2008年5月アーカイブ

風邪

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひさしぶりに風邪をひく。。

ここしばらく暑くなったり寒くなったり。
お天気の神様も大変だ。

暑くなった時に、布団を片付けてしまった。
そしたら、みごとにその後の寒さでダウン。
朝おきると喉は痛いし、鼻水は出るし、頭はぼんやりしてるし。。。
いまもだけど。

酒飲んで眠ろう。
あ~、頭いてぇ。

おしまぃ。

クラスター爆弾

最終的に全面禁止に日本も賛同した。
「最後まで反対したことはよくないことだ」みたいなことを言われて、言われ損だよな。
アメリカ・中国・ロシアなんて最初っからそんな会議にすら加わらない。わかりやすいね。

軍事兵器なんていうのは最終的には核兵器があって、それ以外の兵器なんていままでの日本ではあろうとなかろうと実戦で利用することないんだから何持ったって変わらないだろ。。と思うのだ。

 日本は核兵器をもたない。そうなると抑止力となる兵器は十分なものをもたないといけないのではないだろうか? 

 対人地雷とか戦闘が終了したときに、害のでる兵器が歓迎されないのは当然ではあるけど。
ホントに条約がまもられる話なんだろうか・・・・。
こと軍事の話となると、最後は「うるせーそんな話聞けるかぁ」となって・・・・。

残念ではあるが、平和を維持するのは軍事的な「抑止力」でもあるのだ。

おしまぃ。

プリントゴッコ

理想科学工業が販売する家庭用簡易印刷機。
シルクスクリーンを簡単につくる機械といってよいのかな。。

はじめてこれで年賀状を作ったときは感動した。
こんな簡単に印刷できるのか!と。

 一時期はこれで年賀状を300枚ぐらい作っていたときもある。

この6月で販売終了となるらしい。(国内だけらしいが)
消耗品はしばらく販売継続するということだから、消耗品をたくさん買い込んでおこう。
私はこの機械を末永く愛用したいと思っている。

こういう素朴だけど実用性のある道具がなくなるのは、ちと寂しい。

おしまぃ。

学生のころ。
というよりも、いままでの人生で。

私はいくつの「推薦状」を書いてもらったことだろう。
とあるセミナーに参加するために隣家の親父から。
就職活動のときに教授から。(それも2度も)
学会参加するときに教授から。
とある企業に世話になるときに上司から。

なかでも教授からもらった推薦状はとてつもなく重い効力をもっていた。
いちど中身をみせてもらったことがある。
恐ろしく美しい達筆で、申し訳ないくらいに私を良く書いた内容。それ以来頭があがらなかった。

推薦状の数々は私の人生を左右してきた。
今思うと。何かやろうと思うと、その時々で推薦状を書いてくれる人に出会えることができた。
私はとても運がよいのだろう。

受けた恩は返して行かないと、と最近になって思うのだけど。
すでに私の人生を左右した恩人たちの何人かは鬼籍に入ってしまった。

最近推薦状を書いて貰うことがあって。
あらためておもったのでした。

おしまぃ。


世界の小型ジェット機市場は今後拡大するらしい。
そのような業界に日本の日本航空機産業が挑戦する。
三菱リージョナルジェット MRJ

1500億円の開発費。

 かつて日本の国産旅客機で有名なのがYS-11。
性能はよかったと言われる。

日本の技術力をもってすればMRJをつくることは十分に可能。
しかし。昭和37年。YS-11が失敗に終わった理由は、採算がとれなかったこと。
技術力ではなかった。

同様に今回のMRJ開発の要となるのは。
技術力はさることながら。その後の販売数だろう。

うーむ興味深い。
おしまぃ。

カップヌードル
初めて見る味。ミルクカレー味。

ちょっと前にはミルクシーフードみたいのがあったような・・・。
お湯の代わりに暖めたミルクを入れて食べるとおいしいとかいう話はあったけど。
商品になっていた。

MilkCurry-cupnoodle.jpg

さて。何時食べようか。

おしまぃ。

自衛隊が四川大地震の救助として中国へ行くのが決まった。

いままでは考えられなかったこと。
日本から言い始めたことではなく、中国側からの申し出らしい。

ある意味、仮想敵国である中国への救助活動。
自衛隊側も内心、困ったと思っているところもあるだろう。
例えば、軍事機密に相当する部分とか。
 救助部隊に重要機密はないと言いたいかもしれないが、、、、。

