2009年6月アーカイブ

イスラムの怒り
集英社新書
内藤正典 著

イスラムについて書かれている本。
イスラム。普通の日本人にとってはちょっと遠い世界。
イスラムは悪だというような話はイスラムに敵対する国から入ってくる。最近そういうニュースが多いのは現実。

hon-isuramunoikari.jpg

5,6年前からイスラムの世界に興味があった。
イスラムは悪だというようなニュースが増えるにつれ、反対に興味をもった。
なぜなら。
なぜ、悪というならこれだけたくさんの信徒がいるのだ? とか。
悪というには、平和の世界を築いているではないか・・・とか。
そもそも、イスラムってなんだ? とか。

 この本を読んでわかったこと。
結局、価値観の違い。それにつきると思う。そしてイスラムの世界のほうが厳格。(に思う)

1つ。この本を読んで矛盾に感じたこと。
イスラム教は寛容だというけど。
イスラム教を棄教すると死刑。これは寛容??

おしまぃ。

日本型経営の特徴の一つとして。
終身雇用がある。

最近思う。
終身雇用という言葉自体嘘なんじゃないかと。
だって、定年までしか雇わないだろ?
本当の意味で終身雇用なら、雇用される側が辞めたいというまで雇うのが正しいのではないか?
つまり、終身雇用ということばで包まれた年齢制限付き雇用である。

もし、「終身雇用」と言う言葉が復活したとしても。
内容は大きく変わるだろう。例えば、給料の保証されるレベルはとても低く、副業がOKとか。

年金と終身雇用は分けて考えることはできないとも思う。
年金を貰うためには、ほぼ間違いなく定年まで勤めなければならない。
年金を餌に労働させられるわけである。そして定年を迎えるころには年金は崩壊している。
国は意図的に未来の資産を取り崩して使うために年金+終身雇用という制度を運用したのかとも勘ぐりたくもなる。

このさき、人口減をこのまま受け入れるなら。
年金を貰うために定年まで勤めるなどという選択を選ぶのは正しいのだろうか?

さらに思うこと。
最近は定年延長という言葉で、おじいさんが現役を退かない。
そうなるとどうなるかというと。
若手が育たないのである。 定年が終わっても長く職場にいて若手を育てるというのならいいが、残念ながらそうではない。教えてしまえば自分の仕事がなくなるのだから、巧妙に仕事を若手に回さない方法を考えるのだそうだ。
世も末だなぁ。。。。

若者は自力で自分の人生を切り開け・・・と言いたいが。
切り開かれた世界で私のような年寄りはやってけるのだろうか・・・。

おしまぃ

母校

| コメント(0) | トラックバック(0)

