言葉の最近のブログ記事

ニュースはやがて歴史になる。

池上彰の言葉である。
ジャーナリストとして生きる人の言葉である。
重いと思う。

歴史の一部を見ることができる今を大事にしよう。
などと思うのであった。

おしまぃ。

まぁその通りなんだ。

行くに径に由らず。

正々堂々と行くということ。径(こみち)に入ることはない。
そうだな。
そう行ってみるか。

働かざる者食うべからず。

 子供のころ、良く言われた。手伝っても微々たるお小遣いしか貰えなかったが。

じゃぁ今。この言葉を杖をつくような年寄りに言えるか?

それは、いえねーだろー。。。

やはりこの言葉は、若者に向けて使うのが良さそうだ。

おしまぃ。

ノブレス・オブリージュ

直訳すれば「貴族の義務」「高貴な義務」。フランス語。

社会的地位の高いものは、より大きな責任が伴うこと。
例えば、江戸時代の侍は地位が高かったがそれに伴いより大きな責任、つまりひとたび何かあれば、命をかけることが求められた。とでもいおうか。

 私の大学時代の教授は良くこの言葉を言った。
大学を出るということは、ある程度の地位が約束されるのだ。つまりそれに応じた責任もあるのだ。だからそれに恥ずかしくないような教養を身につけろと。専門だけの知識を身につけるためだけなら専門学校でもできるのだ。私の研究室の出身者は専門バカにはなってほしくないとも言った。

 最近、ふとこの言葉を思い出すようなできごとに出くわした。
私はあのときの教授の言葉をやっと理解しつつある。

おしまぃ。

Haste not ,Rrest not.

急がず。休まず。

今の私に必要な言葉だなあ。
急がず。休まず。
新渡戸稲造が座右の銘とした言葉らしい。
出展はゲーテの言葉だとか。

・・・で、急がず休まずに、何をする?

おしまぃ。

必然

| コメント(0) | トラックバック(0)

偶然が重なり。。。
そしてそれは必然となる。

いくつの偶然が重なればいいの?

日本語でいうなら、梃子。

小さいちからで大きな物を動かせる。。。

ここしばらく金融業界でよく使われていた言葉。

不思議な世界だと思うよ。梃子でお金が大きく動かせるのが。

おしまぃ。

Love is to be needed.

愛は必要とされること。 ←下手な訳だなぁ。

私は必要とされてるのだろうか?

この言葉から思うことはたくさんあるので。。。
いつか書き足す・・・かもしれない。

おしまぃ。

さよなら。

語源をいうなら、
「さようなら」
  ↓
左様ならば(さようならば)

現代風にいうなら、「それではそういうことで」

この言葉に、また会おうの意味はない。
英語のGood Bye に近い。

フィリップマーロウは言う。
To say good bye is to die a little.
さよならをいうのはわずかだけ死ぬこと。

それもまたいいだろう。

次の出会いがどこかで待ってる・・かもしれない。

なにか別れがあったのかって??
・・・なぃ。

おしまぃ。


少し前のこと。

「強い人が好き」という女性にであった。
すかさず私は腕に力瘤を作ってアッピール。
彼女は笑ってたけど。
強い人ってなんだ?
肉体的にか? 経済的にか? 逆境に強いとか? 忍耐強いとか? 
いや、夜に強いとか??(笑)
よくわかんね。

私はこんな言葉が好き。

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない。
If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

レイモンドチャンドラが書いた小説の主人公。フィリップマーローの台詞。
映画ではハンフリー・ボガードなどが演じている。

翻訳というのは難しくて、ニュアンスが違うという人もいる。

強さと優しさ、どちらも重要なのに天秤にかけるような生き方してないか?
おしまぃ。


物を作るときは、段取りを決めるのが八分だと言う意味。
そしてその八分が重要ということ。

 何も考えずに、作り始めると(リフォームの床のように)何度も手戻りがあって、結果として時間はかかるし綺麗にできない。
 どのように作業をすすめるか、段取りを決めることが大事だ。
段取り決めるのに八分、残りの二分が実際の作業。

よく大工さんがたばこをくわえてじーっと現場を見ていることがある。その間は手を動かさないわけだけど、その時間が重要なのだ。よく考えてその後の動きで一気に作る。
 その動きには無駄がなく惚れ惚れするような動きである。これぞプロ! というような。

 私の場合。段取りだけ考えて日が暮れることも・・・。

おしまぃ。

 似た言葉に、「腹八分」というのがある。これは、満腹になるまで食べると太るぞ、という戒めの言葉でもある。・・・うそ。(笑)
 

特別

| コメント(0) | トラックバック(0)


特別なこと
特別なもの
特別なとき
  :
  :
特別なひと

いつまでも忘れることない一瞬

Robert Hutchings Goddard
ロバート・ハッチングス・ゴダード

ロケット工学開拓者の一人。天才であり時代に先走りすぎていたと言われる。
第二次世界大戦の終了間際の1945年8月10日に死去。生前に名誉を与えられることはほとんどなかった。

彼の言った言葉といわれる次の言葉が心に残る。
「何が不可能であるか言うことは難しい。昨日の夢は今日の希望、そして明日には現実になるのだから」

It is difficult to say what is impossible, for the dream of yesterday is the hope of today and the reality of tomorrow.

