなるのである。
ごくごく希に2枚同時に読み込まれページが落丁したりするのだ。S1500では検知機能があるため今のところページ飛ばしはないが万が一ということはあるのだ。

また2台でやっていると疲れたときにうっかりトンでもないことをしかねないのである。上下逆さにいれたり、凡ミスが増えたりする。どんなに手順を考えてもこのミスはなくならないだろう。

となるとやはりScanSnapS1500よりも高速な機械がないかと探したのであるが、、、、
これがぴったりなのがない。お金を出せばあるようだが。

そもそもS1500でのUSB2.0接続でほぼ転送レートがほぼ限界らしい。これ以上早く読み込んでもスキャナからPCへの転送が間に合わないとかで、たいして全体のスループットが向上しないのだそうな。 これについてはそうではないと後日わかった。でもどのくらいが限界かは不明。

となると次期機種に望む事は以下になる。

・USB3.0で転送でのスループットが十分確保されること。
・一度に読み込める紙の量を多くできること。S1500などの機種では少し厚手の本では本を何回かにわけて読み込ませる必要が出る。最初のうちは不満はなかったのだが、あまりに多量の本を処理する必要がでるとさすがに面倒である。

・読み取り速度がS1500の2倍程度以上になること。これは速ければ速いほど良い。これはありそうですくないのである。実はS1500はかなり性能が良い。高い機種で速いと思っていても解像度が低い時の条件ということもある。S1500と同等の解像度にすると遅くなる機種はけっこう多いのである。

・解像度はS1500と同等。600dpiはほしい。カラー画像はきれいに取り込みたいのだ。

・これだけ贅沢を言ってなんだが安価なこと。せめて15万円以下でほしい。

あえていうなら、CanonのDR-M160が希望の性能をもっていそうなのだが、USB2.0がボトルネックになってないか知りたいのである。もしUSB2.0の転送速度がボトルネックになっていなければこれを使ってみたい。
ちなみにDR-160Mの300dpiカラーでの読み取り速度は片面40枚/分 両面80面/分 となっている。これは ScanSnapS1500の2倍の速度になる。2倍の性能に3倍以上のお金を払うのは気が進まない。すでにScanSnapS1500を2台体制にもしているし。
 DR-M160の300dpiグレースケールでの読み取り速度は片面60枚/分 両面120枚/分となっている。これを見るに、機構的には60枚/分のカラー読み取りは可能なのにUSB2.0の転送速度がボトルネックになっているのではないかと思ってしまう。ほかにも画像処理速度などが原因ということも考えられるけれども。そうだとすると、これと同じでUSB3.0を搭載すればそれだけでスループットがさらに上がることも考えられるのではないだろうか?(あくまで推察です。)

いろいろ考えたわけだが。
以上の性能を満足させてくれるS1500の上位機(後継機)はでないだろうか。

しかしスペックを見ればみるほどScanSnapS1500はコストパフォーマンス高いな。

などと調べていたら、先月、FUJITSUから業務向けの機種がでていた。
fi-6140z である。これも性能はいいな。これにするかな。。。

おしまぃ。

定年退職制度

現在の制度である。
定年は60歳となっていたときは、60歳になったら会社を辞めなくてはならなかった。
そういう決まりだから。
どんなに有能でもだ。
 大きな会社なら、有能なら子会社へ行くとかいろんな道がある。

最近、定年退職制度を廃止するという話がある。
当たり前なんだけど。
単純にそういうことをするとどうなるかというかわかってない人が多い。
例えば。マクドナルドでは定年退職制度をなくしたら、年寄りが自分の仕事を守るため若手に業務を教えなくなったのだそうだ。新陳代謝が進まなくなるのである。マクドナルドは結局定年退職制度を再度取り入れたとニュースで見たことがある。

 では、どうすればいいか?
簡単である。企業が社員を能力を理由に解雇するのを認めることである。現状できることにはなっているが、現実はできない。雇用される側の権利は極めて強いのが現状である。無能でも会社に残る道がある会社などごまんとある。 大きな会社ほどそうである。 
 解雇された人間は今の社会では生きていけない。今まで以上に大胆な高年齢者の転職市場をつくられなければいけない。・・・本音をいうとそんな社会は望まないけどね。

会社がお年寄りのセーフティネットの役目を持つことを期待していた時代は終わった。
しかしその仕組みは変わっていない。

それは社会全体の国の活力を奪っている。
しかしそれを変えることはしないだろう。それが世代間闘争である。
若者はいつだって怒って改革を叫ばないといけないのである。(あまり過激なのはだめぽ~)

おしまぃ。

水戸黄門
今日で最終回。
42年間つづいた長寿番組も今日で見納め。

私が生きている間に終わるとは思わなかった。
未来永劫続く日本の時代劇になるかと思っていたが・・・。
とうとう終わりである。至極残念である。

勧善懲悪をストーリーとする時代劇もどんどん減ってしまった。
 桃太郎侍
 暴れん坊将軍
 遠山の金さん

すぐに思いつくのはこれくらいしかないけど、最後はお上が正しい裁きをして終わるというストーリーは日本時代劇の決まった筋立て。 
毎回同じようなストーリーで飽きそうなもんなんだけどね。

お上が善政をひいているという前提のこのようなストーリーは、今の日本には適さなくなってきたのだと思う。今の日本のお上はどーもおかしい。。。
だからこういう番組も人気がなくなったのか???

今日の水戸黄門は2時間スペシャル。
いままでの主要人物がみんな参加している。
見ごたえあるね。


腹黒い代官とか、金に困った藩主とか、悪徳商人とか、おもしろいようにでてくるストーリーを見るのももう終わりかと思うと寂しい限りである。
おしまぃ。

従軍慰安婦などという言葉を使いだしたのは戦後のことらしい。
従軍看護婦などはいたらしい。

とある反日勢力がそのような言葉を使い出したため、広まってしまったのだ。

韓国大統領が日本にきて、「詫びて賠償しろ」と言う。
あの戦争のことはすでに両国間の条約で解決している。お互いに何も要求しないということで。

今回。どじょう総理は、法的には解決しているが、人道的観点からなんとかすると お金をだすつもりらしい。
見事な二枚舌の言い方である。さすが政治家である。
法的に解決してるなら金など出すことはないのだ。

結局、韓国のゴネ得なのである。
何か昔のことを言えば日本からお金がもらえると思っているからこのようなことをする。
本気で日本と未来を作ろうなどと考えていないのだろう。

我々もそのような、言いがかりをつけることが好きな国が隣にあると良く理解しておいたほうが良いだろう。

おしまぃ。

小宮山大臣は言う。
定年を65歳にすると。

何をいうかな。。。。
定年制を廃止するというなら年齢を理由に解雇できなくなるということで歓迎することであろう。
イギリスなどはそうしたらしい。

それを65歳まで「解雇してはいけない」となると話が違う。
雇用を強制されれば企業はなりたたないのだ。

人材流動化と定年制廃止は可能と思うが、
定年を65歳に固定するのは弊害のほうが大きいだろう。

使えない爺が若者をさらに圧迫するのは目に見えている。
法制化してはいけないことだと思う。

シルバー人材の人材流動化を進めれば自然と死ぬまで働ける(好きなときまで働ける)という環境ができるのではないか?

固定化はいけない。
おしまぃ。

今日、12月8日は開戦記念日。

70年前の昭和16年(西暦1941年)12月8日(日本時間)の今日。
日本はアメリカに戦争をしかけたのだ。

太平洋にあるハワイのパールハーバー(真珠湾)に攻撃をしかけ西洋白人の支配する世界に敵対することを示したのである。

当時の多くの日本国民が沸き立ったのは言うまでもない。
私の知る古老も語ってくれたことがある。
「軍艦マーチが街に鳴り響き、なんとも高揚した気分じゃった」と。

それが戦というものなんだろう。悲惨さの影にある高揚した感じ。

アメリカはこの真珠湾奇襲に対し、「リメンバー パールハーバー」と言い日本の卑劣さに負けるな!と国民を鼓舞し、第二次世界大戦を戦うのである。

NHKなどでは、この作戦に参加した旧日本兵(すでに齢90歳)の老人をテレビにひっぱりだし、「戦争が生み出すことはない」 などとコメントさせているのである。90歳の爺にむりやり語らせているとしか思えないのである。

この戦争が生み出したものはとても多くのことである。白人支配が強まっていた列強支配の時代に、日本は唯一反抗し、その後の東南アジアの新しい歴史をつくりだしたという意味において、この第二次世界大戦で生み出したものは計り知れないのだ。

 NHKが戦争は悪だというような報道をするたびに思う。悪はNHKじゃ。と。
そんなに我々の先祖がしたことを悪くいうなと。 悪くいってもなくならないのはなぜだとも。

戦争したからこそ新しい秩序が生まれたということを忘れてはなるまい。その秩序の多くは現在の東南アジア・極東アジアの新しい礎となったということも。
 戦争において死んでいった多くの日本兵だって多くの大義名分を掲げて戦ったのだ。
それらを全て否定するような報道も考えも納得がいかないのである。

ちなみにこの開戦の2日後、12月10日にはイギリス戦艦のプリンスオブウェールズとレパルスを日本海軍航空機が雷撃・爆撃により沈める。

緒戦は意気揚々の日本軍なのであった。。。

おしまぃ。

大阪都構想

大阪府知事、大阪市長の同時選挙があった。
維新の会の橋本氏が市長、松井氏が知事に当選した。
圧勝であった。

選挙活動中に大阪都構想 をあげていたのだ。

日本には東京「都」という都(みやこ)がひとつあるのだ。2つあってはいけないらしい。
なぜなら「都」は天皇がいるところという意味らしいから。

もし大阪「都」が実現すると日本には東京「都」と大阪「都」のふたつの都ができるわけだ。
そうなるとそれぞれに天皇も必要になるってことだから・・・。

現代版の南北朝だな。w

いや東西だから
東西朝とでもいおうか。

新しい歴史がつくられるのだろう。w

おしまぃ。

経理の本
経理について書いてある本。

昔、仕事で経理事務とは何か理解するために買った本である。
物の見事に読む機会がなかった。
そのとき言われたのだ。

「今から本読んで勉強するような奴に仕事なんか任せられるか」

至極当然なんだが、では誰か代わりの人間を準備してくれとSOSを出しても、誰も聞いてはくれないのであった。

まぁそんな本を古本屋に売るのも癪なので、全部自炊して電子化しておくことにした。
少しは役に立つ日が来るかもしれないし。

・・・なんておもってるうちに、世の中代わって使えない情報になってしまうのだろうよ。

ちなみに自炊した本は
西東社 という会社の本。
東西ではなく、西東 というのが少しいいなぁと。
この会社の本、おそろしく紙の質が良いのだ。電子化するために本をバラスのがもったいないくらい。価格も安いのだ。読まずに買っただけになったことが本に対して申し訳ないと思う。


おしまぃ。

富士山を世界遺産にしようという動きがある。
すでに20年も前からやっているらしい。

冷めた見方をするならただの山だろ? 世界遺産にするほどの価値はあるのか?

