2010年8月アーカイブ

OJT

| コメント(0) | トラックバック(0)

OJT

On the Job Traningg

仕事しながら勉強しろ  ってこと。

上司に聞く。

部下:「Aについてわからないのですが、勉強するところはないですか?」

上司:「OJTで勉強しろ」

 

職場にわかるやつがいないから言ってるのに。。。。だいたい上司であるお前がわからないってなんだよ。

OJTとか言って逃げるなよ。

しょうがねぇやつだな。

おしまぃ。

NIKON COOLSCAN 4000ED

カメラではないが、カメラ機材の一種といえるだろう。

Nikon製造のフィルムスキャナ。35mm版とAPS版のネガとポジのフィルムを読み取ることができる。最大解像度4000dpi 階調14bitで。

10年ぐらい前に、「これからはデジカメの時代だ! その前にいままで撮りためた写真を電子化するぞ。」と思って思い切って買ったのだ。20万円ぐらいしただろうか。もっていたカメラよりずーっと高い買い物だった。よく買ったと思う。だけど私の人生の一部はこれで電子化して残すことができそうだ。

 買って以来、少しずつ使っているのだが・・・。とにかく処理速度が遅いのである。よほど暇なときでないと使う気にならなくて、ホコリをかぶっていた。これの後継機の5000EDというのはだいぶ高速化したようで、うらやましく思ったものだった。

 久しぶりに使おうとして調べたら、OSもいまや古いWindowsXPにしか対応してないようだし、Windows7対応のソフトウェアもでていないようだ。
 製造中止になってから時間もたつのですでに修理用部品在庫なども公式アナウンスではないらしい。オーバーホールしておけばよかった。と悔やんでもあとのまつり。まだ動作するからよいけど。

 WindowsXPを動作させるマシンがなくなる前に。このマシンが故障する前に。今一度うちにあるフィルムを電子化する。我が家の歴史である。他人には意味がなくても。

 ちなみに。4000dpiで電子化するとやく2100万画素相当ぐらいになる。思ったより荒いんだと思った。 NEF形式で保存すると一枚あたり140Mbyteぐらい。おっそろしく容量くう。 またスキャニングするのに1枚あたり5,6分かかる。気長にき~な~が~に映像を電子化しよう。

 フィルム時代には、一枚一枚シャッターを切るときに考えたものだ。デジカメになってから、そういうことはしなくなってしまった。とにかくシャッターを切って、それから考える。ま、そんなものだろう。技術が進化すれば、思考方法も変わる。それだけのことだ。

 いまやフィルムスキャナという分類で製造している物はない。フィルムカメラからデジタルカメラへの過渡期だけに存在する(した)機械だ。もう10年もしたら完全に過去のものとなるだろう。すでに現在、普通のフラットベッドスキャナにフィルムを読み込む機能をつけたものしか購入できない。安価なフィルムスキャナはあるようだが、COOLSCANと性能は比較できないだろう。

 フィルムスキャナで過去のフィルム資料を電子化していると、なんとも不思議な気分になる。時代をさかのぼっていくような感覚とでも言おうか。最後の記憶はフィルムスキャナが販売されていたころで終わるのだ。

おしまぃ。


その後。4000EDは動作しなくなった。後継機にEPSON GT-X970を使っている。
比較画像などはこちら。
http://www.unitro.jp/tomio/firmscaner/firmscaner_index.html

 

 

ツェルマット zermatt

ヨーロッパアルプスのマッターホルンを見ることのできる観光地。スキー場でもある。

 

マッターホルン 日本の槍ヶ岳以上にかっこよい山の形をしてる。

zermatt-02.jpg


いまから20年ぐらい前。そこでスキーをしたのだ。

懐かしい写真がでてきた。フィルムスキャナで読み込む。


zermatt-01.jpg

この写真の中に米粒のように小さい私がいるのだ。さてどれだかわかるかね?

 

おしまぃ。

な、なんと!

