2009年11月アーカイブ

高齢者ドライバーが車に貼るマークのこと。

長いこと、枯葉マークだと思ってた。
だって初心者ドライバーは若葉マークだろ?
それに対応する言葉は「枯葉」しかないだろが。

それにもみじマークというのに、もみじのような形になってないだろ。

その、もみじマーク、人気がないから新たなマークを公募するという。
何を無駄なことをしようとしてるのだろうか。
そもそも、「高齢者です」と言うのにかっこいいマークなんてありえないだろ。高齢者=危うい というのを周りに意思表示するための物である以上、かっこいいマークなんてありえん。

だいたい、年寄りが自分の力を過信して車なんて乗るからいかんのだ。乗るな! (あぁ、これを言っちゃおしまいよ)

枯葉マークに代わるものがあるとしたら、金と銀のストライプの「枯葉マーク」なんてどうだ?(笑) 金と銀でおめでたいだろ。
それなら、白と赤のほうがめでたいか。

本音をいうと。枯葉マークなんていらない。だって老人は人によって能力に差が大きすぎる。職業で乗ってる人と時々しか乗らない人では違うだろ。

いつでもどこでも、年寄りに文句をいうのは大変なのだ。

おしまぃ。


なぜだか急にお好み焼きが食べたくなって。

会社帰りにお好み焼きの粉を買う。
日清製粉の製品:300円(600g)
okonomiyakikona-nisshin.jpg

お店のオリジナルの商品。200円(600g) グレートバリューと書いてある。
okonomiyakikona-greatvalue.jpg

値段は100円も違うが味なんてたいして変わらないだろうと思ってたのだ。。。
2つとキャベツと鰹節と青のりとエビとソースも買う。
よーし準備万端だ!。

日清製粉のはおいしいのは知っていたので、お店のオリジナル商品で作って見る。

深く考えず、キャベツをザクザク切って、でっかいどんぶりにいれて、卵いれて、粉いれて、水をテキトーに入れて、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて、熱したフライパンにゴー!。

端っこの焼き上がったところからつまみ食いしつつ、焼き上がりを待つ。
だが、なぜか、お店オリジナルのお好み焼き粉はおいしくない。空腹なのにおいしく感じないのだ。少しだけ日清の粉をだして味を比べてみる。うーむ。やはり日清のほうがおいしい。やはり100円の差は大きいのだろうか。

焼いてある途中で、何気なく冷蔵庫をあけると・・・・。昨日炊いたお米が余っているではないか!
空腹に耐えきれず、ご飯を電子レンジで温めて食べ始めてる。ご飯を食べ終わるごろには「お好み焼き」を食べたい気分ではなくなっていた。
 ・・・俺はいったい何をしてたんだ??
まぁいいか。^^;

ちょうど焼き上がったころに家族が帰ってきてみんなの食事となったのでした。
どんとはらい。

自分で自分のご飯をよそうこと。いくらでもよそうことができる。

転じて、いくらでも好き放題やれること。

官僚など権力の座にある人間が、自分の給料を多くするのもお手盛りだからなぁ。とか言われる。

お手盛りできるような職業につけば安泰だけどよー。そんなことしてるって指さされるようなことやっちゃいけないぞ。 と遙か昔に言われたっけ。

まぁ、「お手盛り」できるような立場にはならなかったけどな。(笑)

おしまぃ。

今日のクローズアップ現代、
事業仕分けの裏側みたいなのをやっていた。

おもしろそうだと思って番組をみたら、なんと「国谷キャスター」ではなかったのだ。

番組の内容より、そのほうがショックだった。

おれはいつもクローズアップ現代じゃなくて、国谷キャスターの知的な解説を見ていたのか・・・。と今日気がついたのであった。

おしまぃ。

NHKのドラマ。

明治という時代。日本人が近代的な国家を持とうとする時代の話。
当時の日本は亡国の危機にあった。

司馬遼太郎原作

今日から3年にわたって続くドラマである。

明治維新とは何か。じっくりと見ることにしよぅ。

役者も豪華なスタッフである。

http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/

おもしろそうだ。

おしまぃ。

円高 

| コメント(0) | トラックバック(0)

14年ブリの円高らしい。86円ぐらいになってる。

輸出している企業は大打撃。
そんなことはわかってる。
14年前から企業も努力してるから大丈夫だと思うけどね。

悪い面ばかり強調される。確かに日本は輸出企業によって国が潤っているからそのような報道が増えるのもわかる。
 しかしだ。円高になるってことは、世界のお金が日本に流れてきているということじゃないのか?
日本の内需を考えるのも良い機会じゃないのか?

