2013年6月アーカイブ

テントウムシ

テントウムシにもいろんな種類がある。
益虫のナナツボシテントウムシとかがすきである。

麦を育てたらたくさんテントウムシを見ることができた。

ladybug-1.PNG

ladybug-2.PNG

ladybug-3.PNG

おしまぃ。

香辛料でディルというのがある。

葉も種子も香辛料になる草である。
とても強勢な植物だと思う。

花が咲いた。
dill.PNG

ディルの葉をオリーブオイルにつけておいた。
香りの良いオリーブオイルになった。

おしまぃ。

ジャンボニンニクの収穫

昨年の9月の頭にジャンボニンニクを植えた。
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2012/09/post-3145.html

十分育ってジャンボニンニクの茎が枯れてきた。
掘り起こして収穫した。
jambo-garic-1.PNG

1本だけ花を残して咲かせて種を収穫することにした。
紫色の花である。

jambo-garic-2.PNG

今年収穫したもののうち半分は来年の種ニンニクにしよう。
半分はたべよう。

おしまぃ。


夏至

| コメント(0) | トラックバック(0)

夏至

今年も夏至である。

今日から先は冬に向かって日が少しずつ短くなる。

もっとも気温はまだまだ上がるけど。

天気は雨。

夏至の日の雨は嫌いなのである。

こんな日はアサヒスーパードライを飲んで一休みしよう。

過ぎ去りし楽しき日々に。乾杯。

おしまぃ。

ハーベスタ

麦や米を収穫するときにつかう機械。
刈り取りと脱穀を行う機械らしい。自走式のものもあるらしい。

ハーベスタがほしいわけではないけど。
唐箕 と 脱穀 する機械がほしいと思った。

麦を収穫して、
まず食用になる部分だけを取り出す。
・・・それが思いの外大変なのである。農作物を食料にするまでの手間である。

まず実だけをとりだすのが、切り離すのが大変。
十分に乾いていれば楽なのだろうが、乾かすのがまず大変。
網の袋にいれて風通しの良いところにつるしておくぐらいでは乾かないのだ。
直射日光の下で乾燥させることが必要。

それを叩いたり踏んだりして実だけをとりだす。この段階だと麦の実の部分と小さい藁片などが混ざっている。
これを唐箕を通すことで、食用部分(実)を分別するのだ。

扇風機と篩で代用できそうなんだが。手間は大変なのであった。

おしまぃ。

麦茶

| コメント(0) | トラックバック(0)

麦茶

夏になると冷やした麦茶が恋しくなる。
今年は大麦を収穫したので。
その大麦をつかって麦茶をつくってみた。

収穫した大麦は籾のままで精麦する前のもの。
それを軽くあらって泥などをとって、水気をとって、焙烙(ほうろく)で煎る。
焙煎である。

自前で焙煎するのである。

焙煎する道具もAmazonで購入してしまった。
この道具。柄の部分が中空で柄の方向を下に傾けると中身が柄の中を通ってでてくるのである。
そもそも、そういう道具なんだけど最初はそれに気がつかずに手の平を煎った大麦で火傷してしまった。
気をつけるべし。

煎った大麦を煮出すのだそうだが、最初は様子をみるためカップにいれてお湯を注いだ。

香りがすばらしい・・・とか言いたいんだけど。
焙煎中の香りのほうがずーっと良い香りで、飲み物を口にしたときの感動は全然なかった。
それでもあとで飲んでみると市販の麦茶よりも香りは良いと思った。

まるで焙煎したてのコーヒーとインスタントコーヒーの違いと言おうか。(実はコーヒーはよくわからないけど。)

写真はのちほど貼り付ける。

これだけ手間暇かけて麦茶をつくると感動もあるけども。
それ以上に。
メーカーが売っている麦茶のパックとか良くできているなぁと改めて思ってしまうのであった。(←それをいっちゃいかんだろ~)

おしまぃ。

追記
煎った大麦を粉状にしてからお湯で煮出したほうがおいしいのかもしれないな。次回試してみよう。

ストロー
straw

麦藁のことをストローという。
ジュースを飲むときに使う中空の管のこともストローという。
昔は両者の共通点がよくわからんと思っていたのだ。耳学問では知っていたが。

麦の茎が中空である事実を小麦の収穫の時に知る。
だから同じストローなのかぁと眼で見て理解したのであった。

ちなみに
ストローハットとは麦藁帽子のことである。

おしまぃ。

小麦を収穫する。

昨年の秋
小麦の種を蒔いた。
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2012/09/post-3151.html

小麦を蒔くには時期が少し早いとおもったけど。
いま思えばこれでよかったと思う。

というのも、いまより遅く収穫しようとすると梅雨に入るので収穫がとても面倒になるのだ。

はやく蒔いて、収穫時期を前倒しにしたほうがいい。

蒔いた時期の違いによる収穫量の違いについての詳細はわからないけど。あまり違いはないんじゃないかと思う。

たくさん収穫したつもりだけど。
これを製粉して小麦にするまで・・・できるだろうか。
うどんがどのくらい作れるだろうか?

農作物から食べ物をつくるまでって ホントに大変だと実感しているのであった。

しばらく網にいれて乾燥タイムである。
おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。