2012年5月アーカイブ

NIKON 1 J1
ニコン わん じぇえわん

ニコンのレンズ交換式アドバンストカメラである。

いいわけしたくないが・・・Amazonで28000円弱だったのだ。
コンデジを探していたのだが、ついうっかりNIKON1J1をkakaku.comでみてしまったらなんとコンデジ並の値段ではないか。
よく調べると「本体の大きさ」はコンデジ並み。
でポチッたのである。
コンデジで狙っていたのはP310というNIKONのコンデジ。いまとなってはどうでもいいが。

アマゾンでの買い物が多すぎるのは問題である。財布は軽くなる一方だし。プロキシでも設けてamazonにはアクセスできないようにしたほうが良いかもしれないと本気で思う。

 届いた箱をあけると、明らかに誰かが開けた痕跡が・・・。手垢もついてるし。液晶に指紋らしきあとも。。。マニュアルも変に折れてるし・・・。 こういうのは嫌だよな。amazonに限らず通販はこういうのが時折あるから箱を開けて最初にやるのは間違いなく物が入っているかの確認と動作チェックである。たぶんだけど問題なさそうである。後日きがついた。全然関係ないマニュアルがひとつ入ってた。

 本体の大きさは確かにコンデジ並み。でも・・・・。レンズをつけると微妙だよなぁ。でかいよなぁ。これを鞄にいれて常時に持ち歩くことはないだろう。重さもコンデジとして考えるとびみょーに重い。
ズームリングを回すには片手ではできないからコンデジみたいに片手でズームを操って撮影というのもできないし。
そう考えると、やはりこれは一眼レフを小さくした物。
電源をいれて動かすと、AFの速度はかなりの物。いままで私が使ったコンデジでは味わえない速度だ。これもNIKON一眼レフの血を引いていると言って良いだろう。

画質とか細かい感想はもう少し使ってから。
NIKON1(ニコンワン)シリーズはJ1とV1があって、V1のほうがEVFがついているなど高級バージョンである。
今回V1にしなかった理由は、
・EVFが必要なかった。EVFを使うと液晶に顔の脂がつく。それが嫌で嫌で・・・・。^^;
・赤がほしかった。 V1は黒と白だけ。 たまにはカラフルな色のカメラを所有してみたかった。
・V1は大きかったし、高かった。
・フラッシュを別に買う気にならなかった。(V1はフラッシュは内蔵されてない)

そんなこんなでJ1にした。

前に、店頭でミラーレス一眼としてSonyのNEXシリーズなども見たのだけど。ホントのこというとSonyのNEXがよかった。あれほど性能を詰め込んだカメラも少ない。NEXとNIKON1を比べると、NIKON1はおもちゃにすら見える。そのくらいNEXのほうが良かった。
じゃなんでNEXを買わなかったのか? NIKON党だったからである。いつしかNIKON党になっていたというべきか。
このカメラにしておけば、FT1というマウントアダプタを介してNIKON Fマウントのレンズが取り付けることができる。55-200mmVRというレンズも使えるだろうと思ったのだ。それだけでもかなりの望遠である。さらには70-300もとりつけることができる。 と、いままでのレンズ資産がおもしろいように使えるだろうと思ってNEXをあきらめた。
 でもNEXの性能はホントに良いと思う。

とにかく。
コンデジにないAFの早さ。レンズ交換による望遠化も可能。
この辺が選んだ理由。

コンデジより性能がよくて。
一眼レフカメラより手軽に持ち運べる。
悪く言えば中途半端だけど。
これがなんともいえない魅力になるかもしれない。

レンズを取り外したところ。中の撮像素子がきれいだな。ミラーがないっていいな。と思う。
NIKON1-J1-01.JPG

レンズを取り付けてコンデジのようにストラップをつけたところ。本来ちゃんとしたヒモが付属でついているのだけど、あえてコンデジのように首からぶら下げることを考えてコンデジとか携帯のようなストラップをつけてみた。やはりなんかバランスが悪いよねぇ。
NIKON1-J1-02.JPG

少し使って思う。
レンズのぽっちを押しながらズームリングを回すと電源が入るのだけど、反対にしても電源は切れない。どうせなら電源が切れるほうが楽。それにレンズキャップがいらないと思う。ぽっちを押しながらズームを回す時にレンズ前面も開口するとかでも気楽なんだが。そこまでコンデジを意識することもないとも思う。

しばらく使ってみようと思う。
おしまぃ。

武者小路実篤記念館というのがある。

場所は、東京、京王線つつじヶ丘駅と仙川駅の間あたり。

とっても閑静なところで水が湧き出ているのである。

池があってなんとニジマスがいたりもする。
本当にニジマスがいるというのに驚いた。

musyanoko-jisaneatu.JPG

小さな記念館なのだけど。
充実した資料がそろっていた。
記念館横の公園も見ごたえがあった。

おしまぃ。

いよかん と ぽんかん の地植え

伊予柑 と ポンカン を鉢植えで一年ほど育てていた。

暖かくなって葉もたくさんでてきたので、地植えにした。
ほかに置く場所がないだけともいうが・・・。

少し斜面の日当たり良好な場所。

花が咲く前にと思っていたが、忙しくいつしか花が咲き終わってしまった。
そんなときに植え替えすると枯れることもあるらしいが。。

まぁいい。植え替えを強行した。
先週のことである。

どんな風になるか楽しみである。
おしまぃ。

Amazonという通販サイトがある。
いまや、知らない人も少ないだろう。

私はとてもたくさん買っていると思う。こまごましたものを。

最近はAmazonに出店している会社も多い。アマゾンの通販システムを利用しているだけのところ、アマゾンの配送もつかっているところなどたくさんある。

出店している店がどんな店かよくわからないのが一番怖いのであるが、Amazonのやっている評価などをみて、これなら大丈夫かなと思って使うわけである。ほぼ完全に個人商店のようなところも多い。