まぁ内需が小さいから外に頼るわけで・・・。そう簡単じゃなさそうだけど。

おおかたの予想ではまだまだ円高は続くとか。
となるとだ。海外に遊びにいくのも良いんだろうな。

おしまぃ。

国の事業仕分け が終わった。

これだけカットしても、国全体の予算、国家の借金からするとたいした金額ではない。
今後一年、私の人生に、この事業仕分けの結果が明らかに影響することはないはずだ。(とかいってると意外なところで影響あったりするんだ。きっと)

内容的には完全に仕分け人の圧勝だったな。
説明責任をする側がなんともお粗末な知識で、ふだんネゴシエーションをしていないのが見ていて感じたことだ。
仕分け人に呑まれていた場面も多かった。れんぽー議員にぴしゃりと言われるとTVで見ていても、辛いだろうなぁと同情してしまうが、そんな厳しいことを言っていたとも思えない。

今回のことで、いままでまともに説明することなく予算としてお金を貰っていたというのがよくわかったのだ。
たとえば、「私の話も聞いてください!」なんてでっかい声を張り上げていた人がいたが、普通の仕事でクライアントを前にして同じ事やったら、よほどの信頼が無い限り出入り禁止で終わるだろ。
あれすらも民主党のつくった舞台装置だろうかと今では思う。

また、スパコンなどで、れんぽー議員が、「世界2位ではダメなんですか」なんて言っていたが、これまた受け答えする側からすれば、挽回のチャンスだったはずなのだ。「えぇ。一位でなければダメです。」と。れんぽー議員はチャンスを与えたようにも見えた。
 「一位を目指しても一位になれるかわからない世界なのです。勝負の世界で生きる人はみなそうでしょ? 参加することに意味があるなんて本気で思っていませんよね?」ぐらい言ってやりゃーよかったのだ。国同士だって切磋琢磨して戦っているのです。(戦争ではありませんよ)

舌鋒の鋭さで言えば、れんぽー議員がピカイチ。だからこそTV受けがいいんだろうけど。
普段の生活であんなふうに切り込まれたら、辛いだろうなぁ。(まぁどうでもいいんですけどね)

来年もし同じ事をやるなら。
説明責任のある側はもっともっと勉強して。もっともっとネゴシエーション上手になってほしい。
そのほうが見応えがあるから。

自分のやっている仕事を自身なく口籠もって言ったり、自分勝手に存在意義だけを主張したり、かっこ悪いだけだろ。

国の事業全体からすれば、ほんの一部であったが、国が率先して透明性を高めようとしているのは良いことだと思う。

いっそのこと、来年とかいわず、毎月やってくれてもいいけどな。それをゴールデンタイムで放送すれば視聴率はとれると見た。(TVのためにやることじゃないって?)

おしまぃ。


事業仕分けで、科学技術系の予算削減に対して、ノーベル賞受賞者などが大反対を表明した。

あるひとは、
「将来、歴史の法廷に立つ覚悟でやっているのかと問いたい」
と言った。
言ったことは意味があると思うし、そのような心意気で研究ができ、技術を追うことができる国であってほしいと思う。

しかし、しかしだ。国が倒れてしまったら歴史の法廷に立つのは、これを言った人たちであろう。
あのときあんなつまらねー物つくったせいで・・・と言われるのは間違いないのだから。

科学技術立国を求めるなら。予算削減をする必要はないといいたいのだけど。
研究者というのは、ピンキリで、ゴミみたいのも山ほどいるのも事実。研究費を無駄使いすることにかけては天下一品の能力をもってるのも山ほどいる。

そういう人材(人罪?)も含めて、科学技術研究は経済的に余裕がない会社(社会・国)にはできないわけだ。
つまり、日本はいままでほど余裕がなくなってきたという、ただそれだけじゃないのだろうか。
科学技術とは十分な経済力がバックボーンにあるからこそだと思うのだ。
経済が没落すれば、当然科学技術も当然没落する。

ただそれだけ。。。。

上司は暇なのである。

その上司は許可のいらないものについても。
なんでおれの眼を通さないとかなんとか言い出す。
去年も一昨年も同じなことをやっていただろ。
報告することで余計な小言と仕事が増えるなら、もう報告はしない。
ばからしいだけだ。
 本人は仕事をしたふりをしたいもんだから、つまんねぇ問題でグダグダいう。
全然理論的でないし、気まぐれで怒ったふりをしてるだけだ。馬鹿にされるネタになっていることに気がついてないのかなぁ。

重箱の隅をつつくような話しだけをするのは暇だからに他ならない。
いらねぇよなぁ。こんなのは。

おしまぃ。

JALの話

| コメント(0) | トラックバック(0)

JALの年金を削減する話。
潰れそうだからそんな話にもなってるわけだけど。

このNEWSを見て、知り合いが言った。
「いいなぁ。でかい会社は。 文句言う相手がいて、もしかすると年金は出るかもしれないんだ。」と。

日本に航空会社は2社いるのか? などという論議にもなってる。
ANAがどれだけ努力してJALに対抗してきたかわかっているのだろうか?

