ウズラ(鶉) 飼育 失敗

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウズラ(鶉) 飼育 失敗

孵化直後から仲間から虐められるウズラを一羽、目の届くところで別に飼育していた。
他の雛より少し小さく、動きが遅い。
最初はヒメウズラといっしょにしたのだが、ヒメウズラからも突っつかれていた。

まだ雛だけども手乗りウズラになるくらい懐いていた。
寝るときも少し目を離すといつの間にか箱からでて体に乗ってるくらい。
怪我させてはいけないとおもって容器を上からかぶせて放置しておいた。
朝おきたら巣箱に移すから良いと思って放置したのがよくなかった。
朝起きてみると様子がおかしい。ぐったりして動こうとしない。
すぐに手につかんでみたが元気が全然ない。
あわてて手に持って水をくちばしにたらしたら飲む。
大丈夫かと思っていたら、手の中で★になってしまった。

教訓。
ぐったりしている時はいきなり低温の手で触らないで先に暖める場所を確保してから暖かい水などを与えるほうが良いと思う。水では体温を下げるだけだろう。

元気がないからと慌てて冷たい手でつかむのは雛にとっては致命的なのだ。

それにしても可哀想なことをした。
合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.unitro.jp/cgi-bin/mmt9/mt-tb.cgi/4098

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このブログ記事について

このページは、が2014年7月20日 06:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒメウズラ(姫鶉) お尻に糞」です。

次のブログ記事は「雷害」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。