ヒメウズラ(姫鶉) お尻に糞

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヒメウズラ(姫鶉) お尻に糞

ヒメウズラの雛の一匹の元気がない。保温電球の陰からでてこない。
歩き方もなにか変。お腹が重いかのような歩き方。すこしがに股。
少し前からお尻に糞がついていた個体である。
不思議だったのは糞をしようとして力んでいるのに糞がでていない。

おかしいと思って手にとって見てみる。小さい雛を手で持つと手の温度が低いことから弱ってしまうことがあるのでできるだけ手で持つことはしたくなかったのだ。

お尻に糞がついているだけだと思ってお尻を暖かいお湯につけて洗ってあげたら
糞詰まりを起こしていた。
お尻の部分がぷっくりとふくれている。これが重たそうに見える原因だったのだ。
なかには白い糞の固まりが見える。どうみてもお尻の穴からこの固まりがでることはなさそうだった。

体の大きさも生まれた時の小さいままで他の雛より一回り小さかった。もしかすると孵化してから一度も糞をしてなかったのだろうか。

雛のお尻をお湯につけて少しでも柔らかくしてから楊枝をつかって少しだけ糞を掘り出した。
もちろんピーピー鳴く。可哀想だが放置したら死ぬと思われたので強行した。
しばらくは歩いていたので問題ないかと思ったのだけど翌日★になってしまった。
救いたいがため行ったのだ。許してほしい。
合掌。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.unitro.jp/cgi-bin/mmt9/mt-tb.cgi/4100

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このブログ記事について

このページは、が2014年7月19日 06:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車の営業さん」です。

次のブログ記事は「ウズラ(鶉) 飼育 失敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。