いるかいらないかで言えば、2社必要である。
JALを弱体化して、ANAとJALの両方で競わせるのが正しいと思うのだ。

なぜにここまでJALを優遇したのだろう。国策だったといえばそれまでだが。

昔、JALとANAの両方の入社試験に合格した人は、ほぼ間違いなくJALへ行った。そのほうが待遇がいいし、ネームバリューが高いから。
 会社の未来は分からんよな。特に国が出資しているところは腐敗しやすいし。・・・と最近は思うよ。

 まぁJALが潰れたとしてもANAがあるから俺はいいや。 ・・・とその知り合いは言った。

おしまぃ。

黄昏時

| コメント(0) | トラックバック(0)

黄昏時

影を写す。

かなり暗かった。
tasogaredoki-001.jpg

tasogaredoki-002.jpg

tasogaredoki-003.jpg

tasogaredoki-004.jpg

tasogaredoki-005.jpg

tasogaredoki-006.jpg

tasogaredoki-007.jpg

FinepixF100dで撮影。
おしまぃ。

少し暖かい秋の日に。

のんびりと公園に行く。秋だなぁ。ちょっと離れているところだけどね。

ko-en--001.jpg

ko-en--002.jpg

ko-en--003.jpg

ko-en--004.jpg

ko-en--005.jpg

一眠りして気分すっきりした一日だった。

撮影:FinepixF100d

もし、日本の金融がデフォルトになったら。
アルゼンチンのように。

怖い話だけど、現実味は少しある話。

そんなとき。どうやって生き残ることを考えるのが良いのだろう?
大企業であれば、海外移転を進めることもありえるだろう。

普通の庶民は?
財産を貴金属や宝石で持つ? ベタだなぁ。
海外にも生きて行ける場所を作る? そんな余裕ないなぁ。

釣り竿でも買って、毎日の食料は釣りで賄う準備しておくかな。(苦笑)

荒れるんだろうなぁ。
おしまぃ。

日本の貯蓄はいまでも200兆円を超えているとか。
亀井大臣が言ってる。
金はいくらでもあるんだ。貯蓄という形で。

昔誰かが言ってた。
お金は電気エネルギーと同じで貯めておくのは難しいと。←例えが悪いと思ったけどな。^^;
貯めたと思ってもインフレがおきればあっというまに紙くず。

同じ価値のまま貯め続けるのは難しいのだ。

貯蓄を有効に使うことは重要なことなのだ。
支出を抑えるのは今だからの話にするためにも。

貯蓄となっているお金は使わないといつかゴミくずになる。
そう言う意味で、カメイ大臣の言っていることは正しい。
お金を使って、新しい仕組みをつくってそれが次の時代の礎となるような施策をつくらなければいけない。
それが政治家の役目なのだ。

おしまぃ。

リンゴがたくさん出回ってきた。
少し安いリンゴを手に入れた。

ジャムを作ろうと思ったのだ。アップルパイの中身だけとでも言おうか。

細かく切って、シナモンの粉をまぶそうとしたら。
シナモンの粉がなかったので、シナモンスティックをつかった。香りが強烈だった。シナモンをいれてコーヒーを飲みたい。

煮ている時間がなかったので、シナモンスティックとリンゴの切れ端をジップロックにいれて冷凍庫へ。

リンゴを切って袋にいれたところ。
apple-mijingiri.jpg

何年前に買ったか思い出せないシナモンスティック 開封したらものすごく香りが強かった。シナモンパウダーより強いと思った。

sinamon-stickkkk.jpg

おしまぃ。

不思議なことに、探しても売ってないのだ!

消毒用とは少し違う。
水分が全然はいってないものを無水エタノール。

カメラの掃除用に買おうとしたら近所の薬局に行ってもうってなかった。

ちょっと離れている「マツモトキヨシ」に行ったら売っていた。
マツモトキヨシなんていうとすこし派手なイメージしかなかったのだけど、薬局としておいておくべき商品はちゃんともっているということだな。これは大事だ。ちょっと見る目が変わった。

musi-etan---ru.jpg

おしまぃ。

翼の折れたエンジェル
中村あゆみ の歌う曲。

久しぶりに聴きたいなと思ってYoutubeを検索する。
昔のから新しいのまでたくさん見つかる。


昔の中村あゆみより、今の中村あゆみのほうが数段かっこよく見えるぞ・・・。この映像をみてちょっと感動してしまった。

でも、もう過去の人だと思うのだ・・・。

カバーした曲のCDも出してて、その曲も聞いたけど、どーも今ひとつであった。
おしまぃ。

NHKの大河ドラマ。
今日が最終回だった。
毎年12月末で終わりなのに、直江兼次は一ヶ月ばかり早く終わった。

もともと残った伝聞が少ない武将だったのだ。

最終回の回想録は戦乱の世を生き残った男だけが見える世界だったのだろう。
敗者にも正義があると。それは日本独特の世界観かもしれない。

戦乱の世に、義をつらぬいたというだけでもかっこいい武将だったのだ。

来年の大河ドラマは坂本龍馬。
龍馬を福山雅治が演じるのだ。演出は大友啓史。楽しみである。


おしまぃ。

怠け者

| コメント(0) | トラックバック(0)

たぶん私のことだ。

太る一方だし。部屋は片付かないし。

そんなんじゃいけないと思うんだけど。
何も変化ないし。

これじゃいけない。
できることから始めることにしよう。

・・・ここに書くことだけで満足してるような気もする。
それではいかん!

