小話の最近のブログ記事

Siri

| コメント(0) | トラックバック(0)

SIRI
尻ではない。SIRI
Appleが開発した音声認識応答システム。
Siri
Speech Interpretation and Recognition Interface
の略。
普通名詞になりそうだな。

アップルのiPhone iPadで使用できる。
 Nuance社が開発した。Nuance社ってかなり昔にはDragonSpeechというのを開発していた。かなーり昔の話。今ネットで検索すると2005年版以降新規版はでてないところみると売れ行きがよくなかったのだろう。
 DragonSpeechが出た頃はかなり音声認識システムとしては評判よかったと思う。それでも実用的に使う人が少ないってことは用途として意味なかったってことかもしれない。
 昔キーボードでキータイプするのが苦手だったころ音声認識装置があったらと思うこともあったけど、今ではブラインドタッチもできるようになったからいらないと思うに至った。
 それに考えてみて、コンピュータに向かって椅子に座って話しかけ続けるってかなーり大変なことである。喉がいたくなるだろう。 
 相手が人間でないのがわかっていて、オフィスでみんながヘッドセットしてコンピュータに話しかけるって、ちょっと気持ち悪い風景だと思う。技術が進化すれば少しは変わるかもしれないと思っていたけど、まだまだ先の話だろう。

SIRI
性能が良いともっぱらの評判だけど、どこまで使われるだろうか。
実は音声認識でなくて電話の向こうでオペレータが声を作って返事してたり・・・。なんてな。

そのうち、
O-SIRI (お尻) などというアダルトチックなSIRIもでてくるんじゃなかろうか。
変態音声認識応答システムである。そのほうが楽しみだな。w

技術的にここまで進化した音声認識応答装置がでてきたことに驚いたのであった。

おしまぃ。

ドライブした気分

最近スマホ(スマートホン)でスカイプを使うことができる。(というのをつい先ごろ知ったのは内緒だ。)
つまり、スマホを使ってTV電話で会話ができるのだ。
携帯電話で映像通話ができると聞いたのはほんの9年ほど前のこと。そのときは誰がそんなもの使うのかと思ったものだった。もちろん当時は料金もパケット従量制課金である。請求料金が怖くてだれも使えない代物だった。

 スマホをスカイプを起動し、カメラを車の進行方向に向けて置く。車載カメラのようなものだ。
 そうすると、カメラで撮影した動画をそのまま通話相手に表示させることができるのだ。受ける側はコンピュータのSkype画面でそれを見ていると

「ドライブした気分」になれるのである。

なんて安上がりなドライブなんだろうか。(ドライブじゃないけど)

もちろん、スカイプなので現在地を聞きながら近くにある観光名所や食事どころを教えることも可能である。
 今回はスカイプで楽しんだだけだったが、GPS機能を追加して現在地を知らせることも可能なアプリがあるらしい。
 このツールを使えば一種のコンシェルジュサービスも可能だろう。

それにしても、技術の進化と凄いもんだな。
ホンの10年前まではこんなこと市販品レベルでは楽しめることなどできなかったのだ。

 一種のバーチャル旅行である。それにしてもおもしろかった。2時間ほど、「ドライブした気分」を楽しませてもらった。

おしまぃ。

痴漢監視カメラ

最近電車についているカメラ。抑止の意味もこめて結構たくさんつき始めているらしい。

知人の会話。
A:「天井から下を見る方向じゃなくて、床から上を向けてカメラを取り付けたほうが痴漢の動きがよく見えるんじゃね?」
B:「うん。それだとスカートの中も見えるよね」

真顔で言っているのがとってもステキだった。w
ちゃんちゃん。


道化

| コメント(0) | トラックバック(0)

道化を演じる。
誰かの笑顔を見たくて。
時々、道化を演じる。
失敗もする。
ぜんぜん笑わせることもできず。
居場所もなくなって。
終わりなのである。

寒くなると温もりがほしくなる。

今日。とっても暖かい温もりを感じた。

便座である。(笑)

トイレでよっこらしょと腰掛けたら、暖かいのである。
自分で取り替えた便座である。感動もひとしおである。

暖かい便座に座るとちょっと前まで誰かが座っていたことを想像するので嫌という声もあるが、今日のように木枯らしが吹くような日には、この温もりが嬉しい。

ホッとする温もりの一瞬でした。
おしまぃ。

昔。馬の代わりにオートバイが開発された。
昔。馬車の代わりに車が開発された。

・・・・とTVで言っている。

代わりの物が開発されたのだから、当然、もとの馬、馬車は廃れたわけだ。

そしていま。
人型ロボットを開発している。
それは何の代わりに??
人の代わりに人型ロボットを開発する。だとすると。。。人は廃れてしまうのだろうか?

昔読んだSFはこの手のストーリーが多かったな。
おしまぃ。

浅い眠りが続く。

私は夢を見る。
夢のなかで私はまだ子供なのだ。

威厳のある大きな鳥と話をしているのだ。
私は彼に聞く。
私:どうやったら空を飛べるの?
大きな鳥:何が必要だと思う?
私:翼があれば。
大きな鳥:たしかにそうだけど。
      一番大事な物ではないな。
私:・・・・
大きな鳥:想いだ。
      飛ぼうとする気持ちだよ。
      強く想うこと。
      それだけあれば空を飛べる。

とても重々しく大きな鳥は話す。

私の深層心理では何か不満があるのかもしれん。・・・と眼が覚めた時に思った。フロイトの夢占いみたいなものか。(苦笑)