ちなみに四川大地震で中国へ軍隊を派遣したのは、他にロシアやアメリカ。
彼らはそういうことになれているのだろうか。

曲がりなりにも軍隊だから、ぶっそうな話にならなければいい。
おしまぃ。

6万人ともいえる死者。数百万人ともいえる被災者。
避難場所もピンキリ。すごいところでは、北京有名ホテルシェフが作る料理が出てたりもする。
避難民の数はものすごい数。
未曾有の大災害。

。。。

そもそも。
思考とはロジカルなものなのだろうか?

人と話していて思う時がある。
「なぜ、この人は今、この話しをするのだろう?」

話のストリームを分析すると、相手の意図が見え隠れする。
聞く側にとっては支離滅裂に感じても、話す側にたってみると極めて理路整然とロジカルな話。
なぜそうなるかというと、聞く側に情報が不足しているから。同じ情報量をもつもの同士なら会話は成り立つが、持っている情報に違いがあると、会話は成り立たない。
 また、持っている情報が同じでも、思考ロジックが違えば、意志の疎通はない。

1つめの段階として。
 相手と同じ以上の十分な情報はもっているだろうか?
2つめ。
 もし、もっていないとして、この会話でそれを補填することは可能か?
3つめ。
 相手と同じ思考ロジックはもっているか? もっていないとしてもロジックを理解できる範疇か?
4つめ。
 ここまで話ができて初めて、対戦できる。

ここに行き着くまでの経緯が大変なんだ。
恋愛とかなら、この過程も楽しめるけど。
つまらん仕事だと、途中で口を聞くのも嫌になる。私も相手も。

思考ロジックを見ることを鍛えると。
相手の立場ってやつを思っての会話ができる。・・・かもしれない。
相手の立場がわかっても、逃げ道を与えることが出来ないことも多いし、自己主張が強いだけっていう相手も多い。
 言葉や文化が違うとこれまた・・・むずかしそうな話だ。

おしまぃ。

残業時間について。

知り合いの会社で。
上司が言うらしい。
「残業時間をつけるな。」
「他の人は残業時間つけてないぞ」

理解出来ない話。
「残業するな」ならわかるのだ。できることは時間内にやれという話だから、そのために努力はする。
それでも間に合わないから残業となるのだ。「定時に退社する日」とかいうのがあっても翌日までの顧客の要求に応えるには、残業はする。
 そうすると、「定時に退社する日」には残業するなとくる。客のほう向いて仕事してたら普通そんなこと言えないだろ。
 そこまでしないと残業時間が減らないというのは、ダラダラ仕事して残業するのが当たり前みたいな奴が多すぎるから。そういう隣の奴が・・・。
 そこまでいうなら、給料(時間単金)を減らせばいいだろ。残業代は払うけど業績は悪化するから下げると。ボーナスなしでもいい。 そこまでできないって? おかしな話だよなぁ。すくなくとも、潰れるから給料をさげる。従業員は辞めるか残るかの選択はできるはずだ。辞めても先がないっていうことも多いけど。(苦笑)

 「他の人は残業時間つけてないぞ。」とも言われるらしい。
ちょっとまて。他の人と同じ仕事してるのか??ん??
本当にそうかぃ。いっそのこと全部他の奴にやってみせろって。
他には誰もできない仕事してるだろ。
他の人と同じ仕事して同じ時間で帰らないのが悪いというなら、指示してる人間が悪いんだな。
雛壇席でいつも暇だろ。電話番になってるくらいなんだ。(笑)