どんなに困難でくじけそうでも♪ 
信じることさ 必ず最後に愛は勝つ~♪
(愛じゃなくてさ。。。部屋の掃除だって・・・。)

おしまぃ。

体重

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに体重計に乗る。

・・・やばい。Over92kgだ。

寒くなるとダイエットをしたくなるのはなぜだ?
着る服がなくなるからか?

内臓脂肪の量がとても多い。

・・・新兵器を投入することにした。(その程度でダイエットできたらクロウしないけどな。

効果がでたら良いのだが。

おしまぃ。

台湾のドラマ
我的億萬麺包

TV神奈川でやっているのを視聴する。
けっこーおもしろい。
字幕より日本語吹き替えがいいなぁ。全然分からんから。^^;

出てくる建物とか昔の日本家屋のようなところとかもあって、レトロな日本を見てる気分。
内容は日本のドラマと同じだと思うけどなぁ。
おもしろい。

おしまぃ。

事業仕分け。

これはやらなければいけないのだ。
やりかたはともかくやらなくてはいけないことなのだ。
何をいわれようと、これが中途半端に終わると、日本は借金につぶされて国が倒れる。
でふぉーるとだ。

茶番でもいいではないか。まだたったの5000億円の話だからな。

この作業はある意味、踏み絵だな。
内閣の大臣クラスの人間で、ときどき、「役割のある事業を廃止するのは・・・」などと発言するのがいるが、このような人材は今は白い目でみられる。下手すると次回は大臣の席はないかも。
  そう考えると、加盟大臣の金はいくらかかってもいいんだ。というような発言は・・・。現政権のやっていることとまったく反対じゃないかと思うんだけどな。

 そもそも、これは今年だけで来年はやらないとか言ってるほうが一貫性がないよな。
来年も再来年もやったほうがいいんじゃないのかな。

おしまぃ。

先日、久しぶりにヨドバシカメラに行った。
それでこんなことがあったのだ。

諸諸事情があって少しでも安価に購入したかったのだ。
そこで、、、
●商品券を使おうとした。DCカードの商品券だった。ポイントは現金と同じだけつくと思っていたら・・・。通常より2%減になるのだった。損した気分。
●ポイントはいらないからその分安くしてくれと言ったのだ。昔はあっさりと応じてくれたことがあったのに、今回はダメだとか。
 とまぁ、最初に交渉をしたお兄さんがとてもブッキラボウな対応で。。。いらいらしたのだ。

結局、不満感があったので買わなかった。なんかサービスの質が低下していると思った。

しかしそれでも、後日一番安いという理由だけで購入しに行った。

 もう、安いというだけでヨドバシカメラを使うことはないな。安いかどうかならネット通販で調べればすぐわかってしまうから。そういう意味ではネット通販のヨドバシカメラは使うだろう。安ければ。

 工業製品の場合。小売店の役割は終わりつつあると思うのだ。小売店というよりメーカーショールームの代理ショールームではないか?
 最近はネットで最安値で買うほうが楽だし。ポイントを入れて最安値なら、ポイントなくて最安値のほうが気楽。いや、少し高くてもポイントないほうが気楽。 ポイントを気にしつつその店を使わなくてはいけないという意識でいるほうがコストがかかる。

これからは、実物を見るときにしか小売店かメーカーショールームに行かなくてもいいだろ。

などと思うのであった。

最強国家ニッポンの設計図
ザ・ブレイン・ジャパン建白
大前研一 著
小学館
2009年6月1日初版発行

久しぶりに大前研一氏の本を読む。著者の熱い思いが伝わってきて、眠れなくなってしまった。
おもしろいなぁ。日本がこのようになったらどれだけおもしろいだろう。強い国家にするというのは楽しくて醍醐味のあることだと思うのだ。
ひとごとのようにこの本を読んでいるのがなんともな気持ちである。
この本を読んでいると絵空事ではなく実現できると思うのだ。そりゃ大変だろうが。

本の最後に ザ・ブレイン・ジャパンへ興味があったらということで、
http://www.thebrainjapan.com/
のURLがのっている。
資金提供者とか頭脳提供者とか。さて私に何ができるだろう・・・。