 でも思った。最近、夢を叶えるための努力をしてないと。
日々生きることに忙殺されている・・・・ように思える。

 強く思うこと。それが大事なのだろう。

今一度、空高く舞うことを強く強く心に想うことにしよう。

おしまぃ。

昔は良く、山に登った。

最近は体が重くなったから登山には行かない。

知り合いと山について話をしていた。

A:「どんな山がいいかなぁ」
B:「平らだけど高い山がいいねぇ。」

一同爆笑。
本人はまじめに言っているのがかなり笑えた。
・・・そんなのあるわけねぇだろ。

平らで高い山。
全然ないわけではなくて、勾配が緩いという意味ではアフリカ最高峰のキリマンジャロなどはゆっくり登れる山である。
いつか行ってみたい。
キリマンジャロの山頂で、コーヒーキリマンジャロを飲む。やってみたいなぁ。

おしまぃ。

昔昔の話。

「別れた男が幸せになるのが許せない!」 と怒っている女性がいた。
相手からふられてそう言っているのかと思ったら、
自分からふったらしい。何で怒ってるんだ?(笑)
 とにかく、何もかも嫌いなんだと。
五寸釘があったら、わら人形をつくって打ち込んでやりたいぐらい、、な勢いだ。

まぁいい。すきなだけ怒りぶつけてくれ。俺にはやめてね。

また、こんな話も・・・。
「別れた男より、いい男じゃないと我慢できない!」 だと。。。
向上心を持つ心がけはいいが、チャンスはどんどんなくなっていくんじゃねぇの?
こっちも好きにやってくれ・・・。

女は恋愛(失恋?)をするほど美しくなると誰かが言ったけど。
さて、それは本当?
年齢制限があるんじゃない???

おしまぃ。

春である。

今日はとても暖かかった。
つくばに行ったのだけど、あまりの暖かさに拍子抜けした。
1月のつくばはとても寒いという記憶しかない。
少し水気を含んだ空気。
春を感じさせる陽気。

本当に暖かくなるにはもうすこし時間がかかるけど。
寒さの中に感じる春が好きなのだ。

今年。中国などの旧暦の正月は今週の1月26日。
旧暦正月のほうが春の気配を感じることができて、季節感を感じると思うのだ。

 完全に旧暦に戻すのは無理だから。
今の2月1日を元旦にするのはどう?
そうすれば、季節感と暦が合うと思うけど。

おしまぃ。

時々。
人に物事を尋ねられる。
例えば。
「このカメラを買おうと思うのだけど。どう思う?」とか。
「この道を行くべきか?」とか。
答えは、YES か NO で答えたいと思う。

でも。ついつい、いろいろと余計なことを言ってしまい相手がイライラする。
イライラさせてすまんかったね。・・・ということもしばしば。

お気楽に返事するなら。
「買ってみなよ~。」でおしまい。それ以上の助言なんてない。
あまりいろいろと聞かれると私は最後はこういう。
「買ってみなきゃわからーねーだろぉ!」とか。
「つべこべ言わずにやってみろよ!」とか。

こういう会話の仕方は良いのだろうか?

YES or NO 人生のいろんなところで選択しなくてはいけないときがある。
例えば。
「私のことはどうですか?」
YES NO で答えてくれたほうが嬉しいのだけど。

そんなとき。。。。あっさりと決めることができるでしょか?

おしまぃ。

ちょっと昔。いつか誰かの話。

デートをしたのだ。
彼女は遠くから来ていて、いっしょにいる時間を楽しんでくれた。(と思う。)
彼女が来るまでのなんどもメールで連絡をとった。それまでに彼女にたくさんのラブレターを送ったりしたのだ。(効果のある内容であったかは疑問だが。。。)
楽しい一時の最後の日。
彼女はホテルに荷物を置いて、いっしょに東京散策に出かけた。
    (ここが大事。帰るにはホテルに荷物を取りに帰らなくてはならない)
男「これで最終日だ。帰ってほしくないなぁ」
と思ってはいたのだ。

途中。彼女が「ホテルに行こう」と言い出した。
彼はこう思ったのだ。「そんなに早く荷物を取りに帰りたいのか。。。疲れているんだなぁ」と。
最初にそう思った男の頭は、「彼女を楽しませたい。でも疲れているならどこへ行こうか」と悩んでしまったのだ。
 そして、帰りの時間も決まっているし、早めに行動したほうが良いと思い彼女とホテルまで荷物を取りに行き、そして最後に別れた。 

と・・・こんなつまらないストーリーなんだが。

彼はその話を友人にした。
友人は爆笑しながら言った。
「ホテルって・・・。ラブホテルのことだろ。」と。
「普通ならそう考えるぞ。最後の別れだろ?」と。
彼は思った。確かに。。。疲れているような感じでもなく何度も何度も強烈なボディアタックをくらった。。。
あれは愛情表現だったのだろうか・・と。

そして、それを聞いてとっても後悔したのだそうな。

友人は言った。
「おまえは昔から、話のわからないやつだからなぁ。」と。
「前もそれで終わっただろ・・・」と。

確かに。。。ごもっともで・・・。
それでも彼は思ったのだ。その程度で終わるならそういう運命なんだろ。

教訓。
逃した魚はとても大きい。
 ・・・じゃなくて。
少しは置かれた状況を見てよく考えろ。(仕事でもね)

・・・だそうな。
この話は半分ぐらいフィクションです。(笑)

おしまぃ。


良く私はこういう

「またこんど・・・」

「またこんど」、なんてないことはないことは多いのだ。
機会(チャンス)なんて
その時、その一瞬にしかないってことばかり。

その一瞬の瞬間を逃して後悔することも。
Catchできると思うと、またこんど でも良いかと思ってrelease してしまう。

そんなことを何度してきただろう。

またこんど・・・。
機会があればいいんだけど。


恋をすると脳の中で活発に動くところがあるのだとか。

NHKスペシャル 女と男 最新科学が読み解く性
第一回 惹かれあう二人 すれ違う二人

恋について科学的に分析した番組。
おもしれえっぇっ

男は視覚で相手をみるのだそーな。視覚で、だ!
じゃぁ具体的にどこをみているのか? ウエストとヒップの比が7:10だと。
と言うことは女性は7:10になるように保つのが良いということになる。
 そのあとに笑顔が素敵だとか見るんだってさ。そかそうだったのか!