とても久しぶりに卒業した母校へ行く。

昔あったとても重々しかった一号館と言われた建物は今はなく、ガラス張りのきれいな建物があった。
そこにいた学生は若かった。あたりまえだが。

教務課へ行き、卒業証明書をもらう。
成績証明書はいりませんか? と言われたので、
おもわず、
「成績は思い出したくないからいいです・・・。」と返事してしまった。

担当者はケラケラ笑いながら、卒業証明書を発行してくれたのであった。

長いこと行かなかったけど。
懐かしいところだったな。

おしまぃ。


ガセネッタ&シモネッタ
文春文庫
米原万里著

hon-gasenetta-simonetta.jpg

一度読みたいと思ってた。
先日、お茶の水の本屋さんをぷらぷらしていたら見つけたのだ。
おもしろいなぁ。
同時通訳の難しさが書いてある。

昔。音声言語、自動翻訳についての本を読んだことがあった。
自動翻訳がどれだけ難しいことか、この本を読んで改めて思った。

おしまぃ。

お風呂のドアの下部分をタイルで埋めた。

それが・・・。手を抜いたら。

見事にタイルが沈んでしまった。

まぁこれでもいっか。

修理前。
furo-doorsita-before.jpg

修理後
furo-doorsita-after.jpg

使ったホワイトセメント
white-cement-01.jpg

色はなんと薄い緑色。
水で溶いて固まると白くなるのだけど。とてもきれいな色だ。
whie-cement-02.jpg

使ったタイル。
furodoorsita-taile.jpg

側面は御影石を貼ってみた。ちゃんと付いているだろうか。
mikage-ishi.jpg

おしまぃ。

税金を使ってアニメの殿堂をつくるという案が進んでいる。

117億円だとか。

びみょーな金額だと思う。

子供のころの私なら、大賛成だったろう。漫画大好きな子供だったから。
今の私は、いらないね。 読まなくなって久しい。

古い原画を保存する必要があるという声もあるらしいが。
そんなに価値があるなら美術館なり博物館が別館でも作って保管すればいいんじゃないか?
それこそ国立図書館の一部分にとか。
そもそも原画を保存する必要なんてあるのか?
電子化してあれば十分じゃないのか? 原画に価値があるのは認めるが多くの人が読むという視点だけからすれば、原画が必要なんじゃなくて、電子化した情報のほうがいいだろう。

漫画とかアニメとか原画を蓄えることより、新しい作品を作り続けることにお金を使うわけにはいかないのだろうか。

いらないと言えばいらないけど。。。
それは自分の過去をみているからであって。
あっと驚く何かが出てくるならあってもいいかな。

おしまぃ。


今日のキュウリ。

一週間でここまで大きくなった。キュウリである。
kyuuu-ri--2009.jpg

他にもピーマンとししとう。
kyou-no-syuukaku.jpg

おしまぃ。

ドア枠を取り付ける。

普通反対である。ドア枠を取り付けてから、ドアを取り付ける・・・はず。
ドアを取り付けてから、ドア枠を取り付けた。
それでも問題はないけど。

restroom-door-01.jpg

restroom-door-02.jpg

なんかが変だと思っていたけど。
何が変なのかようやくわかった。

壁面と扉が同じ面になるんだ。
普通は扉が壁よりも奥まった位置になる。 

ドア枠にストライクを取り付ける。
door-strike-toritsuke.jpg

鑿で穴を開ける。これはうまくいった。
ストライクを取り付けたい穴の位置にすると、壁側にはみ出てしまうのだ。つまり、ドア全体の位置がおかしい・・・とその時に気がついた。
うーん。手遅れだ。
そこでストライクをひん曲げて、ドアを浅い位置に取り付けても問題ないようにした。ふぅ。

素人の取り付けたドアということで・・・こんなもんだな。

おしまぃ。

夏至

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も夏至の日。

最も一日が長い日なのだ。
この季節のジメジメした感じが好きになれない。

そして・・・。
雨が嫌いなのだ。

あぁ。眠い。
本読んで静かしてよう。
やることはたくさんあるんだけどね。
おしまぃ。

何もする気にならん。。。。
おしまぃ。

居眠り。

車の運転中に居眠りするとっても危険。
仕事中に居眠りするのは不謹慎。

私は仕事時間中に時々居眠りを・・・・・。

よく知るIT企業での話。
その会社ではもう10年も前から仕事中に居眠りする奴がいたら上司に報告するのが義務らしい。社員を相互監視させ、密告を推奨するような嫌な雰囲気な会社だと思うのだ。その会社はプログラマが外からの電話に出ることも当たり前である。

 IT企業の仕事でプログラムを組むというのがある。
頭がすっきりしていないとできない作業だと私は思っている。

 少しの居眠りもできない、電話による作業の中断はあたり前、のような環境で良いコードが書けるわけがないと思うのだがどうだろう? 頭をクールにしておくためには、少しのわがままは許容範囲である。そして結果のみが評価対象となるのが、プログラマを飼育するコツではないのだろうか?
 良いプログラマと悪いプログラマの効率は軽く100倍は超える。
良いプログラマを育てるには良い環境(多少の居眠りはOK、電話にはでないなど)を準備する必要があるだろう。
 前に見たとある会社のこと。極めて高度な研究している民間企業である。
 完全フレックスタイム。職場には昼寝用のマッサージチェア、シャワー室がある。勤務地は渋谷。
ただし。2年ごとの契約社員。能力がないとなると契約更新にはならない。年収は秘密だそうだ。