アマゾンが責任を負わないとはいえ、アマゾンに出店するぐらいだからまともなのだろうと思っていたのだけど。。。。
最近怖いと思って使うのをやめることにした。
なぜかというと・・・。

 アマゾンで買い物して、その店のアンケートを答えることがある。そこに不満があったのでそのまま書き込んだのだ。そしたらなんと出店しているところから取り消せとメールがきたのだ。一度目はやんわり断ったのだけど、二度目の取り消し依頼のメールが来たのだ。
 これを見て思った。アマゾンの評価は正しくないなと。私以外にもこのような依頼をされている人が山ほどいるのだろう。
 アマゾンが本気で出店している店を管理するつもりなら、メールの内容はチェックするはず。今回のように出店する側に有利な情報はそのままにすることが、アマゾンの利となるのなら、正しい評価などホームページ上に反映されるわけない。 正しくない評価だとわかったのが今回の収穫であった。

 さらに怖いと思ったのは、正しくない評価をされたと逆切れするような店(または責任者)だった場合は、嫌がらせなども可能なのだ。住所は配送先から全てわかっているのだから。書き込んだ内容しだいでは何でもありえるだろう。

 アマゾンに出店している店で配送票も納品書もないような会社にも出くわしたこともあった。日本の商習慣から言っていまどきありえないだろと思ったりもした。

 そんなことを思ううち、通販で身元不明ともいえるような会社から物を買うのは気分悪いので今後使わないことにした。というかそれはあたりまえで。アマゾンに出店してるから安心というのが、なくなっただけである。アマゾンはアマゾン直送だけを使うことにしよう。

 信頼とは時としてお金によって手に入れるものだと気がつくのである。
おしまぃ。

東京スカイツリー

今日から公開である。

たかさ634m なんと高尾山より高い。

しばらくはすごく混むらしいから1年ぐらいしたら行ってみようと思う。

おしまぃ。

金環日食

日食って昔は日蝕 と書いたような気がするのだが・・・。

本日、5月21日朝7時35分ごろ金環日食を見ることができた。

とても珍しいので撮影してみた。

機材はNIKON D40 SIGMAの2倍テレコン TAMRON の70-300ミリ望遠
焦点距離600ミリ(35ミリ換算で900ミリ)ということになる。
レンズ前面に肉眼でみるときに使う日食観測用の日食観察プレートをつけて使った。
明るいからD40でも十分かと思ったのだ。
できあがった写真をみてびっくりー。露出不足で失敗作「しか」なかった。
ブレと変なレンズ構成による画像のゆがみと・・・。
露出不足とブレだけで最低な絵になることぐらい理解すべきだったな。。^^;

朝おきて、我が家のベランダでは見えないことに気がつき、ちょっと離れたところまで移動。三脚にカメラを設置し道ばたに座り込んで撮影した。今日は日食だと誰もが知っていたのであまり気にしなくてすんだけど。

天気はたな曇り。 太陽が時々でるんだけど、曇りであった。

そんな状況で撮った写真がこれ。
金環食前
kinkansyoku-01.JPG

金環食中 たしかに太陽が輪だけになるのを肉眼でみて少し感動した。
kinkansyoku-02.JPG

その後
kinkansyoku-03.JPG

少し感動的な朝であった。

おしまぃ。

梅干と梅酒をつくってみた。

今年はいつもよりも早い。

というのも、梅の木を剪定しなくてはならなくなったのだ。

一月後ぐらいまで忙しいのがわかってしまったのであわてて、剪定と梅の実採取を行った。

梅の香りも弱いような実なのでどんな梅干と梅酒ができることやら。

ということでした。
おしまぃ。

Geo Carmagne N840 (ジオ・カルマーニュN840)

三脚である。
カメラ用の。

とても大きい。おそらく普通に購入できるタイプではほぼ最大ではなかろうか。
日本で買うと76000円ぐらい。

B&H というアメリカのカメラ機材通販で買うと・・・・。
もろもろこみで57000円
なんという価格の違いだろうか。
何でも安いわけではない。時期によるようである。
ベルボンの製品は全般的に安いと思った。

なんでこんなのがほしくなったかというと。
思い切り背の高い三脚が必要になったのである。もっと足が長い三脚があるのだけど、それは大きすぎるのでこれにした。

価格:599.95ドル
Shipping:82.58ドル UPSによる海外への輸送費用
成田から自宅までヤマト運輸で1300円

トータルを日本円にすると、為替などもあるけど
57000円くらい。

すんごいねぇ。
月曜日の夜中に注文して木曜日の午前中には届いた。

ちょっと三脚担いででかけてくるかな。
おしまぃ。

アマゾンへのリンク

現フランス大統領サルコジ氏

次期フランス大統領になれないことになった。
選挙で落選したのだ。

欧州危機をドイツのメルケル首相と組んで解決しようとしていたのに。。。
私が思うには欧州危機は先行きが暗くなったと思う。

当選したのは左派のオランド氏
これからのフランスがというより欧州全体がどうなるのか・・・と思う。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。