2013年5月アーカイブ

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
水野敬也 著

大ヒットした 夢をかなえるゾウ の次のお話。
面白かったのは事実だが。。。
二匹目のドジョウを狙ったのが見え見えに思えて。。。
やはり一作目ほどの感動はなかった。

それだけ一作目が優れていたってことだと思うな。

まぁでも貧乏神の配置、役割はよく出来ていたと思う。
私は貧乏神とは縁が切れない生活をしているとも思う。

おしまぃ。

新しい苗木がきた。

預かり物である。
柑橘類・甘平の苗木が2本
フェイジョア(品種不明)が1本
グアバ(品種不明)が1本

の計4本

甘平は1本を地植えにした。1本は鉢植え。
柑橘類の苗木を植えるには少し時期が遅いけど。植えた。
葉が伸長してから苗木を植えると根が伸びてないから枯れてしまうことがある。
水やりを毎日すればいいのだけど。これはこれで面倒なのだ。
甘平は愛媛県で2007年に開発された新種らしい。果実はとても甘いらしい。
愛媛ほど暖かくないけど同じような実が一つでもできればうれしい。

フェイジョアはなんとも頼りなさげなヒョロヒョロした苗。
熱帯植物としては珍しく耐寒性が高いらしい。枯れなきゃいいけどな。

グアバは長いこと売れ残ったのがよくわかる鉢から根がはみ出て切られたあとがある苗だった。
温室なら実がなるそうなんだが・・・。
温室はもう作るつもりがないので。
今年の冬には枯れるのではないかと思う。

熱帯系の植物は何度も寒さで枯らしているのであまり世話をしたくないのである。
どんなことになるやら。

おしまぃ。

大麦を収穫した。

といっても全部ではない。
大麦は植えたものが全部同時に黄金色になるわけではない。

同時期にタネをまいたものでも、時期がずれるようである。
昨年3週間にわたって撒いたのだが、撒いた時期より他の要因によって黄金色になっていったようである。
他の要因とは、日当たりとか土壌とかだと思うが詳細はわからない。

栄養が貧困な場所ではあきらかに穂につく実の数が少ないのはわかった。

それで茎が黄色くなっているやつだけを選んでハサミで切って収穫した。

40Lゴミ袋1杯分ぐらいになっただろうか。

網の袋にいれて風通しの良いところにつるしておくことにした。
今日は晴れていたので午後いっぱい天日干しにした。

梅雨に入るまえに収穫できればと思う。
大麦は麦茶にする予定である。どんな味になるだろうか。

ちなみに、小麦とライ麦は収穫はまだ先だった。
小麦が楽しみである。

おしまぃ。

Nikon1 V1

少し前にでたミラーレス一眼レフカメラ

破格の22000円という値段でボディと10mmのレンズのセットが売っていた。
定価は10万円弱ぐらい。
物欲の神様が降臨した。取り憑かれたとでもいおうか・・・。
気がついたら手元にあった。

少し前にNikon1J1を買った時に手持ちで超望遠撮影を楽しむにはこのボディが必須だと思っていた。

さらにこの10mmF2.8のレンズもほしいと思っていた。EDG-85とのデジスコに使うのである。

それにしても物欲とは怖いものだと。今更ながら思ったのであった。w

NIKON1 V1(白) と NIKON1 J1(赤)
NIKON1-V1-J1.PNG

NIKON1 V1(白ボディ) と 10-30mmレンズ(赤)
NIKON1-V1-J1-2.PNG

NIKON1 J1(赤ボディ) と 10mmF2.8レンズ(白)
NIKON1-V1-J1-3.PNG

紅白できれいだなぁと思うのであった。
さてどんな写真をとろうか。
おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。