2011年10月アーカイブ

いも

| コメント(0) | トラックバック(0)

この いも!
なんて言われると怒るんだけど。

いも 今日はジャガイモ


おいしいのだ。

ふかして
バターをつけて、ちょっと醤油をたらして。

たくさんたべて、
体重も増えて
幸せ。。。。

なんと!
「良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策の推進について」
を警察庁が発表した。
内容は簡単に言うと。
自転車は車道を走れということだ。
歩道は走るな!と。

車道を通行する自転車 と 歩道を通行する歩行者 の双方の安全を確保

というはっきりと言ってるのが良い!

自転車を乗るにもマナーと法規を守る必要があるということ。そういう当たり前のことを浸透させるのは大変だろうなぁ。

ママチャリ乗った婆が歩道を走るのは怖くてしょうがない。

おしまぃ。

医師、小説家
北杜夫氏が逝去した。

全盛期のことはあまり知らないが、ドクトルまんぼう航海記のシリーズはいくつか読んだことがある。とてもユーモアとウィットに富んだ本を書く人だと思っていた。

斉藤茂吉の息子で斉藤茂太の弟でもある。

ときどき読むエッセイは好きだった。

改めて本を買って読んでみよう。

おしまぃ。

山椒に実がなっているのを発見した。
いままで前にもみたことがあるけど。
皮がむけると黒い実がでてきたのだ。
とても小さい。5mmもないくらいだ。

リビアのカダフィ大佐

昨日の夜のニュースで。
死亡した。

悪の親玉のようなことを言われて長い年月がたっている。
42年間も独裁体制という圧政をひいていたとニュースでは放送される。

しかしである。
42年前。カダフィ氏がその前政権を倒した時、あの国は喜びをもってカダフィ氏を迎えたのではなかったのか?

時がたてばいろんなことが変わるのだ。
長く支持されて生きるのは難しいということだろう。
おしまぃ。

先日。
麹菌を買って甘酒を造った。とてもおいしかった。
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2011/10/post-2990.html

買った製品はこれ。
DSCF4440_R.JPG

麹の価格は390円ぐらいで購入したのだが、自分で菌を増殖できないか試してみることにした。
もし自己増殖させることが可能なら、お米と水から甘酒をいくらでもつくることができるのだ。
甘酒だけではない。その気になればお酒だってできるだろう。

1.お米を固めに炊く。今回は3合ほど炊いてみた。
2.お米をバットの上にのせ35℃くらいまで冷やしてから、
  買ってきた麹(甘酒づくりと同じやつ)をぼろぼろ崩しながら米に混ぜる。
3.温度がさがらないように、ガスオーブンのパン生地醗酵用機能で温度35℃に設定し保温する。
  この機能が90分もすると切れてしまうのが難点であったが、やく9時間ほど暖めた。
4.夜中はつけなかったので保温できなかったが、
  昼間だけでも35℃を維持し、3日ほど放置した。

こんな物体ができた。
まるくてカビのはいた白い物
DSCF4425_R.JPG

拡大。。見事なカビだ・・・・。このカビがおいしいのだよ。甘くて。
DSCF4452_R.JPG

平らに伸ばすのでもなく、オーブンの皿に盛っただけ、中央部は高さ4cmほどあっただろうか。
米の表面にはびっしりと白カビがでてきた。食べてみるとちゃんと甘い。上部も下部も真っ白の菌糸で覆われていた。

ひっくりかえしたところ。裏面もかなりの密度でカビがはえてきていた。
DSCF4455_R.JPG


ただ、内部はどうなっていたかというと、隙間はあるのだけどゴムみたいな手触り、押すとポニョポニョするような感じだった。
そして内部には空気が通らないためか部分的に赤っぽいカビがわずかではあるが発生していた。

そこで気がついた。買った麹菌は厚さ1cm程度と薄く延ばした状態で米と米の間に菌糸はあり間隔はスカスカだったのだ。つまり白カビ(麹菌)を繁殖させるには温度と同時に空気が通る必要があるということだ。次回やるときは薄く延ばして温度を保つ機械をつくってそこで麹菌を繁殖させてみよう。
 また期間は3日~1週間程度らしい。そんなに長くやったら米がカリカリになってしまうと思うのだが、湿度を調整してうまくやってみよう。

 ゴムみたいになった米と麹菌の塊はそのままできるだけ細かく手でちぎって炊飯器に入れて水をいれて保温状態にした2時間ほどで50度ぐらいまで温度があがり、とても甘い匂いが漂うようになった。