同じ仕事を長い時間かけてやっているというなら、給料下げてもいいんだって。それが能力なんだから。なんでそういう仕組みにならないんだか、不思議だ。

言われるほうも、あまりに羊な対応だよな。
でないと、言われただけ損しそうな話だ。

おしまぃ。

景気が悪くなるんじゃないかと前に書いた。

地球温暖化が原因かどうかわからないけど。水不足だ。

いままで水はいくらでもあった。日本ではこれからも水はそんなに減らないと思う。

水不足というが、本当に水不足で怖いのは世界の穀倉地帯。アメリカやオーストラリア。

水がなくなれば、当然農産物は高騰する。
日本の食糧自給率は40%にも満たない。
そうなると・・・。
食品が値上げすることは容易に想像できる。
現に小麦粉はここ数ヶ月値段が上がる一方だ。
体感する景気はよくなるわけない。

水不足で有効な農業がある。
養液栽培だ。
水を循環させることで水を有効利用する。
地中海沿岸のスペインなどでつくられるトマトはそうやって作られる。ちなみにトマトは極めて養液栽培に適している。タフなのだ。
日本ではいままで水不足がすくなかったことから循環式の養液栽培は少なかった。
養液栽培については思うところがあるので、またそのうち。

日本は水不足になりにくい。もっとも国土も狭いけど。
水が十分にあるってことは、農業国への転進も可能ということだ。
いっそのこと、米を自由市場経済にさらしたらどうなんだろう。
刺激が強いのはわかるけど、いまのご時世考えると、そろそろ日本の農業政策も方針転換する時だと思うのだ。輸出するのは技術じゃなくて、おいしい食べ物。
おいしい食べ物を輸出するっていうのもいいと思うけどな。

さらにさらに。水を製造するため、逆浸透膜を使い、海水から水をつくる。
逆浸透膜をつかった淡水化装置はとてもエネルギーがかかる。
まだまだ問題はあるんだとおもうな。
おしまぃ。

Love is to be needed.

愛は必要とされること。 ←下手な訳だなぁ。

私は必要とされてるのだろうか?

この言葉から思うことはたくさんあるので。。。
いつか書き足す・・・かもしれない。

おしまぃ。

Suica

| コメント(0) | トラックバック(0)

Suica

JR東日本の乗車券、Suica。
先日、定期券の継続を自動販売機で行おうとしたら何度やってもエラーで戻ってきてしまう。

裏の文字がはげてしまったから読み取れなかったらしい。
「磁気情報が読み取れないので、窓口にお伺いください。」という。
磁気じゃないってば。

緑の窓口で、カード交換して使えるようになったけど。
なんでだか。

おしまぃ。

雨漏り。

天窓まわりの雨漏りが止まらない。

少々見込みが甘かったようだ。
そもそも、雨漏りとはどういうときにするものなのか?

いろいろと調べた。(いまさらながら・・・)

どうやら、防水シート(アスファルトルーフィング)が破れると防水されなくなるらしい。
アスファルトルーフィングがあれば防水されるなら、瓦やスレートなどは防水しないのか??

そうではないけど。。。

どこから水漏れするのかよくわからんのだ。
水漏れしそうなところの上にはトタン板もひいたのに雨は漏る。

ということで、一時中断。
最近仕事が忙しくて、リフォームは全然すすんでない。

おしまぃ。

日本にも何店舗かある、フランス資本のスーパーマーケット。

日本だけでなく、中国にも進出している。

少し前のこと。
フランス大統領が北京オリンピックについて否定的な見解をだしたところ、中国国内でカルフール不買運動がでるほどの騒ぎがあった。

そして今、四川大地震がおき義援金として3億円以上を拠出することが報道されると、賞賛の嵐だそうだ。

世論を操作して圧力とするやりかたがとても上手な国だ。

中国は自国に問題がでているなか、ミャンマーには1000万ドルの資金援助だとか。
まぁこれはこれで良いとはおもうけどね。お金の出所が違うんだろうから。

全部ニュースの受け売りだけどね。
おしまぃ。

ヨーグルト

ヨーグルトは乳酸菌でできる。
いまどきの気温なら、乳酸菌の種菌を紙パックの牛乳にいれておけば1日で牛乳パックごとヨーグルトができる。
ヨーグルトの種菌になるようにヨーグルトを買ってきて、牛乳パックにヨーグルトの欠片をいれる。

