道具の最近のブログ記事

DraftSight
2D CADツール

フリー(無償)のCADツールである。
CADツールは長いことAutoCAD LT2006 を使っていたのだけども。WindowsXPにしか対応してないのでWindows7では使えず困ることが多かった。バージョンアップすればいいのだけど。素人が遊び半分に使うにはちと高い。

他社製品のCADツールに乗り換えようかと何度も思ったけど何とも面倒なのである。
一度慣れ親しんでしまうと、なかなか乗り換えられないのだ。
意外にもアイコンの絵柄が違うだけで恐ろしく戸惑うのである。絵柄とアイコンの配置がとにかくデフォルトで私には重要なのだ。

そんでもって。
最近、無償のCADツールを探していたらみつけたのがこれ。
DraftSight というCADツール。
ダッソーシステムズという会社の製品。
ダッソーって聞くとフランスの戦闘機のメーカーを思い出してしまう。何か関係あるのだろうか?
ちなみにIT関連でフランスの企業はとんでもなく凄い会社がいくつかある。超巨大企業の基幹に位置するようなシステム開発会社などである。DBだけでなく利用法などが凄いのである。システムの片鱗は想像できるが全体像となるととてもではないが理解の域を超えていた。(SIerから離れた私にとっては昔話である。)

とにかく。
2DのCADツールをインストールしてみたのだ。
これがなんとも良くできているのだ。
AutoCADLTを使っていた身には十分すぎる機能。使いかってもそっくり。アイコンも違和感なく溶け込める。
これが無償か? と思うほどの性能。

さらにいうなら。Windows版だけではなく、Beta版ではあるがMac版やUbuntsu(Linux)版まである。これも凄いと思うのである。よくそこまで開発できるなと思う。Linux版を使うなら極めて安価にCADツールの世界が構築できるのだ。

時代は3DCADの時代とはいえ、まだまだ2Dでも通用する世界もある。
とにかく驚きのツールなのでした。
おしまぃ。


自動灌水器

自動水やり器 という。

前に自動灌水器を作った。
Blogはここ

ポンプが壊れてしまったのである。
2年以上。夏場だけだったけど良くぞ働いてくれた。

今年は3週間ぐらい前からつかっていたのだけど。
まさか壊れているとは思わなかったので。水やりに手を抜いていた。

そしたら。。。。最も大事にしていた鉢植えにしていたアーモンドがぁぁ! 枝の先が枯れてしまった。若芽の部分である。今年の伸長は止まってしまったのだ。もっともっと大きくしてあげたかったのだが残念である。

その自動灌水器。作り直せばいいのだけど。
最近暇がない。

んで新しく買ってしまった。
タカギと言う会社の製品。
でもこれ電池式なんだよなぁ。。。
電池切れたら同じことじゃないかなぁ。。。
心配だよなぁ。。。
改造するかもしれないな。

後日談。電池が本当に長持ちする。ひと夏持ちました。電池によるかもしれないけど。

おしまぃ。


小野測器のデジタルハンドタコメーター HT-4200

モーターなどの回転軸の回転数を測定する機械。非接触型である。
ちょっと思っていたのと違った。軸に鉛直方向に測定する。
軸に垂直方向に測定できたほうが便利だと思っていたのでちょっとあてがはずれた。
ま、これでも十分使えるので満足。

デジタルハンドタコメーターなど使うのは初めて。どれを選んだら良いのか全然わからんかった。
回転範囲は普通のモーターだから10000rpmぐらいまで測定できれば十分だし。
数社ある同様製品の性能差がどこにあるのか全然わからんのであった。

けっきょく、小野測器というブランドで選んだ。
小野測器の製品など個人で購入するなど考えたこともなかった。そのくらい素人には手の届かないしろものだと思っていた。自動車会社でつかっている測定器の多くを小野測器は作っていたりする。排気ガス測定器とか、乗り心地(振動)測定とか。とにかく凄い会社なのだ。

Monotaroという通販サイトで購入した。25000円ぐらい。 けっして安くはない。見たなかでは一番高いかもしれんな。
特徴は
離れていても測定できる。
小さい。
・・・あとは測定精度が高いようである。

木工旋盤の回転軸の早さを知りたかったのだ。
いままでもいろんな物、たとえば自転車の車輪の回転速度とか、を測定したかったりしたこともあるけど、知る機会はなかった。
これからもいろんな物を測定できるのは楽しいのだ。
測定器は今後はかる基準になるので重要なのだ。
大事に使おう。なんたって小野測器というブランド品だからな。

箱をあけたところ。小さい。付属の電池がPanasonic。
kaitensukei-onosokki-02.JPG

反射シールをペタっと回転体(旋盤のフェイス)に貼る
kaitensukei-onosokki-03.JPG

旋盤の電源をいれて、シール部分にLEDライトを照射する。1346回転
kaitensukei-onosokki-05.JPG

これからいろいろとモーターを触ったり改造するので、役に立つ道具になるでしょう。
おしまい。

工作するための作業台を製作する。

木工工作するために
WT-300という木工旋盤 と バンドソーを手に入れたわけだが。
置く場所がない。

で、机を作った。
寸法は
長さ1820mm x 奥行き600mm(780mm) 脚分の90mmが横に出ている。がそこに板を乗せると780mmの幅になる。
高さは750mm

厚さ24mmのラワンベニヤを重ねて48mm厚の板をつくる。これが天板。
周りをクランプで止めて上にいろんな荷物の重りを160kg分程度のせたのだが、ぴったり密着させることはできなかった。
面積の広い2枚の板を完全に密着させるのは難しいね。かなりの圧力をかけないと無理だったんだな。

それでもできたのがこれ。
sagyodai-01.JPG

材料代は結構かかってる。
ラワン材ベニヤが1枚3080円x2 足がヒノキの90mm柱用角材。
ボルトナットがたくさん。
全部で13000円ぐらい。
工数は2日分ぐらい。

台に木工旋盤を乗せたところ。
sagyodai-04.JPG

こういう大きい物をつくるのは大変でした。
最後にウレタンのつや消しカラーニスを一度だけ塗って終わりにしました。
一度だけにしたのは、作業台はすぐに傷つくので2度塗る必要がないとおもったからです。
sagyodai-03.JPG

図面はこんな感じ。ネジ部は書いてないです。^^;
sagyo-dai.jpg

おしまぃ

木工用バンドソー SWB-200N

木工用の加工機械である。
アマゾンでポチッとしてしまった。23719円 平行定規(2479円)とか替え刃を同時に買うと約30000円
切断できる木の厚さは120mm。懐深さは195mm
モーターの出力は150W 

これより大きいバンドソーになると値段も2倍から4倍くらい。切断能力も300mm厚まで可能とかでかいものもあるわけだが、そこまで大きいのがほしくなったらまた考えるということでこれにした。
ちょっと使った感じでは十分過ぎる性能である。

bandsaw-01.JPG

便利だよなぁ。もっとはやくかっておけばよかった。

ゴミくずがでたときのための、集塵機(掃除機のばけもの)みたいなのがあれば一通り楽しめるだろう。

ちなみに、金属加工用のバンドソーと木工加工用のバンドソーでは強度が全然違う。
刃を交換することで共用できないかと思ったけど、無理っぽいのである。

ちょっと使って気がついたのだが、足の台がひん曲がっておる。平の台の上にのせてもぐらつくのだ。最初は床が曲がってるとか、置いた台の平面度が出てないとか思っていたんだが、どうやら曲がっていたのはこのマシンの足である。なにか噛ませておけば問題ないのではあるが、残念である。安いだけあるな。。。

おしまぃ。


Canonのドキュメントスキャナ
Canon imageFORMULA DR-M160


使ってみる機会があった。
性能は良いのか?
とても興味があったのだ。
後日:使えない機器であることが判明した・・・。

DR-M160 の評価をしてみる。

 私は現在FUJITSUのS1500を2台体制で自炊をしている。にもかかわらず、なぜこのマシンを使う検討をするかというと、あらたに20年ぐらい前に埋蔵した本が段ボール箱で10箱分も発掘(?)されてしまったのだ。これだけの本を見て、「自炊作業が永遠におわらないかも・・・・」と思うに至った。そこでより高性能なスキャナはどんなものか検討することにしたのだ。

カタログスペックで良いと思われた性能は
解像度にもよるが300dpiで40枚(両面だと80面)/分の性能。これはFUJITSUのS1500のちょうど2倍の性能。
 紙送りの性能が良さそう。
の2点。

私の使い方は300dpiの両面カラーでスキャニングするのがほとんど全て。個人的な意見ではあるが、200dpiと300dpiの違いは大きい。300dpi以上になると拡大しないと違いがわからない。と思ってる。画像重視の場合は600dpiで取り込むこともある。

 で、使ってみた。
●最初の感想。
設定方法がよくわからん。DR-M160は動かす前に電源を入れて、PC上にソフトを立ち上げる必要がある。(良く考えればこれがあたりまえだが) S1500は常駐ソフトが起動して自動的にソフトが起動する。

●読み取り速度
A4ほとんどフルサイズのページ数650ページ(325枚)の本を投入する。
は、速い・・・。 これはすごい。紙の誤送りもない。(これは紙質良いのを入れたからな。)と思っていたら20枚近く読み込んでから急に紙送りの速度が遅くなる。何が起きた? と思っても原因は不明。おそらくデータ転送速度がボトルネックになりPC側に取り込まれないためバッファがいっぱいになり読み込み速度が遅くなったのだと思われる。
 読み取り速度が遅くなるくらいなら、S1500で十分でしょ。なんじゃこりゃ。
 その後設定を200dpiにして読み込みをすると転送データ量がすくないためか、最後まで読み込み速度が遅くなることはなかった。この機器は200dpiで使うには良いのだろう。
 また紙送りが遅くなるだけならまだしも、スキャナ側で取り込みが終了したので紙を追加しスキャンボタンを押してもデータ転送中はスキャンが始まらない。とても使いにくい仕様である。遅いなら遅いなりにスキャンを継続してほしいのである。
 スキャン終了後にファイル保存するのにやたら時間がかかる。何をしてるのだ?

●紙送り精度について。
これはまだ何とも言えないが、2枚くっついていたページを読み込んだら、かなり強引にとりこまれてしまった。途中で止まってくれればいいのに、シュレッダーのように強引に吸い込むのを見て、「やめてくれぇぇ」の心境であった。S1500はもともと紙送り速度が遅いせいもあるけどさほどの恐怖はない。 とはいえ、紙を分離して送る性能はS1500よりずーっと良い。それは間違いない。
 本の自炊の場合 ページが重なっているだけでなく糊がついてページがくっついていることのほうが圧倒的に多い。そのようなときには吸い込まれないのが最も正しい機能であり、DR-M160はとにかく速いのでその分被害もでかくなるのである。 

 紙送り精度に不満がでた。
 速度が速いからかおかしいのかもしれないが、ごくごく稀に縦につぶれたような画像がでる。それも微妙なのだ。ホントに少しだけでる。最初は印刷がへんだったのかと思ったが、そうではない。はぁ・・・・。こんなのありか?

●取り込んだ絵の画質。
 S1500のほうが私の好みである。色も線の太さも。DR-M160だとまず色調が変。青が緑がかったりする。 これは調整できるようだが、こんなの膨大な本を前に一々調整する暇なんかないだろ。キャリブレーションされたディスプレイでみればまた違うのかもしれないけどね。
 スキャンした文字の線が太くなる。コピー機で濃淡を濃くしたような感じの画質。これも調整できるのだろうか?まだやってないができるものなら薄めにしたい。濃くにじんだようになるのは好きでない。
 良い点が一つある。裏面の写りが少ない。そのような設定ができる。S1500よりも透けた裏側の影響が少ないようだ。しかしこの機能を使うとスキャン速度は遅くなるようである。
 あくまで推測だが、CISセンサーというのは被写界深度が浅いらしいのでピンぼけぎみになりやすいのかもしれない。だとしたら打つ手はないとおもわれる。
 画質の悪さを補おうと後処理でAcrobatで何かしても良いのだが、たいていの場合さらにひどくなる。うまく使いこなすのに時間がかかるのは本末転倒なのだ。

●PCの要求性能
 マニュアルにはCorei7 2.8GHz以上が十分に満足に動作する推奨条件となっていた。カタログなどにはCore2Duoぐらいしか書いてなかったと思うのだが・・・。


●テキスト情報生成(OCR?)
 文字OCR機能もついているのだがこれがとても速い。S1500では取り込んだあとに別プログラムでテキスト情報を追加するのだが、本機のソフトでは取り込むと同時に行っているようだ。最後にファイルを保存する時点ではテキスト情報生成済みのPDFファイルができてる。これはすごいな。でも、そこまでする必要はないな。本をすぐ読むのが目的ではなく溜め込むのが目的だから。

追加情報。この付属ソフトのOCRは使えない。認識精度の問題ではない。PDFファイルとしてOCR後の選択部分の表示が汚いのだ。一文字ずつの認識となっているようで行まるごと選択すると文字ごとに範囲の違う選択結果が表示される。それはとても汚い。もっとも認識精度については評価してない。もしかするととても良いのかもしれないが、たとえそうでも使う気はしない。
 DR-M160でスキャンしたPDFファイルをScanSnapOrgnizerというScansnap1500についている付属ソフトのOCR機能を使おうとしてもできないことが判明した。Scansnapでスキャンしたファイルではないと断られてしまうのだ。そこでAdobeAcrobatのOCR機能を使って再度OCR化することにした。
 AdobeAcrobatでいちいち処理すると結構な時間がかかるのである。これをするくらいならScansnapのほうが楽だ。

●コスト
買うとなると、Amazonで130000円。S1500は40000円 この差はあるかなぁ。。

●総評
価格差と性能を考えるとこれを買うのは躊躇する。(後日:買ってはいけないと思う。に感想がかわる)
S1500の2台体制で十分。 S1500の画質に不満がなければ代える必要はない。
本機の紙送り精度だけは良いと感じる。
紙送り速度は300dpiだと遅くなるし。 画質も私の好みではない。さらには、付属ソフトの使いかってもS1500のほうが使いやすい。細かく設定しなくてもS1500のほうが気楽に使える感がある。
 カタログなどでは丈夫にできてることを売りにしているけど。たいしてジョウブではない。値段にあった性能というだけである。

ほぼ同等性能のFUJITSUのfi-6140という機種がある。これにはScanSnapモードというのがあるらしい。これなら操作性に違和感なく移行できると思う。これも使ってみたいものである。