まず、現実を見るというところからすると共感できるところがたくさんあるのだ。
その上でどうすればよいかということをたくさん書いてある。

いま、民主党が事業仕分けをしてる。その先にこの本にあるような施策があるなら良いのに。

おしまぃ。

パンをつくる。

こねるのはホームベーカリー。
機械仕掛けで生地を練るのは楽だな。
発酵が進んで少し膨らんだところ。
pandukuri02-neriowari.jpg

中にいれたエビ。胡椒と塩で炒めたエビ。
pandukuri01-ebi.jpg

ネタを包んだところ。形がいびつ。
pandukuri01-neta2.jpg

50分ほど置いてパン生地が丸くなったところ。 寒いので時間がかかった。
pandukuri01-neta3.jpg

コンベックの中で発酵して丸くなったパン。
pandukuri01-neta5.jpg

焼きあがったところ。
pandukuri01-yakiagari1.jpg

pandukuri01-yakiagari3.jpg

パンを半分に切ったところ。
pandukuri01-yakiagari5.jpg

少しやわらかめのフランスパンの中にチーズとエビが入ったパン。
おいしかった。

一日、これを齧りながら本を読んで、ボケーっとして、ごろごろしてた。
次回は中にチョコレートクリームを入れてみよう。もうすこしやわらかい生地になるようにする予定。

おしまぃ。


この作業をやっている場所は立て壊し予定前の体育館だとか。
そして結果が出たときに書き込まれるのは大きな紙。

なんともお金がかかってない、というのをあらわしていて、しかし仕事は十分にできるわけで。
これも舞台装置なんだなと思う。

TVで。そもそもこういう予算について決定するのは財務省の主計局の仕事だとか。
でもわからないから、予算を出し続けるということになってしまったのだろうと。

 で思い出した。
十数年前。
とある国から仕事を請け負った人の話だ。

こんなものを開発したいと提案し国の予算が下りることとなった。(そこまでは普通の話)
期間は2年間。なかなかおもしろい仕事だったらしい。
そして、その事業が終わるとき、作成したもののマニュアルとか設計図などの資料を提出したのだが・・・。
資料の価値を本の厚さで計られたのだ。
100万円で10cmのA4バインダー一冊。
数千万の仕事だったので10cmのバインダーが20冊にもなり、提出するために持っていくのにもタクシーのトランクがいっぱいになるくらいだったとか。

 そういう資料を作成するために、フォントの文字サイズを大きくしたり、1ページに収まる図表を2ページ分にしたりとか、両面印刷すればいいのをわざわざ片面印刷にしたり、質の良い厚めの紙を使うことで厚さを稼ぐとか、信じられないくらい馬鹿らしい苦労をしたのだ。
納品物は電子媒体でCD-ROMがあり、それはたったの1枚。
 提出する側の長がそのような意図を持っていたという部分もあるのだが、そういう常識がまかりとおっているのを見て。心の底では、「こいつらは馬鹿だ・・・」と思った。

 そういう資料を納品するときに、渋滞に巻き込まれタクシーが遅れてしまったら、担当官僚はかなりのご立腹であった。遅れたことについて、「20分遅れたから20分待たされたのだ」・・・とそのとき同行の上司は言う。「官僚はなめられたらいけない、だから遅れてくるという無礼に対しては、無言の仕打ちをするのだ」、と本気で語っていた。 当時は何を子供じみたことを・・・と思っていたけど。どうやら本当らしいな。

 そんな仕事をした彼は、国を信じる気持ちは微塵もなくなったと言っていた。
馬鹿らしいことをしているのが国で、官僚主義の悪弊を十分に見たけど、こんなのは氷山の一角だとしたら怖いとも・・・。
 
 そういう、ブクブクと肥え太った官僚のいる組織は国家を蝕んでいるのだ。またそういうところから予算を持ってくる事業も彼らを肥え太らせる元なのだ。
 
 一度きれいさっぱりに事業廃止をして。役人も首にして。
必要ならまた予算計上すればいい。まだそれだけの余力は日本にあるはずだから。

首になったやつはどうすればいいのかって? 給料にこだわらなければ仕事なんていくらでもあるはずなのだ。。
きつい汚い仕事は海外から労働力を導入しておいて、自分の仕事はないとか言っているのはおかしいだろ。

 おしまぃ。
 

事業仕分け。3日目。

ニュースを見ていると。「スーパーコンピュータの開発予算にノー」 と。
なんのことかと思っていたら。

スーパーコンピュータの開発予算、約700億円をノーだとか。。。
まさか、こんなものまで事業仕分け対象になっていたとは。びっくりした。
日本がもっている数少ない国際的優位性を自ら手放すとは・・・。
 大事なのは、アメリカと切磋琢磨し、つねに競争することで世界の科学技術を引っ張るという姿勢だったのだ。