日本のシンボルだからというけど、それだけで世界遺産にする価値はあるのかな?

芸術作品のモチーフになったからというけど、芸術が大事で、富士山はただの対象では?
ウンコまみれの富士山を世界遺産にする必要はないと思うけどね。^^;

ちなみにいままでは自然遺産、今回は文化遺産で申請するらしい。
文化遺産なら周辺の神社とか、浮世絵そのものがいいのでは?

無理に「遺産」にしなくてもいいじゃん。現役なんだから。
おしまぃ。

現在のロゼッタストーン

ロゼッタストーンとは古代エジプトにおいて、同じ事柄を複数の言語で書いた石板である。これのおかげで複数の言語の対訳がつくられヒエログリフなどの言語解析に役立ったとされる。

最近、NIKONのカメラにはいっていた説明書をよむと、なんと20カ国もの言語で書かれているものがある。

で、思った。
これはロゼッタストーンだな。
様々な言葉で同じことが語られている。

数千年後に、この紙が発掘されたとき失われている言語はどれだろうか。
日本語は残っていてほしいね。

おしまぃ

Lenvoの通販

  Lenvoの通販でノートPCを買った。
  納期は1~2週間。少し急いでいたけど待てない時間ではない。
  3日ほどして、出荷しましたのメールが届く。思っていたより早いぞと喜ぶ。
  で、翌日届くとおもったら、届かないのである。

  おかしいなぁと思ってLenvoのHPから調べると。。。
  海外の工場を出荷しました。だってさ。。。
  いつもアマゾンとかつかってると出荷の連絡の翌日にはだいたい
  届くから勝手に翌日届くと思ってたほうが悪いんだ。

こういう物流を理解しないといけない時代なのである。
おしまぃ。

DVD-R
 DVD-Rを買おうとした。2枚だけ。急ぎの用である。
 途中の駅で探すのだけど、ない。全然ないのである。
 文房具屋にあるけど、かなり古そうで埃かぶっていて、一枚単位ではないし。
 ダイソーにいったらCD-Rはあるけど、DVD-Rはない。
 しかたなく隣の駅の駅ビルにある電気屋で買った。
 いざほしいとなると無いものなんだなぁ。

おしまぃ。

時々、京王バスに乗る。

降りるときに、「ありがとうございます。」と言ってくれるのである。
最初のうちは丁寧だなぁと思っていたのだが。
最近思う。言わなくていいんじゃないか?
終点で降りるお客さんが多いところで一人ずつに言っているのを聞くと大変だなとしか思えないのだ。

それに言い方も丁寧に言おうとしているのはわかるけど、後半になると疲れが見える。w
「ありがとっござっいまっす」、、、なんて感じで。

あまりにぶっきらぼうな対応されると頭来るけど。そんな運転手に会ったことはないし。

普通に運転して普通に案内してもらっているだけで満足なんだ。

おしまぃ。

電力自由化

そもそも電力自由化ってなんだ? いまでも自由化されてないというのはどういうことだ? すでに、決められた単金で電力会社は購入することになってないのか? 

それを自然エネルギーだからという理由で定額での買い取りというのは正しいのか? それこそが利権の巣窟になるだけではないのか?

電力を自由化すると電気代は安くなるというけれども。本当だろうか?
うそだとおもう。複雑になった分だけ価格は上昇する。電気代金について重要なのは、寡占だろうが競争状態だろうが、料金に透明性があること。それだけ。

競争原理を働かせるためのプラットフォーム作りがとても大変なのだ。
送電網を多重化するのか? 電柱の上の場所はすでに過密状態の場所も多いのに?

管をはじめとする内閣が70日の延長をすることにした。

長引くことでなにをするのかといえば。
じぶんたちに都合の良いような情報をばら撒くのだ。
電力自由化は良いとか。
風力発電・太陽光発電は良いことだ。とか。←これについては反対する理由もないけど。

ただいえるのは、自分の持論(自然エネルギー推進)を通すために

震災対策、被曝対策をほおりっぱなし。後手後手で何もしないなど。
おそろしくおろかな管はじめとする内閣。

誰かがいっていた。日本の首相はアメリカ大統領以上の権限をもっていると。
こんなときににそれがわかるような状況になった。

1日も早い退陣を望むとしようか。
あぁ話が違う方向へ行ってしまった。

おしまぃ。

計画停電などが今年の夏にあるかもしれないといわれている。

思うのだ。
電気料金体系を今より複雑に何種類かつくればいいのではないか?

たとえば:
Aランク:発電所からの送電ができなくならない限り
      給電する。もちろん一番高い料金体系
Bランク:発電量の98%の需要量になったら給電停止
Cランク:発電量の95%の需要量になったら給電停止
Dランク:発電量の92%の需要量になったら給電停止
Eランク:発電量の88%の需要量になったら給電停止

当然、Aランクが一番価格が高く、Eが価格が一番安い。

個々の家庭で複数のプランを混在させることもできるようにする。
Aランクで10A(アンペア)、Cランクで40A(アンペア)
正直とっても使いにくいだろうけどね。Aにつなげる機器とCにつなげる機器を別に扱わなくてはいけないだろうから。

さらに、実現するためには、スマートグリッドほどではないけど、インテリジェントな配電盤が必要となる。個々の顧客ごとに複雑な上限を設けなくてはいけないのだから。
できることなら、設定には通信技術による遠隔操作で実施できるようにしたいだろう。

実現するには、これらの情報を統括して管理する仕組みとか、
信頼性とか。いろんな技術が必要になる。
すぐにできる技術ではないけど。

スマートグリッド一歩手前の技術として個々の家庭への電力供給をコントロールする技術は先に普及させておいても良いと思うのだ。

このくらいのことなら、時間はかかるけどできると思うんだけどどうなんだろ。

電気はお金さえだせばいつでも手に入るというのはすでに過去のものにしてもいいのではないか? そのほうがアリガタミがわかるってぇもんだ。

おしまぃ。


原発賠償機構(仮称)

原発の事故が起きて、賠償しなければならないという事態となった。
ところが。
国は賠償責任がないと逃げ回り、責任の全てを電力会社に押しつけることにした。
原発賠償機構(仮称)という機構をつくり、原発を持つ電力会社からその機構にお金を出させて、何かあったときの賠償金とする。という仕組みだ。

事故がおきてから作ったということで泥縄式の感があるけど。
今の賠償金もこの機構を通じて払うということらしい。

損害賠償額の上限は設けない一方で、「電力の安定供給に支障が生じるなど例外的な場合は政府が補助を行う」とし、国が補償を肩代わりする余地を残した。らしい。

そもそも、賠償額の上限をもうけないって事後法でいいのか?
 なんだかんだ言って、国が電力業界を牛耳ってあらたな天下り先にするのが目に見えてきた。

順番が反対である。補償するのは国だったのだ。東電があんな杜撰な仕事をさせたという責任は重い。

今後。
もし原発事故が起きたとき。この機構が賠償金を払うらしいのだけど。
ここで払いきれなかったらどうするの?
また、国が偉そうに補償してやるとか言うわけか?

どんな機構を準備しても、原発事故がおきたら救えないんだ。
絶対起こさない以外、解決策はなかった・・・のに起きた事故。

つまり原発はさっさと廃止しろ。という神のお告げだ。(ちょっと神がかってきたなw)

時間かけてでも、原発を全廃するという道をつくるために、お金をかける(税金投入する)なら納得もしよう。

過去を向いて責任をなすりつけ合うのは見苦しいだけだ。この政権は過去の話だけをしている。

 また、東電も 自ら、「懲りたから原発はいらない」って言って、世間の同情を買うのもひとつの戦略だと思うがどうなんだろう。

こんな機構をつくって電力業界の連帯責任みたいなことして、事態を複雑にしてるだけ。
おしまぃ。

今日の13;00ごろ。

枝野幸男官房長官が東日本大震災前の東電への融資について金融機関に一部債権放棄を求めたらしいのだ。


何を言ってるんだか、記事を読んだ時には理解できなかった。

銀行がなんで東電に融資したのかわかってるのか?

この政権は銀行すら潰そうとしているのか?
日本の産業界に仲間割れさせようとしているのか?
銀行 VS 電力 とか。

あまりの馬鹿さ加減に口がふさがらない。

あえていうなら、銀行を狙い打ちすることで、ある程度の富裕層に負担させるという偏った賠償金負担を実現できるが、あまりに汚いやり方じゃないのか?
それだったら、電気利用料金を一律値上げのほうがすっきりする。
利用量多い=お金持ち。ということで。

銀行に債権放棄させても、いつかは税金で穴埋めするわけだろ。結局国民負担である。

だったら最初から、国民負担ということで税金から拠出してもいいと思うのだけど。
違うか?

そんなことを言ったために。
銀行株をはじめ株が下がった。
経済界・産業界を徹底的に痛めつけようとしているのがわかってきた。
この政権は独裁で危険な政権である。

はやく誰かなんとかしないと大変なことになる。
でも・・・誰が?

おしまぃ。


福島原発のメルトダウンによる被害への補償金が5兆円だとか。
東京電力が払える金額なわけない。

政府は言う。国が今後10年以上管理すると。偉そうにいうけど。金蔓を握ったから離さないと宣言してるだけである。

電力業界。不思議なことに。民間企業なのだ。国の政策にべったりくっついているくせに。
これは、官僚嫌いだった東京電力創設者の「松永翁」の意思によるものとも言われている。

電力なんて一度握ればおいしいおいしい金蔓になるのは誰が見ても明らか。
それを国が握っていないのは不思議に思っていた。
これからは、国の一部となり、国のいいなりとなり、金蔓として貪られるのだろう。

過去50年。東京電力への天下り官僚の数は70人弱だったとどこかの記事でみた。本当だとしたら、極めて少ないんじゃないか? 一年に1.4人程度なのだから。
つまり、国の許可は必要ではあるが、独立を保った存在だった。

これを気に国営化され、天下り官僚は増え、国鉄のように堕落し・・・。さらにその後数十年を経て電信電話や国鉄や郵政のように民営化される。そのころには今のような高い技術も社員のプライドも全然なくなっているのだ。きっと。

いろいろ思うところはあるが。
ここまで政府が言いたい放題いうなら、東京電力は潰したほうがいいんじゃないか?
2,3年電気がなくても俺は生きていけるから。(うそw)

社会的責任とか何とか言ってるけど、ここまで国が無理言っているのをそのまま聞く必要なんかない。いくらでかい会社でも無限責任を負えないっていう当たり前のことを示したほうがいい。
 一度倒産してしまえば、補償義務も何もかもない。
倒産のさせ方も、全部現金化して被害を受けた皆様への補償いたします。・・・で終わり。
「国がなんと言おうと、被害者がどれだけ多かろうと、ない袖は振れない。今後10年以上も政府の奴隷になって社員を困らせるわけにいくか!」 と言っておわり。資本主義であれば許されるとおもうけどね。

どーせ、資産を現金化しようとしても、国が買い取るしかないんだから。それが国が国民に対して示す責任だろ。

私には、東電だけに責任を負わせているようにしか見えないのだ。
政府の責任はどうなった? 東電に許可を与えたのは政府だったはずだ。いつまでも東京電力に責任を押し付けて恥ずかしくないのか? 現政権は。

あぁ、また話がずれてしまった。
おしまぃ。

福島原発の警戒区域にいる家畜を処分するようにと政府から指示が出た。

警戒区域は現在、人は入れない。入域禁止区域である。
そこにいる家畜は育てることができないため、処分するようにとのことである。
そこまですることないだろ。とおもうのが、第一。

20歩譲って処分するとして。

政府の言い分。

補償は東京電力がすることを期待する。 だと。

この政府はなにか勘違いしてないか?
独裁政権を気取って国を滅ぼすつもりだ。

処分を指示するなら国が補償するのが筋だろ。そういうこともわからんのか。
もし東京電力の負わせたいなら、東京電力が記者会見をし、東京電力の口から言わせろ。

それができないもんだから、言いたいことだけいって、補償などの話は東京電力に押し付ける。恥ずかしいと思わないのか?

