自転車の最近のブログ記事

なんと!
「良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について」
を警察庁が発表した。
内容は簡単に言うと。
自転車は車道を走れということだ。
歩道は走るな!と。

車道を通行する自転車 と 歩道を通行する歩行者 の双方の安全を確保

というはっきりと言ってるのが良い!

自転車を乗るにもマナーと法規を守る必要があるということ。そういう当たり前のことを浸透させるのは大変だろうなぁ。

ママチャリ乗った婆が歩道を走るのは怖くてしょうがない。

おしまぃ。

オランダの都市
フローニンゲン(グローニンゲン)

自転車で有名な街である。
街の中を移動するには自転車が良い街。

こんな街に住んでみたいと思うんだけど。
日本じゃ無理かな。

●道幅が広い。
自動車+自転車+車の駐車スペース とかなり広い道幅が確保されてる。
これは道の拡張工事のために住民を強制退去させれば実現できるかもしれないな。
●人口密度が低い(ように見える)
人口密度が低いと思う。違うかな? 人口密度が低いところなら問題なくできるだろうな。
●坂道が少ない。
これはどうしようもない。。。。
自転車にとって坂道は大敵。東京は坂道が多いのだ。
坂道はなくせないとおもったのだが、電動アシスト自転車なら坂道もスイスイいけるだろぅ。


となると。日本がフローニンゲン市と同じなるのに必要なのは。
住民の意思。
それだけだな。

おしまぃ。 

自転車通勤

自転車通勤をはじめることにした。
ダイエットに効果がある・・・と思う。

のんびりと軽く汗をかきながら40分。夜明けとともに家を出て自転車を漕ぐ。
朝日の中透き通った空気を胸一杯に・・・・。と言いたいところだが。
残念なことに、ここ東京ではこの時間には車はかなりの台数が走っている。スピードも空いてるから早いし。すでにかなり埃っぽいのだ。
 朝の運送用トラックは時間に追われているのか暴走気味だ。
朝早くから車の恐怖を感じつつ車道を走るのは精神衛生上よくないので、歩道をのんびりと走る。朝早いと歩行者がほとんどいないのが良い。

 通勤ラッシュ少し前に会社へ着く。朝早く会社に着くと気持ち良いなぁ。
今日も一日たくさん仕事ができる・・・かもしれない。^^;
貴重な朝の時間の使い方が決まった。自転車通勤をしよう!
 今日の朝は暖かかったから朝も起きることができた。寒くなっても実行できればまずは成功だ。

 適度なダイエットになるかもしれないが・・・。
会社に行く途中の松屋で、チゲ鍋定食(500円)を食べる。
お腹が減っていたのでおいしそうに見えたのだ。これは少々ニンニク臭いのだ。
朝からこれを食べて客先に行くわけには行かない。ちょと焦った。^^;

 お腹いっぱいになって会社につくと。強烈な眠気が・・・。

帰り道。
雨が降る。本降りである。しかし、雨中の中、ひた走る。。。。
寒さと雨。辛い帰り道であった。

自転車に乗ると、太ももが太くなる。 そして乗りすぎるとがに股になるような気がする。
それでもいいな。

おしまぃ。

久しぶりに夜道を自転車で走ったのだけど。

無灯火の自転車の多いこと多いこと。
近づいて初めて、存在に気がつく。
こっちが時速40km程度出していたら、間違いなく衝突するだろう。

特に歩道で対抗で自転車が来ても、全然わからないのが怖い。

自転車は前身真っ白の服でLEDを100個以上点灯させること。とかいうくらいしないとマジで危ないぞ。

おしまぃ。

自転車は車道を走る。
本来それが当たり前のこと。


夜道、自転車で車道をのんびりと走っていた。

後ろ来たタクシーが、わざわざ私を追い抜く時に、スピードを落として幅寄せしてきた。アブねぇなぁと思ったら、追い抜いて、窓からタバコを火がついたまま私の眼の前に捨てやがった。

かなり真剣にペダルを踏んでいたから、その時はあまり気にしなかった。それにスピードもそんなに出ていなかったから危険度も少なかった。

 しかし。しばらくして冷静に考えてみた。
こいつは確信犯だ!。 ただの嫌がらせのためにタバコを捨てたんだ!と。
気がついていたら、許さなかっただろう。 ・・・走り去る車に何かできるわけでもないが。

