2011年6月アーカイブ

この夏。節電節電とうるさいのである。

サーバ機器は当然電力を使う。

でも。止めることにした。くアクセスしてくれる人もいるけど・・・・。

そこで。消費電力の小さい省エネマシンに変更することにした。

ところがこのマシン。とっても非力なのでMovabletypeがとてもゆっくりにしか動作しないのである。

みることだけができれば良いということで。
ブログの更新はしないことにした。

9月末の秋分を過ぎるまでブログ更新はない。
・・・と思う。

おしまぃ。

さらにいうと。サーバ機のFANがうるさいのだ。FANの電源を引っこ抜いたらマシンが立ち上がらなくなってしまうし。サーバ機はその辺が律儀にできているのであるな。

もっというと。夏は暑くて書くネタもないってことだ。
ということで、10月まで新規ネタはしばしのお別れである。
おしまぃ。

時々、京王バスに乗る。

降りるときに、「ありがとうございます。」と言ってくれるのである。
最初のうちは丁寧だなぁと思っていたのだが。
最近思う。言わなくていいんじゃないか?
終点で降りるお客さんが多いところで一人ずつに言っているのを聞くと大変だなとしか思えないのだ。

それに言い方も丁寧に言おうとしているのはわかるけど、後半になると疲れが見える。w
「ありがとっござっいまっす」、、、なんて感じで。

あまりにぶっきらぼうな対応されると頭来るけど。そんな運転手に会ったことはないし。

普通に運転して普通に案内してもらっているだけで満足なんだ。

おしまぃ。

久しぶりに美しい人に会う。

その人の送別会だったのだ。
いまから5年前ほど1年間一緒に仕事をした。そのあとは時々顔をあわせる程度。

美しいだけでなく、とても聡明で賢かった。

大きな声ではいえないが、私がいい加減にやっていた伝票処理全般を綺麗にやり直して資料にしてくれた。大変有能な人だったのだ。

有能で美しいとなれば、惚れないわけはない。・・・・が。まぃいい。

あのころ、とても楽しく仕事をすることができたことを本当にありがたく思う。
とても有能な人なので、どこかでまた良い仕事をすることだろう。

おしまぃ。

電力自由化

そもそも電力自由化ってなんだ? いまでも自由化されてないというのはどういうことだ? すでに、決められた単金で電力会社は購入することになってないのか? 

それを自然エネルギーだからという理由で定額での買い取りというのは正しいのか? それこそが利権の巣窟になるだけではないのか?

電力を自由化すると電気代は安くなるというけれども。本当だろうか?
うそだとおもう。複雑になった分だけ価格は上昇する。電気代金について重要なのは、寡占だろうが競争状態だろうが、料金に透明性があること。それだけ。

競争原理を働かせるためのプラットフォーム作りがとても大変なのだ。
送電網を多重化するのか? 電柱の上の場所はすでに過密状態の場所も多いのに?

管をはじめとする内閣が70日の延長をすることにした。

長引くことでなにをするのかといえば。
じぶんたちに都合の良いような情報をばら撒くのだ。
電力自由化は良いとか。
風力発電・太陽光発電は良いことだ。とか。←これについては反対する理由もないけど。