 そんな計算力は必要か? なんていうが、シミュレーションするための計算力だけが新しい世界を切り開いてきたという事実を忘れてないか? あればあるだけの計算力で新しい世界を切り開くことができるのに・・・。
 世界2位でも良いなんて言った時点で、つくる人間のモチベーションもなくなるからな。一度没落したら復活する日はこないだろう。
 

 国が赤字になるということはこういうことだったのだ。。。。
地方や民間に移したくても移せない技術開発だと思うし、これこそ国の競争力を維持するネタのひとつだったと思うのだ。

・・・とここまで書いて思うのだ。
 結局。どの事業も贔屓目に見るとこんな話になるのだろう。

科学技術だけ最先端のものを持っていても、国が倒れればすべてが終わる。その前に手をうたなければならないっていう話しだな。

それでもなお思う。
ホントに予算計上見送りでいいの? 大幅縮小・縮減にしておかないと復活することもできなくなるぞ。
復活させたいときにお金だせばすぐ復活できるものもあるが、科学技術というものはお金だせばすぐに復活できるわけじゃないんだぞ。
 
 民主党のやっていることは茶番であり、あまりに子供じみている。今考えられる行動としては正しいのだろうが。

科学技術を軽視する姿勢はボディブローのように国を衰退の道へもっていくだろう。

 おしまぃ。

何事も集中したほうが良い結果がでる。・・・はずである。

しかし。今日私は違う体験をした。

大きな声では言いたくないが、トイレの中で携帯電話のゲームをするのが好きで、長いことテトリスが定番ゲームとなっていた。ずーっとつづけると時間が勿体無いので、2分間の時間制限でどれだけ得点が出せるかというのをやるのだ。

 2年近くトイレの行く度にやっていたが、最高スコアは1年近く変化がなかった。

集中すれば良いスコアが出るかと思って、トイレではないところでやったこともある。
しかし高いスコアになることはなく限界だと思っていた。

と・こ・ろ・が!

今日、トイレの中で、いろいろと忙しいなぁと考えながらやったらいきなり1年ぶりの最高得点更新。信じられん。
頭の中では、テトリスではなく、朝食の明太子は辛かったとか、今日の仕事はどういう手順でやろうとか、夕飯は何を食べようかとか・・・。果てにはトイレの中で踏ん張っているわけで、、、(汚いからやめよう^^)とにかくテトリスにはさほど集中していなかったのにも関わらずの高得点である。

 人間の脳みそってどうなってんだろうか不思議に思った。
一時期あれだけ高得点を出そうとしてだめだったのに。
全然別のことを考えて、雑念だらけだというのに、、脳みその思考回路は少なくともいままでで最高速に動いていたのだ。
 ただ、他の事を考えていたとはいえ、その他のことも真剣に考えてはいた。まぁいいかと言う考え方ではなく、どうしたらおいしい夕飯が食べられるか真剣に考えながらである。
たぶん、脳みそからはアルファ波がガンガンに出ていたのかもしれないと思った。

リラックスして強く長く考えるっていうのは実はものすごく重要で。
テトリスをすることで脳みそをトレーニングできるかもしれないと思った。←何言い訳してんだか。

・・・・すべてトイレの密室の中でズボンを下ろしてやっていることでした・・・
おしまぃ。


事業仕分けをして、
3兆円の予算削減だとか。

そもそも仕分け人ってなんだ? 仕置き人の間違いじゃないのか?(笑)
結局、民主党の意向だろ。
まぁその。なんだな。仕分けされる側の理由なんて聞く必要はないよな。反対するのは当然だから。
茶番ですらある。が、やらないよりいいだろう。

予算というものは、とことん話あって決めるべきとは思うが。声が大きい人がお金を持っていく世界。
地方の予算が減っていくだろう。でもそれはそれでいいのだろう。自助努力こそ正しいという基礎を作るべきだ。

このような話をして、多数決で決するので良いことは。
みんな足を引っ張り合って、自然と予算縮小となることだ。

予算削減だと、復活する可能性が多いので。
廃止にしてしまったほうが良いと思うがな。

国会討論なみに、この討論の結果を全て見てみたい。Youtubeに公開してくれないものだろうか。

この程度のことを自民党がやらなかったのが不思議である。
敵が増えるのは当然だ、それをしなければならなかったのだ。

ここまでやっても、3兆円「しか」削減できないのだ。3兆円ぽっちでは、まだまだ先が長い。うまくいかなければ、国が倒れるってことに気づいていない。
これはこの先、10年ぐらいやって支出を収入と同じ程度にしないといかんだろ。

 未来の資金を先取りして使うというのは、昨今の国の経営のトレンドなのだろうか? 借金で国が倒れたら、一度帳簿をリセットしてやりなおせばいい・・・。そういう答えもありかも。

