2012年9月アーカイブ

マスカットベリーA

去年植えた葡萄の苗木。
苗木 マスカットべりーA

実がなった。すでに3週間ぐらい前の話だけど。
収穫した実。
budou-veryA.JPG

味はとてもおいしい。
巨峰よりおいしい濃厚な味。

数えるほどしか粒がなかったけど。今年は満足。
来年こそ、たくさん実をつけてほしい。

おしまぃ。

各務原

岐阜県に各務原という地名がある。

木曽川沿いにあるところで、犬山城の向かい側あたりにある。

ツインブリッジを越えたところでこの地名を看板でみた。
kagamigahara.JPG

各務原に来てみたかったのだ。
飛行機が好きな人として。

この地は日本ではじめて飛行機が飛んだ頃からある飛行場があるのだ。
そして、かかみがはら航空宇宙科学博物館 というのがある。
今回は見に行けなかったけど。

私の祖先の一人は、日本に航空機がきたころ黎明期の飛行船・飛行機の整備兵だったのだ。
伝え聞く話によると。
埼玉の入間飛行場から各務原まで飛行機を運ぶのに牛車で駅まで運び、電車で永遠と各務原までもっていたのだそうだ。
 飛行機だから飛んで持って行けばいいのにと思ったらしいが、当時の技術では飛行機は入間から各務原まで飛んで行けなかったということだ。
 当時の飛行機はもちろん雨の日も飛行できない。とにかく初期の複葉機はそんなだったそうだ。

「各務原」の看板をみてそんな話を思い出してしまった。
いつか時間ができたら、各務原まで行ってみよう。博物館をみて、そんな昔話を思い返したいのであった。

おしまぃ。

成田山(犬山)

成田山というと千葉県にある成田山を思う人が多いと思うが、それは関東圏でのこと。
中部地方(名古屋近郊)で成田山というと犬山にある成田山を言うことがほとんどらしい。

とても見晴らしのよいところにある。
歴史はそんなに古くない。昭和29年にできたらしい。
ここから見える犬山城もなかなかきれいだった。

ちなみに成田山と神田明神は敵対関係にあるらしい。平将門をやっつける祈りをしたお坊さんがつくったのが成田山の始まりというところからそうなっているらしい。

 私は神田明神派なので・・・。浮気をしてはいかんと思って。
あまり熱心には拝まなかった。
naritasan-inuyama.JPG

おしまぃ。

熱田神宮

名古屋にある大きな神社

戦災でほとんど焼けてしまったらしいけど、境内は木々がいっぱい。
日本の神社らしさがよくわかるところである。

日本の三種の神器のひとつ草薙剣が御神体となっている神社でもある。剣であるということで武力の象徴でもあるらしい。

とてもひろい神社でした。
atsuta-syurinp.JPG

名鉄電車 名古屋駅から熱田神宮までこれで行く。
meitestsu-.JPG

大麦:シュンライ

シュンライを少し植えてみた。というか3週間前から一週間ごとに種をまいてる。
ほんとに少しずつだけど。

なにがやりたいのかというと。
育ち具合がどのくらいかわるか見てみたいのである。

今回は、肥料を少ない土壌に植えてみた。
どうなるだろーか。

2週間前に植えた大麦の芽。まだまだ小さい。
種をまいて、一週間で芽がでたことに驚いた。成長が早いんだね。
oomugi--01.JPG

おしまぃ。

小麦

先週も種をまいたのだけど。
小麦を今週も少し種まきした。
ほんの一握り。

Wikipediaで調べていたら、小麦とライ麦は交配するのだとか。
うまくして優良品種ができればおもしろいのだけど。
変な小麦ができたらいやだな。

おしまぃ。

ライ麦
品種:キングライ麦
タキイ種苗

ライ麦の種をまいた。
ほんのすこし。

品種はタキイ種苗で売っているキングライ麦。

背丈が高いらしい。

どんなのが育つか楽しみである。

種をまいていたらハタネズミと思われるねずみに遭遇した。珍しい。
かわいいと思ってみていて、帰ってから調べたら、基本的にねずみは害獣だということを知った。
さっさと捕まえて処分しておけばよかった。。。

おしまぃ。

犬山城

名古屋から北へ行ったところにある国宝のお城。

明治維新や戦災で焼けることもなく残った数少ないお城ということで国宝になっている。

中に入るとわかるけどかなり修復されている。もしかすると元の部材なんて殆どないんじゃなかろうか。

最大の特徴は見晴らしの良さ。
お城から見る木曽川はとても豊かな水量をほこりこの地の豊かさを物語っていた。
遠く名古屋駅周辺の高層ビルも見えた。

豊臣秀吉もこの城に陣をたて戦を指揮したこともあるらしい。
そんな説明を読むと城から見える風景が違って見えた。(単純な奴なのである)

良い場所であった。
inuyama-castle.JPG

inuyama-castle2.JPG

近くにある ツインブリッジ
木曽川にかかった橋。
愛知県と岐阜県の間にある木曽川にかかっている橋。
twin-bridge.JPG

おしまぃ

NIKON ACアダプタ EH-5b パワーコネクタ EP-5C

NIKONの製品である。
ACアダプタ が EH-5b
パワーコネクタ が EP-5C

両方を組み合わせて100V電源供給でNIKON1J1などのカメラを駆動することができる。

それにしても高いな。両方で1万円以上。
カメラの価格からすると、とても高い。
まぁ買う人も少ない製品だとは思うけど。

ACアダプタの先にパワーコネクタをとりつけて使用する。
ACアダプタは他のパワーコネクタをとりつけて他のカメラ機種にも使える。

EP-5CはNIKON1J1用のパワーコネクタで、
電池とほぼ同じ形状をしていて電池ボックスに押し込んで使用する。
買う前は電池ボックスの蓋を開けたまま使用するのか? と思っていたらケーブルを本体側面から出せるようになっていた。実によくできている。