ただいえるのは、自分の持論(自然エネルギー推進)を通すために

震災対策、被曝対策をほおりっぱなし。後手後手で何もしないなど。
おそろしくおろかな管はじめとする内閣。

誰かがいっていた。日本の首相はアメリカ大統領以上の権限をもっていると。
こんなときににそれがわかるような状況になった。

1日も早い退陣を望むとしようか。
あぁ話が違う方向へ行ってしまった。

おしまぃ。

久しぶりに深夜アニメを見る。暑くて眠れないのだ。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

見た風景は少し記憶のある風景だった。秩父の風景。
ストーリーが。。。
なけた。

少しずつ大人になるころの青春思春期の話。
そして少しほろ苦く涙が出るお話。

何かが心に刺さるようなアニメだったな。
ちゃんと見たのは最終回だけだったけど。

おしまぃ。

夏至

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう夏至である。
一年で一番長い一日。

一番たくさんの光をあびることができて。
一番たくさんの・・・・。

うん。踊りたくなるような一日なんだよね。
夏至の日は。


日本のスーパーコンピュータ 京(けい) が
世界一となった。

かつて、れんぽー大臣が、「2位じゃだめなんですか」といった日本スパコンである。

えぇ。2位じゃだめなんです。

れんぽうおばちゃんは言う。

そんなこといってないとかなんとか。
いまさらいっても言い訳にしか聞こえないね。

それに、ナンバーワンになったスパコンに対して、オンリーワンを目指してくださいと言ったとか。
お馬鹿である。 ナンバーワンのほうがいいのだから。

れんぽうなくても日本はやっていける。のがよーくわかった。

それにしても、すごいできごと。
できれば同時にベクトル型のスパコンもつくってほしかった。←こちらはれんぽうが芽をつぶしてしまったけどね。

おしまぃ。

アサヒスーパードライ

暑くなってくると、ビールがおいしくなる。
夏至の日を前に。

アサヒスーパードライで乾杯する。

かんぱぃ。。。

缶はこれ。


萩の町に松下村塾、松陰神社がある。

行ったことないとおもっていたんだけど。
これまた来たことあるな。

明治維新で活躍した人材を生み出したところだ。近代日本の要ともいえるところだ。

松下村塾 普通の家なんだよね。
syoukasonjyuku1.JPG

syoukasonjyuku2.JPG

松陰神社
syouinjinjya.JPG

萩城跡 何もない。
hagijyousi.JPG

hagijyousi2.JPG

北九州にスペースワールドという駅がある。

駅に隣接する遊園地の名前なんだけど。
なんか奇妙だなぁと昔から思っていた。

駅の標識
spaceworld-station01.JPG

駅からみた風景 スペースシャトルがある。そういえば本物スペースシャトルはもうすぐ引退だよな。ここからもなくなるのかな。 スペースシャトルがあるだけでもスペースワールドな感じがする。
spaceworld-station02.JPG

関係ないけど、宇部駅
ube-eki.JPG

さらに関係ないけど、下松駅
kudamtsu-eki.JPG

もっともっと関係ないけど新幹線300系
shinkansen--.JPG

おしまぃ。

おしまぃ

万博記念公園(大阪)
 1970年に大阪万博があった。その時の会場跡地が万博記念公園となっている。
 とっても空の広いところにある。

 昔。ここの横の高速道路を通ったときに、太陽の塔を見て、あまりのでかさにびっくりした。
 今回も太陽の塔を見て、あまりの巨大さに岡本太郎はやるなぁと思った。取り壊す話がかつてはあったようだけど、壊してほしくない。 これは日本人お高度成長期時代のモニュメントである。

太陽の塔 遠くからみたところ。でかさがよくわかる。
taiyounotou-tooku.JPG

太陽の塔 正面
taiyonotou-omote.JPG

太陽の塔 横顔
taiyounotou-yokogao.JPG

太陽の塔 わきの下
taiyounoto-wakinosita.JPG

太陽の塔 裏面
taiyonotou-ura.JPG

太陽の塔 お花畑
toiyounotou-fin.JPG
 
近隣住民の憩いの場でもある。

とにかく。太陽の塔に感動したのであった。
おしまぃ。

国立民族学博物館(みんぱく)

 梅棹忠夫の著書を読むうちにどうしても来て見たくなった博物館。
 入館料420円。
 あまりに膨大な展示物に圧倒された。近くに住んでいたら何度も何度も足を運んだことだろう。
 入り口近くにビデオアーカイブを見ることができるところがあるんだけど。
 これも凄まじい量のビデオアーカイブ。 インターネットとかで見ることができれば面白いのにな。できれば無料で。 有料にしてもだれかがYoutubeとかに横流ししてしまうだろうし。

 ここの博物館は写真撮影もOK。 写真撮影をたくさんした。あっという間に滞在予定の4時間がたってしまった。
 時間あったらまたいつか行ってみたい。

入り口
minpaku.JPG

minpaku-001.JPG

展示物
アンデスの太陽の石
minpaku-002-taiyounoishii.JPG

トーテムポール
minpaku-003-totempole.JPG

南太平洋の石貨
minpaku-004-sekikka.JPG

アフリカの布地生地
minpaku-005-nuno-africa.JPG


ベリーダンサーの衣装
minpaku-006-verydancer.JPG

楽器
minpaku-007-gakki.JPG

お面
minpaku-008-kamen.JPG

日本の縄細工?
minpaku-009-nawa.JPG

ここの写真は本当にごく一部のもの。
膨大の量の資料があるのだ。
よくもこれだけの資料を集めたものだと思う。

このような博物館があって大阪はいいなぁと思った。
おしまぃ。

防府天満宮

 菅原道真を奉った天満宮である。
九州の大宰府天満宮、京都の北野天満宮、防府(ほうふ)天満宮の3つを三大天満宮というのだそうな。 東京国立谷保の天満宮も有名なんだけどな。