 日本人がカビを食べるというのはとても優れた食文化だと改めて感じた。
麹菌があれば砂糖はなくても甘みを手にいれることができるのだ。
ホントすごい発見をし、活用しているのだと思った。

しばらくは、パン作りより麹菌の培養を楽しもう。
そして麹菌で培養した味噌なども作ってみよう。

その後、いくつかの種類の麹を買った。いろいろと作って楽しんで見よう。
DSCF4447_R.JPG

今度は味噌をつくってみたいのだ。


おしまぃ。


甘酒

| コメント(0) | トラックバック(0)

甘酒

冬寒くなってから呑む甘酒が好きである。
いままで、甘酒と言っても酒粕をお湯で溶いて砂糖をいれて飲んでいた。
それでも十分においしいし、栄養価は高いらしい。

しかし。今回はじめて甘酒を麹からつくってみた。
完成まで1日かかるというスローフードである。
とんでもなくおいしい液体である。甘くて。
本来、甘酒とはこういうのを言ったのだ。

買った麹は低温乾燥品というやつ。
伊勢惣という会社の製品で200g。

つくりかたは、その袋の後ろに書いてあった。
1.1合の米を3合のメモリでお粥を炊く。
2.お粥を60℃まで温度を下げてから、本製品を細かく分離しながら入れる。
3.温度を55℃~60℃に保ち10時間ほど保温する。途中2回ほどかきまぜる。
  保温は、電気炊飯器の保温モードで実現できた。
  炊飯器の蓋は閉じないでほこりが入らない程度に布巾をかぶしておけばよい。
4.飲む前に少量のお湯または水で割って飲む。

いままで飲んでた甘酒は酒粕のイメージが強かったが、これは別物である。
砂糖もいれずにここまで甘くなることに驚いた。
麹菌を使った料理は日本には多くあるが、日本の文化の源だな。
改めて感動した。

これはたびたび造って味わうことにした。
おしまぃ。

デニス・リッチー氏
名前を聞いてピンと来た人はこの業界の人。それも少し古めの人。

うん。とても懐かしい名前である。
はじめてC言語を勉強する人は、この人の書いた本で勉強したはずなのだ。
リッチー&カーニハン (二人の共著)のC言語の入門書。
最初にHello World

それが私をコンピュータへひきずりこんだ入り口にあった技術たち。

C言語だけでなくてUNIXをつくった大御所である。

UNIXもC言語もこの世の中を支えている大切な技術である。
いまはWindowsが主流とか思ってる人も多いだろうが、基本的な思想はUNIX時代から変わっていないものも多くある。

昨日逝去。
70歳

先日のスティーブジョブスといい、時代が流れているのを感じる。
ジョブスほど有名ではないけど、ジョブス以上に大きな役目を果たした人だと思う。

おしまぃ。

少しまえから
ギリシアの金融不安があり欧州全体のEUが不安視されている。

そして今日ニュースで。とうとう銀行が破綻した。

欧州不安が現実化し始めた。
DEXIA(デクシア)が破綻。ベルギーとフランスが処理にのりだしたとニュースをしている。

ギリシャ・イタリアの国債を多く保有していたらしい。
市場は冷静だというが、嵐の前の静けさにもみえる。

こういうときの解決策などあるのだろうか?
あるとしたらどんな方法で?

目が離せないのであった。

Allways

| コメント(0) | トラックバック(0)

映画。

スピルバーグ監督作成のラブストーリー。

ホリー・ハンターもきれいなんだけど。
なんと、オードリー・ヘップバーンが天使役ででているのだ。

恋人役が死んで、幽霊として見守るというのは多いけど。
スピルバーグもつくっていたんだ

飛行機と青空と星空と男と女と煙と炎と 未練がましい幽霊 の話。

感動した。なけた。

最後の I love you. が重いな。

温室

| コメント(0) | トラックバック(0)

家の改造が続く。

温室をつくることにしたのだ。
それも部屋の中に。

物置だらけの部屋のひとつの窓際に温室をつくる。

床面積は1.5mx1.5mぐらい。
高さは2・5mぐらい。

あたためるのは、オイルヒーター
デロンギの500Wオイルヒーター
普段つかうには少しパワー不足だった。

温度制御するのはサーモスタット
容量600Wの熱帯魚用のサーモスタット

空気攪拌用の小型卓上扇風機

あとはビニールシートが必要だな。小部屋(温室)をつくるためのビニールシートが必要。
これは塗装養生用のごく薄のビニールシートをつかうことにした。なかなか良いのがあったのだ。