株価が9000円を割り込んだ。

私の予想では、時間をかけて8000円ぐらいまで下がるだろうな。

政府がどーとかいうけど。政府は何もできん。

ついでにいうと。

円高もまだすすむだろう。

それにしてもな。

予想をずーと超えている。

 

おしまぃ。

 

恋する日本語

NHKの番組。日本語の美しさを恋話にまぜたドラマ。日本語の少し古い言葉を説明しながら話がすすむ。

派手さはないけど、しっとりとしていて、ちょっと不思議で心に残る番組でした。

 

 

でてきた言葉

あえか:
涵養:毎日すこしずつすこしずつ無理しないで養い育てること。
洒洒落落:しゃしゃらくらく 性格がさっぱりしていて物事にこだわらないさま
恋水:恋のために流す涙。
変水:月にある水で飲むと若返るとされるという水

 

 

 

終わった恋愛には。洒洒落落で終わればいいだろう。

いまどき、金柑の花が咲いていた。時期はずれである。
その花に見慣れない蜂が来ていた。
クマ蜂の小さいような蜂。ミツバチよりは大きい。

調べてみたら、トラマルハナバチのようだ。毛深いので受粉などには良いらしい。


beebee-triming.JPG


日本の地上波TV.
今までTVが登場してから50年近くはVHFが主流であった。
来年の7月にはこのVHFアナログ地上波のサービスはなくなる。

今VHFでTVを見ていると、来年までに地上デジタル波に変更になると表示され、それまでに地上波用TVの準備をして~と急かさせる。

知人宅で、アンテナを取り付けを手伝った。取り付けたのはUHFとBSアンテナ。
夏の炎天下の下、屋根馬をとりつけて、アンテナを立てて、ステーを張って・・・。
アンテナの向きを合わせて・・・。と。 暑さに負けて翌日はバテていたが。

BSアンテナ: TOSHIBA BCA-453K
Amazonで一番安かったのがこれ。安いけど性能では全然問題ないし、ちょっと横長のデザインが好きである。箱から出したところ。ケーブルも付属しているけど、今回は使わなかった。ベランダなどに設置するには楽な金具も同梱されている。
anntena-bs-toshiba.jpg


UHFアンテナ:YAGIアンテナ:CLUS-W30CR
高性能UHFパラスタックアンテナオールチャンネル用
おそらく市販で購入できるUHF用アンテナで最も性能が良いものだろう。30エレメントでパラスタックなんて・・・。ここまで高性能のものが必要かどうかわからなかったが、あまり電波状況の良い場所でないと聞いていたのでこれにしてみた。これもamazonで購入。11000円ぐらいだったと思う。全長3mぐらいあり、これだけ大きいと風圧も大きく受けることが予想される。立派なアンテナである。
anntena-uhf-yagi.jpg

とりつけたTV・・・の箱。SHARPのLC-32E7-B
可もなく不可もなく・・・。いまでは普通の性能。
 6年ほど前の雑誌でTVの値段が載っていた。当時32インチというのは大型TVで、液晶32型だと20万円ぐらいしたのだ。なんとも安くなったもんだ。
LC-32e7B-hako.jpg

でっかいアンテナつけたこともあって、無事、地上波デジタルTVを視聴できるようになった。

写真はあまり撮っている暇なかった。
おしまぃ。

あぁぁぁぁ。

終わってしまうー。夏休みが終わってしまうー。

いつまでも休んでいるわけにはいかないのであった。

何をしてたかというと。

カレーをつくったり。

地上デジタルとBSのアンテナをとりつけたり。(知人宅で)

ぼけーっと本を読んだり。

とても暑くてエアコンすら効かないのは辛かった。

 

はやく9月にならんものか。。。涼しい季節が待ち遠しい。

おしまぃ。

終戦記念日 8月15日

65年前の今日、日本は終戦を宣言した。対戦相手に無条件降伏という形で。

明治以来、築きあげてきた大日本帝国は瓦解したのだ。

領土は減り、いままで支配していたところ東南アジア、満州国などは日本の支配下から離れた。そのときにおきた不具合は全て日本が悪いことをしたという話にされて。

 支配された地域はいまでも反日教育をしているところは多い。

さまざまな功罪を残して終わった戦争。

終戦という言葉が廃れ、現代史から近代史にさらに古い記録へと代わるのはいつのことだろうか。

 戦争は悲惨だから繰り返してはいけないというが。もし、あの戦争で勝っていたらどうなっていただろうか。戦争は悪なんて声は封じられたに違いあるまい。悲しいからやってはいけないというような情緒だけで戦争がなくなることも残念ながらない。お互いに隣国の脅威を感じている限り。

本当に戦争をなくしたいのなら、ヨーロッパ諸国がECを作ったプロセスを真似るのが良いのではないだろうか。隣国を憎む心もあるけれども、それでもひとつになることを選ぶまでの道のりは長かったに違いないが実現したのだから。

おしまぃ。

記念日なのかどうかしらんけど。

かつて日本と韓国が合併してから100年目なのだそうな。

100年前に日本に来た朝鮮王朝ゆかりの文書がある。朝鮮王室儀軌である。

菅首相が首相談話として発表した話には。

朝鮮王朝ゆかりの文書を返還するのだそうな。 あ、「返還」ではなく「お渡しする」のだそうだ。
言葉遊びにしか思えないけどな。返還する必要はないけど。すべて戦後けりがついているのだから。

この文書、日本国内で宮内庁が保管しているのだとか。

宮内庁がやってきたことだから、保管状態は完璧なんだろう。100年分の保管料を請求しても良いくらい。

 韓国が返還要求するのは当然としても。今、返還する必要なんかあるのだろうか。なぜなら、北朝鮮だって返還を要望するだろうから。正式に北朝鮮がいらないというなら韓国に返還してよいだろうが。それとも韓国と北朝鮮が半分ずつに返還というのが良いのだろうか?