前者の会社と後者の会社。
自分の能力を磨き続けるには後者の会社のほうがおもしろいと思うよ。
入社できないだろうけどさ~。

「居眠り」の話がちょっと違う方向へ行ってしまった。
おしまぃ。

財源

| コメント(0) | トラックバック(0)

財源を確保するために消費税を上げる・・・というような話をよく聞く。

そもそも、なんで増税しなくてはならないのだ?
税金はどのように使われている?

税金をつかわなけりゃいいだろ。
そうすりゃ増税しなくてすむ。
税金で生きていく人間が多くなりすぎてるんじゃないのか?

そもそも消費税だけ話の対象になってるけど。
消費税をあげて、他の何か下がる税金はないのか?
それがあるなら許せる話ともいえる。

過去からの借金とかいうけど。いっそのこと踏み倒したらどうだ?
そうすりゃ、蜂の巣つついたような騒ぎになるからさ。

現政権だけの話じゃない。過去からの積み重ねがこんな議論のもとになってる。

単純にだ。
増税されて喜ぶ国民なんかいないってことだ。

おしまぃ。

なんと説明したらよいのかも良くわからなかった。

ドアのストライク。
ドアの枠側の穴に取り付ける金属片。
これがあるおかげで、ドアのラッチがひっかかりドアが開かないようになる。

ホームセンターに買いに行ってもなんて言って良いのかもわからず、しどろもどろに変な説明をする。
「ドア枠についてる、ドアの穴の金属片、ありますか?」
聞いた方も何を言っているんだ、こいつは・・・というような変な顔。
ようやく説明の意味がわかってこれですか?と渡されたのがこれ。

door-strike-01x.jpg

これのことをストライクというのだ! 

どれを取り付けるのがよいのかよくわからなかったので、いくつか買ってきた。
・・・どれも寸法が合わないことに気がつく。
ドア枠の寸法が変なのかもしれないが、もう作り直すことはできない。
ストライクをひん曲げてとりつけることにした。

おしまぃ。

百合の花。
(白)

yuri-siroou2009.jpg

きれいだなぁ。
咲いた直後に大雨で傾いてしまった。

この花のめしべに黄色い百合の花粉をつけてみた。
タネができるのだろうか??

おしまぃ。

クモ

| コメント(0) | トラックバック(0)

クモ

クモっていろんな種類がいておもしろいよなぁ。
kumo-2009.jpg

おしまぃ。

トイレ・洗面台・脱衣所のドアを取り付けた。

蝶番を取り付ける前。味気ないドアだなぁ。一番安いフラッシュドアというやつだ。
toilet-door-00x1.jpg

扉だけ買ってきても、取り付けるのはかなり大変。でも安い。
ドア枠付きになると値段が高い。

ドアを置いてわかるように、右端にスキマがある。ここに丁度良い寸法で角材をはめ込むのだ。それが面倒だな。

使用した蝶番。左吊り用。ドアを取り外すことが簡単にできるタイプを選んだ。扉を取り替えることはないと思うけどね。
けっこう重い。これをうっかり床に落としてしまった。みごとに床には陥没が・・・。床の上に養生シートをして作業をしてていろんな物を落とす。タイルとか、ドリルの刃とか。。。養生シートを取ったとき傷だらけになった床を見るのが怖い。
toilet-door-00x2.jpg

蝶番取り付けたところ。
toilet-door-00x3.jpg

決定的なミスはしなかったが・・・。
蝶番を取り付けるネジの山を潰してしまったり、蝶番の位置を10cmきっちりずれてつけてしまったり。。。
見栄えは悪くなってしまったなぁ。