1日たって、牛乳パックにいっぱいのヨーグルトができる。
安上がりである。
長くおいておくと、酸っぱくなるだろうが、早めに食べるとまろやかな味である。

もっと暑くなるとヨーグルトの乳酸菌より雑菌のほうが強くなったりする。
いまどきが一番おいしくできるような気がする。

乳酸菌とかパン作りで使う酵母菌とか。菌がいいなぁ。
おしまぃ。

今日の体重。

体重:84.6kg
体脂肪率23.6%
体年齢:47歳
BMI:26.9
基礎代謝:1844kcal
内臓脂肪レベル:12
全身皮下脂肪率:16.8%
全身骨格筋率:32.8%
体幹皮下脂肪率:15.3%
体幹骨格筋率:25.6%
両脚皮下脂肪率:21.5%
両脚骨格筋率:50.1%
両腕皮下脂肪率:21.5%
両腕骨格筋率:36.9%

久しぶりに、今日の体重。
太ったなぁ。
はぁ。。。
仕事のストレスを食欲で解消しているのがいけないのはわかるけど。。。
ストレスは解消されない。

おしまぃ。

一眼レフカメラのレンズ。

様々なレンズがあるわけだけど。
あんなレンズが良い、こんなレンズが良いといろんなHPを見て情報を仕入れるわけだけど。

高倍率レンズで、接写(マクロ)撮影もできて、画質が良くて。
全部の条件を綺麗にみたすレンズは販売してない。
お金をかければ開発できるのかというと、そうでもなさそう。

ほしいレンズといえば、こんなレンズ。
切り替え式複焦点レンズ。
ズームレンズでいいじゃん。といいたいけど。
高倍率ズームレンズだと画質があまり良くないという悩みがある。単焦点の抜けの良いクリアの映像とはどうしても差がでるのだ。

そこでズームでなくてよいから、画質が良いというようなレンズはできないのだろうか?

例えば、24mmと50mmと120mmの3つを切り替えることができて、F2.8。
画質優先。

・・・ここまで書いていて思った。
交換レンズを持ち歩けばいいじゃん。

いや、そうじゃなくて。
マウントは外したくない。
画質も今の高倍率ズームレンズより良い。
ズームは段階で十分。切り替え式単焦点(複焦点とはいわないよな。)
できれば、F2.8はほしい。
大きさは、F2.8単焦点レンズを複数持ち歩くよりもかさばらない。

そんなレンズだれか作ってくれないか?
おしまぃ。

今年の大相撲五月場所。

優勝は琴欧洲。ブルガリア出身
2m2cmの身長。
ちょっと甘めのマスク。

欧州出身力士としては初の優勝。

ちょっとうれしいね。

日本出身にこだわることなく、相撲というものがおもしろくなるのはうれしいね。
おしまぃ。

景気

| コメント(0) | トラックバック(0)

景気。

ここ数ヶ月、景気はよいと言われていたような気もするが。。。
何を基準のそういう話をしてたのだろうか。
そもそも、景気って何? どういう状態を景気が良いというのだろう?
勉強したことないからわからないが。。。Wikipediaによると。
「景気を判断する際には、政府においては景気動向指数、景気ウォッチャー調査などが利用される」
とある。
小難しい話はおいといて。。。

これから大不況がくるのではないかと思う。不況ではないにしても、強烈な景気低迷だ。
理由は、
 原油高。
 日本においては消費税率UP。

 最初に日本の輸出産業の衰退が目立つことになるだろう。私の考えでは、現地生産が進んでいるから、自動車産業はすでに輸出産業ではない。いままで現地生産していた企業は、そのまま現地法人のほうが大きな会社になったりするかもしれないな。