いっそのこと、東京電力も民間企業ですから倒産します。で終わりにしてみせればいいだろ。そのほうがよっぽどすっきりする。
原発の責任の所在もわかるし、今後の道筋も。

原発を推進してきた政府だったのに、責任がないなどといい続けるのは許されるわけない。

そもそも。補償に上限を設けない などといってどういうつもりなんだ。法制度を完全に無視した動きだろ。
そんなこと言ったら、今稼動中の原発の責任は誰も負わない。

火力発電にうつるにしても、自然エネルギーに移行するにしても。
今の政府が正しい判断できるとは到底思えない。独裁政権ぶりは恐怖ですらある。
原発どうのこーのも大事だけど。
民主主義の土台を壊しているこの政府は極めて危険だ。

やりたい放題やりやがって。。。という思いである。

今回も話が大きくそれた。
おしまぃ。

火力発電所

原子力発電所がなくても電力は賄えるという論調が出てきている。

だからなんなのだ?

では、いままでなんで火力発電所から原子力発電所への移行が進んでいるのか。よく考えてみることだ。

簡単に言えば。問題を起こさない限り、原発はコストが安いからである。
大量の燃料を運ぶ必要もないし、運用も簡単。
とはいえ、何か起こってしまった今、安価であることを理由に原発推進を言うのは無理があるってもんだけど。

火力発電所を動かせば良いというけど。
世界的にみても、CO2削減という風潮がでてきて火力発電所からでるCO2は極めて問題だという話になったのではなかったか?
京都議定書とかいろんなところで地球温暖化防止ということでCO2が出ないエネルギー源を考えた結果、原発に行き着いているというのが現状ではないのか?

 いままでも、原発をクリーンエネルギーという言葉で使うことには思いっきり違和感があったけど。今回のでそれは証明されてしまった。


水力発電だって、ダムが埋まってしまったら駄目とか、地盤沈下とか、はたまた環境破壊とか問題がてんこ盛り。

どんな発電技術も欠点があり、それらを考えた上で、原発を選んできたのだ。

原発をなくせと簡単にいうけど。
代替手段はないのだ。とても残念だけど。
それを見つけてからでないと、今度は経済的に終わる。

ただ、世界的にはLNGが安くなってるとか。
CO2の問題なしならそれもいいかな。

自然エネルギー

脱原発という話の延長で。
自然エネルギーへの展開ということは良く言われるわけだ。

私自身すでに反原発派になったけれども。
いくつかの条件もあるのだ。
自然エネルギーで原発と同等の発電量を賄うことは極めて大変である。
10年以上かかるはずだ。だから原発のない電力状態でも利用者が納得すること。
これは計画停電が起こるなども含めて。

デモ行進などですぐにでも原発を止めろというのは十分理解するが、今の生活は維持できないというのを理解してるのか?という想いもあるのだ。
自然エネルギーなんて原発の発電量に比べたらゴミみたいなもんだ。(ちと言いすぎかもしれんが)

とにかく、電力削減するためには社会構造の転換はとてつもなく大変だと言うこと。
30年前の日本に戻るならそれでも良いと思うけど。
いまやバリアフリーとかいって各駅についているエレベーター、エスカレーターは全部止めてしまえばいい。自分の足で階段を登れ。年寄りがいたら避けて歩けばいい。もっというなら、年寄りは混んでる時間帯は人ごみの中にくるな。←自分が年取ってから言われたら嫌だけどな。

 ネオンサインなどの夜間照明もある一定以上はつけてはいけないとする。とか。

時計の針を戻して生活も昔に戻せばそんなに難しい話じゃないとおもうけどね。

とにかく。
反原発を叫ぶのに、不便な生活を受容できるのか、よく考えて判断するべきだ。私自身は不便な世界を受容する用意はある。幸いまだ若いから。

おしまぃ。

中部電力が管理している浜岡原発。
政府の指示により停止となりそうなんだけど。

いいのか?
本当にいいのか?

問題は2つある。
1.あまりにも超法規的な一方的なやりかた。つまり独善的かつ強引な進め方。
  内閣主導(政治主導)といえばそのとおりだけど、あまりに急な話。
2.経済活動を無視した話。
  ここまで経済活動を無視すれば国が倒れかねないということだ。
  いまは経済活動と原発の危険性(リスク)が天秤にかかってる。

前にも書いたが。私自身はすでに原発反対派である。理由は、全然安くないというのが理由。経済的に安価で安全だということを信じていたが、「何か起きたとき」にかかる費用はとてもじゃないが担保できないレベルである。つまりそれは危機管理コストは極めて高いということ。そしてその可能性はいくらお金を費やしても0にはならない。

 ということだ。
経済活動が不安定になる要因(原発停止)を政府主導で行うというのか?
経済界に対するただの嫌がらせじゃないのか?

私が中部電力なら以下のようにするだろう。
・停止する前に、地震津波対策の問題点と対応策を政府に提出させる。たとえば
 防潮堤の設置などを政府の意思として示させる。
 それに伴う工事は中部電力が迅速に行う。そうしないことには何かあったとき、国は知りませんでした。となるからな。

 どっちにしても工事終了までに大津波がきたら終わりだけどな。

なんて思っているけど。
もし、防潮堤の建設が終わるまえに大津波がきたら。。。政権も日本国も命運つきるってことだな。

やはり、原発のリスクの大きさ考えたら。。。止めるしかないのか。
それ以上の事はいえない風潮だなぁ。
 原発のリスクは減るけど。日本経済沈没のリスクは今以上に高まるのは間違いない。

おしまぃ。

長期休暇
今年のゴールデンウィークは10連休と大きな休みにしたけども・・・。

休みが長いから、あれをしよう、これをしよう、あんなことをしよう、こんなことをしよう。とたくさんやることを思い浮かべて休みを迎えたのだ。

と・こ・ろ・が。

休みのはじめに気張って体を動かしたら風邪を引く始末。
あぁ情けなぃ。

風邪が治ってもやる気もなくなってしまって。。。。
ぷらぷらと近場にでかけるぐらい。

休みが長いのがうれしいのは学生ぐらいなのかもしれないなぁ。

日々の生活が安定して同じリズムで続くほうが良いのかもしれないと思うようになった。
 
ちょっと長めの休みがあまりうれしくないなんて。。。。。なんか変だなぁ。
風邪引いたからだと思うことにしよう。
おしまぃ。

オランダの都市
フローニンゲン(グローニンゲン)

自転車で有名な街である。
街の中を移動するには自転車が良い街。

こんな街に住んでみたいと思うんだけど。
日本じゃ無理かな。

●道幅が広い。
自動車+自転車+車の駐車スペース とかなり広い道幅が確保されてる。
これは道の拡張工事のために住民を強制退去させれば実現できるかもしれないな。
●人口密度が低い(ように見える)
人口密度が低いと思う。違うかな? 人口密度が低いところなら問題なくできるだろうな。
●坂道が少ない。
これはどうしようもない。。。。
自転車にとって坂道は大敵。東京は坂道が多いのだ。
坂道はなくせないとおもったのだが、電動アシスト自転車なら坂道もスイスイいけるだろぅ。


となると。日本がフローニンゲン市と同じなるのに必要なのは。
住民の意思。
それだけだな。

おしまぃ。 

知人の話。

会社で、事業部での新年度はじめの講話があった。
当然、事業部長、いろんな部長の話が続いたのだが。

最後にでてきたのが。
先日社長から退いた相談役。50分近く話した。
最後のトリに出てきて、自分が社長時代にやってきたことについて話すわけだ。現役時代であれば、「すごい社長!」と言えたのだけど。
すでに過去にやってきた話の自慢話にしか見えないのだ。
いつまでも語り継いでほしいという思いはわからなくもないが、ちょっと違うんじゃね??

その相談役、たしかに話がうまく、若手には人気があったと思う。

でもだな。
相談役になったってことは、一線を退いたわけだ。
話をしてもいいけど、チョコチョコと活をいれてくれる程度でよかったんじゃないの?
現役の事業部長や部長の講話の影が薄くなるほど話をしてもしょうがないと思うのだ。

だいたい事業部長がわざわざ頼んで話しをしてもらうっていうのは事業部長が話し下手というのを認めただけじゃないんか?まぁそれだけ元社長の存在が大きな存在だったといえばそれまでだが。

・・そか。
まだ未練があるんだ。
社長時代できなかったことが山ほどあるんだろうなぁ。

でも十分あんたの気持ちは若手には伝わっているんだよ。
心配はいらないよ。・・・・ってそんな気持ちは伝わらんな。w

おしまぃ。


保存食の法則

「おいしそうな保存食は目立つところに置いてはいけない。」

保存食でなくなるから。

地震が頻繁におきる昨今のこと。
保存食をいろいろと蓄えておく。乾燥食品とかクッキーとか。

 不思議なことにおいしそうな保存食はドンドンなくなっていく。
食べるなぁ!! 
いざというときに困るだろぉぉぉ。
なんのために割高な保存食を買っているとおもってんだぁぁ。

と、この場を借りて言っておく。

おしまぃ。

I Love you, SAYONARA
チェッカーズの曲

好きだったのだ。この曲が。カラオケでも良く歌った。

I Love you だけど。
I Love you I Love you
SAYONARA

SAYONARA Joyc

チェッカーズの曲。チェッカーズ以外が歌うことがイメージできない。
とにかくかっこいいのだ。憧れだった時代があった。
そう青春だったのだ。

Long road  という曲もすきだった。。。
夜明けのブレス という曲も好きだった。。。
Blue moon stone  という曲も。。。
裏どおりの天使たち という曲も。。。
鳥になった少年の歌 という曲も。。。
 ・・・いくらでもでてくるな。You tube にもたくさんある。

Jim&Janeの伝説 という曲も見つけた。すきだった。
We used to dream to be like Jim&Jane, who are in our heart forever.
流星のような赤いテールの群れが・・・。