 ロケット開発の先駆者であるゴダードの言葉。月に行くなんて夢物語だと思っていた時代に、その先駆けとなる一歩を切り開いた人。

おしまぃ。

Nature reserves some of her choice rewards.
by Rachel Carson

自然はとっておきの贈物を予約してくれます。

美しい自然とか見ると私もそう思う時がある。
・・・自分の庭の掃き掃除をしなければ、とも思う。

おしまぃ。

It is not half so important to know as to feel.
by Rachel Carson

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。

ブルースリーのDon't think.FEEL! のような言葉だな。

考えたり、知っているだけの事柄を、感じるだけのものにするには、とても時間がかかる。
最近、言葉を勉強していて思うのだ。感じるところまで思考の礎になるくらい身につけるだろうかと。
年を経ると脳みそは老巧化し、新しい知識(言葉)を身につけるのが大変になるのだ。。

おしまぃ。

What if I knew I would never see it again?
by Rachel Carson

もし、2度とこれを見ることができないなら?

そういう別れはあるね。
その時は意識してないんだけど。
視線をはずすのが怖かった別れ。最後になること。

そしてまた明日はくる。

おしまぃ。

茶畑

| コメント(0) | トラックバック(0)

とても綺麗な若草色のお茶の新芽。

sayama-chabatake001.jpg

一週間後。
ここを通ると、若緑色の若葉を刈っていたんだ。
ものすごーく、甘いお茶の香りが辺り一面に漂っていてものすごく幸福な気持ちになった。
この香りは、この一瞬だけにしか漂うことがないんだ。
その一瞬に道を通ったことがちょびっと嬉しかった。

IT技術でどこでも臨場感が味わえるようになるというけど。
嗅覚は最後まで実現できないだろうな。
 
だからこそ、いまそこにいる瞬間を大事にしたいと、おもったのであった。
おしまぃ。

家路への途中。
日が暮れたあと。

三日月が空にあって。空気が澄んでいて。
淡い青から天頂の濃い青まで、、、ずーっと綺麗な青のグラディエーション。

ずーっと空を見上げていたのさ。

どこまでもどこまでも続く青青青。
心まで透き通るような青。

むかし。わたしはどこかでこの風景をみたんだ。
誰かとどこかで・・・。

思い出せない思い出。

三世代にわたる夫婦がいっしょにいることは縁起がよいと言うこと。

聞き慣れない言葉だけど。
ちょっとメモ^^。

| コメント(0) | トラックバック(0)

あなたの闇になりたい。

あなたが深く深く眠りにつけるように。

私はいつもあなたのそばにいるのだから。

未完

いつしか私のそばから闇は遠ざかってしまったけど。
あのときの闇はとてもなつかしい。

片山右京。元F1レーサー
彼がF1レーサー現役だったころの活躍はあまり知らない。

F1レーサーを引退してから山に登ったり、TVでコメントしたりしているのを見てファンになった。話かたが好きなのだ。少しずつ正しい言葉で語るような感じが。

今日新聞夕刊でこんなことが書いてあった。片山右京がソーラーカーレースに学生たちに言った言葉。
「飯をくっておけ。それ以外の者は寝ておけ。あしたの天気なんて僕らには変えられない。100%のことができなくても、自分たちのできることを一生懸命やるしかないじゃないか」

そんなもんだよな。

おしまぃ。

屋上

| コメント(0) | トラックバック(0)

NHKニュースを聞いていた。
横浜のビル屋上からコンクリート袋を投げたという事件について報道しているのだけど。

「屋上に入った。」
と表現をしていた。
屋上には「出る」のじゃないのか??

屋上という空間には入っていくのはわかるんだけどさ。
建物内部からは出て行くわけで。。。

「屋上に侵入」という表現はあるしなぁ。。。

まぁ私はききなれないから違和感を感じただけかもしれないし。
許容範囲かな。。

おしまぃ。

少しずつ。ゆっくりでいい。

聞こえるか聞こえない程度のささやきで、言葉を紡いでほしい。

紡いだ言葉が私の心を織りなすように。

笑顔

| コメント(0) | トラックバック(0)

笑顔

もういちどみたい。

時計の針を巻き戻して。


いや。。もう、巻き戻す必要なんかないんだ。

笑顔を見つけるのさ。

どこかにあるのさ。

まってる。
でも、いつまで待てるのだろう。

雨音

| コメント(0) | トラックバック(0)

この手でつかんだはずだった何か。

この胸に抱きしめ続けるはずだった何か。

こころの隙間から流れ落ちていったと思っていたんだけど。

静かな雨音の夜。

時が止まったことを。

ふっと思い出す。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち言葉カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは食べ物です。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。