 このような不満レポートでしたが、もう少し使う機会があるので、良い点が見つかったらまた記述します。
おしまぃ。

本の自炊で思うこと

自炊:自分で炊飯すること。
自分で料理をつくることで食費を節約すときによく行われる。
とまじめな話ではなく。

書籍の情報をスキャナで自分で吸い取る→自吸(じすい)
から転じての自炊。

ここのところ自炊をやっているのだ。
ScanSnapS1500を2台体制で行う。
2台つかっても2倍の効率にはならない。効率的には1.7倍ぐらいが限界。
そしてPDF化した情報を目視でページ数とか余計な紙(栞とかアンケート葉書)が挟まれてないかを確認する。
この目視確認の作業を行うのがとてつもなく大変なんだが、これを省くとせっかくの努力が無に帰すことにもなるのである。
ごくごく希に2枚同時に読み込まれページが落丁したりするのだ。S1500では検知機能があるため今のところページ飛ばしはないが万が一ということはあるのだ。

また2台でやっていると疲れたときにうっかりトンでもないことをしかねないのである。上下逆さにいれたり、凡ミスが増えたりする。どんなに手順を考えてもこのミスはなくならないだろう。

となるとやはりScanSnapS1500よりも高速な機械がないかと探したのであるが、、、、
これがぴったりなのがない。お金を出せばあるようだが。

そもそもS1500でのUSB2.0接続でほぼ転送レートがほぼ限界らしい。これ以上早く読み込んでもスキャナからPCへの転送が間に合わないとかで、たいして全体のスループットが向上しないのだそうな。 これについてはそうではないと後日わかった。でもどのくらいが限界かは不明。

となると次期機種に望む事は以下になる。

・USB3.0で転送でのスループットが十分確保されること。
・一度に読み込める紙の量を多くできること。S1500などの機種では少し厚手の本では本を何回かにわけて読み込ませる必要が出る。最初のうちは不満はなかったのだが、あまりに多量の本を処理する必要がでるとさすがに面倒である。

・読み取り速度がS1500の2倍程度以上になること。これは速ければ速いほど良い。これはありそうですくないのである。実はS1500はかなり性能が良い。高い機種で速いと思っていても解像度が低い時の条件ということもある。S1500と同等の解像度にすると遅くなる機種はけっこう多いのである。

・解像度はS1500と同等。600dpiはほしい。カラー画像はきれいに取り込みたいのだ。

・これだけ贅沢を言ってなんだが安価なこと。せめて15万円以下でほしい。

あえていうなら、CanonのDR-M160が希望の性能をもっていそうなのだが、USB2.0がボトルネックになってないか知りたいのである。もしUSB2.0の転送速度がボトルネックになっていなければこれを使ってみたい。
ちなみにDR-160Mの300dpiカラーでの読み取り速度は片面40枚/分 両面80面/分 となっている。これは ScanSnapS1500の2倍の速度になる。2倍の性能に3倍以上のお金を払うのは気が進まない。すでにScanSnapS1500を2台体制にもしているし。
 DR-M160の300dpiグレースケールでの読み取り速度は片面60枚/分 両面120枚/分となっている。これを見るに、機構的には60枚/分のカラー読み取りは可能なのにUSB2.0の転送速度がボトルネックになっているのではないかと思ってしまう。ほかにも画像処理速度などが原因ということも考えられるけれども。そうだとすると、これと同じでUSB3.0を搭載すればそれだけでスループットがさらに上がることも考えられるのではないだろうか?(あくまで推察です。)

いろいろ考えたわけだが。
以上の性能を満足させてくれるS1500の上位機(後継機)はでないだろうか。

しかしスペックを見ればみるほどScanSnapS1500はコストパフォーマンス高いな。

などと調べていたら、先月、FUJITSUから業務向けの機種がでていた。
fi-6140z である。これも性能はいいな。これにするかな。。。

おしまぃ。

LEDの懐中電灯はすでにいくつも持っている。
しかし全て小型のものばかり。
大きいのを初めて使ってみる。乾電池は単一が4本。ちなみに単一電池を4本買うとそれだけで800円ぐらいする。(ちなみにEVOLTAのばあい)

Panasonicの製品
電池付き。
LED-right.JPG

LEDの前にあるレンズはとても大きい。LEDも4つついている。
LED-right-1.JPG

時間は60時間もつ。
とても明るいのに驚いたのであった。
おしまぃ。

電子式サーモスタット
SEAPALEX600 

熱帯魚を育てる時に温度を一定に保つ為に使う機器である。

特に冬場に温度が下がったらヒーターを入れるというような使い方をする。
あくまでも暖めるためのサーモスタットであり冷却用ではない。

魚を飼う趣味はなく、これを使って温室でも作ろうかと思ったのだ。
今年の冬は亜熱帯性の植物を温室で保管できればと思っている。

おそらくだが。水温管理用ので温室を管理すると温度計の応答速度が悪いなどが問題になるかもしれないと思っている。それはそれでしかたないだろう。

自分でサーモスタットを作っても良いと思って電子部品などは買いそろえていたのだが時間がないので断念した。もたもたしているとあっという間に冬になってしまい間に合わない。

適当な温室用密閉空間を作って、ヒーターに相当する物をかってくるだけで温室ができるはずである。

 これよりも電源容量の小さいタイプもあったのだが、制御温度範囲が20度以上となっているのでやめた。この機器は制御温度が15度以上なのだ。。

電気代がどの程度かかるか少し不安である。
おしまぃ。


FUJITSU ScanSnap S1500

ドキュメントスキャナである。
いままでS510を使用していた。
S510はこれからも使う。

S510とS1500の2台体制にしたのだ。
本格的に自炊をして過去に購入した本で紙媒体で置いておく必要がないものは全て電子辞書として保管して空間を空けるつもりだ。

すでに20冊ほど自炊した。
スキャナ2台体制だと本をばらしたり紙を補給したりするとちょうど手がいっぱいぐらいの作業量。これ以上多くしたり早くスキャンしても本をばらすのが間に合わない。

速度はS510もS1500も同じぐらいにしか感じないのだ。紙の大きさが変わればもっと変わるかもしれない。小さい本や白黒をS510、それ以外をS1500でスキャンする予定である。

楽2ライブラリパーソナルV5.0というのも使うことにしたが、・・・まだ良さがわからない。

これから本棚を徹底的に自炊して空間を空ける予定。
空間とは高いものなのであると最近気がついたのである。
おしまぃ。

9/20追加
少し使ってみる。
S510よりも明らかにS1500のほうが早い。2台使うと作業のはかどり方が違う。これは良いことだ。早いだけでなく、重なって紙を取り込んだ時の検出精度はかなり高いのではなかろうか。
最大の欠点が見つかった。
取り込んだ最初のファイルが必ずCドライブのアプリケーションデータの下にできる。変更ができないようだ。Cドライブの空き容量が8Gバイトほどだったのだが、分厚い本をスキャニングしていたらCドライブの容量不足で途中で止まってしまった。なんとか記憶領域(ドライブ)を変更しようとしたのだができない。そのような設定項目がないのだ。ちょっとばかしイラッとした。
 今思いついたショートカットにしたらどうだろうか。試してみる価値はありそうだな。
更に追記。ショートカットやってみた。ダメだった。
はっきりいってこういうソフトを作るやつはクソだな。セキュリティとか関係あってCドライブでないといけないなら少しは許せるが、ただのテンポラリファイルだ。
 ということで、しかたなくCドライブを他のに移し替えた。これがまたミス続きで・・・。
とにかく、テンポラリがCドライブにつくられ、それが融通の利かないと言うソフトであることは良くわかった。

おしまぃ。

体組成計 TANITA インナースキャン50 BC-309-PR

色はパールホワイト。

体組織計
いままで体重計としてOMRONのを使っていた。長くつかっていたと思う。

が、あたらしく買ったのが。
TANITAのインナースキャン50

なんと素晴らしい機器だろうか。思っていた性能が実現化されておる。

・乗っただけで起動する。(OMRONのはスイッチを蹴飛ばして起動)
・SDカードに体重他情報を記録してくれる。
・個人認識をする。
 体重などをみて自動的に個人を識別しSDカードに記録してくれる。似たような情報をもつ肉体だと間違えることもあるらしい。
・記録した情報をコンピュータを使ってグラフでみることができる。

10000円ぐらいだっただろうか。

 今は記録をとるのがおもしろい。数ヵ月後にグラフで見ると!
きっと軽くなっているのだろう。
ダイエット計画を復活させようと思う。

tanita-innerscan.JPG


おしまぃ。


京セラ セラミックコーヒーミル コーヒー豆専用 CM-45CF
京セラ セラミックお茶ミル 緑茶(煎茶)専用 CM-45GT

京セラが製造しているセラミックミル。

コーヒー豆用と緑茶用
左がコーヒー豆用、右が緑茶用
coffe-mill-tealeaf-mill.JPG

見た目はとてもよく似てる。しかし中に入っているセラミック臼(ミル)の形が違う。
コーヒー豆用はコーヒー豆を細かくするのに適している。
緑茶用は緑茶の葉をさらに細かくするのに適している。

緑茶用のほうが細かくなるんではなかろうか。

それにしてもよくできておる。

ところで、なんで買ったかというと。
香辛料を細かく挽きたかったのだ。
コリアンダーとかペッパーとかマスタードシードとかクミンとかとか。
コーヒー豆用のでかなり挽くことができる。が、形状が葉のものは苦手。

葉のものは緑茶用で。。と思ったら残念ながらこちらはかなり緑茶の葉の形状以外はちょっと難あり。

しかしいままでつかっていたペッパー用のに比べたらずーっと性能が良い。がりがり使える。
これならコーヒー豆用のもっとしっかりしたやつで挽いてもいいかもしれないな。

いままで店頭でみたことなく、いつものごとくアマゾンで購入。
こういうのを簡単に調べて買うことができるのは良いな。財布は軽くなる一方だけどな。
おしまぃ。

三菱 液晶ディスプレイ RDT233WLX(BK)

使ってみた。
IPS液晶で見栄えがよいらしい。
26000円ぐらい。
とても軽いのである。4kgもない。最近のはやりだろうか。

それにしても安いのだ。びっくりするくらい。技術進化と円高の効果であろうか。
台座がものすごくシンプル。高さを変えるにはブロックを足したり減らしたりして変更する。壁にぴったりおけるように台の後ろ半分だけ取り外せたり小技が光る。
でも。めずらしくアームに取り付けて使うので台はどんなのでもよかった。

文句なんてなんもない。文字が表示されれば文句なし。だったらもっと少し安いの買えばいいだろということはいわないで、IPSがほしかったんだから。

ちなみに使っているアームは
サンコー 4軸式クリップモニタア―ム  MARMGUS128W
ほとんど問題ないんだけど、アームをポールにとりつけるところが少しでかい。ポールが壁際にあったりすると取り付けることができないのだ。少しムッとすることになった。とはいえ十分な性能である。

アームで空中に浮いたディスプレイに文字が表示されるのはそれだけで少し面白く感じた。

おしまぃ。


菜切り包丁

買いに行くと同じ貝印の関孫六ブランドでも2種類ある。
うーむ。何が違うんだ?

刃の材質が違うのだ。
ひとつはステンレス。
ひとつは鋼を軟鉄で挟んだもの。
nakirihouchou-kaijirusi.jpg


ステンレスのほうが錆びにくいので普通の用途では使いやすいかな。
でも切れ味は鋼のほうがシャープなはず。
研いであればどちらもおなじだけど。

単純に2種類あることに驚いたのでした。
おしまぃ。


BRAUN Oral-B Professional Care 500
 ブラウンの電動歯ブラシ

 いままで電動はブラシはパナソニックのをつかっていたのだけど、前につかっていたのが故障してしまい、BRAUNのも使ってみたく手にいれた。


BRAUN-haburashi-1.jpg

実物。
BRAUN-haburashi-2.jpg


使った感想は、パナソニックのより音がうるさいかな、除去できたかどうかまではわからないな。ただ葉に当たる動作部がわかりやすいのでそれを当てる感じはとてもよい。 

買ってから気がついたのだけど、替ブラシの価格がすんげーたかい。パナソニックの4倍ぐらい高いのだ。 ランニングコストがあまりにかかるようだったら、それだけで使うのを辞めようとおもう。

おしまぃ。

GPSロガー 旅レコ
 旅行中にGPSを利用している位置を記録する。旅行後いつどこにいたかの情報ををPCに転送し付属ソフトで移動軌跡をみることができるというものだ。同時に撮影した写真もよみこめば、いつどこで撮った写真かもわかるようになるのだ。
I/Oデータの製品なんだけど、海外のどこかの製品を日本語版にしたものらしい。
日本語化されているだけでも使いやすいかな。


gpslogger-tabireko01.jpg

箱から出したところ
gpslogger-tabireko02.jpg

実際につかってみると、なかなか良い。大きさもよい。

あえて欠点をあげるとすると、電池の持ちが10時間であること。
ちょっと気を抜くと電源を切り忘れたりしてすぐになくなる。
それに10時間以上の移動記録をしようとすると、いつ電池が切れたかわからずいつの間にか電池切れになるなどがある。
 ま、なんどか経験すれば間違いなく電池を入れる癖がつくのでたいした問題ではなかろう。

このような機能がゴリラなどのハンディGPSについてないのが不思議である。最近のはあるのかもしれないが。 

しばらく、自転車旅行のお供にして楽しもう。
おしまぃ。

TOSHIBA LED REGZA 37Z1S
とうとう液晶テレビを買ってしまった。それも大きいやつを。

37インチにしたのは、これ以上大きくすると急激に高くなるため。37インチぐらいが一人で持ち運べるにはぎりぎりの大きさかもしれない。重さ20kgで幅もあるし。
REGZAにしたのはREGZAファンだから。他社と比較するのも面倒だったというのがある。
LEDにしたのは、LEDにあこがれていたから。もっともこれからは当たり前なので、型番にLEDと書かれることもなくなるのだけど。
外付けHDDをとりつけると、録画もできるという優れもの。
7万円ぐらいで購入。ちょっと前に比べたらものすごく安い。

予想以上によかったのが、音量と音質。これは買いじゃなかろぅか?