連邦氏 ←漢字変換するのが面倒なのでこのままとする。

このかたは石原都知事の発言にいちいち噛み付くのがすきなようだ。
石原都知事が、「花見は自粛したほうが」 と言うと、
「その必要はない」という。
石原都知事が言った真意は節電を言ったのではないと私は推察したい。
鎮魂のためである。
経済活動がどうとかいう次元の話ではないのだ。亡くなられた方への鎮魂の想いでドンちゃん騒ぎの花見は良くないと言ったのではなかろうかと。
 そういう気持ちは昔の日本人なら何も言わなくても思っていたのではないだろうか? だから、静かな気持ちでハラハラと散る花びらを前に一献傾けるというのなら花見酒も良いと思う。

石原都知事が、「自販機は節電対策で止める」というような発言をすると、
「その必要はない。自販機を動かすことで多くの人が食べている。」という。当然どんな産業にも裾野はある。ただ優先度を決めなきゃいけない事態に陥っているということに気がついてないのだ。どう考えても自販機なんていらないだろ。馬鹿じゃないのか? 
 みんなが食べてるというなら、どんな産業だってそうなのだ。利便性を犠牲にするくらいたいした事じゃないという情報を発信しなければならないはずだろ。
 現実に、どこの駅に行ってもエスカレーターなどの稼働率は下げている。エレベーターをメンテナンスする業界なんて飯が食えなくなっていくはずだぞ。それでもそういう発言はしないだろ。
 パフォーマンスのためだけに石原都知事の発言に反対発言する、お馬鹿な政治家連邦氏はいらない。

 このような発言はどこかで聞いたなぁと、おもったら。かつての自民党だな。無駄を省く側にいたはずの連邦氏もすでに権力を持つ側の発言である。石原都知事の発言に噛み付くことで露出度を上げて人気にあやかろうとしているとしか思えない。幼稚な戦略である。
 こんなことしかしない民主党が大嫌いなのだ。自民党と同じになるならいらないのだ。といってもわからんだろうな。
おしまぃ。

Twitter

最近はやりのSNSのひとつとでもいおうか。
使ってみる。
登録する。
でも、つぶやくネタがない。
誰が聴いているかわからない空に向かって何を叫べばよいのだろう?

自分からの発信情報はないけど、誰かの発信する情報は見たいと思うわけで。。。
botといわれるネタは見るのが楽しい。
ドラッカーとか
大前研一とか
デープスペクターとか
有名人の言葉は見ていて楽しいと思う。

それ以外に使い道はあるのか???
電車の運行情報などをリアルタイムで知るには便利らしいが、携帯端末からでないと意味なさそうだし。

今のところ、私がこのツールを使いこなせることはないと思うな。
おしまぃ。

Facebookを使ってみる。

登録してみる。
誰も知り合いがいないことに気がつくのだ。
検索すれば一人ぐらい知り合いに出会えるかと思ったのだが・・・。
見事なまでに知り合いはいない。年をとるとそんなもんなんだろう。と思うことにした。

世界中で数億人とも言われるユーザーらしいけど、私の世界はその中には入ってないようだ。(苦笑)

放置しておけばそのうち誰かに発見してもらえるかもしれないので。
そのままにしておくことにした。

思うに。
たとえば、私に仲の良い友人Aがいたとしよう。さらに共通の知人Bがいる。知人Bと友人Aは仲が良いのだが、知人Bのことを私は好きではないとする。そんな感情は誰にも知られたくない時、Facebookをどのように利用するといいのだろう?
単純に絶交してしまうわけにも行かないし、かといって相手のプロフィールなど見たくもない。(良く知っているからというのはあるけど) 
 ・・・友達がいない私が心配することではないな。

おしまぃ

福島原発事故で。

放射能汚染された水を太平洋に垂れ流すことになった。
それに空気中にも汚染物質を出すことになった。

政府は日本国内向けには不備はあれど、広報に努めてきた。

海外からの反応はというと・・・。

韓国などは「ゆるしがたい」という反応。放射能を帯びた雨が降るということで、学校を休学までしたそうである。やりすぎだろ。ただの言いがかりつけるきっかけづくりか? 韓国国内で処理しろよ。そんなつまらん問題は。

また、許可なく流したということで問題にする国もあるが、許可をもらう暇なんかあるか。もし許可しないと言われたらどーする? 
 下痢でトイレを探してやっと・・・ って時に許可なければ便座のふたを開けてはいけません。なんていわれたら逆切れするぞ。

ロシアなども言いたい放題である。
ロシアには一番言われたくないのである。理由は簡単。地上最悪のチェルノブイリは地震でもないのに、あれだけの事故になりましたよね。と。そのとき風下の国々はどうしました? と。

過去をいうのは好きではない。
今後、このような事故がおきないためには、何をどうすればいいの?安全になるの?
本気で考えてほしいと思うのだ。

おしまぃ。


枝野が言う。

節電を国民運動に・・・。と。

なんだそりゃ。
エコという問題に連動してならある程度理解する。
今回の震災についてというなら、ちょっと趣旨が違うだろ。

震災の影響を受けて電力供給に問題がでているのは、東日本だけ。
西日本まで節電する必要なんてないはずだ。
西日本は東日本で落ち込んだ分を補うためにもガンガン働いてもらうのだ。
西日本頼みではあるが・・・。

だから国民運動にする必要はないと思うのだ。違うか?

おしまぃ。

電力消費量最小化

 電力がたりないたりないとニュースでは騒いでいる。
計画停電もしかたがないといわれている。
しかしそうなると多くの産業が打撃をうけるのも事実である。
 供給量が足りないから停電回避のため計画停電をするという
ことなんだけど。
 今の市場規模から無駄を省くことだけで停電回避はできないのだろうか?
つまり、トヨタなどの看板方式などの電力版。

 工場のなどでも基幹部品を扱うところは影響力が大きいと判断し、電力を供給する。しかしそのとき、電力供給量はその工場から出荷されるものが在庫とならないように生産されるだけを供給する。
 また病院などもある程度重要度があるということで、優先度を数値化し電力供給計算の元とする。
 工場への入力パラメータは、原材料と電力、出力は完成品。
そのような巨大なシミュレーションを作って、ワーシャルフロイド法でも使ってミニマムを求める。結果として出るものを電力供給量とする。膨大な計算量にはなるが、最新のスパコンでも使ってやればできるんじゃないか? 
 あっ最大の問題が。。。スパコンだってデータ入力の手間だってエネルギーを使うんだよねぇ。。。

 さらに問題。病院などの価値(優先度)をどのようにするかである。工場より優先? でもその工場で薬を作っていたら? 
 この問題、誰かが解くことはできるのだろうか?

おしまぃ。


現政権の総理、管。

なんとも品のない人である。

震災にあたって、自らのパフォーマンスを優先させたり、恫喝して物事を進めようとしたり、被災現場への視察も迷惑なだけだったし。
品性が疑われるのだ。

あげくのはては大連立などと言い出し、今の政権は何もできないことを世間に知らしめた。

 本当かどうかわからないが、大連立申し込みのさいは、野党党首にむかって、「責任を分担できないんですか」と脅したとか。責任とるのが仕事じゃないんですかね?あなたは。
 
なんでこんな大事なときにこんなおばかさんが首相やってるのか理解に苦しむ。
やはり野党党首が似合っている。はやく退陣してくれ。お願いだ。国が本当につぶれる前に。

おしまぃ。

東京電力の株価が下がりっぱなし。
昨日は340円ぐらいだっただろうか。

現状見る以上当然といえば当然だが。
政府が支える努力をしないのが主な原因でもある。
これを良い機会と。送電網だけの会社と発電会社を別にし電力自由化を推進するつもりである。いままで電力会社はそのような案には頑として反対してきた。

 今後のストーリーを考えるならば次のようになるだろう。あくまで予想だが。
 分割すれば、いまの東京電力は原発事故の負債をおしつけられ衰退の一途をたどる。当然今の株主が継承するのは負債のみを負ったおもしろくない会社だけ。
 残りの送電網のみの電力会社は送電網のみを管理することを前提に生き残るが政府管轄下に入り、現政権の利権の元になる。こちらは別会社として新規に株でも発行され会社を維持することになるだろう。ただ、こちらもあまりうまみはない。なぜなら、送電網維持だけでは収入を大きくしにくいからである。利用者には何に対して課金するのだ?売電? 買電? 料金を体系は複雑になると思う。
 そのようになると、いままで電力に参入できなかった企業がたくさん入ってくるだろう。熱源をもち電力を発電できる工場や、個別家庭に家庭用太陽光発電装置などを売っているメーカなどだ。 それらを全部とりまとめる送電インフラは再設計されなければならないが、それが送電網会社の役割になろう。。。
 このようなエネルギー源分散化社会は良いことだと私は思うが、電力コストは今以上に高くなるはずである。
 
 それにしても。
ここまで株価が下がるとこの先は0円目指して突き進むのだろうか?と思ってしまう。

このようなことがあると、電力会社は怖くて原発など持ちたくないと思うだろう。リスクが高すぎる。と。
政府としては少なくとも金銭的なリスクはないと示す必要があるんじゃないのか?
現政権はそれとは正反対の道を歩んでいるのは間違いない。

つまり東電だけでなく政府の責任が大きいことはわかっていたはずなのだ。
原発を失った日本が需要電力を供給できなくなった日本は経済的沈没への道をつき進むのだ。


おしまぃ。

地震が起こる十数秒前にNHKなどのTVに
緊急地震警報が出ることがある。
独特の音で注意をひくようになっている。
これが発表されると反射的に安全なところに逃げようとしてしまう。

今日民放の番組を見ていると、
普通の番組の効果音に似た音を使っているのだ。

一瞬、びくっとしてTVを見てしまうのだ。
そこに緊急地震警報はない。

こういう番組づくりはありなのか?
やりすぎだろ。
意図的に使っているとしか思えないのだが。

おしまぃ。

会話

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに、人と食事をする。

会うまではとても楽しみにしていたのだ。やっと会えると思って。

会話を始めて、しばらくして気がついた。
何か、変なのだ。
食べている物の味がわからないくらい。

砂を食べて、無理やり味わおうとしているような気分。
吐き出したいんだけど、何か別の力で無理やり口に含んでいるような。

口のなかはザラザラした気分で。心はもっとザラザラで。

会話している話は心の外側をサラサラと流れていくような感じ。
ぜんぜん心に入ってこないのだ。何か自動的に受け答えをしている自分を別の自分が見ているような・・・。
話の中身にも全然興味がわかないのだ。
そもそもなんでここにいるんだというような思い。

あぁ。もう終わりなんだ。 と、わかってしまった。

それでも心のどこかにひっかかる想いがあって、
別れ際に、「来週も会える?」とか聞いてしまうのである。
 答えは、「Non」
それを聞いて、もう会わないですむと心のどこかで安心しているのである。

何かが終わるのがわかって行く感じ。
やはり別れの春なんだな。
今日は雨だし。

おしまぃ。

後日言われる。
「結局、つまらなかったんだろ?」
まぁそのとおりです。ご明察で。
そんなときはな。
「笑門来福」って言って笑って明日を迎えればいいのさ。
と言ってくれた。
パンパン