次回はスキマを埋める角材を取り付ける。それとドアの上の部分に壁を作る。

少しずつ少しずつ、家になっていく。
おしまぃ。

百合の花つぼみ
白い百合の花だな。
開花が楽しみ。

tsubomi-yuri-siro.jpg

おしまぃ。

庭の野菜たち。
夏の間、私の食料となる。

シシトウ
2009-sisitou-01.jpg

茄子 みずなす
2009-mizunasu-001.jpg

茄子 千両
2009-senryou-nasu-01.jpg

キュウリの花
kyuri-2009-hana-0000x2.jpg

キュウリの実(小さい)
kyu-ri-2009-mi0xx1.jpg

オクラ
okura2009-01.jpg

ヤーコンの葉
yacon-happa-01.jpg

トマト
tomato-2009-ookiisx1.jpg

時期はずれのイチゴ
strawberry-ichigo-01.jpg

今年の梅の実 変な時期に剪定したため、5個しか収穫できなかった。
2009-ume-no-mi.jpg

葡萄。これはまだまだ実をつけるには時間がかかりそうだ。品種は忘れた。
budou-2009-cx1.jpg

ブルーベリーの実。 今年もブルーベリーの実がなる。
Bluebery-22009-1.jpg

食用になるものばかりでした。
おしまぃ。

ゆでダコを切ったのと
水にさらしたタマネギの薄切りを混ぜて、
ドレッシングをかけて混ぜる。

ドレッシングは
マヨネーズとニンニクをすったのとワサビと胡椒とお酢を少々を混ぜる。

ちなみにニンニクとワサビはチューブのやつ。

甘みのあるタマネギだとおいしさも倍増。

onion-tako-sarada.jpg

器はラーメンのどんぶり。

おしまぃ。

YEBISU Premium 超長期熟成
2009 限定醸造
麦芽100%生ビール

写真。
YEBISU-Premium2009.jpg


とてもまろやかで。
香り高い。
うまぃぃぃぃ。
でも、高いぃぃぃぃぃ。
おしまぃ。

久しぶりにBE-PALを買う。

付録に懐中電灯が付いていたのだ。
付録に釣られて買うなんて子供みたいだな。

28周年記念かぁ。創刊から28年もたったということに驚き。
25年ぐらい前から読んでいる。一時は毎月必ず買っていたけど、最近は縁のない雑誌だった。

表紙。2009年7月号。
BEPAL-200907.jpg

付録の「野遊びポケットライト」
BEPAL-200907-2.jpg

アルミ製。こんなのが本の付録で付く時代なんだなぁ。
久しぶりにBE-PALを読むことを楽しむ。
いつまでもこういう雑誌を楽しんでいたいと思う。

おしまぃ。

世界の鍋
服部直美
情報センター出版局

世界の鍋料理を紹介した本。
この本にもレシピが載っている。

でも、この本のレシピ、たぶん役に立たない。
世界の鍋ということもあって、日本では手に入りにくい食材や香辛料がたくさんでてる。

料理はその土地に行って食べるほうがおいしいんだろう。

hon-sekai-no-nabe.jpg

どんな味なのか想像しながら本を読むのがこの本の楽しみ方なんだとおもった。

おしまぃ。

ぶっかけ飯の快感
小泉武夫 著
新潮文庫

 小泉武夫氏の本である。
未だ読んでないけど。
読むとお腹が減ってくるんだろう。

はやく読みたいと思う。
hon-bukkake-meshi.jpg

この本にも簡単なレシピがたくさんでてるのであった。
おしまぃ。

ワインによく合うおつまみ手帖
田崎真也著
講談社文庫

これまた食べ物の本。
いつか作って見たいと思うようなレシピがあったので買ってみた。
ワインの味はわからないけど、うんちくを語るのが好きなのだ。
昔かっこつけて、「渋くなくて重い赤ワイン」とか言ってウェイターに苦笑されたっけ。