型番がZ1S なんだけど、にたりよったりのがいくつかあって迷った。

箱 なんとMade in China である。こういう機器は日本製かとおもっていたが、そういう発想はとっても時代遅れなのであった。
LEDREGZA2.JPG


本体。綺麗な画面だねぇ。私には贅沢なくらい大きい画面だ。そうだ。これをコンピュータ用の画面にも使おう。大きい画面なら目も疲れないのがいいだろ?
LEDREGZA37.JPG

おしまぃ。

ハンモック。

ゆらゆらとした眠り心地が良いものである。
夏のキャンプ地などで寝ると、最高の気分と、蚊の襲撃が約束される。

これさえあれば、今年の夏は涼しい気分ですごせる・・・はず。

ハンモックに乗って、下から扇風機で風を当てれば涼しい・・・はず。

購入したのは、通販で
ハンモックライフ という会社。
ホームページがしっかりした説明だったのでここを選んだ。
購入したのは以下の通り
・ブラジリアンハンモックダブル 生地柄がサンセット 13800円
・設置用キット 1500円
・ハンモック用ロープ 5mx2 1500円

ベッドと比較して高いのか安いのかはわからない。
寝具としてベッドなどと比較すると安いかもしれないが、
ただの厚手の生地とかんがえると・・・高い・・か?
でもだな、厚手の生地をハンモックに仕立てるのはそれはそれでノウハウがありそうだ。
値段はともかく。これで楽しむことが大事なのだ。

購入した時の説明書類と袋
hammock-01.JPG

hammock-02.JPG


ハンモック用ロープは野外で使うことを考えて買ったので今回室内で使うには使わないですんだ。

設置したのは、部屋のなか。 どこにハンモックを吊すのかは悩んだ。
結局いまあるベッドのほぼ上空に設置した。
片側は壁柱に設置用キットで固定し、反対側は柱にひもをかけてハンモックを結んだ。

この設置用キット。ネジで壁につけるのだけど、かなりごっついネジが4本もある。下穴をあけても、かなり力が必要である。ドライバーでやっていたらネジの頭が潰れてしまった。取り外すときには大変だな。
とりつけた金具。ネジはでかい。
hammock-03.JPG

とりつけたところ。
hammock-04.JPG

ハンモックの端がどうなっているのかと思ったらこんな風になってた。
思うに。丸い金属環のようなものでもきれいにできるかなと思う。
hammock-05.JPG

メーカーは
denana という会社らしい。
hammock-06.JPG

絵柄はサンセット これしかなかったからこれにしたけど。日没はあまり好きじゃないなぁ。
hammock-07.JPG

ハンモックの中から撮影した写真
まぁ汚い足とかパンツは写したくないので端しかみえないです。
hammock-08.JPG

寝心地は・・・。
いちど揺れ出すと止めるのが大変。まだこつがよくわからない。
布地がとても伸縮性がある。
なんか包まれているような感じがとてもいい。
斜め乗りできるとかいてあったが、難しいかも。
高いところに吊すとハンモックに乗るのが大変。

慣れだな。しばらくつかってみよう。
おしまぃ。

とうとう買ってしまった。
冷蔵庫を。

なぜ今頃買ったのか?
今年の夏の計画停電に備えてのことだ。
計画停電中はエアコンは使えなくなる。実のところいままでもエアコンなしでやってたときもあるが、我慢しきれないときはエアコンを少しだけ使っていた。 
 なくても良いと言いながら、本当にエアコンがないときっと大変なことになる。
で。電気のある間に氷を製造することにしたのだ。停電中は氷で冷気を得て生きていくかもしれない。

 それに、でかい冷蔵庫があれば、食料を大量に保管できる。暑さの中においておかないだけでも長持ちするはずだ。

 この電力削減の時に何をわがまましてるんだ! という声があるのは知ってる。
しかしだ。最新のこの冷蔵庫、性能が良いのだ。私が13年前に買った小さい冷蔵庫よりも省エネなのだ。ということで今年の夏はエアコンではなく、冷蔵庫だけで生き延びる計画なのであった。

買ったのは。
三菱電機のER-E52S なんと520リットルもの大容量。重量も100kgもある。さすがに一人ではうごかせない。
 そういえば、地震対策しておかないとな。最近の地震を考えると地震対策なしに設置するのは恐怖である。

久しぶりに10万円以上の買い物。 思い切り金をつかうと気分いいけど。しばらくすると財布の軽さに驚くのだろう。

なんて広い庫内だろう。夏はこの中でひんやりしたいな。空気孔をつけて。
reizouko-NEW.JPG

重さは100kgもあるのだ。一人では動かせないね。


 おしまぃ。

TVキャプチャボード 
I・O DATA 
GV-MVP/XSW

先日。TOSHIBAの録画機能つきチューナーを買った。
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2011/02/d-tr1.html

実はやりたいことがあったのだ。録画したファイルを圧縮してPCに保管しようとしたら、できないことに気がついた。それにLANケーブルで接続するくせに、LANケーブルでのWebベースでのリモートコントロールもできない。むかーし、LAN接続できる東芝のビデオデッキつかったらリモートコントロールできたと思うのだが・・・・。もし、できるとしたらまだ説明書をよく読んでないだけなのでここに書いたことは間違いである・・・。

ということで。
ちょっと録画してPCで画質を低下させてもよいから保管しておきたいものがでてきたのだ。
そこで使ったのがこれ。
PCのスロットに接続して使う、TVキャプチャボード。アイオーデータのGV-MVP/XSW
チューナーが二つ入っていて、一つで視聴しながら、一つで録画できるのだとか。
昔昔、これのアナログチューナー版を使ったことがある。予約録画などで活躍したのだ。

使ってみた感想。
切り替えが何もかも遅い。
普通のTVのほうがいい。
予約録画のためだけに使ってもよいとは思っていたけど、視聴するには普通のTVには遠く及ばない。これのリモコンが別売りであるが買わないでよかった。寝転びながらチャンネル変えたらあまりの遅さに我慢できなかっただろうから。

録画品質がたくさんあって、どれを選んでよいのかわからん。
ネットで検索して学習しないと。。。最高画質で保存する気はないので、適度のものはどれなのか選ぶだけでも大変。

mAgicTV Digital でTVを視聴した後、TVを消す(というより窓の右上の×印を押す)と画面は消えるんだけど、なんか常駐したままになる。これがまた、タスクマネージャでみているとプロセスが消えないのだ。こういうソフトが一番嫌いなのである。消したのにゾンビプロセスがリソースを食うというのが大嫌いなのだ。
 で、そのプロセス(mtvManager.exe)を強制的に消そうとすると・・・。これが消えないのだ。消えるときもあるけど、消えないときのほうが多い。再度、mtvManager.exeを起動しようとすると、「すでに動いているので・・・なんちゃら」というエラーメッセージがでてうまく起動しないときがある。ネットで調べると相性問題のような気がした。

 さらにもう一点。
チューナーの感度が悪いようなのだ。いままでのチューナーにつないでいた問題のないアンテナ線をそのまま本機器に接続したら、映らないときがあるのだ。ホントに感度が悪いのだろうか? まだ疑問符が頭の中にあるが、そうだとすると解決策はもうないので厄介だと思うのであった。

欠点ばかり書いたが、ファーストインプレッションとはそんなもんである。
気長に付き合う方法を見つけたら、また書き足すとしようか。

おしまぃ


Sony WALKMAN NW-E052

sony-walkman.JPG

はじめてWALKMANを買った。
いままで、WALKMANのような物しか使ったことがなかったのだ。
満足である。

いままで、iPod miniを使っていたのだが、よくフリーズする。フリーズすると電池が切れるまで復帰しないという面白くない問題を抱えていた。

とうとう我慢の限界がきて、あらたに買ったのがこれ。

付属のソフトなどもとても使いやすい。

いまのところ、不満はない。

いいねぇ。

D-TR1

| コメント(0) | トラックバック(0)

東芝デジタルチューナー

D-TR1

REGZAで培った技術を投入した製品だとか。

Amazonで17000円弱。

突然おもいたったのだ。BSとか地デジの録画がしたい!と。録画できれば録画しておいて見たいときに見ることができる。録画しておいて見なくても良いし。時間が活用しやすくなるということだ。

で、価格どっと込むで調べたら外付けHDDをつけることになるけど、これで良いとなったわけだ。外付けHDDはBUFFALOのが余ってる。

で、届いた。

箱を開ける。ケーブルをつなげようとする。

・・・・あれ?

ケーブルがつながらない。。。

忘れてた。コンピュータ用のディスプレイのD-subにI/Oのチューナーをいままでつなげて見ていたのだ。録画するためにI/Oのチューナーの代わりとして使おうという予定だったのだ。

ううう。大失敗。

いっそのこと普通のテレビを買うか?本末転倒だな。

おしまぃ。

 

 

 

 

音波振動歯ブラシ
Doltz イオン
EW-DE20

パナソニックが製造している電動歯ブラシ。
使ってみる。

Doltz-ew-de20-01.JPG

Doltzという名前の前はSpeedSwingとかいう名前だった。
これをいままで使っていたのだ。

右側が古いタイプ
左が今回の最新型
古いほうがおおきくて持ちやすいのだ。

Doltz-ew-de20-02.JPG

イオンの性能がどの程度かはちょっとわからん。
おしまぃ。


野菜乾燥機

で検索するほうが簡単だけど。

届いた箱には

Deluxe Food Dehydrator With Fan  KN-128E

ファンつき食料乾燥機 とでもいおうか。

amazonで1万円。台湾製

大きさは直径35cmぐらいで、たかさ30cmぐらいの円柱形。消費電力250W

下部の部分から温風をつくりだし上部においた食料を乾燥させる。部材の大きさなどにもよるが6時間もやれば大体乾燥する。

時々、ドライミニトマトを作ろうとしたことがあるのだが、いくつかは乾燥しきれないで腐ってしまうことがあった。で、一度は布団乾燥機を使ったり、いろんなことをして、もっと便利な道具はないものかと思ったのであった。

 amazonで発見したときは、ダメもとで買ってみた。

これがなかなか良くできているのである。

りんご、柿、バナナ、種無し巨峰 などドライフルーツにした。カリカリにするには大変だけど、体積が減って甘みが増す程度には簡単にできる。

 りんご、バナナはよく売っているチップと同じだし、柿には干し柿、巨峰はでっかくて甘みの強い干しぶどう。なんかあたりまえのものばかり作ったと思った。
ドライフルーツ。完成してしばらく放置しておくと再び湿気を含むのである。はやくたべなければ。。。

 でも、おいしい果物は水気があるうちに食べたほうがよいね。わざわざ乾燥させるのは勿体ない。

 さらにつくったのはビーフジャーキー。これは病み付きになりそうである。胡椒と塩をつけて乾燥させる。それだけで完成。おいしいのだ。このためだけでも買ってもよかったかもしれない。

消費電力が250Wは少し大きいのだけど、これからの時期なら、てきとーな弱暖房になる・・・かもしれない。
 音が少しうるさい。もう少し気を使ったFANを入れてもよかったんじゃないだろうか。

まかなか良いものをかったかもしれんな。

しばらくは、いろんな味のビーフジャーキーを作ってみようと思う。


柿とリンゴを乾燥させる前。乾燥させた後の写真がない・・・。干し柿と何がちがうんだ??

kansoo-0x001.JPG


葡萄を乾燥させたところ。これまた干しぶどうと何が違うのだ??

Before

kansoo-0x002.JPG


after

kansoo-0x003.JPG


バナナを乾燥させたところ。

kansoo-0x004.JPG


リンゴを乾燥させたところ。

kansoo-0x005.JPG


少し水分が残っているくらいのほうがおいしい。カリカリにすると味も変になる。

おしまぃ

 

毛を刈る道具
バリカン 

なんでバリカンというのかと思っていたら、背広(セビル・ロー)のように元はメーカー名だったものらしい。

床屋さんへ行くとバリカンで刈り上げてもらえるわけだ。
夏などはバリバリ髪の毛を刈られるとすっきりしてとても気持ち良い。

 ここのところ忙しくて床屋へ行く暇もなかった。
もしバリカンを持っていたら自分で刈れるのではないか・・・。と思って買ったのがこれ。

Panasonic
メンズ2WAYトリマー ER217P

2WAYとあるのは、髪の毛だけでなく、髭をそろえるにも使えるということらしい。

おもしろ半分に一人で鏡も見ずにバリバリ刈ったのだが・・・・。
笑えるぐらいに虎刈りになる。
説明書には、「他人にやってもらったほうが良い」と書いてある。当たり前である。こんなことが自分で簡単にできたら床屋へ行く必要なんてないわけだから。

床屋が一回2000円として。この機械が8000円ぐらい。4回使えば元がとれるとかおもっていたら、他人の頭を刈るのにもつかったりして役にはたった。でもだな。自分で自分の頭を刈るのはほぼ不可能だということが良くわかった。。

ちなみに。
 子供の頃、私はバリカンでツルツルの頭をしてた。切れないバリカンで刈られるのはチクチク痛い思いだけが残っている。

おしまぃ。


地上波デジタル放送用のアンテナ信号増幅装置(ブースター)

地上波デジタル用のケーブル分岐数を増やしたら途端に、いままで見えていたTVにブロックノイズが乗るようになってしまった。なんとも見苦しいのである。

そこで地デジブースターを投入することにした。
使ったのはこれ。DXアンテナ社の製品。
chideji-booster-dxantenna.jpg

アンテナ直下にブースターを入れて、室内側にブースターへの電源供給器を設置する。
地デジ以外にもBSも増幅できる装置などもあるんだけど値段が高いのであった。周波数高くなると値段も高くなるんだと納得して、地デジ専用のブースターにした。

設置工事はかなり面倒だった。
たぶんアンテナとか全てをDXアンテナの製品にしておけば楽だったのだろうが、マスプロとかYAGIとかいろんなメーカーのが混在していて、コネクタ形状が合わないのだ。途中で2度も同軸ケーブルの端につけるコネクタを買いに行くはめになった。

もっと良く調べて必要なものを調べてから取り付ければ良いだけの話し。

次回はもっと調査して準備しよう。

効果はあった。ブロックノイズはなくなったのでした。

おしまぃ。




蚊取り線香を使う季節である。

少しおしゃれに楽しみたいと思ったので。タヌキの置物を手に入れた。タヌキの丸っこさが良いではないか。
senkouuke-tanuki-01.jpg

裏側からみるとこんな感じ。
senkouuke-tanuki-02.jpg


後ろから煙りがでると、カチカチ山のタヌキさん なのである。

おしまぃ。




アイスクリームメーカーを改造する。
たぶん。こんなことやってはいけないんだろう。だから最初に言っておく。技術の無い人は真似しちゃだめよ。電気が水でショートして火事なんて危険もあるから。

アイスクリームメーカー(BH-941P)はリチウム乾電池を2個いれて、そのまま冷凍庫に入れるという機械である。リチウム電池はCR123A 電圧3V。市場販売価格はだいたいひとつ500円ぐらい。二つだと約1000円。アイスクリーム作成のランニングコストとしてはちと高くないかい?