では、女性は何をもって男性をみるか?
それは「記憶」だと。だから昔話で困らせるのか・・・。
相手が何を約束し、かなえてくれたか、が大事なんだとさ。
。。。約束? おれは忘れっぽいからなぁ。言ってくれないと無理だよ・・・。

熱烈な恋も冷めてしまう。
通常18ヶ月、長くても3年で終わるのだとか。 そか。それは納得!?
実際に離婚は四年目がピークなんだって。
 ということは一夫一妻制はダメじゃん。

すれ違いの最大の原因は。
会話のすれ違いだと。
どういう会話が悪いかというと・・・。
日頃の不満を15分話す。指には心拍計をつける。当然Videoを撮っている。

不満を会話にしても、すぐに口げんかになる夫婦とならない夫婦がいる。
なぜ、喧嘩になるのかというと、「相手を批判するから」だそうだ。
自分の不安を告げる形だと、問題にはなりにくい。
相手を批判してはいけないのだ
どちらかが批判すると、相手は自己防衛となる・・らしい。
そして、見下すような言い方をして決裂となる。
「批判」→「防御」→「見下す」 というのがよくないのだとか。
そして、男性は「批判」を攻撃と受け取りやすい。
攻撃を受けて耐えきれなくなると、会話を一方的に打ち切るのは男性が85%。

男性が女性の気持ちを読み違え、ついつい余計なことをしてしまうのがいけないのだとか。
男性は女性と比べて、気持ちや感情が読み取りにくいらしい。表情読み取りテストによると女性のほうが正解率が高いらしい。
それに、会話に対する男女の違いがすれ違いをうむらしい。
女性はコミュニケーションのために言葉を交わす。
男性はそうではない。男性は目的がないと話しをしないとか。
それは思い当たるところがある。。。
 よりよいコミュニケーションとは。どのようにすればいいのか?
男性が上手に会話するには。
女性に受け入れられる最大の秘訣は! 質問をすることだ。 と。
確かに苦手だ。会話の糸口として質問しても、その答えで終わってしまう。
そして。「相手を分析する必要はない。」素直に気持ちを聞けばいい。
難しいなぁ。
最も大事な質問は。「あなたの夢はなんですか?」
「人生で成し遂げたいことは何?」 
例えば。「どんな祖父として孫に記憶されたいか?」とか。

どんな答えがだせるだろう。

男が変わらないといけないのだとか。
男女関係は複雑なんだ。

第2回は
何が違う?
なぜ違う?

なかなかおもしろい番組だ。

おしまい

ボーナスの時期になるとくる。
借金取りが。
彼の取り立ては容赦がない。
今日も牛丼大盛り食べようとしたら、おまえは普通にしろ・・・と。(涙)
ダイエット中だから、我慢できた。

今年は某茄子も少なかったから辛い。。。

無理に返済したら。残高が数千円。。。
このままだと、年越し蕎麦も食べることができないかも・・・。

しかたない。極秘へそくりを開封する時だ、と思い
封筒を開けたら、すでに福沢さんはいなかった・・・。

あぁ。貧しい年末になりそうだ。

はやく完済したいものだ。
おしまぃ。

言葉。

| コメント(0) | トラックバック(0)

時々。
確かな言葉をほしいと思う。
どこかにないかと探す。

見つからないものなんだけど。。。
・・・そして見つからないまま終わる。

また、どこかで探してみよう。

日の出

| コメント(0) | トラックバック(0)

日の出を見る。

最近は日の出の時間も遅い。
太陽が昇る。Beatifuuuuul.  これだけ空気が澄んだ日も少ない。

hinode-0001.jpg

hinode-0002.jpg

hinode-0003.jpg

hinode-0004.jpg

日の出を見るなんて何年ぶりだろう。
たまたまカーテンを開けたらこんな光景が見に飛び込んできたのだった。
いつもだったら、少しでも眠っていたいからベッドから出ることはないだろうが・・・。

そういえば、こんなことがあったなぁ。
「おれといっしょに朝日を見ながらコーヒー飲まない?」
    とか。
「夜明けのコーヒーをいっしょにのまないか?」
つまり、一晩いっしょに過ごそうという異性への誘いの言葉なんだけど・・・。
むかーし。これを使ったのだ。そしたら相手は答えた。

「オッケ~。いいわよ。朝何時に迎えにくる?早いんでしょ?」
ものすごく無邪気に言われたなぁ。(笑)
あまりうれしくないんだけど。その元気な声に、コーヒーを飲む約束をしたっけ。

おしまぃ。

とても驚く出来事があった。

なんと。バースディカードが送られてきたのだ。
こんなことは十数年ぶり。。。いや数十年ぶりのできごとである。

封筒を開けてから。
本当に自分あてにきたものか何度も何度も封筒を見る。
意味なく封筒をライトに透かしたり。 おかしなやつだったろう。

表紙。この熊の丸顔。丸いなぁ。まるで・・・のようだ。(笑)
BirthdayCard.jpg

ホントのところ。バースディカードをもらうのは嬉しいけど、これ以上歳をとりたくないんだ。

Thanks 914.