 このような物は朝鮮王朝がなくなった時や、その後の戦乱(朝鮮戦争)で喪失していてもおかしくないのである。それを占領したとはいえ、日本が保管していたことに対してのお礼の言葉ぐらいほしいものである。日本が憎しみをもって対処していたならとっくの昔にこの世からなくなっていたものだろう。少なくともそのようなことはしていないのだから。

 本当に返還してもよいのだろうか? あえて言うなら。北朝鮮もあわせて打ち合わせしたほうが良いのでは? 返還したけど消失とかしたら・・・・。 かの国は経済的には発展したけれども、まだまだ安定した国とは思えないのである。

 今はまだ日本の国家財産である。韓国に「お渡しする」まえに、博物館などで見学できるようにしてほしいと思う。どんなものか一度見てみたい。←このような好奇心がお互いの理解を進めることになると思うのだけど。 警備がものすごーく厳重になりそうな気もする。

おしまぃ。

 

 

 

 

 

 

なんでいまどき逮捕なんだ?

よっぽど金遣いが荒いかなにかじゃないかぎり逮捕になるとは・・・。

81歳のじじいだし。

 

何か話ししてはいけないことを話したのか?

だとしたらなんだろぅ。

民主党の政策に不満なのである。たとえば。

●朝鮮学校無償化。

いつの間にか無償化が決まっていた。太陽政策といえばそのとおりなんだが。。。反国家を教える学校のためにお金を使う政策ってなんだ? 朝鮮学校の側にもプライドはないのか? そんな金もらえるかぁ。と言うような。 そう言われたほうがインパクトは強いとおもったんだけどなぁ。とにかく、いつの間にか決めたことに不満なのである。

 

●もっともっと身近の不満は。高速道路の暫定的低料金化。

現在は週末のみ1000円なのである。そのおかげで、夏休み前の今日の渋滞は一昔前と同じでものすごい渋滞となっている。自民党は夏休み期間中を1000円にした。おかげで渋滞は分散した。だれがどうみても自民党のやったことのほうが良い政策だったと思うだろう。当時は期間限定なんてケチクサイとかなんとかいったけど。今よりまし。

 

●大韓航空機撃墜事件の犯人の東京上空遊覧飛行

なんでそんなことしたんだろか。身柄の安全を保障するためとかいうならまだわかるが。これからどこへも行けない人だからと言う理屈ですることか? だったら日本の死刑囚は死ぬ前に最後に遊覧飛行させてやらないのかね?
 生かしておくことは今後の政治の道具に使われる。今後もそうである。あえていう。韓国で死刑囚であったうちに死刑にしたほうがよかったんじゃないのか。

 

●落選した法務大臣の続投

落選したらただの人じゃないのか? 一度は辞任を言うような人に任せていいわけないだろ。百歩ゆずって大臣を続行するとしてもだ。
 死刑反対論者で、死刑執行を遅らせていた張本人だったくせに、落選してしばらくしたら、死刑執行を認めた。それだけでなく死刑執行に立ち会うということまでして媚をうったのだ。いままでの主義主張はなんだ? そういうことで媚を売る人間を信じることなどできないだろ。支持していた人を裏切ったという思いはないのか?

 

●いら菅 総理

 自分のまいた種で失敗しているくせに偉そうに答弁するのが腹ただしい。一度は民主党の中でも、小沢氏などとは違いまともな考えをもっているのかとか思ったけど。だめだな。イライラしている菅氏をみて支持する気になど到底ならない。

 

主義主張を曲げてまで政権与党にしがみつきたい気持ちは理解するが。やることなすこと自民党と対比するとかなりの低評価である。最近のことだけ書いたけど。前からおかしいのである。このような政党に国を任せてよいのか良く考えるべきであろう。

ということで民主党の先は短いのだと予想するのであった。

おしまぃ。

 

 

100歳以上の高齢者の所在がわからなくなる話。

なかには、本当に行方不明っていうのもいるだろうけど。

本当は死んでいるのに、生きていると偽って年金をもらい続けるような話もチラホラ。

なんなんだろうねぇ。

年寄りが生きていることにすると年金をもらえるって言う仕組みをなんとかしないとだめだろ。生きていても年金はもらえない・・・のはダメだろうし。

 100歳を超えるような老人の子供となると75歳くらいの老人。これだって十分高齢者なのだ。実刑になっても行く先あるのだろうか?