 そこで考えた。外部から6Vの電源を供給してあげればいいのだ。それだけのこと。

改造前。これで一度はバニラアイスを作ったのだ。
BH-941P-001.jpg

電池を入れたところ。2本入る。片側にしか入れてない。
この接点に電池の代わりに6Vの電圧を供給すれば良い。
乾電池の代わりに段ボールを入れて、接点が接触するように金属片を入れて固定した。(写真はない)
BH-941P-003.jpg


そして、金属片の先に6Vの電源線を出す。電源線は電池蓋に穴を開けて通した。
BH-941P-004.jpg

 見た目は良くないけど、できるアイスクリームの味はかわらない・・・はずだ。

この線は冷凍庫の扉のあいだから、外部に出て、6V電源につないだ。
この6Vの電源。。これがジャンクではなかなかないのだ。電気部品としては、5V,9V,12Vは簡単にあるんだけど、6Vはかろうじてガラクタ箱から発見した。

余談だが。最初定電圧電源で動かそうとしたら、電圧可変式のDC定電圧電源の電圧範囲が、10V~18Vぐらいだった。6VのDC電源なんて普段使わないからもってなかったのだ。

このあと、アイスクリームメーカーはフル稼働である。ココア味、コーヒー風味、ヨーグルトと・・・。

この暑さではいくらつくっても、大丈夫。あっという間になくなるから。

それにしても、強力な冷凍庫がほしくてたまらなくなってきた・・・。
おしまぃ。

アイスクリーム作成機械でアイスクリームを作る。

使った機械はPanasonicのBH-941P 。
レシピは一番最初なので、付属についていた本の通りに行う。
卵の黄身、3つ。砂糖50g 生クリーム100ml 牛乳100ml

最初に生クリームを泡立てるのだ。ケーキ作りで苦手な作業の一つが泡立て。とにかく手が疲れるのだ。

新兵器を投入した。かなり昔に購入したものだけど、初めて使う。
泡立て器。先端部の中にボール状の金具が入っている。
awadateki-tama-01.jpg

これが効果絶大。嘘みたいに簡単に泡だってくれる。いままで泡立て作業が嫌いで機械式の泡立て器で良く泡立てていたのだけど、これなら手で泡立てるのも苦ではない。
誰が考えたか知らないけど、すごい道具だ。
awadateki-tama-02.jpg


さらに、卵の黄身と砂糖を混ぜたものを生クリームに混ぜて、さらにさらに、牛乳をいれて混ぜる。(写真はない)ちょっと空気を含んだこの材料をアイスクリームメーカー(Panasonic BH-941P)に入れて冷凍庫へ。時々、攪拌する音が聞こえる。おいしいアイスになれよぉ。
3時間ほどしてから開けると・・・。
BH-941P-002.jpg

ちょっと固まり具合が良くないんだけど、アイスクリームはできている。感動した。
これを適当な容器に移して固くなるまで冷凍した。

思うに。冷凍庫の性能もかなり重要だ。これだけの熱容量のものを一気に冷却しなくてはならないわけだから、かなりの能力が必要とされる。
これに冷却装置をつければアイスクリーム製造装置になるな。。。
ペルチェ素子を使った超急速冷凍装置でも作ってみるのもおもしろそうだ。少し調べるとマイナス10℃ぐらいまでなら簡単に冷却できそうだ。
 ・・・・そこまでしてアイスクリームを食べたいか???・・・・。

それにしても、アイスクリームを作るというのは面白いもんだ。
おしまぃ。
この時期。
湿度はとても気になる。

そこでいろんなところ温湿度計を置いた。
置いたのはこれ。
sitsudokei-00x1.jpg

除湿機 MJ-180EX 三菱電機製
MJ-180EX-jyosituki-01.jpg

梅雨のいまどき。
部屋が湿気で充満する。
風通しをよくしておいても、湿気は部屋の隅に溜まってしまう。

そこで、除湿機を買ってみた。
三菱電機の MJ-180EX 性能は一日15.5L(50Hz電源)の除湿能力。
すごい能力である。

ためしに使ってみる。
2時間ほど動かしてみたら1リットルぐらいの水が溜まる。水分の多さを実感する。
水タンクの大きさは4.7Lぐらい。簡単に考えても5時間に一度は水タンクの水を捨てないとだめである。面倒である。ドレインホースをとりつけることは可能なので、これも準備しようと思う。

しかしまた思うのだ。除湿機でいくら除湿しても開放空間だとあまり意味がないんじゃないか? 倉庫のようにした物置部屋に置くと除湿した水の排水に困るし。

例えば。
一階と二階があって、2階のほうが太陽熱のせいもあって空気が熱い。一階のほうがジメジメと湿気やすい。
そういう場合、除湿機を一階においたほうが家全体として効果があるのだろうか?
この場合の根拠は乾燥した空気は上に上がると思うのだ。
それとも。
除湿機は2階においたほうが良いのだろうか。
この場合の根拠は乾燥した空気は下に下りるとか。

単純に考えると。温度の低い飽和状態にある空気は一階に溜まるから一階で除湿したほうが効果ありそうだが・・・。

そもそも、家全体丸ごと除湿するほど能力はなさそうだけど。
それでもそんなことを考えてしまったのだ。

梅雨時のカビは怖いのであった。
動かしていると水タンクがすぐにいっぱいになる。そこで排水パイプをとりつけた。
もともとこのような使い方ができる機器である。内径15mm普通のホースでOK。
MJ-180EX-jyosituki-02.jpg

それだけ湿気ているということだな。
起動させた最初は80%の湿度。
起動させてしばらくすると65%ぐらいになる。
だいぶ感じが違うと思う。


おしまぃ。


掃除道具。
長箒。長ほうき。

柄が長い箒はとても使いやすい。
掃除機もつかうけど、箒で掃除するほうがなんか気分が良い。
rehome-souji-houki.jpg

おしまぃ。

DXアンテナ社製
22V型地上・BS・CSデジタルハイビジョン液晶TV

Amazon.co.jp
でポチッとしてしまった。

約30000円。
安いのか高いのかわからないけど。
今使っているアナログTVに我慢できなくなったのであった。
アンテナはすでに準備してあったし。


chidejiTV-DXANTENA012.JPG

厚みのある液晶本体
chidejiTV-DXANTENA022.JPG


見た目以上に軽い。
画質も不満はない。なーんか変な色合いに見える時もあるけど。
うつってれば文句ないです。

HDMIなど入力端子もひととりそろってるし。
しばらくこれをつかってTVを見ることにしよう。

コンピュータに接続して使う時。入力の切り替えに時間がかかるのが気になった。
とはいえ、不満というほどではないけど。
おしまぃ。



歩数計を手に入れた。

肥満対策である。衝動買いである。
オムロンの製品。
hosuukei2010.jpg

良く、一日1万歩歩くと良いなんて聞くのだが・・・。
無理である。
普通に通勤しただけだと5000歩ぐらいにしかならない。
半日散歩したくらいでも9000歩ぐらいで一万歩にはならないんだな。
しかたないか。

おしまぃ。

ダイキンの空気清浄機。
私も気に入って2台使用している。

http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2008/03/acm75gw.html
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2008/02/acm75hw.html

なんとぉ。リコールとなった。2台ともリコール対象である。
一部分だけ抜粋すると。
「除湿エレメントに異物が付着すると発熱する可能性があります。」

だそうな。
早速、交換部品を申し込むことにした。
取り替えるのはそんなに大変ではなさそうである。

おしまぃ。

正座するときに使う椅子。

最近、座卓に向かって書き物の仕事をすることが多くて。
あぐらをかいても正座をしても、長い足の置き場に困るのであった。

seiza-isu-01.jpg

そこで、これ。正座椅子。
爺しか使わないものだと子供のころは思っていたのだが・・・。
私も爺になったということ。それだけのことだ。

椅子にすわるようになって、正座したときは足をしたに納めることができる。
なかなか使いかっての良い椅子だなぁ。

おしまぃ。

長いこと
「炊飯器などいらん! 鍋で炊くからいいのだ! 」
と言い、鍋でご飯を炊いていた。

朝ご飯を炊くのにタイマーがほしいとか、ご飯を炊く間コンロの前から離れることができないなど不満がたまり、とうとう買ってしまった。
機種なんてなんでもよかった。タイマーがついてりゃ。

価格.comで一番売れ筋になってるやつをとりあえず買ってみる。
ZOJIRUSHI NP-NA10

箱の写真
kiwametaki-zojirushi-01.jpg

箱から出したところ。 で、でかい。特に奥行き方向になんというでかさだ。
kiwametaki-zojirushi-02.jpg

動かすとすげーおもしろい。これが炊飯器か! と言いたくなるような動き。途中までは何やってんだろと思うくらい静か。それがあるとき、いきなりプシューと盛大に水蒸気を吹き上げる。これをみてやっとご飯を炊いているのがわかる。 あまりに勢いが良いので水蒸気のかからない置き場所を探さないとな。。

炊きあがり。 古い米を使ったせいかどうかわからんが・・・全然もっちりしてない。まぁいいか。
kiwametaki-zojirushi-03.jpg

不思議なのが、炊いた釜の蓋に噴きこぼしたような後が全然ないこと。
おもしろいもんだ。

これでパンケーキとかも焼いてみよう。どうなるだろうか。

そうそう、買ってから気がついた。最大消費電力1240Wと、大きいこと。
最近の調理家電はものすごく電力を使う。楽なのはいいけど、消費電力はすごいんだよな。

おしまぃ。

不思議なことに、探しても売ってないのだ!

消毒用とは少し違う。
水分が全然はいってないものを無水エタノール。

カメラの掃除用に買おうとしたら近所の薬局に行ってもうってなかった。

ちょっと離れている「マツモトキヨシ」に行ったら売っていた。
マツモトキヨシなんていうとすこし派手なイメージしかなかったのだけど、薬局としておいておくべき商品はちゃんともっているということだな。これは大事だ。ちょっと見る目が変わった。

musi-etan---ru.jpg

おしまぃ。

地上デジタルTVに移行しなくては・・・。
と思いつつ、まだしてなかった。

とうとう移行した。
アンテナは20エレメントぐらいのUHFアンテナ。写真はない。

チューナーはアイ・オーデータ機器の
HVT-BT200
HIVISION-TV-HVT-BT200-1.jpg

HIVISION-TV-HVT-BT200-2.jpg

地上波デジタルとBSのチューナーになってる。

よく出来ている。性能は申し分ない。値段も結構安い・・・と思う。

いままでのTVのアナログ入力にもつながるし、なんと! コンピュータのアナログRGB端子にも出力できるのだ。まぁこの場合音は別系統で処理しないといかんが。

すぐに動かせることができたのでよかった。電波の強度が足りなかったらどうしようかと思ってた。
なんとかいままでのアナログTVのチャンネルは見ることができた。

あえて欠点をいうなら。
リモコンの消音ボタンが小さい。

おしまぃ。

先日。
ワインを飲もうとしてコルク抜きがなかった。
やっと探して見つけたのがこれ。
Made in Italy

koruku-nukiii.jpg

そしてこれが開けたワイン。
2006nen-nouveauuu.jpg

2006年のヌーボー(新酒) なんでこんなワインが残ってたんだろ。。。
今飲んだら新酒でもなんでもないからなぁ。

かんぱーーぃ。

卵焼き用のフライパンを見つける。

フライパンを使って卵焼きを作りたくなってしまったのだ。

四角いフライパンである。
tamagoyaki-ki-01.jpg

裏面。最近の鍋やフライパンは電磁調理器(IHI)での効率を高めるため小さい丸い跡がついてる。
どんな効果があるんだろうか?
tamagoyaki-ki-02.jpg

卵焼きの作成途中。なかなか良い焦げ目である。
tamagoyaki-ki-03.jpg

完成品。ちょっと焼きすぎたかな。
tamagoyaki-ki-04.jpg

味は・・・。まぁまぁかな。

LEDの電球。

少し前まで新聞と雑誌で見るだけだったのだが。
店頭で販売しているのを見て買ってしまった。

衝動買いである。^^;

TOSHIBA製。565ルーメン 6.9W
寿命が4万時間。ずーっと点灯したままにして4年と半年ぐらい。
長いのか、短いのか・・・。よくわからない。
だって普通の白熱球でもそのくらい持つと思うのだ。ちがうかな??

箱を正面からみたところ。
LED-ECORE-Toshiba-01.jpg

箱を横から見たところ。
LED-ECORE-Toshiba-02.jpg

ダウンライト型で60W相当の明るさだとか。
6.9Wだから消費電力は9割減か。凄いな。

箱から出したところ。
LED%3DECORE-Toshiba-04.jpg

けっこう重い。放熱版が存在感ある。
明るさを調整する調光装置付きの器具には使えないなど制約もけっこうある。

これからこういう機器が普及していくのだろう。
でも、最後に。少し高い。ちなみに3880円だった。

おしまいっ。


冷蔵庫を新たに買おうと思って悩む。

適当な機種がないのだ。
そもそも、冷蔵庫をどのように使おうとしているのだろうか?

いままでは冷蔵庫は保管庫だったと思うのだ。
しかし。
自分がどのように使いたいか考えてみると。
保管庫以上に、調理器具として冷蔵庫を考えているのだ。

例えば、超急速冷却機能とか。反対に、時間をかけて気泡のない氷をつくる機能とか。
冷却機能も、冷蔵とか冷凍を使い分けることができたりとか。
冷却庫内に電源があって、アイスクリームメーカのような道具を動かせるとか。
オプションでアイスクリームメーカが組み込めるとか。
そんなときは冷却庫内の様子が見える窓があるとか。

ようは熱するのと同様に、冷却するための調理器具なのだ。
そういう機能を使いやすく作った冷蔵庫はないもんだろーか。
いや、名前も冷蔵庫ではない、うーん。瞬間冷却庫とかいうのはどうだろ。
瞬間というのはちと無理があるかも。。。

あえていうなら、三菱電機の「熱いまま急っと瞬冷凍」なんていうのが望む機能に見えてきた。
とHPをみていたら、ホームフリーザーなどという機械があるのだなぁ。
もう少しよく調べてみるか。。。


おしまぃ。

Wii

| コメント(0) | トラックバック(0)

Wii

言わずとしれた、任天堂のゲーム機だ。
いままでゲームをするためだけの機器、ゲーム機を触ったことがなかった。

ところが、、、触ってしまったのだWiiを。

おっどろいた。
このコントローラーの正確さ。思うようにうごくコントローラーが凄いと思ってしまった。
マンマシンインターフェイスが優れている。これはヒットするわけだ。。。。
・・・と今頃思ったのであった。

遊んでいるゲームがバイオハザード4。
あぁ。眼がチカチカしてきた。。。肩も凝ってきた。。。もうやめた。
こんな難しいゲーム誰がやるんだろう。
おじさんには辛すぎる。^^;

おしまぃ。

少し前に。
ビリーズブートキャンプっていう痩せるためのプログラムがはやった。

そのエクササイズに使うゴムバンド。と同じもの。
握る部分が少し重くできてて、ゴムバンドを伸ばすことで筋肉を鍛える。
Amazonで1000円ぐらいだっただろうか。
使う予定もないのに衝動買いした。
いや、使えば少しは痩せるかも。

excaband-0x02.jpg


最近、物欲がものすごい。
これはいかん。
財布とカードに鍵をかけておかないとダメだな。

おしまぃ。

壁の下地材。

DIYショップで漆喰のとなりにおいてあった。東京サンホーム社の製品
sekko-purasuta-01.jpg

大きなデコボコは固練りして平らにしてから使うようにと書いてあったので、パテのように使えるかと思ったのだ。
 風呂扉を固定するのにも使ってみた。

漆喰と違って体積変化が小さいようだ。硬化してもひび割れなどしない。パテとして使うにはかなり有用だと思う。

重要なのは。気硬性ではないってこと!
漆喰は石灰から出来ていて気硬性。石膏は水硬性だったのだ。
最初に大量に練って余っても、水気をいれて密封しておけば硬化しないと思っていたのだ。
ところが。2kg分程度を大きな固まりにしてビニール袋に入れておいたら、見事にでっかい石になってた。(笑)あぁもったいなかったなぁ。