ここで引いたおみくじが大吉だった。・・・だから勉強しなくて良いわけじゃないけど。
 うん。天満宮ばかり行ってないで勉強したほうが合格への近道だろうね。

防府天満宮 鳥居
bofu-tenmangu.JPG

防府天満宮
bofu-tenmangu2.JPG

春風楼 名前が素敵。春風が吹くころは気分いいのだろう。ここからの眺めも良い。
bofu-tenmangu3.JPG

春風楼からの眺め
bofu-tenmangu4.JPG

おしまぃ。

周防国分寺
 防府にある周防国分寺。
由緒正しいお寺である。創建時から建物の位置が変わってないそうだ。建物は再建らしいがそれなりにふるいようだ。

入館料500円で、入ることができる。中には仏像がいくつもあり説明を読むだけでも興味深い。

かつては広大な敷地だったらしいが、今は建物とその周りを囲む塀だけのこじんまりした敷地である。 
 この付近にはお寺が多い。地図をみただけでもいくつもお寺があるのであった。

ssubo-kokubunji.JPG

subo-kokubunji3.JPG

subo-kokubunji1.JPG

subo-kokubunji2.JPG

subo-kokubunji4.JPG

毛利氏庭園・毛利博物館
 最近に見た庭園の中ではぴか一。
 おっそろしく綺麗な日本庭園である。 建物の中もきれいで広いし、外も大変きれいだし。
建物の一部が博物館になっている。歴史好きでないとおもしろくないかもしれないが、おもしろい。

 なにより。庭園がとっても素敵なのだ。ゆっくり庭園の中を散歩できるし。

良い場所だったな。

mouri00.JPG

mouri01.JPG

mouri03.JPG

mouri04.JPG

mouri05.JPG

mouri06.JPG

おしまぃ。


周防阿弥陀寺(東大寺別院)

別名、アジサイ寺
とても趣きのあるお寺である。

アジサイが綺麗な季節に行くのだ。
とっても人も多い。観光の人気の場所なのだろう。

綺麗なアジサイの写真をたくさんとることができた。
ajisaidera01.JPG

ajisaidera02.JPG

ajisaidera03.JPG

ajisaidera04.JPG

ajisaidera05.JPG

ajisaidera06.JPG

ajisaidera07.JPG

ajisaidera09.JPG

ajisaidera10.JPG

ajisaidera11.JPG

ajisaidera13.JPG

ajisaidera14.JPG

ajisaidera15.JPG

ajisaidera16.JPG


角島

| コメント(0) | トラックバック(0)

 日本海(響灘)にある島。角島

角島に渡るには角島大橋を通る。この大橋は2000年に完成したらしい。
ドライブに最適な場所である。

角島灯台 白くてきれいな灯台である。
tsunoshima-01.JPG

上からは大海原が一望できる。


売店で食べた、焼きイカ。
tsunoshima-02.JPG

ひとくしに小振りのイカが2匹刺さっている。
塩だけで焼いてあるんだけど。どえらくうまかった。 しょうゆより塩だけでというのがおいしいね。


小旅行でした。
おしまぃ。

JR香椎駅
 かしい と読む。 ここで少し時間ができたのでおみやげを買う。
 買ったのは(有)中島商店というところの、明太子。
明太子をスライスして乾かして真空包装したものなんだけど。絶品。酒のさかなに最高なのである。
nakanoshima-dry.JPG

出発前にもしかしたら、香椎駅で明太子を買うことになるかと思って、Googleマップで調べておいた。
Googleで香椎駅周辺で明太子を販売しているところを調べ、ストリートビューで風景を見ておいた。
 現地に行って道を歩いて、迷うことなく、お店に行くことができたのだ。
Googleマップでこのような使い方をしたのは初めてだ。驚いた。