忘却

| コメント(0) | トラックバック(0)

忘却

心の底に沈めておいた記憶の話をする。
思い出したくないから、心の奥底に沈めておいたのだ。

無理に自分から話さなくてもよかったのに。
もう、昔の話だからと言いながら・・・口からでる言葉。

話終わって、電話を切る。
何でもないはずなのに。
心がそのころの自分に戻る。なんで話したんだろ。動揺するおれ。

その気持ちが心の奥底まで戻るのに
時間が必要だってことを忘れてた。

さて、帰ってアサヒのスーパードライでも飲むか。

assaaaahi-superdry.jpg

奇跡がもしも起きるなら。
記憶を消してほしい。

・・・ただでさえ健忘症のくせに何を言うか・・・。

おしまぃ。

とても楽しい時間だった。

ただ、ただ、それだけ。


Thanks 913

今朝。

雨が降っていた。
ちょっと遠出するので、汚れても良い古い靴を履いてでかけた。
数日前に発掘(?)した5,6年前に履いていた靴だ。
見た目はまだ使えそうだったのだ。。。。

玄関を出て数歩歩くと。
地面になんかひっかかるのだ。
ガムかなんか踏んだと思って、歩きつづける。

そしてさらに。歩く。
なんか足の裏の感触がへんだ。。。
気がつくと靴の裏が剥がれていた。それも両方とも。。
まだ家が見えるところだったので慌てて家までもどる。
そして、靴を取り替えた。その履き替えた靴も5,6年前に履いていた古い靴だったのだ。

急いで出かけて、電車にのって足下を見ると。
なんと!。
今度は表面がばりばりに割れているではないか。
そして、すこし靴が割れていくような感覚。

しかたないけど、そのまま恐る恐る靴が壊れないことを祈って歩きつづける私。
足下が壊れていく、その恐怖。 ・・・靴だけでよかった。

靴っていうのは保管状態が悪いと壊れていくものだと、初めて知った。
けっして安い靴ではなかったと思う。

おしまぃ。


職場の近くにキンモクセイの花が咲いている。

時々、キンモクセイの花をとって机の横に置いておく。
香りを嗅ぎながら仕事するのだ。わずかな秋を感じながらな。

良い香りじゃ~。
2008aki-kinmokusei001.jpg

2008aki-kinmokusei002.jpg

・・・・そうしたら。
となりの席のやつが。「おっトイレのにおい!」とか言いよる。
トイレの芳香剤にキンモクセイの香りが多いからわかるけどよ~。
秋の風情がぶち壊しじゃ。

おしまぃ。

ロジカルシンキング。

論理的思考。

論理的に考えることで他人を説得させることができるということなんだろう。
普通に考えて最低限の論理的思考は必要。。。。

私の周りには論理的に間違える奴が多い。
きわめて高学歴であり、頭が良い部類にはいる人たちなんだけど、なんでだ?

なぜだろう? よく考えてみた。

なぜ、論理的思考ができるのに間違えるのか?
よく考えてみた。
1.土台となる情報が不足している。
2.論理的に正しくても非常に複雑で、メンバー全員が自分の領域のことしか論理的に理解してない。
  これも、情報が理解してされてないから、

1の場合。
 情報が不足しているというのはあるのだけど。
 この場合、不足している情報ってなんだ? マインドだと思ったのだ。
  私の場合。ビジネスというのは成功させるためだけにメンバーは行動すると思っていた。
  ところがだ。ビジネスが成功しなくてもかまわないと思っているメンバーの行動があることに
  気がつかなかった。 つまり、そのような人の行動まで情報としてもち、把握してないと
  いけないというのはとても難しいのだ。特にネガティブな感情や行動は隠蔽されることも多く
  表面化しないから始末に悪いのだ。そういう情報はもっとも大きな不足情報となったのだ。
  
2の場合。
 これは簡単。頭の良い奴には理解できても馬鹿には理解できない。
 ただそれだけのことだ。
 頭の良いやつの役目は、誰もが分かる知識として話しをする必要があるのだ。
 その手間を省いてはいけない。

ロジカルシンキングという言葉に、感情とかエモーショナルも含めなくてはいけない。感情をロジカルに理解することができるようになる必要があるだろう。

おしまぃ。

「ヘッドホンで映像も」
という文字を見かけた。
NIKONの新製品だ。ヘッドホン形状に小型ディスプレイをつけて映像も見えるようにしたものだ。
商品名は メディア ポート「UP300x」、「UP300」
この手の機器としては価格がとても安い・・と思う。
いままで研究用機器と言っても良いようなものが、民生用機器としてでてきたと言っていいかもしれない。

ヘッドホン 英語で書くとHeadphone.
phoneっていうのは音を意味するのだ。

ヘッドホンというのは、耳に音を発する素子をつけて音を聞く機器である。説明しようとするとややこしいな。^^;

つまり、ヘッドホンという文字には映像は含まない。
「ヘッドホンで映像も」と言うとかえって違和感を感じたのだ。

映像を含む装置は、
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などと言われる。

とはいえ。
言葉と言う物は時代とともに変化するから。
そのうちHeadphoneと言う言葉にはディスプレイ付きの機器が当たり前になる時がくるかもしれない。

こんな会話がなされる日がくるのだろう。
「おまえのヘッドホン、TVみれねぇの? だっせぇ~」ゲラゲラ。
                    「余計なお世話だ。。。」

そういえば、これつけて車運転していいのかな?
おしまぃ。

電話口で、「オレオレ、俺だよオヤジ。。。トミオだよ。。」
と電話がかかってきた。
トミオから電話がかかってきたってことは・・・電話に出ている俺はだれだ?と落語のように考えてしまったよ。
最近、何度かかかってきているのだ。
いま流行のオレオレ詐欺だな。おもしれぇぇぇと思ってすこし話相手になることにした。