1時間半程度で硬化するので使用は早めに、と書いてあった一時間半ではあまり変わらなかったが、3時間ぐらいで硬化した。この短時間で硬化するのは作業時間短縮に極めて有効。また、鏝でなでると表面もすぐに綺麗になる。

 この製品は結構良いとおもった。もっと早く知っていれば、もっと使ったのに。

ちなみにこれはドイト東久留米店で購入した。8kgで1800円ぐらい。

・・・その後わかったこと。
なんと、石膏プラスター類は水分には弱いのだとか。もう手遅れじゃ~。硬く固まってる。
まぁしばらく使って見るとするか。

おしまぃ。

自動潅水器を作った。
昔から作りたかったんだけど。なかなか時間がなかった。それに、ガーデニングをする時間はほとんどなかったのだ。

 今時の季節3,4日に一度水やりすれば枯れないのだけど。うっかり一週間ぐらい水やりを忘れると大変なことになる。水不足で枯れてしまうのだ。すでに今年失敗のため枯らしてしまったゴーヤの苗。先週は元気だったのに・・・。
kareta-go-ya-nae.jpg

ゴーヤで緑の壁を作ろうとしたのだが・・・。早くも失敗挫折。まぁいい、まだ2本残っておる。
こんなにならないように。灌水器を作った。

まず、時間が来たら水道の弁を開けるタイマー。
National(現パナソニック)の24時間繰り返しタイマー。なかなか使い勝手は良いのだが、最大の欠点が動作開始してから動作停止するまで最小間隔が15分程度。例えば、3分だけ動作させたいということができない。最初、水やりはシャワーのように水をあげようと考えていたので15分は長すぎると思っていた。。
kansuiki-timer-National.jpg

そんなことを考えながら見つけたのがこれ。水やりをやるのに、シャワーのように水をばらまくことはない。根っこに水をあげればいいのだ。やはりNationalの製品。
kansuiki-tenteki01.jpg

これだけでは、灌水器はできない。
タイマーが動作したときだけ水をやる電磁弁。これは昔秋葉原で買った弁である。当時は灌水器が売り物としてあることすら知らなかった。電磁弁だけではなんとも使いにくいので防水ケースを作って中にいれた。
kansuiki-ben-01.jpg

これで、タイマーで動作してほしい時だけ、水やりができる灌水器の完成。
完成品が1万5000円ぐらいで売っていることを考えると、機能的には劣るが、安くできたしこれで十分である。

しばらく動作させて調子を見る必要があるだろうな。

そうそう。自動灌水器をとりつけて、水をやるためには水道の蛇口を増やす必要があった。
そして、増やしたのがこれ。3つにした。一番右が撒水器用、真ん中が灌水装置用、一番左が手洗い用。
下に段ボール箱が置いてあるのは。水漏れがないかわかるようにしばらく置いて見てた。
jaguchi-kansuiki.jpg


おしまぃ。


キッチンダッチオーブン 8インチサイズ。

ダッチオーブンの標準サイズは10インチ。
10インチを買おうか悩んだけど。
10インチを使うような時は、普通の鍋でいいと思ったのだ。
鍋ごとオーブンにいれたりすることもできそうだし8インチの小型のにしたのだ。

LODGE社製品。
箱の写真
kichen-datch-oven-1.jpg

蓋の裏側。箱から出したところ。 ぼつぼつの突起があるのはここから水滴が落ちるようにするためだとか。
kichen-datch-oven-2.jpg

黒光りしてかっこいいなぁ。早くこれで料理したい。おいしい・・・、さて何を作ろう?
kichen-datch-oven-3.jpg

風速計
Anemometer

風速を計る装置。
家の周りの風速を計ってみようと思ったのだ。
ちょっと気になるくらい突風が吹いているときがある。
秋葉原の秋月電子で購入。

できればオンラインでコンピュータに取り込めるような装置がよかったのだけど、適当なのが見つからなかった。


Anemometer-01.jpg

本体。とても軽く回る羽根だ。
Anemometer-02.jpg

この装置が基準となるように、風速計を作ればいいのか。時間あるときにでも考えてみよう。

扇風機の中で風速3.5m/s 程度だった。

おしまぃ。

HP Officejet H470

ヒューレットパッカードのプリンタだ。
モバイルプリンタということでとっても小さい。

ほとんど印刷することがないのでプリンタはもっていなかったのだが、とうとう不便に我慢できず、小さくて安いやつ、でも持ち運びはしない。という前提で選んだのがこのプリンタである。
条件をまとめると。
・小さいこと。使わないときは角のほうへ置いておけること。
・持ち運びはしない。とはいえ小さいほうが良い。
・安いこと。ほとんど使わないのがわかっているので、壊れても後悔しないくらい小さいこと。
・モノクロのみでも可。最近のはモノクロのみってやつはなかった。
・印刷枚数は月に30枚程度。たくさんのメモを印刷して、文を推敲するのに使うのだ。

似たプリンタでCanonのもあったが、HPを選んだ。安かったから。大きさもこれだけ小さければ十分。

箱をあけて欠点だと思ったところは。。。
電源がでかい。文句いうほどじゃないけど、あえて言ってみる。
さらに。カラーの印字品質はあまりよくない。(モノクロのみで良いとか言っていたのに・・・)

最初の試した印刷は、「ほっぺに葡萄を入れた人の写真」だった。モデルが良くないのか?(笑)

印字速度はカラー・モノクロともに全然不満はない。すごいなぁ最近のプリンタはと関心したぐらい。


hp-officejet-H470-1.jpg

本体
hp-officejet-H470-2.jpg

カートリッジをいれるところ。小さいカートリッジだ。
hp-officejet-H470-3.jpg

モノクロのインクカートリッジだけ買い足して置こう。
おしまぃ。

ケルヒャーの掃除道具。
スチームクリーナー

リホームしているといろいろと掃除したい所がでてくる。
高圧洗浄機は大活躍しているのだが、それだけでなく、水蒸気で掃除するので掃除すれば、風呂場のカビやタイル、窓ガラスなどを掃除出来るかと思ったのだ。

箱の写真。
karcher-steam-cleaner.jpg

箱の中。
karcher-steam-cleaner2.jpg

出してみる。 大きいのを買ったのは覚えているけど。。思ったよりでかいな。
karcher-steam-cleaner3.jpg

浴室のカビを落としてみた。Before Cleaning
karcher-steam-cleaner4.jpg

す、すごぃ。ものすごくよく落ちる。・・・それでも落ちないカビもあったけど。
karcher-steam-cleaner5.jpg

目地だけを掃除するならすぐできると思うけど、前面掃除するのは大変だな。

時間あるときに全面を綺麗にしよう。

おしまぃ

温度・湿度ロガー(Logger)
EL-USB-2・EL-USB-RT

ondo-shitudo-logger.jpg

数日前のこと。とても久しぶりに秋葉原の秋月電子へ行く。
最近は忙しくてなかなか秋葉原まで行くことがなかった。
今回は目的があって、電車を乗り継ぎ乗り継ぎ出かけたのだ。
秋月電子に入って少し驚く。店の雰囲気が変わっているではないか。
昔の雑然とした感じはなくなり、だいぶ綺麗にすっきりしている。
 雑然とした物の中から物を探す楽しみはなくなったかもしれないけど、人混みに困ることがないほうが嬉しい。
 数年前からは、秋月電子のHPで品番を見てある程度目的を絞ってからでかけることが多く、型番示してお店の人に出してもらうことも多くなっていた。

買ったのは、USB接続で使用する、温度・湿度ロガー。
自分で作ろう作ろうと思いつつ、能力もなく。。。買うに至った。

EL-USB-2
電池を内蔵し、データを本体内に記録することができる。30分に一度のデータ取得で約11ヶ月動作するらしい。取り込んだ情報はUSBでPCに接続してデータを取り出せるのだ。データ取り出しに使うソフトなんだけど、スタートするときにパラメータセットしてスタートなんだけど。動作しているときに、そのままUSB接続して、うっかりスタートボタン押すといままでの記録データは全部消える。もちろん確認メッセージは出るんだけど、ボケっとしていると消すだろうな。
 これを床下と天井裏にでも置いて半年後にでも見て、どんな記録が残るか確認しよう。

EL-USB-RT
 これはPCのUSBに接続したまま使う。アプリケーションをインストールすればそのまま使える。
ただ、、記録する時間感覚をどーやってきめるのだ? もう少しよく調べるとするか。
 動作確認している間、室内に洗濯物をもってきたら、少しずつ湿度が上がり始めた。
お。お。おもしろー。温度変化より湿度変化のほうがおもしろいかも。

このようなツールで家の調子を調べるのだ。
家全体を有線でこのような情報を調べるような網を張り巡らせようか。。。

おしまぃ。

枕。
枕が変わると眠れないという人もいて、なかなか選ぶ時も悩む。

安眠できるかどうか。
翌日の活力につながる大事なことだ。

私は、どんな枕でもだいたい大丈夫なんだけど、人よりも厚く、頭の位置が高くなるのを好むようだ。
羽毛枕は好きなんだけど。羽毛がぎっしりつまった気持ち良いまくらは羽毛布団並に高い。
 最近はそば殻枕を使うことが多かった。

今使っている枕が破損したので、そば殻枕を使う事にした。

破損した枕の中身。 そば殻だと思っていたら、檜チップだった。5mm角ぐらいの檜の木のチップだ。思い出した。買った時はものすごく香りが良かったっけ。 これがいいな。また見つけたらこの枕にしよう。
hinoki-chip-in-makura.jpg

枕を変える時に何気なく敷き布団をみた。
ボロボロなんだけど。昔聞いた話を思い出した。
これは「はったん」と言って良い絹地を使った布団だからね。なかは真綿。
 聞いた当時はだからなんなんだ? 使えればなんでもいいさ。と思っていたのだ。
 興味半分で、「はったん」ってなんだ? と思って調べてみた。
「八丈島産の絹織物。絹の合わせ糸をよって織った上質の綾織り。」らしい。
確かに、絹の合わせ糸の綾織りの仕立てだ。冷静に考えてみると、この絹地は敷き布団に使うような生地ではないぞ。

ネット通販などで調べてみると。
八反の座布団とか言うのはたくさん通販で売っている。5枚で3、4マン円もするという、高いものだ。
使っている生地の量からするとこの敷き布団は15万円ぐらいしてもおかしくない。
そんな高い寝具を使っていたのか!? 
 八反を使った敷き布団はどんなのがあるかネットで調べようとしたが、ない。

見れば見るほど。美しい絹地だ。(ただし、ボロボロだが。)
hattan-kiji.jpg

そういえば、この鳥を、「鳳凰」だと言っていたけど・・・。
どう見ても、鶴じゃないか??

おしまぃ。


ミョルニル

リホームでタイル壁を破壊する時にハンマーが大活躍した。
このハンマーに「ミョルニル」と名前をつけた。
北欧神話にでてくる雷神トールのもつ鎚(ハンマー)の名前である。

私は雷神トールになった気分でこのハンマーを振り回した。
タイル壁をこのハンマーで叩き壊すのはストレス解消になるぞ!

mjolner.jpg

ちなみに、英語の木曜日、Thursdayの語源は彼の名前Thor からきている。

おしまぃ。

茶箱

| コメント(0) | トラックバック(0)

お茶を入れておく箱。

ただの木箱だと思っていたら、中は亜鉛鉄板で密閉されるようになっていた。完全密閉され湿気から茶葉を防ぐようになっている。
板の厚さは1cmもないんだけど、精度良くものすごく丈夫にできている。釘の量も多いし壊そうと叩いても大変だった。もう茶箱としてこういうものは使われてない。 

かなり大きい茶箱。湿気を防ぐことができるので衣装ケースにもなったりする。
そして、つい先ほど茶箱について調べようとしたら、なんと新しくつくると1万円ぐらいするものらしい。
1万円もか!
しまったぁ。どこかに売れば1000円ぐらいにはなったかもしれない。
あぁ壊してしまった。

かなり大きい。
chaboko-001.jpg

蓋を開けたところ。
chaboko-002.jpg

おしまぃ。

遥か昔。
かつて使っていた関数電卓。
古い箱からでてきた。

最初のころはこれをひたすら叩いて計算してたけど。
いつしかコンピュータを使うようになった。
そういえば、当時はまだコンピュータは高価なものだったな。

この電卓も懐かしいけど、製図に使っていたテンプレート(写真中右側い見えるオレンジ色の板)もとても懐かしい。これで文字を入れると急に立派な製図に見えてきたもんだ。

電池を入れ替えて使えるようにしよう。
ecalc-old-xhako.jpg

おしまぃ。

出張する時、歯ブラシと歯磨きを忘れた。
ホテルにあるのでもいいのだけど、しっくり来ない。使いにくい。

家に帰ってからも使うので、途中で買う。
出張先で荷物を増やしたくないけど。
帰ってからも使うからいいかな。

oraaaa2.jpg

おしまぃ。

TVのリモコン

なんとも調子が悪いので、まだ動くうちに学習させて使うためのリモコンを買った。

リモコンはどれも学習機能がついていると思っていたのだ。
そう思って深く考えず買ったのがこれ。
TV-remocon001.jpg

学習機能がないことを知らなかった。

そして学習機能付きのリモコンがこれ。
TV-remocon002.jpg

学習させて使うことができる。

学習させて使ってもあまり変わらない。・・・となると故障してるのは受信部か?
うーむそうなると無駄な買い物になったな。

そろそろ新しいTVを買うか。
おしまぃ。

浄水器 と 整水器

●浄水器は東レのトレビーノ
一番よく見る。おそらくシェアもトップだろう。水道の蛇口の先にとりつける。
jyo-suiki---0xx1.jpg

●整水器 松下電工のアルカリイオン整水器 Nationalのブランドである。
 電源が必要で取り付けも浄水器に比べると大変である。
arukariion-seisuiki.jpg

水道水飲んでも平気なほうなんだけど、水道水は味が季節によってけっこう変化すると思ってる。
ペットボトルの水も買うけど、ランニングコストを考えてアルカリイオン整水器を試してみることにした。