hon-wainniauotumai.jpg

おしまぃ。

最近、よく本屋さんに行く。

久しぶりに立ち読みを楽しんでいるのだ。
通販では本の中まで確認できない。
そのできない楽しみが立ち読みにはあるわけだ。

立ち読みだけで終わらないのが問題で。。。。
おもしろそうだと思うと買ってしまう。
これが通販にはない店舗販売の強みだろうなぁ。見て良いと思って買う。

今日見つけた本。
「自分で作れるグミの本」
グミという歯ごたえのないお菓子がそこそこ好きだったけど、自分で作れるとは思ってもなかった。
この本にはたくさん作り方が書いてある。

今思うと。何かの作り方が書いてある本が好きなんだな。
いつグミをつくることになるかわからないけど。
時々読んでみることにする。

hon-gummy-no-hon.jpg

おしまぃ。

今日から東京も梅雨入り。

じとじと湿気の多い嫌いな季節だ。

梅雨を過ぎると夏本番!

そういえば、梅を収穫しないとなぁ。。。

リフォームする。
・・・その前に。

掃除をした。
ゴミをそのままにしていままでやってきたので。
掃除して綺麗にした。

それと。トイレのドアを注文した。
普通にDIYショップで注文したけど。
インターネットでドアも買えることにおっどろいた。
一番安いドア。
真っ平らで。なんの装飾もなくて。。。飾り気のないドア。

トイレにドアがつくだけでもいっか。

おしまぃ。

鰻丼

| コメント(0) | トラックバック(0)

牛丼の弁当を買おうと吉野屋に入る。

しかし買ったのは鰻丼。

食べようと蓋を開ける。愕然とする。ち、ちいさい!
unadon-yoshinoya.jpg

この小ささはなんだ・・・。そうだよなぁ。550円で期待するほうが間違ってるよな・・・。
たれも少ししかかかってないし。

期待過剰だった自分の脳味噌をリセットして。
食べる。
・・・うーん。ゴムみたいだ。。。。

吉野屋は牛丼がいいようだ。

おしまぃ。

先日、トイレを取り付けた。ピュアレストQR

便座を買ってきた。
めずらしくインターネット通販で買ったのだ。
電気家電のお店だった。便座って家電扱いなのか?

品番はTOTOのTCF356-N11 色はペールホワイト。本体の色に合わせた。
開封して見る。
benza-hakouchi.jpg
部材はたくさんあるよなぁ。取り付けるのが大変だ。
マニュアルはとてもしっかりしている。普通に読んで取り付ければ問題はない。

そして気がつく。
なんとリモコンがついているのだ。
benza-rimokon.jpg

その時思った。リモコンじゃないと蓋も開かないのか??
慌ててトイレに入って、リモコン探して、蓋を開けようとする。しかしリモコンは電池切れで蓋が開かない。なーんていう風景を想像してしまった。
 この型番はリモコンで蓋が開くタイプではないのでそんな心配はいらないんだ。

夜中まで、トイレの前でマニュアルと見て、トイレを組み立てる。
そして完成する。
なんてうれしいのだ。
benza-torituke-go.jpg


さっそくズボンをおろして座る。
あぁ。やったぁ。なんとも言えない開放感。

そこで気がつく。。。。
紙がない。

うーむ。何を慌ててんだろぅ。
トイレットペーパーも準備しないで用を足すとは。。。

おしまぃ。


お風呂の床を掃除する。

いままで、風呂場でセメント練ったり、漆喰を練ったり。今考えるとトンデモねぇことをよくやっていた。
おかげで、床は砂などでザラザラしてなんとも心地悪かったのだ。
furo-yuka-before-clean.jpg

それを掃除した。
ケルヒャーの高圧水蒸気ですみからすみまで、床を綺麗にした。
やっと普通のお風呂らしくなったのだ。

もうここでセメントや漆喰を練ったりしない。
そういうことは外でやることにする。(あたりまえだぁ)

