2014年4月アーカイブ

天安門事件

1989年6月に中国でおきた民衆弾圧事件である。死者も多数でたらしいが中国政府の発表では死者はいなかった。

友人の話ではこの事件以降、連絡のとれなくなった知り合いは多数いた。これは事実なんだそうな。

この年の10月にはベルリンの壁崩壊。2年後にはソビエト連邦がなくなり、冷戦が終結した。
中国でも共産党政権が終わると言われたのだが、この事件を境に中国共産党は民衆を強く圧迫する政治を行うようになり
現在にいたる。とされる。

あの事件から20年以上の月日がたつ。
中国でこの事件のことを口にするのはタブーである。中国国内では検索してもひっかかることもない。
この事件のことを中国からきた若者に聞いてもほとんど知らない。そのくらい完璧に情報統制がされているのである。

・・・で、なんでそんなことをこのブログで書くのかというと以下の理由による。
最近中国からの違法ともいえるアタックが多いのである。IPアドレスとかいろんなフィルタをかけても後から後からアタックされる。はっきりいって迷惑なのだ。

困った末のこと。ネットを調べていたら、天安門事件など中国政府にとって都合の悪いことをHPやブログに書くと中国国内からのアクセスができないようにブラックリストに載せてくれるらしい。それを逆手にとってブログにそのような記事をかくと中国国内からこのブログにはアクセスできないように中国側でやってくれるのだそうだ。

 記事を信じて、この「天安門事件により民衆の死者は多数でた」というブログ記事を書くことにした。
本音の部分でいうなら。あの事件で死者がいなかったわけはないだろう。
戦車の前で立ちふさがった若者の映像などもあったと思う。

もしあのとき。天安門事件で共産党政権から民主主義政権に移っていたら。
今の中国はいまよりも経済的に発展していただろう。
いまでもそう思う。

あのとき。時代の流れに逆行したのが隣国中国だったのだ。

ひめうずら

鳥の一種である。
孵化器を使って孵化させてみることにした。
 暇なのでは無い。暇が無いけどこんなことをやっているのだ。後学のために。(すげぇいいわけだ。笑)

色々調べると。とにかく小さい鳥である。孵化した直後など500円玉より少し大きいくらい。
成長しても手のひらにのるくらいの鳥である。

6日前からインキュベータに入れて孵化させている。

7日から10日で一度検卵し孵化している様子がないものは取り除くと良いらしい。
時々、孵化しない卵が腐敗しガスを発生し爆発するらしい。腐敗しているからとてもくさいらしい。
全部ネット上で仕入れた知識である。。。

検卵するには強力な光源で卵を透かして照らし内部を見る必要がある。
6日もたつと中の胚が成長し影のように見える。

調べようと光源を当ててみたのだけども・・・。色の濃い卵はどうやっても中を見ることができなかった。色が濃いのか殻が厚いのかは不明だが中を見ることができなかったのである。

光源のパワーアップも考えたが、すでにかなり強力なものを使っていたのであきらめた。

ひとつだけ見たのがこれである。写真の卵上側に影のようなものが見える。これが成長した胚だろうと思う。なにぶん初めてやることなので断言はできないけども。
himeuzura-tamago.jpg

もう検卵はやめることにした。
中が透けない卵が多いことと、卵を冷やしてしまうと死んでしまうからである。検卵は暖かい部屋で時間を短く行わないといけない。慣れないことはしなくてもよいと判断した。

孵化するまで予定ではあと10日ほどかかる。それまでのんびり待つこととしよう。
おしまぃ。

物価上昇

物価が上がっている。
政府主導の計画的インフレともいえる。
目標値より物価が上がればコントロール不可能になる可能性もある。・・・が今のところその様子はない。
目標値より物価が低いままだと税収不足で日本国債のデフォルトに陥るだろう。国家破綻だ。しばらく先ではあるが確実にくる。

いまのところ少なくとも物価は順調に上がっている。
民主党政権時代は物価が上がれば庶民の生活は苦しくなると言われ続けていた。それは事実だけども。そんなこと言っていると国家財政が破綻するというのもまた事実なのである。

安倍政権になる前から、国家の借金を減らすには物価上昇しかないと思っていた。適当な物価上昇のみが国家財政を維持でき、道はこれしかないとおもっていた。

安倍政権になって何がおきていたかというと。株価(日経平均)が上がり続けてきた。
とても順調にあがってきた。こころで一休みといいたいが、ここで一休みしてる余裕などないのである。これからも株価主導で上がるはずなのだ。そしてそれは景気へ跳ね返る。景気が良くなるから株価が上がるのではない。株価を上げて金回りをよくして企業が力強く前に進むようにする。それが景気回復への道だったのだ。今更気がついたのだが。

それだけでは労働者は納得することは無い。
給料が同じで物価が上昇するなんて実質給料目減りである。
それも安倍政権は封じることに成功したようだ。政権あげて賃金をあげるように声を大きくして言っている。
ここらへんが政治家のうまいところである。給料があがれば誰も悪い気はしない。この先は私の憶測だが、物価上昇率ほど給料は上昇しないだろう。その上前は国家の借金を消すために使われるはずだ。
ここで怖いのはそうならないことだ。借金を消すためでは無く一部の人間の懐に入る可能性もあるということだ。こうなると一発で国家は崩壊への道をたどるだろう。

実は上記だけでは借金返済はできないのでこの4月1日から増税となったのだ。全然うれしくない話しだがこれも物価上昇への引き金になっている。
全ては物価上昇が日本の財政解決の道なのだ。(たぶん)

今後どうなるかというと。
バブル再びの道を歩む。バブルにならないまでも膨らむ。というより膨らませる人がいる。
そして消費税率は10%になる。

そこまで順調にいけばしばらく日本の財政は安心だろう。

最後に。間違ってたらごめんちゃい。(笑)

おしまぃ

WindowsXP

WindowsXPのサポートが終了となった。2014年の今日4月9日のことである。
サポートが終了になったからといって使えなくなるわけではない。
インターネットに接続しないでUSBなども接続しなければウィルスに感染することもなく使える。

データ取得用(データロガー)として、PCが壊れるまでまだまだ現役で使う予定である。

それにしても寿命のながいOSだったと思う。
2001年ごろ登場し、いまでも画面イメージなどは古く感じない。
このOSでマウスを使ったGUIが完成したと言っても過言では無い。

なんか時代の流れを感じるなぁ。。。。

おしまぃ。


今日から4月1日

新しい年度である。
年度が変わる。

一番大きなできごとは。
消費増税 5%→8%

昨日まで消費税5%だった。
そのため昨日中に物品を買い溜める消費者が多かった。
私もその一人である。
ちょうど空になりかけたガソリンをいれたり、いままで買わなかった道具などを買った。
ガソリンスタンドはもの凄く混んでいた。特に安価なところだったため朝早くなのに40分も待った。

ほんの消費税増税数十円のために時間を割いて物を買い溜めるのは愚かだという意見が多いけども。
今回はそうは思わない。
消費増税は数十円だけども、これからの半年、物価は上昇するだろう。その間買い足さないで済むというのはお金を気にする人にとって精神的にとっても楽なことだと思う。
もし政府の制御通りの物価上昇ですめば問題はさほどないが、最悪の場合インフレになる。
そんなときに大事なのは備蓄である。
備蓄することはインフレに対する数少ない防衛策と言えるだろう。

そんなことを考えながら。
4月を迎えた。

4月1日。桜も満開。
良い一日になるだろう。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。