浄水器と整水器の役目は違うけど、それぞれを試してみる。
以上。

将棋

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本の将棋。

時々やるんだけど。
勝てないんだ。あいつに・・・。
むかっつく~。

syogi01.jpg

おしまぃ。

昔。携帯電話にはカメラ機能なんてついていなかった。
今は、カメラ機能がないのを探すほうが大変なくらい。

で、昔のこと。
携帯電話についていないのをどうやって補ったかというと、携帯電話の後ろのポートに簡単なカメラを接続して撮影するという製品があった。
 それが、Pashapa と言う製品だ。KDDIの製品だね。
画質? 写ればいいだろという程度の代物でとてもじゃないが今のカメラ内蔵の携帯とは比べることはできない。

pashapa-02.jpg
 今思うととっても挑戦的な商品だったと思うよ。

おしまぃ。

壁の塗装をするため、スプレーガンを準備した。

かなり前から準備してたんだけど、なかなか塗装をするまでいかなくて・・・。

あらためて箱から出してみる。

tosoo-spray0x1.jpg

で、使おうとすると。エアコンプレッサのチューブがつながらない!。
スプレーガンの口がねじになってる・・・。
tosoo-spray0x2.jpg

あぁぁぁ。アタッチメントを買いにいく。 400円の部品。これだけのために一時間無駄にする。
tosoo-spray0x3.jpg

で、全部を接続してコンプレッサの電源をいれて、ぷしゅーーー。
tosoo-spray0x5.jpg

水だからな。きれいにでるのだ。

スプレーガンに取り付ける缶だけ別にひとつ準備した。
右側の大きいやつだ。
tosoo-spray0x4.jpg

これには、網がついていて異物を取り込まないようになっているのだが・・・。
tosoo-spray0x6.jpg

今回塗装に使った塗料。白。シュガーホワイト。15000円ぐらいしたと思う。かなーり前に買って全然触ってなかった。
tosoo-suiseiganryo.jpg

これをスプレーガンの容器にいれる。
tosoo-spray0x7.jpg

と・こ・ろ・が・・・だ。
なんと塗料の粘度が高すぎて、うまく霧状にならない。
水で薄めたら、色が薄くて何度も塗らなくてはならないし。

さらに言うと、コンプレッサーの容量が小さくて、あっという間に空気切れ。

なんと言う、無駄な投資をしたのだろうか。。。
高い勉強代だったなぁ。
結局、ローラーと刷毛で塗ったのでした。
経験とは高くつくものだなぁ、とあらためておもったのでした。

おまけ。スプレーガンを使うために準備したゴーグル。
目よりもメガネを塗装するのが怖かった。^^;
tosoo-googgru.jpg

おしまぃ。


ハロゲンランプなんて高いものだとおもっていたから買ったことなかった。

普通の白熱灯よりも高温であり、明るいらしい。
150Wで1300円ぐらい。500Wで1500円ぐらいで販売してた。
500Wともなるとかなりの電力なのでちょっと使うには負担かと思って150Wのにした。

箱。
harogen-lamp-0x1.jpg
分解した状態で入っていて組み立てるのだけど。。。精度が悪いんだよなぁ。
ネジがしまらないぞ・・・。もっときれいに作ってくれ。

ハロゲン球。はじめてみた。 ながほそい。
harogen-lamp-0x2.jpg

完成したところ。傾けて使ってはいけないのだとか。
harogen-lamp-0x3.jpg

明るさは・・明るいような気がする。よく考えたら明るさってかなりの差がないとわからないもんだよな。
光度もあるし照射範囲もあるし。

ということで、しばらくリフォームの夜間作業で使用する。
おしまぃ。

いままで使っていた、シリコンオーディオの調子が悪くなってしまった。3年ぐらい使っただろうか。

新しく、なんか買うつもり、ヨドバシカメラに行くとたくさんの機械が売っているではないか。下調べしないで行ったから、何にするか悩んだけど、iPod なの? じゃなくて、iPod nano Black にした。
理由は、一番官能的なデザインに見えたから。

入っていた箱の裏。アップルのマークが懐かしいなぁ。はるか昔AppleⅡeと言うComputerのころから形は変わってない。色は昔は虹色の横縞だった。
iPod-nano-hakoura.jpg

箱の中身。いろいろ入っているけど、よくわからんまま使ってる。
iPod-nano-nakami.jpg

iPodなの?
iPod-omote0.jpg

iPod nano をUSB接続したところ。
iPod-omote.jpg

iPodの裏側。光っててきれいだ。
iPod-ura.jpg

昔つかっていたzen-nano。使いかってはよかったけど。。。思い出すとかなり高かったような気がする。
old-SA-zen-nano-plus-1GB.jpg

まだ使い込んだわけではないけど。使用方法が難しく感じる。。
それに・・・大きさは小さいんだけど、重い!

おしまぃ。

プリントゴッコ

理想科学工業が販売する家庭用簡易印刷機。
シルクスクリーンを簡単につくる機械といってよいのかな。。

はじめてこれで年賀状を作ったときは感動した。
こんな簡単に印刷できるのか!と。

 一時期はこれで年賀状を300枚ぐらい作っていたときもある。

この6月で販売終了となるらしい。(国内だけらしいが)
消耗品はしばらく販売継続するということだから、消耗品をたくさん買い込んでおこう。
私はこの機械を末永く愛用したいと思っている。

こういう素朴だけど実用性のある道具がなくなるのは、ちと寂しい。

おしまぃ。

東急ハンズで見つけた。

リングをいっぺんに8つにカッティングする道具。
そんなにいつもリンゴを剥く必要があるってどういう人なのだろ?
怠け者の道具ということだと思うのだ。

apple-cutter-2.jpg

これを買ってから帰り道、時季外れの高いリンゴを買う。

試し切り~。
apple-cutter-1.jpg

おしまぃ。


GearWrech

天窓のネジを締めるためだけに購入した。2500円。
GearWrench-01.jpg

このレンチのすごいところは、首の部分が曲がること。
GearWrench-02.jpg

天窓のネジを締めるのに工具不要にしたくて、蝶ネジを使おうとしたのだけど、設計ミスでネジが回らないという次第に・・・。

普通のレンチを使ってもネジは締まるのだけど、けっこー面倒。
ラチェットタイプで、良い道具がないかと思っていたら良いのを見つけた。これはなくさないように、天井からぶら下げておこう。・・・

おしまぃ。

Nailing Tool.

さらなる新兵器を投入した。釘打ち器のことだ。
本当に釘を打つ機械もあるけど、これは釘ではなくステップル。釘打ち器の一種だけど小型軽量タイプだ。
圧縮空気を使って、一発でステップル(ホチキスのタマのでかいやつだ。)を打ち付ける。これで壁を固定することにした。
 床などを固定するには、普通の木ねじでいいんだけど、壁とかだと、支えているのが面倒なので一発で止めてしまいたい。大活躍するはずだ。

箱からだしたところ。MAX社のものだ。ホチキスのばかでかいやつだな。
Nailing-tool-01.jpg

これが、タマ。
Nailing-tool-02.jpg

Nailing-tool-03.jpg

打ち付けたところ。
一撃で打ち付けることができる。ぴったりくっつけると対象物が破壊されることがある。手首をゆるくもって反動は打ち消すくらいのほうが出来具合がいい。
Nailing-tool-04.jpg

おしまぃ。


エアーコンプレッサ

新兵器だ。
これで塗装をする予定。

塗装の前に掃除に使うことにした。
雑巾で拭き掃除をしたのだけど、細かいところは拭き取るのもできない。
そこで、このコンプレッサで、吹き飛ばすのだ。
ほこりっぽくなって嫌だなぁ。
タンク容量はとても小さい。音がけっこーうるさいんだ。
air-compressa-01.jpg

長い管をつかってみる。
air-compressa-02.jpg

効果のほどは。

おしまぃ。

丸鋸の刃

丸鋸の刃が調子悪くなった。切れ味が悪いのだ。それに少しぶれるし。
先日、屋根のスレート下のベニヤを切る時に、うっかりスレートも切ろうとしてしまったのが良くなかったのかもしれない。見た目はあまりわからないけど、新しい刃に換えてみた。
少し薄くて、表面にテフロン加工してあるらしい。テフロン加工の意味があまりわからんけど。
価格は1800円だった。
marunoko-ha-new01.jpg

丸鋸本体にとりつけたところ。緑色がけっこういいかも。切れ味は・・・。これからだね。
marunoko-ha-new02.jpg

おしまぃ。

マスク

リフォームすると埃がすごい。
特に屋根裏なんて30年来たまった埃がすごい量。掃除しても掃除しても出てくる。
加工する切りくずの量もかなりの量となる。

マスクなしでは仕事できない。
使用済みマスク。最初は真っ白だったのに。終わるころには茶色になってる。この写真でも綺麗な方。
mask-siyouzumi.jpg

マスクしてても、花の奥まで真っ黒け。
おしまぃ。

庭に水をまいたり、車を洗ったりするときに使う。

これはいままで使っていたやつ。
すぐにホースがすっぽ抜けるのが気にくわないので、取り替えた。
原因はホースが少し太いから。細いホースを買うほうが安いか、撒水器を買う方が安いか・・・。
sansuiki-o1.jpg

新しく買った撒水器。なかなか性能良い。
昔からあるやつだよな。錆びやすいのが欠点だけど、安心して使えるほうが嬉しい。
sansuiki-o2.jpg

おしまぃ。

とっても古そうなTVが捨ててあったのを見つけた。

チャンネルを変えるのにダイアル式。ガチガチいいながらチャンネルを回す。電源を入れるのにつまみを引く。音声のボリュームを変えるのにつまみを回す。当然、LCDではなくてブラウン管。
なつかしいだろ?

いまでは、これだけ複雑な機構をもたせた機械部品のあるTVをつくるのはコスト的に無理。
簡単なスイッチとそれをコントロールするとっても簡単なChipがひとつで十分。

old-old-tvsion.jpg

おしまぃ。

バンドソー。

とても久しぶりに使う。育良精機(IKURATOOLS)製品。TN-100A
今回アングルの鉄を切った。初めて硬派な鉄を切る。
いままでは軟弱なアルミしか切ったことがなかった。

鉄の切り子が刃とプーリの間に挟まり、音が変になってしまったけど、掃除したら元に戻った。
バンドソーの特徴として他の切断機器に比べて音が静かなこと。

何を作ったかって? まだ秘密。

こんな形。鮮やかな黄色。
bandsaw-ikuraseiki-01.jpg

バイスに鉄アングルを加えて、刃が下に下がる自重で切断する。油が切断熱で気化する。
bandsaw-ikuraseiki-02.jpg

今思うとアングルの固定の仕方が間違ってるぞ。山が上になるように固定するのだ。

この機械、4年ぐらい前に購入したのだけど、確か10万円ぐらいした。この値段で金属も切断できるバンドソーは選ぶ余地はなかったと思う。
値段の割に高性能だと思った。
時々しか使わないのがもったいない。刃を縦にして、コンタテーブルにもなる。
今度はこれで木材を加工して椅子でも作ってみよう。
木材を加工するには材料を乗せる台など、いろいろ工夫が必要だけど。

おしまぃ。

空気清浄機
ダイキン ACM75G-W空気清浄機

ほぼ一年間、電源入れっぱなしでほおっておいた空気清浄機ACM75G-W空気清浄機。
まだ、フィルタ交換ランプはついていなかったけど、中をみたら、とても汚い。おもわず「うぉぉっ」と叫んでしまったくらい。

ACM75G-W空気清浄機 本体。
ACM75GW-oox1.jpg

本体横の吸気口。 立派に埃がたまってる。
ACM75GW-oox2.jpg

蓋を開けたところ。「うおおっっ」 汚ねぇぇぇ。完全にフィルタは目詰まりしてる。清浄機の役目を果たしてないんじゃないか??
ACM75GW-oox3.jpg

白っぽく見えるのは白っぽい埃だから。フィルタの白さではない。
ACM75GW-oox5.jpg

で、フィルタ交換をした。
おー綺麗になったぁ! 当たり前だな・・・。
ACM75GW-oox6.jpg

このときフィルタを止める水色の治具の部分を洗ってしまった。「洗うな」としっかり書いてあったのだが良く見てなかった。そもそも、フィルタの裏にある黒い格子状の物が、塵で黒くなっているのだと思って、さっさと洗おうと思ってしまったのだ。とんだ誤解だったな。乾かして動かした。今のところ問題はでてない。細かいゴミの付着性能が悪くなっているかもしれないけど、そこまではわからないな。

ACM75H-W空気清浄機と比べて・・・。スイッチの位置が違うだけで、何が違うのかよくわからん。
おしまぃ。

床の水平具合を調べるために、レーザー照射器付きの水平器を前に購入した。

しかし、レーザーを水平に照射するためにはそれなりの台が必要だと思っていた。
そうしたら水平器を取り付けるための台を見つけた。この台には水平器がついているのだけど、普通の水平器に比べると精度が高い。

レーザーレベル用回転台の箱
laser-kaitendai-ox1.jpg

レーザーレベル用回転台 こんな形。レーザー照射器付きの水平器を挟み込み、左上の丸い水平器で回転台そのものを水平にする。この水平器の精度が高い。つまり調整が面倒なのだ。
laser-kaitendai-ox2.jpg

合体させるとこんな風になる。
laser-kaitendai-ox3.jpg

こんな風に床において、、、。
laser-kaitendai-ox5.jpg

反対側の壁にレーザーを照射させてみた。
laser-kaitendai-ox6.jpg

床からの距離を測定すると。水平器のあるほうは、11cm。壁に照射したところは12cm。つまり6mほどで1cmほど家が傾いているってことだ。傾いていないとすると床が沈んでいる。ぼろぼろの家だからとはいえ、傾いてないほうが嬉しいなぁ。この程度は許容範囲なのだろうか? それとも・・・。

低い位置を測定するには三脚は必要ない。ただ、三脚につけようと思っていた。適当な三脚がないかと探していたけど、天体望遠鏡をのせる架台を見つけた。25年ぐらい前の物だな。

この回転台の裏面にあるねじ穴。5/8インチのねじ穴。こんなネジもってねぇよ。
普通のDIYショップにはないと思っていたら・・・。建築系のネジでは標準のネジということでおいてあった。インチネジはデファクトになるとなくせないんだよね。メートルネジより効率が良いことが多いから。
laser-kaitendai-ox4.jpg

これが三脚。架台の真ん中の孔からネジを通して固定したいのだ。
sankyaku-telscope-ox2.jpg

高さ調整はしにくいけど。。。まぁいっか。

おしまぃ。

日本の古い農家などには「土間」がある。

リフォームするにあたり、土間を作ろうかと真剣に考えた。結局諦めたけど。家の基礎とかから考えないと土間は難しいな。
土足のまま動ける空間があるのは便利なのだ。三和土(「たたき」と読む)と言って、突き固めて固くして土間にするのが普通。
突き固めるのに道具があるとは知らなかった。
その名も、「土間たたき」 これなら上から力をかけて平らに叩く事ができる。
doma-tataki0011.jpg

ハンド土間たたき という道具もあった。使う用途が違うのだろうか。
hand-doma-tataki.jpg

土間シートというのもある。
これは何に使うのだろう? 床下の湿気を防ぐのにシートを引いたけど、これのほうが安上がりだったなぁ。今度からこれを使おう。 調べたら、用途は床下にひくとか畳の下にひくとか。湿気を防ぐという意味では同じだった。もっと早くこのシートの存在を知っていればよかった。
doma-sheet001.jpg