すこし狼狽したふりをして、
私:「ど、どうしたトミオ、なにかあったのか?」
オレオレ:「いま、トモミと新宿で飲んでるんだけどさ。」
私:「まだつきあってたのか? その女と・・」 もちろんそんな女とおつきあいした記憶はない。
  笑いを堪えるのに必死な俺。
オレオレ:「そ、そーなんだ。でさ。」
私:「で、今度は何が必要なんだ?」 と、落ち着いた声で、誘い水を少々。
オレオレ:「実は子供ができちゃっててさ。堕ろすのに金がかかるんだけど・・・」
私:「そ、そか・・・。で、男の子なのか女の子なのか?」 と少し惚けたふりして返事をする。
  もー心の中では爆笑。
オレオレ:「え? 男の子だよ。」 馬鹿な返事をするやつだなぁ。。もう少し楽しませてくれよ。
私:「バカもん! そこまでわかっていたら堕ろすなんてできないだろ! 責任もって育てあげろ! このバカ息子!」 
 いやぁ。おれも言いたい放題だなぁ。
オレオレ:「それができないから、金くれって・・・」

ツーツーツー

そこら辺で電話は切らせてもらった。
それにしてもオレオレ詐欺は最近増えているなぁ。よほど儲かるんだろう。

警察に行ってもすぐには行動してくれないし、電話番号を教えてもあまり意味ないみたいだし。
一人暮らしの老人だと、人と話す機会もないから、たまの電話でころりと騙されるのだとか。決定的な解決策はなさそうだな。
 最近は手が込んでいて、どんどん手口が進化しているらしい。銀行へ行ってお金を受け取ってくれとか言っておきながら、銀行へ行った人間にお金を下ろさせて、別口座に振り込ませるとか。いかんなぁ。

おしまぃ。

心の隙間お埋めいたします。ほっほっほ~。

なんていう漫画がはやっていたっけ。題名は笑うセールスマン。主人公の名前は喪黒福造。
あんまり明るい話ではなくて、ちょっと暗い話が多い。最後もHappyEndじゃなくてドロドロとした終わりかたが多かったと思う。

 そんなことを思い出したんだけど。話は全然違うこと。

「心の隙間」けっこうもっていたりするのだ。

夜更けに眼が冴えて眠れなかったりするといろんなことを考える。
別に後悔してるわけじゃない。←これとて強がりなんだろう。
あのときハンドルを右に切っていたら・・・とか。
あの瞬間の携帯電話にでていたら・・・とか。
あの手を離さないでいたら・・・とか。
もっとたくさん言葉を聞いていたら・・・とか。
バットをもう少し短くもっていたら・・・とか。
あのとき朝寝坊しなければ・・・とか。

わかっていることは、戻れないってこと。
数多ある時の流れの中で、私が存在できる時と空間はこの一瞬にしかないってこと。
それの累々たる積み重ねが私の過去。否定したい過去もあるし、取り返したい時もあるし、もう一度思い起こしたいような甘い想い出も・・・たくさんある。
 全部、きれいに流れ去ったと考えるべきなのか。すべて積み上げてその上に今があると思うべきなのか。都合の良いほうに考えればいい。 楽しい想い出は積み重なって。思い出したくないことは流れ去ればいい。

昨日、ちょっとばかしセンチメンタルなことを考えていた。昔のフィルムとか山のようにでてきたこともある。なんども捨てようと思った写真とか。忘れていて想いたちが。不覚にもぐっときてしまったのだ。
 心の底に押し込めた記憶たちが、頭をもたげて涙となってだしてくれと叫ぶ。
 懐かしい写真たちがトリガーとなったのだ。

 今日一日、調子悪くて眠っていたのだけど、心の隙間に秋風が入り込んだようだ。ひゅるり~。

忘れていた想い。忘れていた志。忘れていた時。
時々取り返したいと思ってしまうのだ。

まぁその。秋だからな。。。夏の終わりだからな。
そんなときもあるさ。。。
心も冬支度が必要なんだろう。

眠眠
 

システムトラブル。

ついこのあいだもANAのシステムが停止し、飛行機の発着ができなくなったりした。

新幹線のシステムトラブルは比較的珍しい・・・ような気がする。

「システムトラブル」 コンピュータが発達してきてからよく聞く言葉だけど。
原因がわからないトラブルはぜ~んぶこの言葉で片付ける。

それがきにくわん!
全部システム設計した人の責任みたいではないか!
まぁ、実際システム作ってる人間もシステムの全体像が見えないというのは多くある話だ。

システムトラブルという言葉で全部すましてしまうのはなんでだ??

おしまぃ。

よく言われることだけど。

新しい事(事業や研究開発)をはじめるときに。
「それはいままで誰かがやったことか?」
と問われる。
アメリカでは、「ない」と答えると、意味があるだろうと判断され、投資がOKとなる。
日本では、「ない」と答えると、誰もやらないということは、意味のないことなのだろうと判断され、投資はNGとなる。つまり最初の一歩を踏み出すのはとても大変なのだ。

よく国民性を比較する材料として言われる話である。

 誰もやらないことにたどりつける人間はほんの一握り。またそれに近づける人間もほんの一握り。

 未知の世界への挑戦は大事なんだ。

おしまぃ。


ぼたもち、と おはぎ の違い。

ぼたもち 牡丹餅→ぼたもち
おはぎ  萩(秋)→おはぎ

だそうで、春には「ぼたもち」で秋には「おはぎ」なんだそうな。

し、知らなかった!