おしまぃ。

とても久しぶりにパンを焼く。

オーブンで焼こうと思ったが、面倒だったのでパン焼き器で焼いた。量は2斤分。
水:310cc 
強力粉:480g 
ドライイースト:小さじ2杯 
バター:30g 
塩:小さじ一杯 
オレンジピールをたくさん。

食パンのような菓子パンにした。

使用した強力粉。日清カメリヤ
nisshin-kameriya-komugiko-1kg.jpg

ドライイーストもカメリヤを使った。しかし、5年ぐらい前の物で使えるかどうか不安であった。

使用した量り。TANITAの製品。 今回初めて使う。
TANITA-denshi-hakari.jpg

小麦粉を量る。
2kinbun-komugiko.jpg

自動的に捏ねて焼き上げる。時間は3時間30分
pan-yakiagari-001.jpg

焼き上がったのを取り出すには、ミトンが必要。昔100円ショップで買ったミトン。
atumono-tebukuro.jpg

そしてパンの中。オレンジピールが少し入っている。 マーマレードみたいなもんだ。
pan-yakiagari-002.jpg

パン焼き器のマニュアル。
これがなかなか見つからなくて、困ったのだ。 レシピがこれに全部載っている。
panyakiki-manual.jpg

そういえばSANYO製の機械だな。

完成したばかりのパンは耳の部分が香ばしくてとてもおいしい。耳の部分をつまみ食いしているうちにお腹がいっぱいになってしまった。

次回はオーブンでパンを焼く予定。

おしまぃ。


カメラバッグ を初めて買う。
保管用にアルミケースは持っていたけど。

D2Hは大きいので、少し大きめのバッグが良いと思っておった。
これにした。

Lowpro ステルスリポーター D300AW
lowpro-D300AW-001.jpg


lowpro-D300AW-002.jpg

カメラを頻繁に出し入れするとなると、あまり使い勝手は良くないかもしれない。、
でも、カメラは持ち運ぶに重宝するだろう。

D2Hとレンズの小さいのを3本ぐらい入る。
いままでカメラだけをもって出かけることが少なかったが、これからはこのバッグにカメラを入れて出かけるようにしよう。

おしまぃ。

部屋がひとつできた。

写真だと粗が目立たないので綺麗に見える。
rehome-heya-after-0001.jpg

床に変な染みができている。
rehome-heya-yuka-yogoreee.jpg

この染みは、木材の防腐剤がたれてしまったところで、床の養生に穴が空いていたためにへんな染みとなってしまった。どうやら床材の表面を溶かしてしまっている。
とりあえず磨いて硬度の高いワックス仕上げとしよう。

家の中に家財道具があるままでリフォームするのはつらいなぁ。
おしまぃ。

ブルーベリーの葉も紅葉する。
けっこう綺麗な赤色になるのだ。
2009autumn-niwa-001.jpg


おまけ。ジョロウグモ。
この季節のクモは大きい。
2009autumn-niwa-002.jpg

ゴーヤの実。まだゴーヤができる。もう寒くなってきたから枯れてしまうだろう。
2009autumn-niwa-003.jpg

庭に柿の木がある。
昨年、枝をたくさん切ったので実はならないかと思っていたが、実がなった。
枝からもぐのが大変なので枝ごと切る。
kaki-2009-002.jpg

こんな風にもなる。
kaki-2009-001.jpg

柿の実がごろごろ
kaki-2009-003.jpg

昨年は収穫する前に鳥に食べられてしまった。
今年は去年よりも実の大きさが大きい。
味もかなり良い。お店で買ったら一個100円ぐらいしそうな大きさだ。
渋柿ではないのも良い。

おいしかった。

先日。
焼き芋を作っておいしかったので。
懲りずにまた焼き芋を作った。

アルミホイルでサツマイモを包む。 なかなか良い形の芋である。
yakiimo2009-001.jpg

オーブンにいれて以下の時間で焼く。
100℃ 50分
200℃ 20分
220℃ 20分

中はおいしそうな黄色。 
yakiimo2009-002.jpg

サツマイモのことを十三里とも言う。
栗(九里)より(四里)うまい十三里。という川柳があるのだ。

おいしいなぁ。

寒くなると温もりがほしくなる。

今日。とっても暖かい温もりを感じた。

便座である。(笑)

トイレでよっこらしょと腰掛けたら、暖かいのである。
自分で取り替えた便座である。感動もひとしおである。

暖かい便座に座るとちょっと前まで誰かが座っていたことを想像するので嫌という声もあるが、今日のように木枯らしが吹くような日には、この温もりが嬉しい。

ホッとする温もりの一瞬でした。
おしまぃ。

葡萄の中粒種。

大粒の種なしピオーネでコンフィチュールをつくろうと買いに行ったらスチューベンという種類が販売していた。
 値段も安価だったので買ってみた。

budou-suchubenn.jpg


食べてみる。
とても甘い。でも何かが違う・・・。
そか。マスカット系の味がするのだ。濃紫色系の葡萄の味ではないのだ。

種子を取っておいて、育てて見よう。
おしまぃ。

アメリカでの話し。

オバマ大統領が3100億円かけて、スマート電力網を整備すると発表した。

いままで私は勘違いをしていた。
スマートグリッド網というのは、あくまでも高圧電線だけでのものだと思っていたのだ。つまり、発電所間のみでつかうグリッド網だと。余談だが、かつてアメリカではこのスマートグリッドが故障し大規模停電を起こすという事件があった。