 

 こんな話をしていたら。新しい詐欺を思いついた知り合いがいた。

ロボットで寝たきり老人をつくればいいんだ! だと。

肩から上だけつくればいいんだ・・・。ボケたような感じの受け答えでも生きているように見えれば良い・・・。

もう少し凝ったつくりにするなら腕もつくって脈ぐらいはかってもわからないようにするとか。

悪意のある詐欺ではあるけど。本当にこんな犯罪があったら少し滑稽な感じもするな。

おしまぃ。

 

物語

| コメント(0) | トラックバック(0)

私の物語は私が書く。

他人任せにしては意味がない。

 

残業時間。
あまりしたくないもの。残業。

私の友人の会社でのこと。
残業は30分単位でつけろと強制される。

しかしその会社では、かつて労働基準局から一分単位でつけることができるようにするように・・・。とのお達しがあったことから、システムとしては一分単位でつけることができるようになっている。

 現状。30分単位で残業をつけて、余った分は切り捨てろと指示されているのだ。
つまり。労働基準局の指示は完全に無視されている。いいのかこれで?
正直、労働なんちゃら局がいうからどーするこーするというのは興味ない。

ただし。
残業する人間の気持ちを考えたことがあるのだろうか?

もし、一分単位で残業代が付くなら、仕事を終わらせた時に、さっさと帰ろうとするだろう。働いた分だけお金をもらうという考えで済むのだから。

しかし30分単位で余分に仕事した分は切り捨てなどと言われたら・・・。
切り捨てた分は損すると思うから、30分単位になるまで時間を潰して残業として記録するようにするだろ? 違うか? あと10分いればお金になるのに、今帰ったら20分損すると。

30分単位にすることで、ますます残業人件費は増加する。
もし、厳しく罰したりすれば、ただ働きさせられたと思いモチベーションの低下につながるだろ。 違うか?

 システムが整備されてもそれじゃぁ意味がねぇだろ・・・。と思うのであった。
そういう会社は多いと思うけどね。

おしまぃ。



 
フリー FREE経済学入門
苫米地英人著
フォレスト出版

日本では昔から言う。
「ただより高い物はない」
それを、小難しく話した本。 ・・・と前半は思っていた。

後半まで行くと、少しびっくりするような話しになる。
最初は無料でも、いつしか有料になったらどうする? それもわからないうちに。
そういう大きな世界について語っている。

苫米地氏の他の本も読んでいれば、FREEと言うキーワードで語り直しただけとも言える本だと気がつくが。

FRBの話しがフリーとつながっているところが一番の読みどころ。

まぁまぁの本かな。

おしまぃ。


若い頃、先輩に聞く。
「結婚ってなんですか?」

その漢、一言だけ言う。
「してみりゃわかる。」

口数の少ない人だったが、それ以外言うことないのかよ・・・。

かなり長いことの沈黙のあと。
「相手によって違うから、わからん」

そしてさらに長い沈黙のあと。
「信頼することだな。」で終わった。


たしかに、相手によって違うよな。

こんな答えが一番いいような気がした。

・・・誰でも良いから、とりあえず一度してみろって・・・

おしまぃ。



夏になるとたびたび起きる山岳での事故。

珍しいともいえる事故がおきた。

ヘリコプターの墜落現場を取材するため、2名の報道関係者が入山したのだ。ガイドもいた。ガイドは危険だから引き返そうと言い、一度は車まで引き返したのだ。しかしその後二人はやはり行くと言い、ガイドには「尾根道」を行くと言って出発し遭難した。

 なぜガイドが止めなかったのかと言うような記事も少しあるが、、、、。一度行って、納得してもらって引き返してまでいるのに、自制心のない人間がやった行動にまでガイドが責任を持たなければいけないのか? 完全に100%自己責任だろう。 

 ただ一人だけ生き残ると厳しい視線を受けるのはしかたないだろうけど。

 

ハイキングとか山行でよく言われる言葉がある。

怪我と弁当自分持ち。

ついでにいうなら、生命だって自分持ちだ。

リスクは自分でとりなさい。

それだけのことである。

おしまぃ。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。