おしまぃ。

空気清浄機
ダイキン製 ACM75H-W

最近、なんか部屋が汚いなぁと感じることがある。
掃除機はかけているんだけどね。

部屋を綺麗に保つのも大事だ! と思って空気清浄機を購入した。
実はこのACM75Hの前の機種ACM75Gも他の部屋で使っている。

 同じ会社のほぼ同じ機種を購入しておけば、フィルタとか交換パーツに共通のが使えるかなと思ってこの機種を購入した。
私はリモコンはいらないと思ってる。 箱にはフィルタの枚数で7年使用できますなんて書いてあるけど、リモコンのほうが先に壊れるかなくなるかするだろ・・・。まぁ電源いれれば動くのであまり問題はないだろうけど。
 他にもいくつかよくなった機能もあるようだけど・・・。よくわからん。どちらも私にとっても十分な性能だからな。

箱。前の機種より綺麗にみえるぞ。
ACM75HW-hako.jpg

箱を開けたところ。ものをパッケージングするって色々と考えることが多いなぁと思ってじっくり観察する。開けやすいかとか、ちゃんと耐衝撃性をもっているかとか、出しやすいかとか。。。とても親切な梱包であった。
ACM75HW-open.jpg

ACM75H-W の本体。 新品の機械っていいね。まだ汚れる前だからね。
ACM75HW-body.jpg

全面パネルを開ける。
ACM75HW-bodyopen.jpg

フィルタを取り付ける。このフィルタの寿命が1年だそうで、7枚も付属している。それで7年も持つといいたいのだそうだ。
ACM75HW-filter.jpg

起動! みるみる部屋が綺麗になっていく・・・。と、思いたい。^^
ちなみに臭いセンサがついていて、、おならをするとちゃんと動作する。 つまり誰かがおならをすると自動的にこの清浄機は動作するのだ。黙っていてほしい時もあるよな。たとえ臭くても。
ACM75HW-start.jpg

リモコン。これがなくても全機能動かせれば、なくなってもいいやと気楽に使えるんだけどね。。空気清浄機は24時間、自動運転させておく使い方をするのでリモコンないほうが気を遣わないで済むからいいと思う。
ACM75HW-remotecont.jpg

においトループ 脱臭カートリッジで洗って何度も使えるのだそうだ。なくても動作はしている。
このカートリッジだけ靴箱にいれておくと脱臭剤として効果があるのだそうだ。
ACM75HW-nioitori.jpg

おしまぃ。


建築用鉛筆。

鉛筆なんてなかなか使う機会はない。
木材とかベニヤとかに印しを付けるのにシャープペンだと折れてしまい使いにくい。やはり鉛筆のほうが便利だろう。6本で700円ぐらいしたから、1本115円ぐらいか。 昔。三菱のUni なんて言う鉛筆を製図に使っていたことがあったっけ。もっと高かったな。

kenchikuyou-enpitu.jpg


おしまぃ。

木彫りの鶏。

どこのものだろう。古い木箱からでてきた。
なかなか良く彫れていると思う。

kibori-niwatori002.jpg

おしまぃ。

背中の肩胛骨から肩全体の痛みが取れない。
仕事もできないくらい疼く。痛む。

帰り道、マッサージ器を買ってしまった。
痛みに耐えきれず買ったのだ。少しは筋肉をほぐしてあげないと。。。
買ってから気がついた。誰かに肩を揉んでもらえばよかったんだ。ほげぇ。

いままで肩たたきマッサージ器を使っている人を見ると「じじくせぇ」と思っていたが、おれもその一人になったんだぁ。と実感。
痛みを弱めるためならなんだってするさ。

たたきちょっぱー などという名前の品物。
叩かないでいいから、揉んでくれるほうがいいなぁ。

こんな箱。
tataki-chopper-003.jpg

こんな形。とにかく使ってみよう。
tataki-chopper-004.jpg

このブログを書くのももどかしいくらい。はやく肩たたきマッサージをして肩の痛みを取り除くのだ。

松下電工の製品。ナショナルブランドも、なくなる。 もうしばらくするとパナソニックブランドのマッサージ器になるのか。。。どーもイメージがしっくりこないんだよなぁ。パナソニックでソニックマッサージ・・・?
慣れてしまえば違和感は感じなくなるんだろう。

おしまぃ。

ScanSnap S510

富士通製のスキャナだ。
両面カラーで1分間に18枚のスキャンスピードを持つ。

名刺があまりに多くなりすぎたので、名刺整理のために使っている。
OCRを使って自動的に読み取ってくれるのがうれしい。日本語と英語の名刺は読み取れるので良いのだけど、中国語とかアラビア語(1枚だけもっていた。)の名刺はメチャクチャだ。まぁしょうがないか。
 名刺を全部スキャニングして電子化しようとしたら、名刺フォルダから出すのが面倒であった。
見ていて使わない名刺のほうが多いなと思っていたのであった。

 あとは紙媒体のマニュアル類。数枚のマニュアルなどはこれで読み込んでおしまぃ。ファイル名をつけて保存して、本体はゴミ箱へ。

 これで家中の紙切れを大幅に減らせると良いな。

箱から出したところ。AdobeAcrobat8 Standard版が付録でついている。びっくり!
scan_snap_s510_0001.jpg

本体を開いたところ。よくできていると思うのは埃がはいりにくい構造になっていること。
scan_snap_s510_0002.jpg

おしまぃ。 

家をリペア・リストアするのでいくつか道具をそろえた。

鑿。
rehome-kougu-001.jpg

でっかい釘抜き・バール。(70cmぐらい)。破壊用。
壁紙はがし用の柄の長い(60cmぐらい)スクレーパ
rehome-kougu-002.jpg

役に立つ工具たちである。
おしまぃ。

ダンベル。

衝動買いした。
こんなもの買わなくても痩せることができればと思っていたのだが。。。

danberuuuu.jpg

あれば使うと思って購入。
これで筋トレして、筋肉ムキムキッ ・・・になるかもしれない。(笑)

 「15年ぐらい前はいちおー逆三角形っぽい体型してたんだぜ~。」
って知人に言ったら、ゲラゲラ笑われ、写真を要求された。
 ・・・そんなものない。

今の体型からはわからんだろうよ。(笑)

おしまぃ。


NOKIA3220

| コメント(0) | トラックバック(0)

NOKIA3220

海外旅行するときに使用する携帯電話。対応規格はGSM900/1800/1900。通称GSMといわれるやつ。
日本と韓国では使用できない。困らないけど日本語には未対応。
auのGLOBALEXPERTに対応し、いつも使用している携帯電話のSIMカードを取り外しこの機種にとりつけることで動作する。国内で動作しないので、機器の動作チェックができない。E-mailなどの動作チェックのために店舗内とかエリア限定で良いから動作するようにしてくれればいいのに。

NOKIA3220keitai.jpg

この電話を海外で本当に必要な時に利用したことは・・・ない。(笑)
海外でも携帯電話が使えるということを味わいたくて買ったのだ。17000円ぐらいしたと思う。レンタルしてもかなりの値段なので、数回つかえば元はとれると思ったのだ。また、知り合いに貸しても良いとも思ったのだ。ところが。私の友人はほとんどDOCOMO携帯だったけど。

海外の公衆電話から家へ電話すること。ロンドンの街角でも。ベルリンの街角でも。ローマの街角からでも。電話のかけ方が分からなくて緊張した。(笑) いまやそういう悩みからは解放されてしまうのだろう。世界中で使える携帯電話一台あれば。

関係ないけど。最近のDOCOMO905シリーズのCM。なかなか良いなぁ。
 恋人同士の二人がそれぞれ別にDOCOMO携帯電話をもって世界を旅行している。お互いバックパッカーなのだ。世界中どこからでも二人の会話はできるっていうストーリーで、最後に、「運命って信じる?」って電話で言うと、パリの凱旋門の前で出会い、「信じる!」って言ってCMが終わる。
 なんかいいなぁ。と思ってこのCMが流れるとついつい気になって見てしまう。
905iの対応規格はGSMとW-CDMAの2種。2台分の機能が1台につまっていると言って良い。auでもそういう機種でるとうれしいんだけど。

おしまぃ。

掃除機が壊れた。

ワインのコルク栓をすいこんだのだ。
たしかに、ワインは旨かった・・・。

コルク栓が吸い込み管の曲がり角あたりで詰まってしまい、困った。
新しい掃除機を買ってきてもいいけど。。。
まだまだ使えると思っていたので、修理することにした。

いままで私の部屋のゴミを吸い取ってくれたおかげで汚いんだよなぁ。
掃除機の掃除をして。
掃除機の分解をして。
掃除機からワインのコルク栓を取り除いて。
掃除機を組み立てて。

まだまだ使える掃除機のできあがり。
これからは大きい塊を吸い込むのは気をつけよう。

おしまぃ。

目覚まし時計。

いままで時計なんかなくてもよかった。
日の出とともに目覚めて、日没とともに眠る。
そういうふうに生きてるわけじゃないけどな。
時計はなんていらなかったのだ。(半分以上嘘だけど。)
     :
     ;
目覚まし時計を買った。

買わないですむならそんなものいらなかったのだが・・・。

ここのところ中距離出張が多く、朝が早くて大変なのだ。
朝8:00に現地着で、2時間半かかる道程をかんがえると。
5:30には家を出る。5:20分に目が覚めればなんとか家を
でることができるわけで。

5:20分に起きようとする。
でも大変なんだな。
鉛のように重い頭を持ち上げてベッドから降りるまでが大変。

はやく目覚まし時計などなくてもすむような仕事にならないかなぁ。

こんな目覚まし時計がほしかった。
●時間あわせが簡単なこと。
  電波時計がよかった。
●誤動作しないこと。
  様々な誤動作があるけど。いままでの経験で痛かったのは。
  ・電波時計で誤動作。夜中に時間を合わせそこない、朝起きたら昼の12:00を示してたり。。
  ・電池切れで全てが止まってたり。

●音が大きいこと。
  いくらがんばって音が鳴っても目が覚めなきゃ意味ないからねぇ。大音量であること。

●夜寝ている間、カチカチと運針の音がしないこと。
  耳元でカチカチなるのは我慢ならない時がある。私は見かけによらず神経質なんだねぇ。

まぁいろいろと贅沢をいってこんな時計にした。

mezamashi-dokeiiii.jpg

CITIZEN 電波時計 ネムリーナミグ(4HL400)

電波時計だけど電波時計機能を止めることができる。
電池切れ前に警告表示がでる。

時計ってやつを使うときは、信頼性が大事だと思うのだ。特に目覚まし時計は・・・・。

おしまぃ。


体重計を準備した。
これで毎日、体重を100g単位で測定することができる。

機種は、オムロンのHBF-362

OMRON-HBF362.jpg

この体重計。
すでに体重計の機能の域を超えている。
なんと、皮下脂肪率とか、骨格筋率とか、体脂肪率とかとか、見たくないようなことまで全部はかることができる。すごいではないか!。

名称も「体重計」ではなくて、「体重体組織計(体脂肪計) カラダスキャン」というのだそうだ。
いろいろと測定してみよう。

おしまぃ。

腕時計

| コメント(0) | トラックバック(0)

腕時計。

私はあまり腕時計をしない。
時間に縛られるのが好きでないから。

仕事となるとそうも言っていることがでないので、時々時計をする。
まれにしかしないので、機能は時間だけでればいい。
それと文字盤が見やすいこと。
それで選んだのがこれ。Eco-Drive。文字盤の色が少し青みがかっていて、シンプルで美しい。

CTIZN-EcoDRIVE01.jpg

CITIZN-EcoDRIVE02.jpg

シンプルさが気に入ったのだけど。。。
少し安っぽすぎるような気がする。
青みがかった針の色は最近のはやりだね。
もーすこし高級感のある時計でもよか。

おしまぃ。

腕時計

| コメント(0) | トラックバック(0)

腕時計。

腕時計がほしいと思ってウィンドーショッピングをよくする。

操作がシンプルで丈夫であること。
電池交換がいらないこと。
数字が全て書いてあること。特に3の数字が書いてない時計が多くカレンダ表示部になってる。
暗闇でも視認性が高いこと。
防水であること。
大事なことは文字盤が美しいこと。

電池交換がいらないとなると、自動巻か手巻きか発電機構をもったECO-Driveなどか。
ダイバーズウォッチなどが良いかとおもったが・・・文字盤が美しくない。
カレンダはいらない。パーペチュアルでもいらない。
曜日だけはあっても良い。調整の必要がないから。

なかなかないねぇ。
もうしばらく探してみようか。
おしまぃ。

シンプルではないのだけど。
自動巻の時計がほしくてほしくて、手に入れた時計。
Orient製。

使ってみてわかったのだけど。。。
文字盤の時間を表すやつの大きさが全部同じ大きさなので、時間をみると少しまごつく。もっともこの時計はわざとそうしてる部分もあるようだけど。
12時のところだけ大きいほうが良いと思った。

シンプルでないから、一度止まってしまうと、時間合わせのため再度細かい調整するのがちょぃ面倒だ。

tokei-orient01.jpg

しばらく使わないで他の時計で用をすまそう。。。
おしまぃ。

昔フィルムというものがあった。
・・・なんて言われる日がくるのだろうか。

フィルムはもう長いこと使っていない。ランニングコストがかかるから。

道具箱からでてきたのはフィルムをいれるケース。
昔はこれにフィルムをいれて持ち歩いていたこともある。

FUJICHROMEってやつを良くつかったのだ。それのおまけでついていたフィルムケース。
他に使い道あるだろうか。
firmcase01.jpg

おしまぃ。

登山靴。

最近、しまいこんだ革製品を出すとどれもこれもカビカビの黴だらけ。。。

心配になって、登山靴も出してみた。
あぁよかった。この程度のカビで。

2回ぐらいしか使っていない私の3代目の登山靴。
一番最初の登山靴は軽登山靴で、はきつぶした。
二番目の登山靴は・・・。はきつぶす前に行方不明に。。。。
みつかるころにはカビの塊になってるかも。

そして3代目の登山靴。冬山に行こうと思えばアイゼンもつけられる。

十分に消毒用アルコールで拭いたところで陰干し。

美しい登山靴をみていたら思った。
この登山靴を履いてどこかへいきたいなぁ。
久しぶりに山に登りたいと思うような気持ちがわいてきた。

さて。。。どこへ行こうか。

おしまぃ。

Tool de Music

昔つかっていたMusicコンポーザー

ナマエはツール・ド・フランスからきているのだろう。
なかなか使いやすいソフトだったな。

ネーミングのセンスが好きだった。

おしまぃ。

コンピュータのポインティングデバイスのこと。
マウス。

私はこれを左手で使う。別に左効きだからではない。左手で操る道具は・・・車のハンドルとマウスだけ。
10年ぐらい前までは右手で使っていた。

そしたら、右手の働きが多くなりすぎて、肩こりや腱鞘炎になりはじめたのだ。
そうだろ? キーボードだってメイン部分だって右手のほうが使う領域が多くて、矢印キーとテンキーをすべて右手で扱うのだ。さらに右手でマウスを使わせたら右手がかわいそうってもんだ。その間左手は優雅にコーヒーカップを口に運んでたりするのだし。右手が反乱を起こすのは時間の問題だった。
 そこで私は左手でマウスを使う特訓をした。見事その特訓は成功した。いまや左手で右手以上にマウスを扱えるようになった。