Googleストリートビューが初めてやくにたった。すごいなぁ。

もちろん。買ったおみやげ明太子はとっってもおいしかった。
明太子以外にもいろんなおいしい珍味を売っていた。どれも絶品である。おいしい。
(有)中島商店、おすすめである。

おしまぃ。

香椎駅 九州の電車の赤はとっても良い色だね。情熱を感じる赤だね。
JR-kashii.JPG

おまけ。
海ノ中道駅 ここは一両編成のディーゼルが運行されてる。
JR-uminonakamichi-1.JPG

JR-uminonakamichi2.JPG

扇風機
最近見ることがすくなくなったと思う。
JRumiinonakamichi3.JPG

おしまぃ

水族館 マリンワールド 海の中道
 海ノ中道という駅近くにある水族館
 博多駅から香椎駅までJRで移動する。香椎の駅からは二両編成のディーゼル車に乗って行く。
 はるか昔、ここの先にある志賀島YHに泊まったことがある。忘れていたけど。
 
 とても大きい水族館だ。休みの日はとても込むのだろう。大きな大きな駐車場があった。
 展示物もとても充実している。
 イルカのショーも見ることができる。おもうのだけど。いくつか見るとイルカショーは飽きるな。。。
 大水槽も大きい。

 各種写真
建物はみごとに左右シンメトリック 日本では比較的すくない。
DSC_4755_R.JPG

DSC_4789_R.JPG

DSC_4824_R.JPG

DSC_4845_R.JPG

DSC_4867_R.JPG

DSC_4870_R.JPG

DSC_4873_R.JPG

DSC_4910_R.JPG

DSC_4913_R.JPG

DSC_4939_R.JPG

DSC_4944_R.JPG

DSC_4945_R.JPG

DSC_4958_R.JPG

DSC_4972_R.JPG

DSC_5067_R.JPG

DSC_5094_R.JPG

DSC_5183_R.JPG

DSC_5189_R.JPG

DSC_5225_R.JPG

DSC_5256_R.JPG

DSC_5257_R.JPG

DSC_5287_R.JPG

DSC_5310_R.JPG

DSC_5328_R.JPG

DSC_5334_R.JPG

DSC_5354_R.JPG

DSC_5361_R.JPG

DSC_5390_R.JPG

DSC_5411_R.JPG

写真だけたくさん。
説明つけるのが大変なので。
おしまぃ。
いままで見た水族館の中では一番大きい・・・かもしれない。
おしまぃ。

九州国立博物館
 2005年10月にできた日本で4つ目の国立博物館。
 4つとは。東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、そしてここ九州国立博物館
 特別展はしてなくて、常設展示のみだった。
 入館料は420円 安いのはうれしかった。
kyu001-kyusyukokuritsu-ticket.JPG

 建物はとても大きくて空間が広い。屋根の曲がり具合とかがとてもステキな建物であった。

 残念だけど、展示物は少し貧弱かなぁ。東京とか京都から借りてくるくらいなら、
 九州周辺だけの物を並べても良いと思うんだよね。または九州を中心にみたときの朝鮮半島との比較とか。九州ならではの博物は山ほどありそうなんだけど、もったいないなぁ。
 ここまできて新潟で出た土偶とか見てもあまり感動しない。展示物も、まとまりなくて興味が半減してしまった。
 写真撮影がNGだったこと。東京の博物館などではフラッシュは禁止だけど撮影OKの常設展示はある。ここは全面禁止。せっかくきたんだから写真ぐらいいいじゃないかと思った。

 それと、交通の便があまりよくないと思う。博多の中心街からも西鉄で乗り換え一回でくることになる。途中、西鉄電車の中で中国語を話す若者がいたのだ。いまどき珍しくもないから気にしないでいたのだけど降りるときにびっくりした。その周りにいた若者全員中国人の団体だったのだ。全然話もしないでいたからわからなかった。日本人だとばかり思っていた。
 東京の博物館もそうだけど、見学者に海外からの人が多い。うれしくもあり寂しくもあり。。。