実態は違った。各家庭間を結ぶスマートグリッド電力網だったのだ。各家庭の配電盤にインターネット経由で消費電力や発電電力を管理しする、スマートメーターをと言うものをとりつけて管理するというものなのだ。各家庭では、太陽光発電や風力発電で発電した電力を必要とするところに供給できる。

技術的にはできるのはわかっていたが、ビジネスにするには大変だろうと思っていたのだ。
なぜなら、各家庭に導入する手間が大変だから。

アメリカのダイナミズムの凄さは、正しいと判断したことはやるということだ。
日本で同じ事ができなかったわけはない。なぜやらなかったのか、ということだ。
配電盤を全部入れ替えるだけだ。とりあえずは。

日本ではこのような施策が出てきていないのだろうか?
本当のところはわからないが。
やるならやってほしいと思う。
おしまぃ。

焼き芋

| コメント(0) | トラックバック(0)

焼き芋の季節である。

サツマイモをオーブンで焼く。
じっくりじっくり焼き上げる。

なんておいしいのだろう。
食欲の秋。芋を食べる。
太る。

おしまぃ。

コンフィチュール。つまりジャムのことだ。

冷凍庫の片隅に昨年から凍らせたままの巨峰を発見した。
種なしの巨峰である。
夏のものすごく暑い時期にはこれをそのまま砕いておいしいアイスジュースを作った。
それの残りがまだ一房分ぐらいあった。

冷凍庫のなかで少し水分を失ってシワシワ。
このまま食べてもおいしくないだろうしなぁ。
confiture-kyohoo-befre2.jpg


このまま皿に乗せてオーブンの中で30分焼いてみよう。
と思って、焼いてみた。
210℃で30分。凍らせたままアルミホイルの皿に乗せて焼く。
confiture-kyohoo-afterr.jpg


水分がかなり蒸発して形も崩れてない。とても甘いコンフィチュールができた。
とにかくおいしい。まとめてジャムにしてもいいけど、このまま瓶詰めして少しずつ食べよう。。。
・・・と思ったら、あまりのおいしさにつまみ食いしてるうちに全部なくなってしまった。^^;

良い物つくったなぁ。

・・・あっ。
今年は種なし巨峰を凍らせて置くのを忘れた!。もう売ってないしなぁ。。。。
巨峰でなくて他の葡萄でも試すことができるかもしれないな。

おしまぃ。

正社員のほうが給料が良くて、
一時雇いの方が少ない・・・らしい。

ちょっと前の話ではあるが、正社員より一時雇いのほうが給料が高いという時もあった。一時雇いと言っても専門技術職(プログラマ)であったが。そのころは専門技術職もいいなぁと羨ましく思ったものだ。

なぜ、正社員のほうが待遇がよくて、それ以外は悪いのだろう。

簡単である。
正社員を保護しすぎたのだ。長い時間をかけて従業員の権利みたいなものが高くなりすぎたのだ。
正社員を保護すれば彼らへのコストが増大し、反面それ以外の社員へのコストが減るのは自明の理。
50年かけてそのような社会を作ってきたのだ。しかたあるまい。

今、最低賃金を時給1000円にしろとか民主党が言っている。これも従業員保護のつもりだろうが、こんなことを強引に推し進めれば倒産する会社が山のようにでることだろう。倒産した会社に責任はなくなる。

会社とはなんなのだ?
雇用をつくるところか?間違いではないだろう。
だが、それだけでもないだろう。

正社員と同じ仕事しても賃金が同じなんていうのは、本当は良くないけど、良くある話し。

解決方法はあるのだろうか?
難しい話しだな。

TVでこんなコメントをしてる人がいた。
「給料が下がってしまって買いたい物も買えない、旅行も行けない・・・。」
ん?
なんか勘違いしたコメントじゃないか?
旅行なんて行けなくても死なないだろ。こんな人間と、仕事がなくて生きていくのも難しいような人をいっしょにTVの中で語っていいのか? 

旅行が出来ない程度の人と生活に困る人をいっしょにしてる番組はなんなんだろうか。

おしまぃ。

重曹とクエン酸
どちらも掃除で役に立つ。

先日TVでみた処方。
重曹2、クエン酸1の重量比で混ぜて
ぬるぬるの下水のあるところにほおりこんで水を入れる。

いっきに綺麗になるのだとか。

メモでした。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。