 ところがだ。最近のマウスときたら多機能化が進んでいて、親指まで使ってコントロールしようとするのがあるわけだ。最近購入した、「Microsoft Comfort Optical Mouse3000」などというやつは親指で押すボタンで画面をZoomUPさせることができるではないか!。目が悪くなった私には便利・・・。という輩もいるだろうが。 
 つまりその。右手にしか対応していないのだ。

 左手用のマウスを販売するとお金がかかるのはわかるけど。
プロフェッショナルの左手マウス使いのために、高機能左手用マウスがほ・し・い。

おしまぃ。

洗濯機を買った。

名前はビートウォッシュ。
日立の製品だ。

なかなかよぃ。
何が良いって、全然絡まないのだ。
Goood !!

beatwash001.jpg

beatwash002.jpg

beatwash003.jpg

beatwash004.jpg

おしまぃ。


おしまぃ。

カシオの電子辞書
型番は XD-GW7350
中国語に特化したバージョン。
ちょっと使えることになったのだ。

凄い性能だね。手書き認識で文字は認識するし・・・・。
中国語で音声はでてくるし・・・。

中身?? うーん。まだわからんよ。買うときはCanonの製品とどちらにしようか迷ったけど。初心者でも使いこなせそうなこちらにした。

んでもって。。。。これを使えば中国語はできるようになるのか?? 
すぐには無理じゃな。^^; 努力はしてみるけど。

箱の写真。
GW7350-hako.jpg

箱の裏。
GW7350-hakoura.jpg

まだ袋にはいってるのだ。
GW7350-fukuro.jpg

付属品
GW7350-fuzoku.jpg

本体
GW7350-hontai.jpg

使いこなせるだろぉか。。
おしまぃ。

昔愛用していたヘッドホンがでてきた。

ぼろぼろで使い物にならない。
初めて買ったヘッドホンで夜中一人で音楽を聴く時につかったのだ。
なつかしぃな。

Headhorn--001.jpg

Headhorn--002.jpg

おしまぃ。

腕時計をしないで生活していた。
必要なかったのだ。
分刻みで行動することなどなかったし。

とても久しぶりに腕時計の電池を新しくした。
腕につけてみる。
何かとてつもない違う世界の人間になった気分。腕の裾をちょっとひけば時間がわかるのだ!
いままではゴソゴソとポケットから携帯電話をとりだして時間をみなければならなかったのだ。
それに比べるとなんと便利なことか。

腕時計をしても時間に追われるような生き方はしたくないと心に誓ったのであった。
おしまぃ。

新しい携帯電話にした。
機種は販売したばかりのW51T。
今使用している機種を不満に思ったからではない。ただ最近出ている新しい機能を見てみたかったのだ。
たとえば、
1.携帯電話についている撮影機能。
  いままでの撮影機能は画素数は200万画素でよかったけど色調がいまいちだったのだ。今回購入した機種はな324万画素でAFがついている。使ってみてわかったけど。AFなんか面倒なだけだ。ピントあわないときもあるし。所詮携帯のカメラなんだと割り切ってピントなどないやつで十分だった。AFに気持ちがひかれたのが情けない。次回は200万画素で良いので適当に撮影して色調の良いやつにしよう。そうそう。それにデジカメと違ってシャッター音(?)がうるさい。忘れてたよ・・・。
  
2.ワンセグ機能。
  今はやりなので、ついつい・・・ほしくなってしまった。
  使ってみてわかったけど。普段の生活ではまず使わないだろぅ。こんな小さい画面なんか見てられないし。次回はついてないやつを買おう。あれば見ると思って新しい携帯電話の購入動機に。。。

3.ICカード対応について。
  海外旅行した時に通話だけでも携帯電話が使えればと思った。auで海外で使おうとするとグローバルエキスパートというサービスを使う必要がある。自分の携帯のICカードを抜いて、海外対応のNOKIAの携帯電話を借りるか買うがしてカードを挿入するのだ。それで新しい携帯電話がほしかった。

4.カメラについて。
 関係ないけど、新しいデジカメがほしいと思っていた。でも買うなら携帯電話についてるカメラ機能でも十分だろうとか思って、カメラでなく携帯電話を買ってしまったのだ。それで新しい携帯電話でもいいかと思った。教訓。二兎追うものは一兎も得ない。ってやつだ。あぁ。

色はシルバー。いままで白だったのでちょっと渋めにしたつもり。
買ったばかりのこの携帯電話。思ってたほど期待できないことがわかってきた。
全体的に少し華奢な感じで落とすと壊れそうだったり。重さも結構重いし。 形はスリムで触った感じもいいんだけど、密度のつまった重さはちょっと気になる。

今回買った機種はこれ。TOSHIBA W51T
W51T-004.jpg

W51T-006.jpg

W51T-007.jpg

W51T-001.jpg

W51T-002.jpg

こんなシールが張ってあった。TVを見過ぎると携帯電話が熱くなります・・・。熱くなった携帯電話を耳にあてたらびっくりしないか?? こんな無駄なエネルギーを喰うしろものをなんで買ったんだろ・・。まぁ電車のなかでTをみることできる楽しみはもういいや。^^;

W51T-003.jpg

今度買うときはこんな携帯にしよう。←自分へのメモだ。^^;
1.カメラ機能
  AFはないこと。200万画素であること。 買う前に撮影能力を調べればいいことなのにね。
2.重さ。100g前後であること。とにかく軽いこと。最近の肥満携帯はポケットに入れたくない。
3.ワンセグはないこと。たいして使わない機能にお金を払ったことがなんとも後悔・・・。
  衝動買いとはこういうものだ。w
4.色は白系統のほうがいいかなぁ。黒のほうが画面が大きく見えるけど。
5.Felica機能。あれば便利そうだな。できればSuica機能もほしい。
6.丈夫そうなこと。できれば生活防水ぐらいの機能をもってくれぃ。いままでのは結構丈夫だったな。
7.操作性がよいこと。今回のは同じTOSHIBAの機種なのに操作性はなんとなく悪くなってると思った。
  応答速度はよくなってたけどね。

後悔してるわけじゃないけど。W47Tもよかったなぁ。
あとTVを見ることをメインに考えると、たぶん開くタイプの携帯電話よりW52Tのようなスライド型のほうが使い安いのじゃなかろか。

せめて1年は使おう。でないともったいなぃ。

そうそう。今回から電源コードが別売りになっていた。機種変更ごとにゴミがひとつできていたのがこれからはそうならずにずーっと使えるってことだ。でもさ。規格が変わって2年後ぐらいには違うのを買うハメになったりするなよん。

衝動買いのような買い物だったのでちょっと後悔したような話になってしまったけど。もう少し使いこむともっと良く思えるかもしれないな。

おしまぃ。

米ぬかの油成分を主成分としたワックスだそうだ。

昔、廊下を掃除して磨く時には、米糠をいれた布袋で磨いたそうだ。
ひとつには食品などの木製品にも使えるというところが良いのだそうだ。

このワックスで磨くと木が上品な輝きを放つようになる。(ような木がする。^^;)
木本来の美しさがでてくる磨きの作業は結構すきだな。最後に完成する一歩手前だからというのも好きな原因ではあるけどな。

なかなか良いお気に入りの一品になりそうなのであった。
komenuka-wax01.jpg

komenuka-wax02.jpg

おしまぃ。

PC-9801F

| コメント(0) | トラックバック(0)

知り合いの家の引っ越しを手伝った。

捨てようとしているゴミの中に、とても古いパーソナルコンピュータを発見した。
かつての名機、NECのPC9801F とディスプレイPC-KD551K。
CPUは8086 16bitCPUである。1975年ごろ開発されたCPUだったかな。。。

日本で爆発的に普及したすることになるPCのはしりである。
N88BASICが標準搭載されていたっけ。
今の携帯電話よりも計算能力のないマシン。

このマシンについて語り出すと止まらなくなりそうなので。
そろそろおしまぃ。

ComputerPC9801F.jpg

そろそろ骨董品かなぁ。。

野外活動をするときに使うボウシ。

bousi-aiyou.jpg

けっこ気に入ってる。

おしまぃ。

ヨーグルト作成器なるものを手に入れた。

手に入れたのはタイガーという会社の製品。

牛乳パックごと45度に保温するとヨーグルトが6,7時間でできるというものだ。
夏場にはいらないんじゃないかとも思った(笑)
1リットルの牛乳パックでヨーグルトを作成することもできるんだけど・・・・・。
そんなにヨーグルトを食べることはないことに作ってみて気がついたのだった。^^;

この装置。値段は7000円ぐらいなんだけど。。。はっきりいおう。かなり不便。
まず、電源スイッチがない。 あればこまめに作ろうかとも思うけど、いちいちコンセントを入れたり外したりするのは、ちょーーーめんどい。
タイマーがない。やってみてわかったけどタイマーなくてもヨーグルトは完成するから問題はないのだけど、あっても良いと思うんだけどなぁぁ。
500mlでもつくれるのだけど、そんなにたくさんも食べない。

温度設定できて、タイマーがあればもっともっと便利な万能調理道具になったと思うんだけど。
まぁいいか。

ヨーグルトメーカーの外箱。
yo-guruto-maker001.jpg

ヨーグルトメーカー本体。
yo-guruto-maker002.jpg

ちなみにこの機械、カスピ海ヨーグルトをつくることもできるらしいのだが・・・。
温度が25度に常温にする必要があるらしい。25度って夏の気温より低いけど、、、できるのか??

おしまぃ。

乳鉢

| コメント(0) | トラックバック(0)

化学実験用の道具である。

これを手にいれた。
胡麻擂りをするために。

普通のすり鉢だと細かくなったゴマが溝の間に入り込んで、あらっても取れなくなるのだ。それが嫌で嫌で。

乳鉢は擂るための溝がないのけど、ゴマをちょっと潰して香りだしをするくらいなら十分なのだ。

擂るというより潰すためだけにつかう。

すり鉢の溝の極々浅いものはできないだろうか。
溝の全然ない乳鉢ではすこーし使いにくいときもある。

nyu-bachi.jpg

おしまぃ。

調理器具である。

一度鍋を沸騰させて、その鍋を保温器(外鍋)の中にいれると温度が70℃程度に保たれる。それも6時間程度。つまり火を使わずに煮込むことができるのだ。燃料の節約にもなるし。

これでカレーを作ったら野菜のうまみを引き出すことができた。
なんとも便利である。

ポトフとか。豚汁とか。いろいろつくってみたくなってきた。

型番はNFA-B800 内鍋容量8L
8Lともなるとかなりでかいのである。正直いってでかすぎた。もう少し小さくてもよかったかも。シリーズにはもっと小さいのもある。

TIGER-mahoonabe.jpg

外鍋の横に貼ってあった説明。
おしまぃ。

RD-H1

| コメント(0) | トラックバック(0)

デジタルネットワークレコーダ RD-H1
東芝製品。 東芝のオンラインショップで30000円弱。

普通に使うには問題ないんだろうけど。。。。

録画した画像をネットワーク経由でPCに落とせると思いこんでいた。^^;
なんと。できないらしぃのだ。

買って届いて、マニュアルみるまで知らなかった!!
LANポートがついているってことはできるんだ、、、と勝手に思いこんでいたのだ。

録画だけならPCに取り付けたTVキャプチャでできるぞ・・・。
録画はこの機械でやって、PCで画像がみたいから買ったのに。。。
PCに画像を移せないとは。意味が全然ないじゃんけぇ・・・。

まだ、マニュアル全部読んでないから、、、全部読むとできるのかも。。。
淡い期待を抱いてマニュアルを全部読んでみよう。

トホホ。

ちょっと前まではニッカド(ニッケルカドミウム)電池
最近はニッケル水素電池。

単3でありながら電流容量は2300mAh ちょっと前では考えられないような電流容量である。

単3ニッカド型の汎用電池がいいか。。。
それとも専用リチウムイオンバッテリーがいいか。。。

どちらが良いか悩むよな。
いや、デジカメの電源の話。

おしまぃ。

天気がいいので掃除機の掃除をした。
フィルター類を洗ったのだ。

SHARP製 EC-ST3  愛用の掃除機である。
縦型なので設置場所をとらないので部屋の隅に置いておける。さっと取り出して使える。お気に入りである。
 吸引力もわたしが使うには十分。もっと吸引力が強いタイプもあるようだが今は必要ない。

Cleaner_EC-ST3.JPG

テスターのことだ。

電圧をはかったり、電流をはかったり、抵抗値をはかったり。
いろいろと便利な道具で電子工作するには一つは必須。

久しぶりに使う機会があった。

調理道具のミルサーを使う機会があった。

感動した!

胡麻があっというまにペースト状になる。少しつぶつぶが残るけど。

お茶を碾いたら蓋をあけるときに煙が舞う。
まるで、TVでやっているミルサーの販売番組のように。

使った感じは、TVでやっているやつそのままだから何も付け足すことはないな。

_DSC0014.jpg

おしまぃ。

FMラヂオを買ってきた。

ラヂオ? ラジオ? 古めかしくラヂオにしよう。

TVの代わりである。ニュースを聞くには十分だろうか。
Panasonic の SL-PH660
簡易ではあるが防水であるらしい。電池でも22時間使用可能とか書いてある。

_DSC0007.jpg

最近の電子機器に多いのだけど、ボタンを長く押す必要があるなど使用方法を覚えるのがめんどうである。この機種は使用感としてはよろしくないと感じた。
 ラヂオの説明書なんかしばらくすれば確実に紛失する。説明書がなくなるとわからなくなるような機器は本当は使いたくない。簡単な機械ほどそうである。たかがラヂオで悩みたくないのだ。
 どーやって使ったっけとなるのは目に見えてわかる。まるで物忘れの激しくなった人みたじゃないか。

・・・文句を言いつつも使うけどね。

音質は・・・音がでるからまぁいいか。使用場所の電波状況があまりよくないのでいつも少しノイジーだけど。

アンテナをちゃんと張ればいいのだろう。

扇風機

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の夏、扇風機が大活躍した。
扇風機のおかげで、エアコンなしで夏をすごしたのだ。

まだ扇風機はしまっていない。
これから冬。
暖めた空気を室内で循環させるのにつかうことにしよう。
もうすこし風を弱くできるといいんだけどな。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち道具カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは知人の話です。

次のカテゴリは自転車です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。