写真
チケット
kyu001-kyusyukokuritsu-ticket.JPG

大宰府天満宮からの連絡通路
kyuuhaku-002.JPG

通路の中
kyuuhaku004.JPG

kyuuhaku005.JPG

kyuuhaku006.JPG

看板
kyuuhaku-007.JPG

広い空間
kyuuhaku008.JPG


 展示物については不満だったなぁ。。。
おしまぃ。

大宰府天満宮
 いわずとしれた菅原道真の祭られた天満宮である。
 学問の神様が祭られている。ここきたのは、学業成就のお守りを買うためである。
 このお守りがあれば。合格間違いなし。・・・勉強さえすれば。
 このお守り・・・。東京にある谷保天満宮のお守りと同じじゃないか??
 気のせいか??
  神社はフランチャイズだからな。どこでも同じサービスが受けられるのだろう。w


参道 たくさんのみやげ物やがある。
kyusyu-dazaifutenmangu01.JPG

大宰府天満宮 鏡が祭られている。 中国からの観光客もとても多い。 彼らにとって日本に旅行するというのは、今はひとつのステータスなのだ。
kyusyu-dazaifutenmangu02.JPG

神獣?
kyusyu-dazaifutenmangu03.JPG

天満宮横の池。
kyusyu-dazaifutenmangu05.JPG

天満宮裏の看板。博物館へ行く道がある。
kyusyu-dazaifutenmangu06.JPG

おしまぃ。

博多行きの飛行機

久しぶりに博多行きの飛行機にのる。朝一番の飛行機である。
いろいろ悩んだ末にJALに乗った。それもクラスJとかいう1000円ばかし高い座席に。
人に会うために行ったんだけど。その相手は絶対にJALはやめろと助言をしてくれた。
何でだろうと思って聞いたら。
株主優待券を期待してもっていた株が100%減資で紙くずになったらしい。
それいらい怒りがいまでもおさまらず絶対にJALには乗りたくないんだそうな。
 スカイマークとかANAとかの便も調べたんだけど。なんとも微妙な時間なのだ。朝一番の電車に乗っても、ANAとスカイマークの第一便には間に合わない。2番便だと時間がもったいない。少しでも早く行きたかったから助言には従わずJALにした。
いろんな航路を見ると、JALが乗り継ぎなどで良い時間帯を取っているように思う。
今後JALに乗らないことを考えてクラスJを経験しようと思い、1000円高いチケットにした。たしかに少しばかし席が広かったかな。

久しぶりにのる飛行機。うーむ短時間だった。あっというまに博多へ。
羽田エアポート
handa-airport.JPG

離陸は羽田空港にできた新しい滑走路だった。
haneda-airport-birdview.JPG

途中玄界灘付近で発電風車が見えた。
これからはこういう風車が増えるんだろうと思ったよ。
haneda-hakata1.JPG

うみの中道
haneda-hakata2.JPG

無事、博多へ到着したのでした。
おしまぃ

雨に唄えば Singin' in the Rain

アメリカ映画

ミュージカル映画とでもいうのだろうか。
大好きである。踊りがあって歌があって。

ジーンケリー ドナルドオコナー デビーレイノルズ の踊りがすてきなのだ。

この映画がつくられたのは、1952年
とっても古いってことに見た後に気がついた。

でも違和感ないんだ。
ふしぎなくらいに違和感がなかった。

恋物語もハッピーエンドだし。
こういう映画を見ると、気分がいいなぁ。
空が青く見えるな。

おしまぃ。

2011年感じた初夏の写真

紫陽花
まだ咲き始めですね。
2011-ajisai-1.JPG

2011-ajisai-2.JPG

2011-ajisai-3.JPG

2011-ajisai-4.JPG

ゆり
2011-yuri-2.JPG

2011-yuri-1.JPG

枇杷
2011-BIWA-MI.JPG

2011-BIWA-MI2.JPG

カワセミ
2011-kawaasemi.JPG

ローストチキンサンド(KFC)
        と
イタリアンハーブ(マクドナルド)

を食べてみた。
●ローストチキンサンド
 roast-chikin-burgerKFC.JPG

価格は450円
大きさより、重さに驚く。ずっしりと重いのである。迫力満点だな。

roast-chikin-burgerKFC2.JPG

とても大きい胸肉(だとおもう)が一枚はいっている。
味は・・・なんか無理矢理炭火焼き風にしたような香りが好きになれないんだけど、おいしい。ごちそうさまでした。

●イタリアンハーブ(マクドナルド)
 ItalianHarbBurgerMac.JPG
 価格:忘れた・・・。
 化粧箱が立派なんだけど、こんなところに予算かけないでほしいなぁ。