本棚を整理する。

先日、棚を増設したのに伴い、箱にいれてしまっていた本を全部棚に並べた。
いや、正確には並べようとした。

なんでこんなに料理本が多いんだろうとびっくりしたりとか。幅1m分ぐらいあった。
同じ本が3冊もでてきたりとか。そういうことは隠しておきたい。

とにもかくにもすごい量である。こんなに買っても一度しか読んでない本がたくさん。(あたりまえだけどな。)

やはり一番多いのは。
コンピュータ系の本だ。
そして思うのだ。
プログラミング系の本は全然今じゃ使えないなぁ。とか。
ネットワーク系の本もIPv4までの本は楽だったなぁ。とか。
UNIXとかFreeBSD、Linuxの本はゴミ同然だなぁ。とか。

ただ、その中でもアルゴリズム系の本は捨てられないと思った。
C言語やC++で書かれているけど、コンピュータの離散系光学の基礎なのだ。
数学を理解し、それをコンピュータで実現するにはアルゴリズム系がわからないとやってけない。・・・・と当時おもったかどうかは定かではないが・・・・。^^;

そういえば、数値演算とかアルゴリズムに興味をもってコンピュータを始めたんだよなぁ。そして統計推論とか勉強したよーな気がする。^^;

いまや全然役に立たない世界にいるのがなんともな気分である。

部屋の掃除とかすると、過去に浸ることになるね。
おしまぃ。


コンピュータの本で想いが残った本は残すけど、それ以外の本は自炊もせずにすてることにした。


日本国債の格付けがさがった。

AAからAAマイナスへ。

すたあんどぷあーず の格付け。格付けなどクソ食らえという勇ましい声があるが、多くの人は影響を考える指標である。

中国、台湾などと同じだというが、中身が全然違うだろ。上り調子の国と、くだり調子と思われる国では。

 これだけ借金が膨らんでくればそんなに驚く話ではないのだけど。

それを聞いた菅首相、記者に質問されて、まともに答えることもできないありさま。

「勝手に格付け下げやがって」とか

「これ以上下がらないように国民にも協力をお願いする」とか

「日本は大丈夫である」とか

そのくらいのコメントすぐできるだろうが、それすら普段考えていないってことだ。

彼、いや、彼らの頭の中は何でうまっているのだろう?

ただ、選挙で勝つことだけの対策か?

日本をどうにかするってことは考えてる余裕はないのかもしれないなぁ。

おしまぃ。

職人とか技術者とか。

いままで日本をつくってきた土台とも言える人たち。

軽視されていると思う。

なぜそう思うのか?

職人とか技術者を育てる余裕がないのだ。

職人なんて教育しない徒弟制度で育った時代もあるといえるが、徒弟制度すなわち教育である。厳しかろうがなんだろうが職人技を移すための方法だ。

失敗すれば怒られるのは当然として、失敗して学習する余裕すらない。挑戦させないのだ。

いまから12,3年前のことになるが、こんなことを言っているのを聞いたことがある。

「会社は教育の場ではない。」

それを聞いたときはかっこいいなぁとも思ったけど。すぐに考え直した。その会社ではどうやって人は育つのだ? 広義に教育という言葉で言うのは挑戦させるという意味も含むと思ったのだ。

当時は自分自身に投資するなんて言葉がはやっていたけど。

投資できるのはそれだけの給料をもらっている人だけだともいえる。

そして上記のような状態が長く続くことは。

日本の長期にわたる衰退に磨きをかけてしまうではないか?

 

などと朝から思ってしまうのであった。

おしまぃ。

 

古いネガフィルムを整理していてでてきた写真。
22年前の写真である。右下に年月日が焼き込まれていてわかったのだ。
昔の写真で、撮影日をフィルムに焼き付けた写真。撮影していたときは邪魔かなぁとも思っていたんだけど、あとで見るとき日付がわかると便利かなと思って日付入りにしておいた。

年月日までわかることがこんなに記憶をよみがえらせるのに大事なことだったとは思わなかった。

あのとき、あの季節にあった出来事。

青二才のころの写真を見て、いろんなことを思い出してしまうのであった。

なんともだなぁ。

おしまぃ



アマチュアカメラマン

私もその一人である。

思うのである。最近、マナーが悪くないか?

 鉄道写真愛好家の一部が線路の中に入って電車を止めたり。

 三脚禁止の美術館で三脚つかったり。

 自然公園などの自然保護のための立ち入り禁止区域に入って撮影したり。

なんでこんなことをあらためて強く思ったかというと。

入間の航空祭に行ったのだ。私もいろんな写真をとったのだが。。。
おかしな人間が多いこと多いこと。特に良い写真を撮ろうとするあまり他人への迷惑を全然考えてないやつが嫌になるくらい多い。(私もその一人だったかもしれないけどねぇ)

・脚立などは禁止になっているのだが、脚立の代わりに椅子の上に立って撮影するやつがいる。人がぶつかってどうするのかと思ったら、通れないだろ。などとえらそうに言う。お前が通さないからだろ。椅子の上にたち動かなくて邪魔なのはだれだ。

・なんとなく順番待ちで一番前で撮影して、撮影が終わったらすぐに引っ込めばいいのに、カメラのレンズを取り替えたりして長時間良いポジションを独占したり。ビデオをまわして、永遠とそこに立っていたり。気持ちはわかるが、朝からそこにいるような人だけが許される行為だと思うのだ。

最前列がどかないから、後ろで脚立のような高いところから撮影したいとい気持ちは理解するのだが、それ以上に、人が多く、椅子の上に立つということは危険だという認識が全然ない。
熱心であるということと、他人への迷惑、バランスとってくれないかね。

 そこで思うのだ。

 「写真撮るのが趣味です。」 なんていうと、「あぁ、マナーの悪い、お行儀の良くない人たちの一種ね。」 というように連想される日も近いのではなかろうか・・・。

 と思ったので。これからは写真を撮るのを趣味とは言わないようにしよう。
人格を疑われるかもしれないから。(半分本気)

おしまぃ。 

訪問したのはロシア首相。

ロシアの言い分は「自国の領土のどこへ行こうと自由である。」

あたりまえじゃ。

政治家ははっきりと言えば良いのになぜか言わない。

北方領土なんて、戦争に負けたから持って行かれたというのは誰が見てもわかるだろ。つまり悔しいことなのだ。だからどうするかといえば。もーいっかい戦争して奪い返せば良い。

・・・・えっ? そんな過激なのはいけないの?

だったら諦めますって言ってみりゃいいじゃねぇか。どうせこのままにしとけば誰も日本の領土だとは思わなくなるさ。言ったことで悔しいと思うのも大事だともう。

尖閣問題だって、日米中の三者会談へ持ち込むとか言われてるし。
米国の入る余地なんかないくらいにやればいいだけじゃないのか。

米国が入ることで、尖閣諸島には問題があると認めることにつながる。それだけだ。

 

 

とうとう、ロシアも北方領土の支配を絶対的なものにするためのする手を打ち始めた。

少し前までは2島返還とか言っていたのに。いまは遠い昔の話なのである。

 

おしまぃ。

いつのまにやら、事業仕分けの時期であった。
TVで仕分けをしているのを見ると。
弱い者いじめなのだと。改めて思う。

ただ、弱い者といっても、世間一般からすれば十分の強者である。

国として、大きな指針があって、だからこの事業はいるとかいらないとか話するほうがいいと思うのだ。
すくなくとも大きな指針を作った時点で文句がでても現政権は意志をつらぬけるだろうから。

NEWSによると。
林野庁のつくった借金について1兆円以上もの借金を作ってけしからんと言うが。本当にけしからんのか? 例えば材木を守るのなら、材木の値が下がること防ぐために輸入関税をかけると努力したことあるのか? 
 最近、山を丸ごと買おうとする中国資本が脅威とか記事でみることあるけど。それを防ぐため、現在の地主に対して減税処置とか特典はあるのか? 林業を維持するなんて、いまの日本貨幣価値からすれば恐ろしく大変なことではないか? 北海道の原野などは買ってくれるなら誰でも良いなんて言う地主の言葉もTVで昔やってた。
 
 全てを経済優先でやってきたことへの反省があるのではないか?
個人的には好きではないが、社会主義的な考えも必要な時期なんだと思う。守るべきものは守ると言った意識だ。

 事業仕分け。少なくとも骨子が見えないのが、茶番劇にしかみえないのだ。
おしまぃ。


JR東海の株価が下がった。

理由は、リニア新幹線の建設計画がでたから。

建設には巨額の投資が必要で経営を圧迫するということで株価が下がったのだと解説されていた。

 不思議に思った。新しいシステムが人々に与える影響は大きく、よりよい世界を作るという行為が株価ではマイナスという形で表されたのだ。つまりそんな夢見がちな壮大な計画はいらねぇということか?

 ある意味寂しいよな。世界のトップを走る技術を実用化しようと発表したら多くの人はその計画を支えようとしない行動を選んだわけだ。日本もここまでかなと思う。新しくでっかいことに挑戦しようとしないことは衰退への道だろう。無理に作ってつぶれても衰退だけど意味が違う。

 確かに建設計画がでて完成して利益を受けるまであまりに長い投資回収時間だ。普通の投資家ではつらいだろう。

 そういえば、新幹線の時はどうだったのだろう?株価は上がったのだろうか? なんて思ったら、新幹線が開通したころはJRでなくて、「国鉄」だったんだっけ。

 やはりこれだけでかいことをやるには国の資金援助が欠かせないんだろうなぁ。

 

で、株を買ってみることに。。。リニア新幹線技術を輸出したら莫大な儲け・・かもしれない。30年後に。

 

でもまぁ、やってみりゃいいじゃん。そしたらJR倒壊なんつって。

おしまぃ。

ある日のこと。

日経のHP上にこんな記事を見つけた。

以下抜粋
 企業がグローバルに事業を展開すると決めた以上、国同士の争いに巻き込まれるリスクは当然ある。中国だからリスクがあるわけではない。巨大市場の果実だけを手にして「残りのいざこざはごめんだ」というのはあまりにも身勝手だと僕は思う。

 

 とある著名な方の記事らしいのだが、あきらかに視点がずれてるのではないか?

「国同士の争いに巻き込まれるリスクは当然ある。」

というが、中国と同じだけのリスクがどれだけあるというのだろう? 国が主導で国民に反日教育をし時々それを外交での武器とし、進出民間企業に対する圧力とする。そのようなリスクは中国以外にあるのか? 
 強大(?)な軍事力を背景に一般企業の経済活動を動かすことができ、そのような活動の標的にされるなんていうリスクは中国以外にあるのだろうか? あったとしても知らないだけかもしれないが。。。

「巨大市場の果実」などというが、果実を育てる間は投資金は日本からの持ち出しでいざ収穫となるとダメだとしているのではないか?