つるつるになった床ってホントにいいもんですねぇ。
furo-yuka-after-clean.jpg

コンクリートが見えてるところはホワイトセメントを買ってきて綺麗にして完成としよう。
おしまぃ。

ネットワークハードディスク
BUFFALO LS-WH2.0TGL/R1

ネットワーク経由でつながるドライブ、それもRAID1のミラーリングがついてて容量はRAID1で1TBというちょっと前には考えられないような製品が、なんと! 23000円ぐらいで買えるのだ。びっくり!驚いた!
なんとすごいことに、空冷用のFANもついてるし。。。

怖いのは停電ぐらいだな。停電の時は故障の可能性があるらしい。無停電電源装置と直結して停電時は自動停止ぐらいする機能をつけてもいいのに。いや、停電時の故障防止停止用のバッテリーぐらい搭載するのはどうだ?

 時々電源を入れてつかうStrageだから電源を入れっぱなしにすることはないので、この性能でいいけど。24時間稼働とかいいながら、停電ぐらいで故障するなんて使い物にならん。これならUSB接続でPCともどもUPSの下につながっている機器のほうが信頼性が高いだろう。

内蔵していたドライブはたぶんウェスタンデジタル社製。。。ここのは過去に私が使った中では最低なドライブだった。しょっちゅー壊れたからな。一番信頼していたのはIBM-日立のころのHDD。

なんでこんなものが必要になったかというと。
いままで使っていた、RAID5のドライブがとうとう動作不良となったのだ。かなり長く使った。
壊れてからあわててこのような装置を買ったのはいいのだけど。。。もとのRAID5が復活しない。最悪、全ての過去の写真が綺麗さっぱりなくなる。 なんのためのRAID5だったのやら。。

箱の写真。
NAS-gigaDrive01.jpg

本体
NAS-gigaDrive02.jpg

 使い勝手は・・・。付属のソフトで、ネットワーク経由でドライブが見つからなくなる。IPアドレス直接指定すると動作するけど、なんで見つからないんだ? ファイアーウォールが原因か?

おしまぃ。

百合の花。

百合の花は大きい。
なかなか大きい花が咲いた。

yuri-yellow-beuty.jpg

大きな花だなぁ。

その後、さらに一つ開花した。
yuri-hana-001.jpg

なかなか迫力あるね。
おしまぃ。

カルキを落とすのに何を使えばいいか探していたら、クエン酸が良いというのを知った。

と同時に。
掃除に、クエン酸と重曹があればだいたいの汚れは落とせるというのも初めて知った。

よし、これで家をピッカピカにするぞ!

ちなみに、高圧水蒸気で掃除するケルヒャーの機器につかうカルキ除去材の箱裏にはクエン酸と書いてあった。
keruhya-karuki-jyokyo-zai.jpg

おしまぃ。

システムキッチンを探す。

いろいろと調べる。
カタログも見る。カタログ読むだけで大変な作業。どれも立派だなぁ。値段も立派だ。

高い! 高すぎる~。
いままでの住宅設備のなかでも格別高い!
かるーく、50万円ぐらいする。
一番やすそうなのでも20万円程度。

一番安いのでいいのだが・・・。

でも高いなぁ。

いくら写真でみて綺麗でも、使い込んでいくうちに油まみれになって汚くなっていくのだ。。
いっそのこと業務用の中古のステンレス製のキッチンでも探すかな。
そのほうがよっぽど使いやすいように思えてきた。

時間があったらそれも考えてみよう。

おしまぃ。

ニュースによると、
GM(ゼネラルモーターズ)が破綻した。

世界第一位だった車メーカーだ。

経済のうねりというものは、そのように大きな会社すら潰してしまう。

経済が問題なのか?
違うのではないか?
人間のもつ欲望が経済を狂わせる。では、その欲望とは?

おしまぃ。


ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。