どちらも大好物だ。
さて、おはぎでも食べるか。

おしまぃ。

答えのない問いだってたくさんある。

ときどき、そんな問いにであう。

答えを出そうと躍起になってみる。
それらしい答えを口にしてみる。
口にした音は空に吸い込まれていく。

それで終わる。
それでもいいのだ。
心がすっきりすれば。

おしまぃ。

天窓

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふと、天窓をみあげると窓の向こうに月が煌いているのが見える。

なんか吼えたくなるなぁ。(笑)
満月じゃないけど。

天窓の向こうに見える月がなんとも風情があるのだ。

おしまぃ。

たくさんあるんだけど。
思い出したくない記憶も!


hanbi00x2.jpg

hanbi00x3.jpg

hanbi00x4.jpg

hanbi00x5.jpg

おしまぃ。

人材派遣会社大手にパソナという会社が東京大手町のオフィス街にある。
ちょっと前に何かのついでに行ってきた。

ビルの地下に、地下農場「PASONA O2(オーツー)」がある。

目的は、農業を身近に感じて興味を持ってもらい就農するためのきっかけとなればということらしい。確かに最近、人材派遣会社とかが農業への就農支援的な事業を始めている。

ここは窓のない地下に水耕栽培と人工光により植物を育成していた。
技術的にはおもしろい。水耕栽培もとても興味ある。ただし人工光となると、ちょっと疑問。人工光による植物育成はかなりのエネルギーの無駄使いに思えるから。

とはいえ、地下にこれだけの空間をつくりあげ、一般に開放しているということはとても凄いこと。水耕栽培は変な菌が入ると水に乗ってあっという間に汚染が進んでしまう。

蓮の花のある部屋。
花はちょっとこぶりかな。ビオトープとでもいえるかもしれない。
pasona-farm001.jpg

バラもある。贅沢なバラだ。。白いバラだったけどフラッシュつかわないとこんな写真になってしまった。
pasona-farm002.jpg

稲。 バラと違って食用。
pasona-farm003.jpg

pasona-farm004.jpg

扇風機。そういえば、風と光が植物を育てるって聞いたことあるなぁ。
pasona-farm005.jpg

立ち入り禁止の部屋。棚においてあるのは葉物野菜。
pasona-farm006.jpg

トマト。 養液栽培ではトマトが一番有名。
pasona-farm008.jpg

水耕栽培って言うけど水ではなくて、必要養分が入った養液である。
ここでみた植物は養液栽培には適したもの。 
養液栽培に適した植物は実はそんなに多くない。技術の進化が望まれる部分だ。

大手町のビルの地下でデモストレーションしていることがすごいと思う。
ここの土地代とか考えたら、すごい挑戦だと思うんだ。

そのうち、ビルの床面積の何パーセントかは農地(養液栽培)にしないといけない、なんていう時代がきたりして。(笑)

おしまぃ。

結婚式の披露宴に出席した。

 案内状にはウェディングパーティと書いてある。
どんな服装で行っていいのかわからないでいたので、幹事に問い合わせたら、軽い調子で、「仲間内の2次会みたいなもんだから。。。」と言う。
 2次会なら、ノーネクタイでもいいやと思って、でかけると・・・。
受付では祝儀袋をもった人の列が。 
もう、手遅れなので、そのまま現金を財布からだして案内状に書いてあった金額の「会費」をだす。
 私だけかとおもったら、うちらの仲間はみ~んな、おんなじことやってる。

 それでもほとんどの人間はネクタイをして、スーツ姿。
普段着の延長は私だけ。

 それ以来、結婚式関係の出席は必ずスーツ姿と決めている。例え案内状に「お気楽な服装で」と書いてあっても・・・。
 使わないかもしれないけど、祝儀袋に相応の金額をいれて持って行くことにもしてる。恥を書きたくないから・・・。

おしまぃ。
 

知り合いの会社で。
れっどかーど と いえろーかーど が配られた。

レッドカードには「警告」と書いてあり。
イエローカードには「注意」と書いてある。

そう、サッカーの審判がもっているようなものだ。

利用方法は、
パワハラやセクハラを受けた時に、そのカードを出すのだそうだ。

すげー会社だなぁ。
パワハラもセクハラもその程度で止まるのか??
それを出された選手が逆ギレする試合も良くあると思うけど・・・。

ちなみにその会社では、「本日は定時退社の日です。」の旗が配られ、『毎日』それを見ることができるそーな。意味ねぇ・・・(笑)

おしまぃ。

かすがい。

リフォーム中にびっくりするものを見つけた。
「かすがい」が抜けているのだ。こんなもの抜けるものじゃないしなぁ。。。でも穴の跡はあるし。
もういちど打ち付けておくとするかな。

rehome-kasugai-02.jpg

「かすがい」とは。柱と梁、梁と梁、とかを繋ぎ止めておくための金具。こんな状態では意味がない。

「子はかすがい」 と言う。夫婦の仲を繋ぎ止めるのは子供だと言うことらしい。
子供も大事な役目があるんだねぇ。

知り合いはこう覚えていた。「子はカスがいい」 
。。。
おあとがよろしいよ~で。
おしまぃ。

時々思うのだ。
間違いなく、人の言葉を理解しているのだろうかと・・・。

会話が続かなかったり、相手の意図を読めないような気がするのだ。
英語、アラビア語、中国語だからとか・・・・。
言語が違うということではない。

正しく読んで聞いて、それが本当に相手の言いたいことなのだろうか、と深読みしてしまう。
聞かなきゃいいのに、うっかりそれを相手に聞こうものなら、相手からはデリカシーのかけらもない・・・と言われてしまう。