パワーアダプタ EP-5Cからの出力電圧を測ると9.48V 外側が+(プラス) 中側がGND だったけど。その電圧をつくるのは結構面倒かな。。。

ACアダプタの箱には9Vってかいてあるけど端子が4本もついててなんだかよくわからないのであった。


こんなものを使って何をするのかって? 
NIKON1 J1 でインターバル撮影をするのでした。
おしまぃ。


小麦:農林61号

種まきをする。

大麦だけではおもしろくないと思い、端っこのほうに少しだけ小麦の種子をまいてみた。

時期としてはまだまだ早い。
もっと寒くなってからまくのがよいらしい。

すずしくなると忙しくなるので、まぁいいだろう。

どんな芽がでるのか楽しみである。

ちなみに
小麦のことは英語でwheat
大麦のことを英語でbarley

おなじイネ科の植物だけど、ぜんぜん別の植物。
当然用途も違う。
小麦はパンなどをつくる原料になる。グルテンが含まれている。
大麦はグルテンを含まないのでパンづくりはできない。

などなど。

大麦

大麦
品種:シュンライ

種子をまいた。

先々週、先週、今週と一週間ずつずらして種まきをした。

まだ早いといわれた。穂がはじけてしまうとか言われたんだが、どうなるか見てから後悔することになるのだろう。

樋口広太郎氏 逝去

個人的に知ってるわけでもないのだけど。
著書などを通じて思うところがあった。

私が一番好きなビール、スーパードライ を販売したのも氏が社長の時代だった。スーパードライで一気にビールシェアを取ったという話がすきだった。

おいしいスーパードライをありがとう。と伝えよう。

合掌

ニラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニラ
にら

大葉ニラ という種類の種を植えた。
育てばいいけどね。

ちょうど雨も降ってきたし。
良い時に種まきしたとおもう。

おしまぃ。


曇り雲

大雨直前の雲。
ものすごく動きが速かった。
上から降ってくるような雲

arashi-kumoo.JPG

まるで龍がでてくるような雲の動きであった。

夏も終わり。
でも入道雲が時々見える。
natsukumo-2012-natsu.JPG


そして秋
筋雲がたなびく。

akikumo-2012-2.JPG

良い季節だなぁ。。。

ジャンボニンニク

2週間ほど前に。
ジャンボニンニクを植えた。
10粒ほど。

まだ芽がでない。

なにか間違えただろうか??

植える場所とか深さとか。

気長に待つとしよう。

球根は、タキイ種苗で購入した。

はやく芽がでろぉ。不安だから。

ゴマ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゴマ
胡麻


胡麻を採取した。

こんな小さな粒をたくさんとれる。
収穫って大変なんだなとあらためて実感した。

どんな金胡麻より輝いてみえた。

おしまぃ。

大麦

| コメント(0) | トラックバック(0)

大麦の種をまいた。

芽が出るのはとても早い。
先週植えた種からはすでに芽がでている。

品種はシュンライ。
なかなか買えないのに驚いた。
普通の種苗業者では売ってないのである。

とはいえ今の時代、ネットで探せば売っているわけだけど。便利な時代になったもんだ。


種まきの時期が少し早すぎると言われたけど。
良いとしよう。

おしまぃ。

一眼レフカメラの欠点

 いままで欠点などそんなに感じたことなかったのだけど。

どうしようもない欠点に気が付いた。

撮影した瞬間の映像は見ることができない のである。

この夏。ツバメを撮影していた。
ものすごく動きが早い鳥である。

とにかくたくさん夢中でシャッターを切る。(これとてフィルム時代には考えられないこと)

撮影を終えて、かえってからPCで何千枚という写真を見ていると、記憶にないけど、良いなぁと思うような映像がでてくるのである。
ツバメが空中で捕食している姿である。
猛禽類みたいだなと感じる瞬間である。

とにかく撮影中は夢中になっているからではなく、ミラーがあがっている瞬間の映像は肉眼では捉えていないということになる。

これは一眼レフカメラの最大最強の欠点だと、やっと認識するにいたった。

もっともメーカーによっては、そうならない仕組み(ペリクルミラー?)などを色々考え出しているようだけど、使っているのは極々一部の人らしい。

 いままでこんなに動きの早い物体を撮影しようとしたことはないので意識したことすらなかったのだけども。これはどうしようもない欠点だと再度言おう。

 何とかならんのだろうか?

その次に感じた一眼レフカメラの欠点は音だな。連射をバリバリやってると、最初は気持ちいいけど。うるさく感じて仕方ないときがある。大自然の一部にいると特にそう感じる。

 解決策は他の機種を使うことだと思うけど。
どんな機種ならいいのだろうか。
ゆっくり考えることにしよう。

おしまぃ。


9月の秋

いつの間にか8月の夏休みも終わり。
9月になってしまった。

少しずつ涼しくなっていくこの季節は春の次に好きな季節。

9月1日の日曜日にツバメの写真でもとろうと思ったら。
雨だったせいかもしれないけど、ぜんぜんツバメが飛んでいなかった。

ムクドリの集団が目に付くようになる。とてもやかましい鳥であるがムクドリの姿も見なくなるともっと寂しくなるのだろう。

そして気が付くのである。
夏ももう終わるってことに。

秋である。

栗が実り。稲穂が実り。
食欲の秋である。

良い季節である。

もう少し涼しくなったらやりたいことがたくさんある。
ものすごくたくさんある。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。