暗い夜道だったのでよく見えなかったし覚えてもいないんだけど。
濃紺または青地に黄色の横線が入ったタクシーだ。 タクシーであるのは間違いない。

そういう車の嫌がらせがあるとは聞いたことがあったが自分がやられてむかついた。

おしまぃ。

愛人ではない。
愛車だ。

折りたたみ小径車、タイヤは9インチ径。
ブリジストン トランジット。

★この自転車の良いところは。
 折りたたんだ状態で運ぶときタイヤを使って転がせること。
 太いタイヤのおかげで歩道の段差などもけっこう簡単に乗り越えることができる。
 逆説的ではあるが、スピードが出ないのは実はけっこう安全かもしれない。
 歩道を走っていても歩行者に威圧感を与えないとか。

★良くないところ。
 走行性は悪い。
 女子高生のママチャリよりも遅いっていうのは納得いかねぇぇぇぇぇ。
 どんなに頑張っても時速20kmは出ないだろう。時速15km程度が精一杯。
 重心が後ろなので、ちょっとした登り坂でも降りる必要がある。
 もーすこしスピードがでればなぁ。。。

走る時。
aisya4gooo1.jpg

折りたたんだ状態。
aisya4gooo2.jpg

今日はこれで出張先まで行ったのだ。。。。
近いから良いとはいえ。楽ではないなぁ。

そうだ! 楽ではないからダイエットになるのではないか?
これからこれで会社まで行こう!
れっつごん。

おしまぃ。


ときどき、雨の日に自転車が乗りたくなる。

そんなとき、サイクルトレーナーという負荷装置を使って、自転車を漕いでみるのだ。

いままで使っていた、サイクルトレーナー
MINOURA eHYPER-RIM ALU-PM
リムドライブ方式。長く使っていると負荷側のゴムローラーが削れてしまった。この部品だけ販売していればまだ使ったんだけどな。。。
リムドライブなのでタイやの空気圧がなくても問題ない。これは利点であったな。

cycletolenar-02.jpg

そして、これが今回新しく使ってみることにした、MINOURA VFS (Variable Fluid System)
cycletolenar-01.jpg


走行感が実際に走っているときに非常に近い。音もものすごく静かだ。
欠点をいえば、タイヤに空気が入ってないとだめ。。。当たり前なんだけどな。^^;
これだけ静かだと、夜中でも使える。


よかったよかった。

買ったあとに、MINOURA以外のメーカーがあるのかと調べてみたら、、、結構あるんだなぁ。
今度は他のメーカーのも試してみよっか。

おしまぃ。

サイクリング。

多摩湖畔にあるサイクリングロードをフラフラとサイクリングすることがある。
珍しく、カメラを持って行った。

橋の上から見える多摩湖の取水塔。
tamakohann-001.jpg

多摩湖から少し外れたところにあった番太池というところ。郷土の歴史資産とも言うべきものか。
農業がすくなくなったところだから、昔の役割は果たしていない。
banntaike001.jpg

banntaike002.jpg

banntaike004.jpg

banntaike006.jpg

banntaike005.jpg

おしまぃ。

自転車で多摩湖まで行く。周回道路のサイクリングコースがとても走りやすいのが好きだ。ときどき木の根でアスファルトがボコボコしてるところもあるので注意が必要だけど。

多摩湖畔でみた春。

●多摩湖畔で見つけた春の名残。桜の花と葉。ちょっと前の写真だけど。
sakura-hazakura01.jpg

●貯水池
chosuichi-01.jpg

おしまぃ。

春風

| コメント(0) | トラックバック(0)

 自転車で春風になる。

 暖かくなってきた。(今日は寒かったけど。^^;)

 自転車にのって出かけるのが楽しくなるのだ。

そして春風になる。

おしまぃ。

金属パイプがむき出しのままのハンドル。

最初は少し冷たいんだけど、体温で暖まっていくハンドルはけっこう気に入っている。汗をかかない程度に自転車に乗るなら、金属むき出しのハンドルも悪くないかも。
 今日が暖かかったからこんなこと言っていることができるんだろう。

_DSC0244.jpg

自転車のハンドルの高さを低くした。

たったそれだけのことなのに、なんて乗りやすくなったのだろう。

まるで別の自転車だ。

ちょっとうれしい気分・・・であった。

ときどき、自転車のロードレーサーに乗る。

気が付いたことがある。

おもいっきり前傾姿勢をとって自転車を漕ぐと。足を上げるのが辛いのだ。
な~んでだ?

それはね。お腹が膝の上にのっているからだよ~ん。

自転車の数少ない欠点。腹筋は鍛えられない。(私のばあい)
つまりお腹は重力に釣られて下に下がるだけ。

どうしたらお腹がひっこむか。
よ~くかんがえよう。

・・・ロードレーサの話にならなかったね・・・

自転車

| コメント(0)

通勤用の自転車。
これでもけっこー走るのだ。

PICT0011.jpg

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自転車カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは道具です。

次のカテゴリは芸術です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。