言葉だけが全てだと思って話す時もあるけど。
言葉だけじゃ伝わらないよな・・・と思う時もある。

どっちに転んでも道を踏み外すことにはかわりないのだけど。
理解不足で人を傷つけたり、疎遠になってしまったり。
いままでそんな失敗をいくつしてきただろう。

それでも懲りずにまだ理解しようとあがいているのだ。

おしまぃ。

「メタリックボディの・・・・」
と書いた広告があった。
メタリックの光沢があるという意味なのは誰もがわかるが・・・。

私の眼にはこう見えた!
「メタボリックボディの・・・」

気にしてないつもりだったけど、実は凄く気になっていたんだなぁ。
メタボリック・・・。

無理に痩せたいとも思わないけど。
もーすこし内臓脂肪が少なくてもいいと思うんだ。

おしまぃ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨の日。
雨音を聞いて思い出す。

最後の日も雨だったなぁ。
しとしとと寒い日の雨で。
後ろ姿をいつまでも抱きしめてしまった日のことを。

・・・時が止まった日も雨だった。
少し薄寒いような初夏の朝だった。

雨が嫌いだった。
春も夏も秋も冬も過去になった。
私も雨が嫌いになった。

もし時間を巻き戻せるのなら。
あの雨の日まで。
言葉の届くところへ。

fin。

かなり昔のこと。

私のいた職場で勤務管理システムを導入することになった。
業者の提案してきた資料の頭には、でかでかと、
「勤怠管理システムのご提案」

これを見た私の上司は皮肉たっぷり、かつ少し怒った調子で。
「なんで、怠け具合まで管理しなきゃ行けないんだ? ん??」
「うちは怠けることまで管理しないんだよ。わかってる?」
「仕事してる人だけを管理するの」
「そもそも、人が怠けることを前提に作る発想がおかしいんじゃないの?」
「勤務管理システム じゃなんでダメなの? なんでよ? ん??」
その時は、面白いなぁとのんきに聞いていたのでした。

当然、そんな提案書をもってきた会社の提案は没になったんだけど、、、
「勤怠管理システム」という名前にしてくれと依頼したのは別部門のお方。
あぁビジネスとはこういうことで終わるのかぁ。と若かった私は思ったのでした。

話はかわるが。
いま使っているやつなんか、「年度末になると忙しくなるから前倒しで入力してね」と
業務担当から連絡がくる。それも年度末まであと2週間もあるというのにだ。
そりゃー早め早めに仕事をするのは大事だけどよぉ。
いくら何でも早すぎる。なんのための電子化だかよくわからん。

おしまぃ。

破壊なくして創造はない!

創造じゃないんだけどさ。

家の天井を取ってしまおうか、それともそのままにしておこうか・・・。
そんなつまらんことで、悩んでいるわけだ。

創造するよりも・・・。
破壊するほうが楽しかったりして。

ということで。悩んだら壊す。

・・・いいのかなぁ。壊してしまって、あとから造ることができないものってたくさんあるんだぜ~。

おしまぃ。

公衆電話。

人と待ち合わせをした。
わけあって彼女は携帯電話をもっていないんだ。

待ち合わせで決めていたのは、公衆電話から電話をするということだけ。
私は彼女からの電話を待っていたのだ。

約束の時間がすぎても携帯電話はならない。
私は、彼女にからかわれてしまったのかなと、彼女を疑ったのだ。

相手は携帯電話をもっていないから私から連絡することしかできない。
待つことしかできない辛さ。。。
電話がないことを残念に思いながら、東京へ帰る電車にのった。
電車が動き始めてから、携帯電話が鳴る。
携帯番号でも「非通知」でもなく、「公衆電話」と書かれた文字。

長いこと公衆電話というものを意識したことがないことを思い出す。
街角で公衆電話から話している彼女の姿を想像してた。

彼女を疑ったことを恥、もう会うことができないという
寂しさ、悲しさ、が心を締め付ける。
車窓から流れる風景を見ながら、公衆電話の文字を見て苦悩した。

電話にでると、明るい彼女の声。それに反比例した私の暗く狼狽えた
言葉。
彼女に電車に乗ってしまったことを伝え、申し訳ないと言い電話を切った。

東京に帰ってから彼女から電話があった。公衆電話から。
電話がある嬉しさ半分、会えなかった悲しさ半分を思いつつ電話にでた。
長く話しをした。40分も。
テレホンカードの度数がなくなるまで、彼女は私と話しをしてくれた。
明るくて楽しい話に心が暖かくなった。
最後に、「カードがなくなるから切るね」の言葉のあと、電話が切れるまで
私は自分の携帯電話を握りしめていた。
 話おわって、満ち足りた気分となんとなく切ない気分。
携帯電話にはない風景と情感。昔公衆電話から話していたころって
なにかもっと電話での一言一言を大事にしてたような気がする。

相手が携帯電話でなくて、公衆電話で話をしているのがとても不思議な感じ。
携帯電話が普及して公衆電話なんかいらないだろうと思っていたけど。

いつでもどこでもつながることのできる携帯にはない、どこかの街角の
公衆電話からかける情感・・・。
とても久しぶりに体感することができた。

また会える日を楽しみにしてるよ。J
おしまぃ。

 

永遠の別れなんてないと思ってる。

永遠に会いたくないやつはたくさんいるけど。^^;

今生では会えなくとも。また世界が変わればそこで会えるのだと。

そのとき、たくさん聞きたいことがある。今は聞けなかったけどね。

だべ?

最後に分かれた時。
さようならと言ってくれればまだ何か救われたのかもしれないと思う。

でもあいつは、いつも分かれるときと同じように、また今度ねといった感じに、、、軽く手をあげてバイクのアクセルを噴かせていった。タイトなモスグリーンのスーツが暗闇に溶けコーナーに消えていくのをみて、ものすごい失望感が心を覆ったのだ。

それが終わりだったのさ。
おしまぃ。

クリスマスの前の日

山下達郎のクリスマスソング。
クリスマスの定番。

この季節、ラジヲを聞いていると時々流れて出てくる。

この曲も、私の記憶を過去に引き戻す。
そう。。。20世紀最後のクリスマスイブの夜のこと。
私は駅で人を待っていた。その後に続くはずだった楽しみの時間を期待して。
駅前の雑踏のなかでは「クリスマス・イブ」のBGMが流れている。
この詩のように、独りきりのクリスマス・イブになることなんてないと思っていたのに。。。

時間になっても、こなかった。


しばらくしてから気がついた・・・。
私は、待ち合わせする駅を間違えていたのだった。。。。^^;

おしまぃ。

文明が進化するとはどういうことなのだろう?