温室にいれる植物は
・アボガド
・ドリアン
・芽を出したばかりの葡萄 ロザリオロッソ ロザリオビアンコ
・レモン(リスボン)
・ライム(ファンタジーコルシカナ)

 アボガドとドリアンは自分で食べた実の種。ドリアンなんて実がなるには30mぐらいの大きな木になるらしい。そこまで大きくできないけど、ものめずらしさから育ててみるのだ。
 葡萄の芽は思ったより早くでてくれて嬉しいのだけど、このままだと寒さで枯れる。室内でもいいけどせっかくだから温室にいれてヌクヌクと育ててみよう。
 レモンとライムは寒さ対策というより虫よけ。特にレモン(リスボン)は今年はいくらとってもクロアゲハが卵を産みつけたおかげで若葉から食害を受け、全然成長しなかった。かわいそうなくらいだ。

少し光量不足かもしれないが、枯れないで春を迎えることができれば成功である。
おしまぃ。

部屋の中につくるので水やりが大変かも。

ドリアンの木
onsitu-dorian.JPG

アボガド 葉っぱがきれいで夏場は観葉植物として使われることもあるらしい。
onsitu-abogado.JPG

温室
onsitu.JPG

おしまぃ。

昔話である。
20年ぐらい前。
東京ー釧路航路の大型フェリーの定期便があった。近海郵船

船名は、「サブリナ」と「ブルーゼファー」
東京のお台場あたりから釧路港までを一日以上(30時間ぐらいか?)かけて行く船だった。

とてもきれいで美しい船で。船内のサービスもとってもよかった。
食事などもバイキングだけど北海道のおいしい食事が楽しめた。
広い後甲板で踊ったこととか。
ゆったりした風呂とか。

楽しかったな。

これに自転車で乗って釧路まで行き、釧路から道東を自転車で走ったのだ。
とても気持ちの良い旅行だった。
スクラップ寸前の自転車にのってえっちらおっちら。15日間ぐらいの旅だった。

そのフェリーに久しぶりに乗れたらと思って調べたら。
すでにそんな航路はなくなっていた。それも10年以上も前に。

無くなると不思議なもんで、あれだけの船がどこに行ったのか気になってしまったのだ。
なぜかというと、その船が日本で動いていたのは廃船するには短い時間だったから。(これまた調べたら就航していたのは10年にも満たない期間だったらしい)

その船が今どこにいったかは知らないけど。
たぶんまだどこかで活躍しているのだろう。

あれだけの船が必要なくなるってことに驚いたし。
時代の流れに。もっと驚いた。

おしまぃ。

CPU交換

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりにコンピュータを改造する。
CPUの交換をする。
もともとのマシンは HP ProLiant ML115
http://www.unitro.jp/tomio/weblog/2010/06/hp-proliant-ml115.html
当時2台まとめて買ったのだ。
すでに2GBのメモリを乗せていたのだが、無理をさせると容量不足になることが判明し、6GBまで増設済み。そうなるとだんだんと欲がでてきてCPUももう少し賢いやつにしてあげようかと思うに至ったのである。

これに搭載されていたCPUは
AMD Athlon 1640B
シングルコアでコア1つ
クロックが2.7GHz
L2-Cacheが512kBとも256kBとも。。たしか512だったとおもうが。←いつか確認します。
TDPが45Wと低消費電力
Windows7についていたWindowsエクスペリエンスによると4.4の性能。シングルコアにしてはなかなか良い性能だと思う。
このCPUは演算力を必要としない低消費電力を生かしたファイルサーバなどの用途に使うようなCPUである。
 このままでもよかったのだけど、時々もう少しCPUパワーがほしいと思うこともあるのであった。そこで贅沢に2台同時にCPUをアップグレード(交換)することにした。
 中古でSocketAM2のCPUを探すと結構なお手ごろ価格で売っているのである。中古のPCパーツは過去にかなり散財するなど痛い目にあっているので手をださなかったのだが、CPUは比較的はずれが少ないので挑戦することにしたのだ。中古品購入はドスパラの中古を利用した。