ItalianHarbBurgerMac2.JPG

マクドナルドだから牛肉かとおもってた。よく見てから買わないのが悪いんだけどね。胸肉を一枚まるまる使ってるけどローストチキンサンドほど大きくないです。
味と香りはハーブというほどハーブっぽくない。
家でハーブを栽培していると、ついつい贅沢なハーブの香りを期待してしまうのですが、それは無理ってもんですね。

最近たべたファーストフードの料理でした。
おしまぃ。

TOSHIBA LED REGZA 37Z1S
とうとう液晶テレビを買ってしまった。それも大きいやつを。

37インチにしたのは、これ以上大きくすると急激に高くなるため。37インチぐらいが一人で持ち運べるにはぎりぎりの大きさかもしれない。重さ20kgで幅もあるし。
REGZAにしたのはREGZAファンだから。他社と比較するのも面倒だったというのがある。
LEDにしたのは、LEDにあこがれていたから。もっともこれからは当たり前なので、型番にLEDと書かれることもなくなるのだけど。
外付けHDDをとりつけると、録画もできるという優れもの。
7万円ぐらいで購入。ちょっと前に比べたらものすごく安い。

予想以上によかったのが、音量と音質。これは買いじゃなかろぅか?

型番がZ1S なんだけど、にたりよったりのがいくつかあって迷った。

箱 なんとMade in China である。こういう機器は日本製かとおもっていたが、そういう発想はとっても時代遅れなのであった。
LEDREGZA2.JPG


本体。綺麗な画面だねぇ。私には贅沢なくらい大きい画面だ。そうだ。これをコンピュータ用の画面にも使おう。大きい画面なら目も疲れないのがいいだろ?
LEDREGZA37.JPG

おしまぃ。

栗の苗木がまた枯れてしまった。

原因がわかってきた。どうやら肥料のやりすぎだ。 これは栗に限ったことではない。
たしかに、あとでやるのが面倒だとかおもって普通に肥料を入れた。
いや、普通以上に。

それでも葉がでて、花も咲きはじめたから大丈夫かと思っていたんだけど。
今日になったら、オオクリアブラムシが発生して、葉っぱも萎れていた。
なんか残念だなぁ。

高い苗だったのに。
おしまぃ。

ちなみに普通は
植え替えた時は肥料をあげないで根が張ってから肥料をあげるのだそうな。
わかったけど。もう遅いよ。。
おしまぃ。

一号線を北上せよ ヴェトナム街道編
沢木耕太郎著
講談社文庫

沢木耕太郎の旅行記。
深夜特急から旅行記は書いてなかったと思う。
いつかこんな旅をしてみたいと思いながら。人生には余裕がないってことに気がつくのだ。
決まった場所に行くのではなく、ただただ回りを見て時々現地の人と話すような旅。そんな旅をするには一人旅じゃないと行けないんだよね。

本を読むことの楽しさは。
自分ができないことを本を通じて知ることができること。
沢木耕太郎の旅行記がでれば良いのにと思う。

おしまぃ。

大阪府議の議員定数を109→88 に削減する条例が通った。

すごいことである。
自らの職が減るような提案はどこの自治体でも通らないのだ。
こういう流れがこれから続けば良いとは思う。

橋本知事の力はすごいと思うのであった。

おしまぃ。

旅する力
-深夜特急ノート-
新潮文庫
沢木耕太郎 著

tabisuruchikra.JPG

かつて、深夜特急という本があった。(いまでもあるけど)
私がその本に感化されたのは旅から帰ってからだった。
たった一ヶ月の旅から。

深夜特急を読んで。
筆者はなんて濃密な時をすごしたのだろうと思ったものだった。
そして何とも言えない読後感と。

深夜特急という本はとてもたくさん売れて、その後の日本人の若者が世界旅行するきっかけになった本とも言われている。

その深夜特急の書かれた背景とか裏話が書いてあるのがこの本である。

「やはり旅にはその旅にふさわしい年齢があるのだという気がする。」

うん。そうだとおもう。
そして。
Too late....

まぁでも。これからも少しずつ旅にでて。
自分の身の丈ってやつを知ることにしよう。
「旅に教科書はない」
おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。