新しい科学技術が世のため人のためになることか?
争いがなくなることか??

定義することも難しいと思う。

最終的に人間が作る文明はどのようなものになるのだろう?
本当に誰もが平等でストレスのないユートピアはできるのだろうか??

できないと思う。。。

話は変わって。
進化するということはどういうことか?
エントロピーが増大することではないのか??
では、エントロピーが増大しやすい環境とは? 熱があるとエントロピーは増大しやすい・・・らしい^^;
となるとだ。。。。地球上でエントロピーが増大しやすいのは赤道直下の場所。。

で話を戻すと。

つまり、赤道直下の国々の文明は最も進化した形態をもっているのだ!
たとえば、カースト制度をもっているインド。
実は、一番進化した文明なのかもしれない。

誰も自分のヒエラルキーを問題にせず、幸せに死んで行くのだ。。。。
そこでは完璧な階級社会があり暴動は起きない。

世界が小さくなって。
全ての文化度がインドのようになると。
実は世の中は「完璧」な階級社会になり。。。

そして、下層階級の人間と。上層階級の人間は別の生物へとさらなる進化へと続くのだ。
そう。まるで蟻のように。。。。

うわ。なんかSFのネタになりそうな話になってきた。^^;
おしまぃ。

グレープフルーツの木

 日本では寒いためほとんど育たない。
それは知っていた。
でも無理をして種を植えてこの7年間育ててきた。
最初の2年間は鉢植えにして、あとの5年間は寒いのを承知で庭の片隅で。

今年の春。いつもなら若葉がでてくる季節になったのに葉がでてこない。
枯れたと判断して、根から掘り出してみた。根はまだ生きていた。
十分に湿り気を帯びていたし。もしかしたら新しい枝がでてきたかもしれない。
木の幹の一カ所が膨らんでいてもしかするとここから新しい枝がでてきたかもしれないと思った。

全部掘り出してから、だんだんと後悔してきた。
まだ生きていたかもしれないこと。
7年もの年月をかけてここまで育ててきたこと。
もうすこし我慢すれば新しい枝が出てきて復活したかもしれないのだ。
ここは寒いから実がなるとはおもわないけど。
アゲハチョウの餌ぐらいにはなったかもしれないのさ。

7年もの時間をかけてこれしか大きくならなかった。
亜熱帯に育っていればいまごろ、でっかい実をたくさんたわわに実らせていただろうに。

木を育てるって大変だと実感した。
7年もかけてこれだけの大きさにならないし。
私が生きている間に役に立たせることもできないかもしれない。

たかがグレープフルーツの木をちょっと育てたぐらいではあるが。。。。
考えてしまった。

次に育てるとしたらどんな木を時間をかけて育ててみようか。

おしまぃ。

GW

| コメント(0) | トラックバック(0)

明日からゴールデンウィーク。

GWになると思い出すのだ。
「GWになると憂鬱になるんだよぉ」と言った奴がいる。
彼の仕事はネットワーク管理者。
GWを「ゲートウェイ」と読むのだ。(笑)

TVで「GW」とみると、自分の管理しているGWが
普通に動いているかどうか落ち着かないのだそうな。

あぁかわいそうに。

今日。私は本を2冊、本屋さんで買った。

似たような題名。
でもおもしろそうだなぁ。とおもって・・・。

早く読みたくて家路を急いだ。

帰ってきて1冊をまじまじとみる。うむ。おもしろそうだ。
2冊目をみる。なにげな~くひっくり返してみる。

おっどろいた。
二つの本は同じ本ではないか!

返品する気にもならず。。。
こんなつまらん間違いは二度としないと誓うのであった。

肉体だけでなく心も豊かになる(はずの)秋。

とても感動的な映画をみた。
終わって出てくるときはちょっと涙で潤んで、まわりがすこ~しぼやけてみえたのさ。
そのひかりの向こうにはエスカレーターが見える。感動的だったなぁ。。はやく帰ろうか・・・・と気持ちは先走っていた。

感動を胸に早く帰ろうと足を速めたその瞬間。

頭から火花が散った。

そう。。。。ガラスにぶつかったのだ。
強化ガラスだから割れなかったからいいものの。
おーいてぇ。
すげぇいてぇ。

ガラスの向こう側の女の子の集団がキャーとか叫びながら大爆笑している。

そりゃ大爆笑するわさ。
わたしだってそっち側にいたら大爆笑するよ・・・。

その笑い声を聞きながら、痛さと恥ずかしさで逃げたしたい気持ちでいっぱい。
しばらく冷静さを失いとぼとぼと歩いていたのでした。。。

おしまぃ。


通信販売で物を注文した。
時間がかかるとのことだったので、一月ぐらい待つかなと思ってた。
注文受け付けましたのメールでは一月近く待つことになっていた。
あとは届くだけ。と安心しておった。

ふっ と。。価格ドットコムで、最安値をみてみた。
なんと。。。1万5千円も安いではないか!

待ち状態だし、キャンセルしなきゃと思った瞬間にメールが届いた。
本日発送いたしましたと・・・。

キャンセルしたいという心を見透かしたかのようなタイミングでだ。

あきらめきれないこのおもい。
明日、届くのがなんとも不思議な気分。
うれしいような。うれしくないような・・・。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小話カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小物です。

次のカテゴリは思うことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。