「身勝手」とか言われるたぐいのものではないと思うのだ。「残りのいざこざはごめんだ」というが、このリスクを一般企業はヘッジできるのか? できるとすれば中国に進出しないことだけだろう。それは中国にとって良いこと? 本当にそうならやはり日本企業は中国から撤退をするときなのだ。

 普通のビジネスをするのに最低限の条件は平和であること。 それが守られない地域に育つ果樹はない。

 おしまぃ。

 

JR中央線で活躍していた201系

車体の全てをオレンジ色に塗装していた電車である。

ニュースで運行には使われなくなったと言っている。

このあとにでる車両はステンレス製ということで錆止めのためのオレンジ色塗装はなく車体はキラキラしている。識別のためのみにオレンジ色の帯が入っている。

老人と話をしたのだ。

私:「オレンジ色の電車がなくなるんだって。」

爺:「そか。今度は何色になるんだ?昔に戻るのか?昔は全部茶色だ。こげ茶、車体だって木製だってあったんだから」「あんなカラフルになったのはちょっと前からだよ。」

 半分ボケてるとはいえ、電車がオレンジ色になる前から見ている人からすると、電車の色が変わった(?)くらいで何を驚いているのやら・・・ということらしい。

 通じない会話をしながら、人によって見ている世界って違うもんだと思うのであった。

昔昔の話は、先に聞けなくなる。

そのまえに誰かが電子化しておく必要があると思うのだ。

なんのために?

ノスタルジーを感じるためさ。

おしまぃ。

大相撲。
いまでも時々見る。
もう少し前まではもっとみたけど。

朝青龍の断髪式。TVでみる。前後のNEWも見る。
なともいえない悔しさが滲み出ていた。
まだやりたかったんだろうなぁと思った。

生まれ変わったら大和魂をもった日本人に・・・。(ちょっと違うかも)
と言うあたりまだやりたかったんだろうなぁ。

現役の時の朝青龍はちょっと子供っぽく見えてなんとなく好きでなかったけど。
いなくなってみると土俵は寂しかった。
やはり残念である。

宇宙

| コメント(0) | トラックバック(0)

なぜ、宇宙に行くのか?

 

単純である。最後のフロンティアだからである。地球は狭い。(全て知ってるわけじゃないくせに)

好奇心である。

金にならないとか、費用対効果がわからないとか、いろいろ反対意見はあるけど、そんな地に足が着いた現実的な意見なんか糞食らえなのである。

人間のもつ本能が宇宙に向いたという、それだけのことである。

夢もって宇宙へ飛び出そうではないか。

宇宙(ソラ)へ。。。

 ・・・あぁ昔のSFの題ですね。これは。

省略されているんだけど、もとの言葉は次のどれでしょう。

1. さよなら、五日。 →五日に分かれましょうの意。

2. さよなら、いっか。 →さようならだけど、ま、いっか。(しょうがないか) の意

3. さよなら、いつか私のことを思い出してね。→少々自意識過剰じゃなぃ?

4. さよなら、何時か? →さようならするのは何時のことか?と聞いている。

5. さよなら、いつかまた会いましょう。 →また会えると思ってわかれても・・・。

 

私は次だと思う。

さようなら、いつかまたあいましょう。約束のない別れ。

でも心のどこかで相手を待っている。

そんな別れは時々あるのだ。

この言葉の後にあるのは。静寂な空気のなかの永遠の別れではないだろうか。

あの時、手を離さないでいれば。とか。

あの日、雨が降っていなければ。とか。

後悔してもしょうがないとわかっているんだけど。心のどこかに残渣のように残っている悲しみの中にある別れ。

 

でもだな。

別れがあるから、次の楽しみも信じようという気にもなるのだ。

常に明日は明るく信じられるものなのだ。

もし、岐路になっていたとしても。最後にはきっとあなたと出会っただろう。これは運命だったんだ。

・・・運命論者でもないくせに・・・

 

それでいい?

 

 

ものごと最初の一歩を始めるのが大変なのだ。

 

最初のいっぽをはじめることは、とても大変。

でもそれが楽しい。

・・・とおもっていたら。

そんな面倒くさいことしたくないんだとか。

いかんなぁ。そんなんじゃ。

 

尖閣諸島

日本が領有権を主張している諸島である。

中国や台湾も領地として主張している。

周辺海域はマグロなどの漁場としてはとても良い漁場なのだそうな。

今日のニュースでは。

中国の漁船が領海侵犯したということで日本のCOAST GUARDに船長が逮捕された。

意図的な行動だろう。

事件を起こすことで中国世論を喚起し、対日圧力とする。

事件後中国政府は日本が悪いと発表。日本が実効支配する尖閣諸島を本気でとりにきたといえよう。

日本の漁船がが北方領土周辺の海域(日本領土と日本が言う)ところに行って拿捕されたとき、日本政府は今の中国のようなことを言ったことあるか?「おまえが悪い。おたがいの関係が悪くなる」と。

はっきりいって舐められているのである。

NHKのニュースによると。日本の領海内で30隻程度の中国漁船が漁をしていたらしい。
30隻も入ってくるまで放置していたのか? それもなんだかなぁ。

中国は危ない国になりつつある。
この話の結末がどうなるのか少し気になる。

今の政権では、報道もされず釈放して終わるような気もする。中国は日本に船長の解放を要求してきている。(まぁあたりまえの要求だが・・・)

このまま放置すれば日本国内の反中勢力の声も大きくなるだろう。

中国政府と民間は別とか言っていたが。中国政府は民間にも口出ししてきている。そもそも。もとから民間の意思なんてなかった・・・とも言える。

ちなみに中国は南シナ海などでも領土紛争をおこし周辺国の脅威となっている。

中国vs周辺国とするためにも軍事同盟が必要となるのだろう。

おしまぃ。

 

な、なんと!

株価が9000円を割り込んだ。

私の予想では、時間をかけて8000円ぐらいまで下がるだろうな。

政府がどーとかいうけど。政府は何もできん。

ついでにいうと。

円高もまだすすむだろう。

それにしてもな。

予想をずーと超えている。

 

おしまぃ。

 

終戦記念日 8月15日

65年前の今日、日本は終戦を宣言した。対戦相手に無条件降伏という形で。

明治以来、築きあげてきた大日本帝国は瓦解したのだ。

領土は減り、いままで支配していたところ東南アジア、満州国などは日本の支配下から離れた。そのときにおきた不具合は全て日本が悪いことをしたという話にされて。

 支配された地域はいまでも反日教育をしているところは多い。

さまざまな功罪を残して終わった戦争。

終戦という言葉が廃れ、現代史から近代史にさらに古い記録へと代わるのはいつのことだろうか。

 戦争は悲惨だから繰り返してはいけないというが。もし、あの戦争で勝っていたらどうなっていただろうか。戦争は悪なんて声は封じられたに違いあるまい。悲しいからやってはいけないというような情緒だけで戦争がなくなることも残念ながらない。お互いに隣国の脅威を感じている限り。

本当に戦争をなくしたいのなら、ヨーロッパ諸国がECを作ったプロセスを真似るのが良いのではないだろうか。隣国を憎む心もあるけれども、それでもひとつになることを選ぶまでの道のりは長かったに違いないが実現したのだから。

おしまぃ。

記念日なのかどうかしらんけど。

かつて日本と韓国が合併してから100年目なのだそうな。

100年前に日本に来た朝鮮王朝ゆかりの文書がある。朝鮮王室儀軌である。

菅首相が首相談話として発表した話には。

朝鮮王朝ゆかりの文書を返還するのだそうな。 あ、「返還」ではなく「お渡しする」のだそうだ。
言葉遊びにしか思えないけどな。返還する必要はないけど。すべて戦後けりがついているのだから。

この文書、日本国内で宮内庁が保管しているのだとか。

宮内庁がやってきたことだから、保管状態は完璧なんだろう。100年分の保管料を請求しても良いくらい。

 韓国が返還要求するのは当然としても。今、返還する必要なんかあるのだろうか。なぜなら、北朝鮮だって返還を要望するだろうから。正式に北朝鮮がいらないというなら韓国に返還してよいだろうが。それとも韓国と北朝鮮が半分ずつに返還というのが良いのだろうか?

 このような物は朝鮮王朝がなくなった時や、その後の戦乱(朝鮮戦争)で喪失していてもおかしくないのである。それを占領したとはいえ、日本が保管していたことに対してのお礼の言葉ぐらいほしいものである。日本が憎しみをもって対処していたならとっくの昔にこの世からなくなっていたものだろう。少なくともそのようなことはしていないのだから。

 本当に返還してもよいのだろうか? あえて言うなら。北朝鮮もあわせて打ち合わせしたほうが良いのでは? 返還したけど消失とかしたら・・・・。 かの国は経済的には発展したけれども、まだまだ安定した国とは思えないのである。

 今はまだ日本の国家財産である。韓国に「お渡しする」まえに、博物館などで見学できるようにしてほしいと思う。どんなものか一度見てみたい。←このような好奇心がお互いの理解を進めることになると思うのだけど。 警備がものすごーく厳重になりそうな気もする。

おしまぃ。

 

 

 

 

 

 

なんでいまどき逮捕なんだ?

よっぽど金遣いが荒いかなにかじゃないかぎり逮捕になるとは・・・。

81歳のじじいだし。

 

何か話ししてはいけないことを話したのか?

だとしたらなんだろぅ。

民主党の政策に不満なのである。たとえば。

●朝鮮学校無償化。

いつの間にか無償化が決まっていた。太陽政策といえばそのとおりなんだが。。。反国家を教える学校のためにお金を使う政策ってなんだ? 朝鮮学校の側にもプライドはないのか? そんな金もらえるかぁ。と言うような。 そう言われたほうがインパクトは強いとおもったんだけどなぁ。とにかく、いつの間にか決めたことに不満なのである。

 

●もっともっと身近の不満は。高速道路の暫定的低料金化。

現在は週末のみ1000円なのである。そのおかげで、夏休み前の今日の渋滞は一昔前と同じでものすごい渋滞となっている。自民党は夏休み期間中を1000円にした。おかげで渋滞は分散した。だれがどうみても自民党のやったことのほうが良い政策だったと思うだろう。当時は期間限定なんてケチクサイとかなんとかいったけど。今よりまし。

 

●大韓航空機撃墜事件の犯人の東京上空遊覧飛行

なんでそんなことしたんだろか。身柄の安全を保障するためとかいうならまだわかるが。これからどこへも行けない人だからと言う理屈ですることか? だったら日本の死刑囚は死ぬ前に最後に遊覧飛行させてやらないのかね?
 生かしておくことは今後の政治の道具に使われる。今後もそうである。あえていう。韓国で死刑囚であったうちに死刑にしたほうがよかったんじゃないのか。

 

●落選した法務大臣の続投

落選したらただの人じゃないのか? 一度は辞任を言うような人に任せていいわけないだろ。百歩ゆずって大臣を続行するとしてもだ。
 死刑反対論者で、死刑執行を遅らせていた張本人だったくせに、落選してしばらくしたら、死刑執行を認めた。それだけでなく死刑執行に立ち会うということまでして媚をうったのだ。いままでの主義主張はなんだ? そういうことで媚を売る人間を信じることなどできないだろ。支持していた人を裏切ったという思いはないのか?