 どのようなタイミングでそのようになるかわからないけど。
うすうすと感じている。もうすこし掘り下げてBlogネタにしてみたいと思う。
 
そうなるとどうなるかというと、全てがシャッフルされる。
その時、浮かび上がれるか、沈んだままになるかだ。

私はいままでだって沈んだままだから、いまさら悩むこともないけどね。(苦笑)
おしまぃ。

年金。
何年か前から、このままだと年金は破綻するといわれていた。
理由は、人口が増えないから。
もうひとつ理由がある。老人が長生きするようになったから。

年金。働いていたころ貯めたお金を老後にもらえると思っているようだけど。実はそうではない。
貯めていたと思っていただけで、老人が若い頃納めたお金はそのころの老人に支払われたのだ。
そして今、若者が国に納めているお金が老人に支払われる。

老人が増え若者が減れば、当然老人一人あたりの支給額は減る・・・・はずだよね??
まぁそうなってないから老人に支払うお金がないということで財源が問題になる。

ここにきて、財源として、税金を使おうという話をNewsなどで見るようになった。
一般消費税から集めたお金を老後の年金の当てようというのだ。
あまねく平等にお金を集めるなら、それしかないと言うようなことを言う大臣もいるけど。
消費税アップは当然で、それも今の5%から19%へ大幅アップなどという話も聞く。
それだけ大幅に一般消費税がUPすれば景気が冷え込むのは間違いないのだ。
消費税を財源にすると、この先消費税からならなんでもお金がとれると思う政策になりそうで怖い。

この国の政策は老人のためだけにあるのか?
生産性がなくなった老人に若者の成長が阻まれているような気がするのは間違いか?
若者が育たない世界に明日はあるのだろうか?

いまや老いを重ねることが幸せだという国にはならなくなってしまったのだ。

これ以上、年金の財源を若者に負担させるのは、世代間の闘争になるというけど、消費税アップにしても同じことだ。

 この問題、ソフトランディングで少しずつ問題を解消しようとしていたけど、とうとう路線変更することになったのだ。このままハードランディング(消費税アップ)になるのだろうか。。。

 おしまぃ。

追記。

 そもそも、年金ってなんだ?
年金なんていらないんじゃない?
死ぬまで楽しく、細く長くはたらけるような仕組みにすればいいと思う。
年金もらえれば働かないっていう発想がへんだよなぁ。
働く場所がないというのもあるようだけど。

過激な意見だって??
というか、この先そうなるような気が・・・。

おしまぃ。

最近よく聞く単語。
NGN
NextGenerationNetwork
NTTが謳う「次世代ネットワーク」 と言われるものだ。
こんなネーミングをしたら、さらに次のネットワークを開発したときに名前をつけるとき困るだろ・・・。「次次世代ネットワーク:NNGN」とでもなるのだろうか。それともその次はないのだろうか?(笑)

またこんな話も良く聞く。
NGNなんて言うけど、目立ってあたらしいサービスも技術もないじゃないか。と。
まぁ確かにそうだと思う。
しかし、大声で言えない新しい特徴があるのだ・・・・。
続く。

日テレ系火曜のTVドラマ
「おせん」

時々みるのだけど。
なかなか良いドラマだなぁ。

古いものを大事にすること。
手間を惜しまずものを作る姿勢とか。
失われてしまったものが映像として残っているドラマ。・・・なんて30年後ぐらいに書かれたりしそうだ。

蒼井優の演じる主人公、女将の半田仙。
少し、ボヤッとした性格なのかとおもっていたけど、
優しさと強さと筋のとおった性格。

ついつい蒼井優を見ていて番組終わりまで見てしまう。

次回が楽しみだな。
おしまぃ。

会社から帰って、部屋にはいると、甘酸っぱい匂いがする。
なんでだ?

匂いのもとを探すとKIWIフルーツが袋に入っているのを見つけた。
一週間前に買ってきてそのまま忘れて、放置していたのだ。

あぶなく腐らせてしまうところだった。

色が違うタイプの2種類。形も違う。
kiwi-yellow-and-green01.jpg

黄色と緑色。
kiwi-yellow-and-green02.jpg

おしまぃ。

カメラのレンズ。

 いつもはTAMRONの17-55mmf2.8 を使っている。
望遠レンズとしてはTAMRONの18-250mmがあるのだけど。。。

魔がさした。^^;
通販で衝動買いしてしまった。最近、仕事も忙しくストレスもたまり、ついポチっと・・・。
理由を書くなら。。
ちょっとした望遠がほしかったこと。
VRレンズだったこと。
大きさが小さいこと。
値段がかなり安かったこと。定価の50%ほど。ほぼ最安値だと思う。
kakaku.comで安いところを探し、注文したのは午前中。翌日の夕刻には届いていた。忙しい時にはとても便利である。