●交換したCPU その1
AMD Athlon64 X2 5600+
Dual-Coreでコア2つ
クロックが2.9GHz
L2-Cacheが1M
TDPが65W 古いタイプだと89Wというのがあるらしい。
買値は中古で4500円。
Windowsエクスペリエンスで6.0
TDPがいままでのCPUより少し大きいのでCPUクーラーも交換しなければいけないかもしれないが、いままでついていたものを使った。かなり大型のヒートシンク付のクーラーだから問題ないと思っている。夏場になって暴走しまくるかもしれないけど、そのときはまた考える。
 おそらく今SocketAM2で低消費電力(65W)で使える一番性能の良いCPUである。
 取り替えて一発起動したのだけど、30分ほど使ったらあきらかにCPUクーラーのFAN音が大きくなった。やはり発熱力が大きいのが影響しているのかもしれない。故障になったらあきらめよぅ。

●交換したCPU その2
AMD Athlon X2 4850e
Dual-Coreでコア2つ
クロックが2.5GHz
L2-Cacheが1M
TDPが45W ←これが最大の特徴といえるだろう。
買値は中古で3000円。なんて安いんだろぅ。
Windows7エクスペリエンスで5.3 (今気がついたが普段使っているノートPCより低いとはびっくり)
同じTDPであることが選択の理由。

結局一台あたりにかかった金額を計算すると。(OS除く)
高いほう:本体+メモリ+音源ボード+CPU=約24000円 
安いほう:本体+メモリ+CPU=約16000円
なんとコストパフォーマンスの良いマシンなのだろう。もう少し長く使ってあげようと思うのであった。

交換後にあまったCPU。中古屋にもっていこうと思ったがやめた。
電車代にもならないだろうし。
もし今後CPUが壊れていた時の予備になるから。CPUが壊れたってあまり聞いたこと無いけど。。
そうやってガラクタは減らないのだ。

余談であるが。
CPUクーラーを基盤(CPU)から外すときに基盤から垂直に剥がそうとしたら、CPUのロックが壊れてそのままクーラーとCPUがとれてしまった。長いことこういう作業してないから勘が鈍っていた。CPUクーラーをはずすときにはクーラーを最初に横に動かしてCPUから剥がさないと危険である。・・・いまさら気がついても遅いが。
幸い、ロックが少々壊れていてもCPUは無事認識されたので問題はなかった。

最後に箱の写真。CPUチップの写真を見ても違いはわからないから。
AMD-CPU=hako.JPG

おしまぃ。

アメリカのアップルコンピュータの創始者のひとり。
スティーブ・ジョブス。

今日、逝去したことが発表された。享年56歳 ビルゲイツと同じ年なのだ。
2日前にはiPhone4sの発売が発表されたばかりだった。

今年の夏。最後のプレゼンテーションを見たとき、なんてやせてしまったのだろうと思っていた。
引退を発表したときも、何年か休養したらまた新しい技術を製品化してくれるのだろうと信じていた。

Appleコンピュータ。
マッキントッシュ
NeXT
iMac
iPod
iPhone
iPad

一番驚いたのはマッキントッシュだったろうか。
マウスを使ったマンマシンインターフェイス。恐ろしく洗練されていてこれがコンピュータかと思ったものだ。
もっとも最初のマックはバグばかりでとてもよくフリーズしていたけど。

時を経て。
iMacが出たときもまた一段とブラッシュアップされたコンピュータだと思ったものだった。
Windowsではでない機能美を感じたものだ。でも高くて買うことはなかったけど。--;

私にとっては憧れのコンピュータとして記憶に残っている。

Stay Hungry Stay Foolish.
飢えたままでいろ。ばかなままでいろ。

直訳だとそうなる。
それを自覚し前へ進むことが大事といいたいのだろう。

多くの伝説をつくり。
神話となってしまった。

もう少しだけ多くの神話を作ってほしかった。
合掌


東京電力をリストラするという話。

NHKによると、さまざまなものを手放す。
また人件費もかなり減らす。

東京電力の責任とかいっているが、責任はそもそも政府にある。

完全に東京電力の弱体化だな。
やりすぎだね。

これで電力事情が悪くなるだろうよ。

電気事業制度を今の政権のやりたいようにやらせるのは極めて問題である。

電力弱体化=国力弱体化 である。

このような状態が長くつづくのは極めて危険である。

キンモクセイの香り

キンモクセイ、漢字で書くと金木犀。

とても良い香りである。
毎年そう思う。

少し空気が冷たくなった夜、夜空を見上げながら歩いているとこの香りが鼻腔をくすぐる。
今年も秋になったんだなぁと感じるのだ。

ほんの一週間ばかしの期間。この香りで季節の移り変わりを感じるのだ。
ステキな季節だと思う。

連続テレビ小説 おひさま

リアルタイムで見ることはなかったが、時々見た。
なかなか良くできた番組だったと思う。

良い番組だったということで。
総集編でも見たいものである。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。