 

●いら菅 総理

 自分のまいた種で失敗しているくせに偉そうに答弁するのが腹ただしい。一度は民主党の中でも、小沢氏などとは違いまともな考えをもっているのかとか思ったけど。だめだな。イライラしている菅氏をみて支持する気になど到底ならない。

 

主義主張を曲げてまで政権与党にしがみつきたい気持ちは理解するが。やることなすこと自民党と対比するとかなりの低評価である。最近のことだけ書いたけど。前からおかしいのである。このような政党に国を任せてよいのか良く考えるべきであろう。

ということで民主党の先は短いのだと予想するのであった。

おしまぃ。

 

 

100歳以上の高齢者の所在がわからなくなる話。

なかには、本当に行方不明っていうのもいるだろうけど。

本当は死んでいるのに、生きていると偽って年金をもらい続けるような話もチラホラ。

なんなんだろうねぇ。

年寄りが生きていることにすると年金をもらえるって言う仕組みをなんとかしないとだめだろ。生きていても年金はもらえない・・・のはダメだろうし。

 100歳を超えるような老人の子供となると75歳くらいの老人。これだって十分高齢者なのだ。実刑になっても行く先あるのだろうか?

 

 こんな話をしていたら。新しい詐欺を思いついた知り合いがいた。

ロボットで寝たきり老人をつくればいいんだ! だと。

肩から上だけつくればいいんだ・・・。ボケたような感じの受け答えでも生きているように見えれば良い・・・。

もう少し凝ったつくりにするなら腕もつくって脈ぐらいはかってもわからないようにするとか。

悪意のある詐欺ではあるけど。本当にこんな犯罪があったら少し滑稽な感じもするな。

おしまぃ。

 

若い頃、先輩に聞く。
「結婚ってなんですか?」

その漢、一言だけ言う。
「してみりゃわかる。」

口数の少ない人だったが、それ以外言うことないのかよ・・・。

かなり長いことの沈黙のあと。
「相手によって違うから、わからん」

そしてさらに長い沈黙のあと。
「信頼することだな。」で終わった。


たしかに、相手によって違うよな。

こんな答えが一番いいような気がした。

・・・誰でも良いから、とりあえず一度してみろって・・・

おしまぃ。



夏になるとたびたび起きる山岳での事故。

珍しいともいえる事故がおきた。

ヘリコプターの墜落現場を取材するため、2名の報道関係者が入山したのだ。ガイドもいた。ガイドは危険だから引き返そうと言い、一度は車まで引き返したのだ。しかしその後二人はやはり行くと言い、ガイドには「尾根道」を行くと言って出発し遭難した。

 なぜガイドが止めなかったのかと言うような記事も少しあるが、、、、。一度行って、納得してもらって引き返してまでいるのに、自制心のない人間がやった行動にまでガイドが責任を持たなければいけないのか? 完全に100%自己責任だろう。 

 ただ一人だけ生き残ると厳しい視線を受けるのはしかたないだろうけど。

 

ハイキングとか山行でよく言われる言葉がある。

怪我と弁当自分持ち。

ついでにいうなら、生命だって自分持ちだ。

リスクは自分でとりなさい。

それだけのことである。

おしまぃ。

阿久根市市長

竹原氏

 

職員を追放したりし、独裁だとか、なんとかいわれる。

TVでも良く放映される。

議員・市長のボーナス半減とか議員日当性にしたり、

 法人税下げたり、もしている。 これは善政ではないか?

 

独裁を悪だという立場でみるなら、なぜに選挙で2回も選ばれているのだ?

民主主義の最大の根幹は司法ではなく選挙にあると考えるほうが正しいと思うのだが。。

もし、過去の彼の独裁がやりすぎたと言うなら、次にリコールされたときは落選するだけではないだろうか。

 

 TVの報道などを見ている限りでは。

とても筋の通った意見を言う人に見える。リコールが必要ならそうすればいい。それはただしい政治のあり方なのだから。

 

おしまぃ。

定年制が廃止になることが決まった。
イギリスでのことだ。

65歳になったからと言って解雇できなくなった。

雇われている高齢者は喜んだが、経営側は難色を示した。当然のことだ。

高齢者を雇い続けなくてはいけないとなると、若者が雇えなくなるとも言う。
ますます、若年者が職に就けなくなることになるだろうと。

定年制廃止と同時に、やることがあるだろう。
簡単に解雇できる仕組みだ。

死ぬまで働くなんて言い続けられたら経営なんてできるわけない。

かなり影響の大きい話だとは思うけど。。。
定年制廃止と同時にいくつかの法案が変わると思うのだ。
それはなんなのかも知りたい。
ときどき、ひきこもりについての記事を見る。

たいてい、ひきこもり は良くないことだと論じている。

ひきこもりとは家に籠もって外に出なくなること。食事などは家の人が世話するらしい。
たいていの家の人はひきこもりから「たちなおらせようと」苦労するらしい。

簡単である。飯を与えなければいいのだ。
そうすれば嫌でも、家の外にでるだろ。餓死する心配が・・・とかいうけど。
自分の意志だけで餓死して即身成仏できるような意志の強い若者はそうそういない。そんな人間がいたら博物館に飾ってもよかろう。現代の即身仏として。(笑)
それに役に立たない人間は餓死してもよかろう。←これを言うといけないらしいが。
 まぁ少し乱暴な話をしたが。

そもそもの話として。
なんで「ひきこもり」がいけないことなんだろう?
それがわからん。
日本昔話でも「三年寝太郎」とかいう引きこもりの元祖みたいな物語がある。体がでかく立派なのに畑仕事もせず一日すーっと寝ているという若者の話だ。最後に彼は洪水で荒れた川をせき止めるために活躍し死んでしまうと言う話だったと思う。最後には人様の為に生きるという話だ。

引きこもっていても、いつかは生命力の発露みたいな時がくると思うのだ。いやそのはずなのだ。
放っておけばいつか気力体力は充実するはずだ。まわりがとやかくいうことも過保護にすることもない。・・・と思ったんだけどなぁ。
違うかね?

 家にこもって、オンラインゲームばかりしていると昔話のようにはならないかもしれないけどな。

おしまぃ。



TV朝日の夜中にやっている番組。朝まで生TV

夜中に目が覚めて、TVをつけるとやっている。

昔からある番組で、まぁその、最低な番組である。でも見てしまう。なぜなら意見を言い合う上でのディベートの仕方、感情の発露など普通の番組ではなかなか見れないのが見えるのが良いのだ。内容は別段新しくはない。

でもだな。司会の田原総一郎にしろなんにしろルールとガイドラインに沿って会話をしているわけで、それから外れようとする会話がない。

今日みていておもったのは。

ディベートの達人ともいうホリ某がほかのひとの意見をつぶしまくるのは退屈でしょうがない。意見つぶしをするのはセオリーどおりのやりかたで、受けるほうも反論できないぐらいの強さで言い番組をだいなしにしている。ディベートの基本にすぎる話。

 出演者はそれぞれの立場で話をする。そして話はコロコロかわる。ときどきついていけなくなる。いろんな方法で話題を転換して自分の土俵で話をしようとする。見ていて見事だと思うのであった。

そして気がつく。一番ついていけないのは田原氏の意見だったりもするのだ・・・。これはこの人の司会のやりかた。

人の意見って難しい。部分的には共感覚えるけど、部分的ににはそうではない。視点・観点もたくさんある。

 ・・・・それだけのこと。

 

自由な発言をさせてるように見えて、きわめて巧妙に発言はコントロールされている。司会者が道筋を作っているともいえるが、それとて田原氏の意見ではないだろう。

出演者が自分はこんな本を書いたと宣伝するのは・・・・・・どうなんだ?

おしまぃ。

 

 

日産の車マーチ。

今度の日産マーチは全量タイで生産。日本に輸入する車となった。

製造業の空洞化はとてもよく語られていたけど、車業界でここまで大きな話しは初めてじゃなかろーか。

一応、製造業のピラミッドの最上部に位置していた会社日産の決断。当然マーチに使われる部品は海外生産品。

いつかはこういう日がくるとは思っていたけど、なんとも釈然としないなぁ。

これは良いことなのか? 悪いことなのか?

日本の国力(円)が強くなりすぎた結果なのか?
一つには労働力が日本では確保できなくなったことだ。でもなんで?
失業者はたくさんいるだろ?

経営者の責任が重くなりすぎたんだと思う。
会社を潰してまで人を雇わなくてはならないくらい現在の法制度は厳しい。と経営陣は感じているのだろう。
 派遣社員はどーのこーのとか。賃金格差がどーのこーのとか。

そりゃ平等であり、未来があるという話しをしたい。けれども諸外国の人件費・物価と比べるのは無理があるってもんだ。

 正社員とか派遣社員とか契約社員とか特別契約社員とか・・・。
いろんなランクがあって世の中が複雑になりすぎてないか?
このような制度を認めることのほうが問題だと感じるのだが、どうなんだ?

でもな。正社員が今の既得権益をすんなりと手放すとは思えないし。
よくわからないけど。いろんな制度が破綻するまで今のままのような気がする。
このままいくと、ジニ係数(覚えたての言葉だ)が高くなるのだろうか??
やはり世の中の仕組みはよくわからないのであった。

一説には、今後、製造業で日本がなりたたなくてもやっていける・・・。という話しもあるようだが本当か? アメリカはそうなのか? アメリカは強大な軍事力をもっていたけど・・・・。

 何かわからないけどパラダイムシフトが起きている・・・おおげさだけどそんな気がする。

で。
日産マーチ。
なかなか可愛らしい車だけど、見てくるかな。

おしまぃ。






私も投票してきた。

正直誰に入れたものか悩んではいたのだ。

なんとか投票してきた。

帰ってきてからニュースをみていたら・・・。とんでもない人物投票してしまったことに気がついた。その人物の応援演説には私がもっとも唾棄すべき人物の名が・・・・。

こういうときはなんとも自己嫌悪だよなぁ。もっと良く調べてから投票しなくてはいけなかった。こういう一票はやりなおせないのだろうか?

そういえば、NHKのニュースによると谷亮子氏が当選した。これはこれで最低な出来事だ。知名度とイメージは重要だけども、政治に対する能力はもっと大事だろ。どう考えてもそういう能力があるとは思えないのだが・・・。
柔道選手としても引退したわけでもないし。国民をなめてると思うのだけど比例だとそういう人物でも当選してしまうのだろう。

 

 比例の計算方法が全然わからん。比例って・・・何?

おしまぃ。


結局。民主党惨敗。

まぁいいんじゃなかろーか。

参院選だし。


菅総理が増税を言ったタイミングは良いとは言えなかったが。

そう遠くないうちに、増税されるのは間違いない。民主党がやるかどうかは別の問題だ。間違いなく言えるのは。増税したときの政権が税金の使い方を決められるということだ。これは大きな話しだ。だからどの政党が政権を握っても、なんだかんだ理由をつけて増税を実施する。

 もっというと。増税したがっているのは政治家ではない。官僚だ。

おしまぃ。




大相撲名古屋場所の生中継がされないことが決まった。

なんでも。多くの視聴者からのご意見だとか。そんなに視聴者は偉いのかぃ?