画角は55mmから200mm。
遙か昔にミノルタα-7000を使った時の画角、35mmフィルム版の70~300mmを思い出す。

大きさはかなり小さい。携帯するには便利。90mmマクロレンズより少し大きい程度。
それに。VRレンズ。VR:手ぶれ防止機能がついている。
初めて使うVRレンズ。VRの効果を夕暮れ時に試してみよう。

箱。
55-200-VRlens-01.jpg

箱からだしたところ。
55-200-VRlens-03.jpg

VRレンズ。
55-200-VRlens-02.jpg

最初の1枚。 最初の1枚。フラッシュを使うとVRの効果はわからないな。
55-200-VRlens-firstshot.jpg

おしまぃ。

追記。
若干の不満がでてきた。
・画面が暗い。70-200mmF2.8 と比べるとファインダーが暗い。当たり前なんだけどね。
・フォーカス速度が遅く感じる。いや、確かに遅い。。。 致命的な遅さだ。
・ボケがあまりきれいでない。(何に比べてといわれると悩むんだけど・・・)
値段と携帯性の大きさの差を考えると文句は言えない。
もう少し使いこなしてみようか。

おしまぃ。

雨漏りを修理した。
見た目では、コーティングは問題なさそう。
したたってくる水の量を考えると、小さい穴一つとは思えない。
屋根にトタン板をひいてきた。
これで来週の雨で様子を見よう。
もし。これでだめなら。。。。
大規模改修だな。

自分で屋根に穴をあけて天窓をつけたのだけど。後悔しはじめた。^^;

室内の防虫剤の塗布を終了。
次回は、壁の補修を行う。
壁の補修後、塗装。
・・・いつになったら塗装できるだろうか。

おしまぃ。

雨だ。。。。

屋根の雨漏りを修理したかったけど。
午前中は寝てたのだ。

修理しようと道具を準備し終わったら・・・。夕立がふってきた。
そろそろ梅雨だし。
今度こそ雨漏りを修理しておかないとまずいな。

はぁ。。。。つかれた・・・。

おしまぃ。

リサイクルしたものによくついている。

「この商品は、ペットボトルを再加工してつくったものです。うんぬん。」
「この名刺は再生紙を利用しています。うんぬん。」
「この年賀状は・・・」←これは偽装があったっけ。

リサイクルしたことを宣言しないといけない理由はなんだろう?
環境問題に意識をもっている会社だと言うことをいいたいがためだけじゃないだろか?

幸いなことに、日本という国はまだ経済的に優位性のある国である。
そうなると、国内で割のあわない事業は自然と海外に流れる。

リサイクルだって事業性がないからそうなっている。
誰も好きこのんで中国に古ペットボトルを輸出しているわけじゃない。
高く買ってくれるのだから売るのだ。。それが自由経済ってもんだ。
自由経済が行き過ぎると経済じゃなくなることもあるから、それは監視しないといけないけど。

で、何がいいたいかっていうと。。。話はもっと小さくて。
わざわざ、リサイクルを謳うとそのための費用が少しずつ増える。
だからそんなの入れる必要ないんじゃない?
品質に応じた価格。それを消費する側が納得して買えばいいのだ。(それが難しいこともあるけど)

おしまぃ。

ネットワークカメラ
PLANEX CS-TX04F
30万画素。
・・・で性能はといいたいのだけど。

動作が不安定で、数十秒画面を表示するとIEがハングアップする。
networkcamera-cs-tx04f-1.jpg

networkcamera-cs-tx04f-2.jpg

他のマシンから使ってみることにする。

おしまぃ。

何かをやろうとすると。
上司に言われる。
「それは儲かるのか?」

そんなことわかるわけないだろ~。
いちおう収支予測はこうなってるという資料を出す。もちろん目処がついている売り上げでだ。
・・・そんな資料を出すと言われる。
もっと売り上げを上げられるように、「鉛筆をなめるんだよ」と。
鉛筆なめて売り上げが「本当に伸びる」なら文句は言わないけどよ~。
まじめに作った資料をメチャクチャにしやがっていい加減にしろよ。