そりゃ何か言いたい気持ちもわかるけど。

中止を希望し何か言う人間よりも、何も言わないけど楽しみにしている人間のほうが多いんじゃないのか? 

こんな不祥事の後だから、いろいろあるだろうけど。

問題なかった力士だけでもやればいいのに。・・・迫力に欠けるかなぁ。

サッカーでもなんでもそうだけど。

スポーツは生中継が一番ハラハラドキドキするのだ。

ハイライトだけなんてやめてくれぇ。

おしまぃ。

 

民主党政権・・・だけじゃないけど。

消費税を10%にしようとしている。

消費税をあげるまえに支出を減らせ。天下りの数の多さはなんだ?

公僕の数を減らせよ。

 

昔、国の予算を使ったプロジェクト仕事をした。あまりにも偉ぶった態度。そのときはこの人たちは偉い人なんだと思っていたけど。

 今思うと、てめぇの金でもねぇのに偉そうな態度とりやがっていい加減にしろよ・・・とも思う。

そんな奴らからお金をもらった仕事をしたこともムカムカする。

 

消費税を10%に増やして、増えた分5%はどこへいくんだ? 間違いなく言えることは、役人のふところに消える分だって多いはず。

役人を十分に減らして、行政サービスに不満が出るくらいになったら増税することを許してもいい。

 

おしまぃ

最近。

社内公用語に英語を使う会社が増えている。

少し前には、日産。

最近ニュースになったのは、ユニクロ、楽天。

 

言語というのは思考を司ると思っていたけど。

言語=道具なのだ。ただの道具。

その時々で使いやすい言葉を使えば良い。

グローバル企業になるには社内の公用語が日本語では不都合は大きいということだ。

言語を使いこなせない人は活動領域を制限されるということ。

そしてそれは収入の違いにもなっていくということだ。

おしまぃ。

自民党の政見放送。

まぁ、いろんなことをいうわけだが。

ひとつ気になったところがある。

議員数を2/3にするというのだ。聞き間違いか?

小さい政府を目指すという。

やっと目覚めたか。もっと早く目覚めてくれればよかったのにと思うぞ。

もしこれが本当だとすると、なかなか良いんでないか。

目指すの保障ではない。活力だ。活力が生まれて初めて保障まで手が回るはずだ。

保障があるからと言って活力には結びつかない。

 

でもねぇ。

民主党を責めることを感情的に言うのはかっこ悪くないか?
もっと冷静に説明し、感情的に短くひとこと言えばいいだろうに。
あなたがたは、自民党の日本の未来を考えた政策と民主党のどちらをとりますか? 
・・・と。

自民党は本当に変わったんだろうな。それが心配だよ。

この政策なら、みんなの党と連立しても良いような気がするがどうなんだろ。

おしまぃ。

 

国民の義務はたくさんある。

納税とか・・・とか・・・とか・・・。

なぜ、国民総背番号制を導入しないのか不思議だ。

よくこのようなもので国にすべてを縛られるのは気持ち悪い・・・というような意見があるが、ほとんどの情報は把握されているという現実を知らない人間が言うことである。

背番号制が実現するとコスト削減は非常に大きなものになるはずだ。

国民だって楽なはずだ。番号ひとつでなんでもすむのだ。

心配ごとがあるとすれば、成りすましぐらいだろう。それと情報漏洩。番号ひとつでぜーんぶわかってしまう。

まぁそれだって今もたいしてかわらない。

少なくとも今は意味があると思うんだけどな。

消費税で増税するまえにこういうインフラを準備して無駄を省くというのが大事なんじゃなかろうか。

おしまぃ。

サンデー・フロントライン
という番組で民主党の政策を説明している。
増税と経済成長の両立 と言う。

増税して政府にお金がきてお金を再分配すると、再分配された人はお金を使いお金が回る。だから所得も増えて納税も増えて、いいことづくめ。。。(かなーり省略したけど)
という話らしい。

間違いだらけである。
税金が100%国民に戻っているとでもいうのか? 公務員の人件費とか様々に使われているだろ。そしてそれは大きい。
これは、いままでの自民党政府がやってきたことを増税してまでやろうと言うだけの話だぞ。
さらにいうなら、ここれではただの社会主義国家だ。国が面倒見るというのを推し進めて高福祉国家になるのか?

番組でいう。一度政府に入れたお金をそのまま国民に分配する。と。
そんなつまらねぇことする余裕があるのか?
一度集めてばらまくのにどれだけの費用と労力がかかるというのだ?
それがオーバーヘッドとなり、活力をなくし、経済を停滞させる原因になるということだ。普通は金の使い方までとやかく言われたくないだろ。
税金を増やして公務員の仕事を増やすくらいなら、業務そのものをなくせ。そして税金として徴収するのをやめればいい。

けっきょく、税金を使う側になった既得権益者(これは政府からお金をもらっている人も含む)たちは、その既得権益を手放すことはないんだろう。

内容として明らかに間違っているし、過去の歴史に学んでいない。
番組のコメンテータの多くは、まるで詐欺にあったかのように怪訝な顔をしていたのが気になる。

おしまぃ。

八億九千万円

日産社長、カルロスゴンの年収。日本の昨年度の社長の年収で、ゴーン氏がトップだったようだ。

今年から年収1億円以上の経営者は開示する義務ができた。

ニュースでは。
カルロスゴーン氏が言うには、
日本では高いかもしれないが、世界的には普通であるという。

高いか安いか。
責任とそれに見合った年収。
いいんじゃないのかねぇ。
嫉妬心もあるけれど、それを目指して努力する人もでてくるだろうし。
高すぎれば、
unbelivable~ と叫ばれるだけ。アメリカではそうなっとる。
株主だって黙っちゃいない。

責任に見合った報酬。そしてそれを認める透明性。
そういう世界のほうがいいに決まってる。透明性があるからこそ議論もできるのだ。
もし、経営と労働の一体感がなくなるなら。それまでの会社だってことさ。

アメリカのようにはなってほしくないなら。それを止めれば良いだけさ。

ちなみに
ハワードストリンガーは8億1500万らしい。



最近思うのだ。

朝のものすごく混雑している電車で。
体が触れるだけで人を蹴飛ばしたり突き飛ばしたりする人がいるのだ。

今日もそんな人に出会った。
混んだ電車で近くに人がくると肘で回りの人を小突く。
嫌なことにそんな人間の近くになってしまったのだ。
いきなり、こぶしで私の腕を叩こうとしたのだ。
ボーっとしていたけど。腕を叩かれそうになったのでスッと手をひいたら、かなりムカついたのだろう。私をにらむのであった。
よほど声に出してなんか言ってやろうかと思ったのだが、その拳を見てやめた。
関節は節くれだち、拳タコができている。こ、これは武道家だ。。。
きっと殴られたら私の顔はボコボッコになる。。。と恐れおののき後ろの人を押すことにした。
すまん後ろの人。

なんとも気の弱いことで始まる一日だなぁと始まった一日であった。

最近おかしな奴が多いのだ。
痴漢も嫌だが、社内のへんな暴力はかなり多い。
あいたくないねぇ。こんなやつには。

痴漢だけでないこういう暴力防止のためにも車内監視カメラはたくさんとりつけてほしい。
プライバシー? 裏表ない正しい生活してりゃプライバシーで困ることなんてそんなないだろ。 そんなに気になるなら電車にのらなきゃいい。プライバシーよりも安全のほうが大事だ。

おしまぃ。
他人に頼った生き方。他力本願

ニュースで街角の人々にインタビューをする。

お年寄りは政権に対して、老後の安定を求める。
妊婦は、子供手当てがほしいという。

人それぞれ、他人(国家)に保護してもらうことを望む。

そういうことを人目をはばからず言うことに恥ずかしくないのか。
国家がそこまで面倒を見なくてはいけないなんて誰が決めたんだ?

自分の足で立って生きていくのが楽しい社会にするのが国の役目だと思うのだ。

そういうこというと白い目で見られる時代なんだろうねぇ。

おしまぃ。

民主党が消費税の増税を言い出した。

現状の5%から10%への増税らしい。

なんのための増税だ?

かわりに減税になる部分はあるのか?

基本的に増税に反対する理由はない。

しかし歳出削減を今以上にするほうが先では?

社民党や共産党はやみくもに反対するが、彼らの言葉に代替案はない。論外といえよう。

みんなの党も増税反対だけど。じゃぁどうするのだ?

増税する前に飛び込み需要がでそうだな。

おしまぃ。

食器を通販(Amazon.co.jp)で購入した。
あまり深く考えずに割引率の高いやつにしたのだ。
ブランド名でいうならエムズスタイルのAmazon限定とかいうやつ。
箱にfukubukuroとか書いてあるところを見ると正月の売れ残りだろうか。

とにかく大失敗であった。
コーヒーカップが歪なのだ。歪んでいるのだ。この写真だとわかりにくいけど、ふぞろい感が大きい。
こういうデザインかと思って並べてみたのだが、どうみても違うだろ。。。。
shokki-M2STYLE-fuzoroi.jpg

さらには、端が欠けていたり。。
syokki-M2STYLE-002.JPG

返品してもいいんだけど。。。面倒だし。
使う気分でなくなってしまった。
このままどこかのリサイクルに売ってしまおう。

もう、食器を通販で買うのは絶対にやめた。。。

おしまぃ。


「まぁいいや」

最近の口癖である。
相手を責めたくないのである。相手に負担を与えたくないのだ。

言っても理解して貰えなさそうなときとか。
言っても返事がこないときとか。

「まぁいいや」

と言っておわり。
それでいいのか?

・・・・

本当はもっともっと何かを言って伝えなければいけないんじゃねぇの?

まぁいいや。

今日、夏場所 千秋楽

今、私が最も好きな力士、魁皇。

今日、大関魁皇の対戦相手は、琴欧洲。

魁皇が勝利する。
なんと通算一千勝だとか。
23年の現役生活の集大成である。

ちなみに一千勝以上した力士は、魁皇で二人目。

最初に一千勝した力士は誰なんだ?

それが気になった。

すごい記録だもんだ。
おしまぃ。
ハーバード白熱教室

NHK教育の番組名である。

ハーバード大学で最も人気の授業をTVで放映した番組。政治哲学のサンデル教授のJusticeの授業。
日本語吹き替えである。(もちろんそうじゃないとわからん)

とにかくおもしろい。
日本の大学でこのような授業をするところはあるのだろうか。
参加者がみな考える。その質疑応答をもとにさらに一歩突っ込んだ話しをしていく。

二階席もあるような大講堂でやっていて、ものすごい熱気と真剣な眼差し。
アカデミックだなぁ。

私も大学生に戻りたいなぁ。
いまさら手遅れだろうか。。。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちおもうことカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはくるまです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。