いまある仕事の収支が悪くなったのは営業力が悪いからだと言う。
普通に分析すればそんなことじゃないのだ。
市場がなくなっていくからお客さんが減って収入が減っているんだ。
技術が陳腐化して魅力がなくなれば売れなくなるのはあたりまえじゃないか。
5年前の技術を売ろうとして許される世界じゃないことぐらいわからないのだろうか?
そういう当たり前のことが全然わかってない。技術は予想以上の速度で拡散し進化する。

そういうことを理路整然と説明すると。。。
「おまえはやる気があるのか」と感情的に怒られる。
あるわけねーだろ。
「今年のボーナスはないからな。」なんて言われて仕事に対するモチベーションがあがるほうがおかしい。結果を出す時に、頑張ったけどうまくいかなかった、と言われるなら理解できるが、これからという時に今年のボーナスはないなんて言う仕事を喜んでやる奴がどこにいるのだ?

やらなくて良い仕事やらされて儲からないから給料もあがらないなんて言われるくらいなら、さっさと撤退して別のビジネスを展開するほうが良いと思うんだけどね。そういうこというと、いらなくなる人(つまり上司)がいるもんだからなかなか変わらない。私はどこでも生きていけるからなんていうと、「白い目」で見られるのだ。

あぁ嫌な仕事をやることになったもんだ。

おしまぃ。

食料の価格が世界的に高騰している。
といっても直接わたしが知っているわけではない。
ニュースなどでその断片を知っているにすぎない。
タイでは米の価格が50%もアップしているらしいとか。
日本だって高騰ってほどでないけど、食品の価格はあがりっぱなし。

理由は世界的な物価上昇・・・と、バイオ燃料の製造。
だと思う。

食料が高騰すると、食糧不足となる人々もでてくるわけで・・・。
そうなると、バイオ燃料と食料を天秤にかけることになるのではなかろうか?

どっちが大事かって??

食料に決まってるだろ・・・と思っていたんだけど。
冷静に考えてみたら。
お金のある人たちはバイオ燃料のほうが大事だと思っているように思えてきた。

まぁいいや。

米国だけでなく、中国なども原子力発電所をたくさんつくる計画をしている。
それはバイオ燃料などと言う食料と天秤にかけなければならないエネルギー源より
安定したエネルギーがほしいからにほかならない。

バターだけでなく。食料の安定供給を再度考えないといけないと思うんだ。
それも早急に。食料不足はそれがわかっても、すぐには対応とれない。
いつも余っているぐらい作って、本当にあまったらバイオ燃料にするのがいいと思うんだな。
食べ物を食べないなんて生産農家のかたには申し訳ないとは思うけど。

農業問題において。
生産者保護の観点から税金を使う、なんていうと税金の無駄使いしやがって~などと思った時もあるんだけど。食糧不足とかになると、食料安定供給のほうが税金を投入してもやるべきことなんだと思うようになった。
 食べ物の恨みは怖いんだぞ~。

おしまぃ。

10日ほど前にD40用にレンズを買った。

焦点距離が18mm~250mm。
これ一本でだいたいの用は足りる画角となる。

でもなぁ。フォーカシング速度が若干遅い。
早いのに慣れていると少々戸惑うかな。

暗いレンズなので高感度特性の良いD40との相性は良い・・・と思う。

もう少し使わないと性能については何ともいえないけど。
TAMRON_AF18250N2-1.jpg

TAMRON_AF18250N2-2.jpg

おしまぃ。

資源

| コメント(0) | トラックバック(0)

よく日本には資源がないと言われる。

レアメタルや石油。どれも少ないらしい。
本当に??

 日本の領海内、つまり海の底には鉱床がたくさんあると聞いたことがあるけど。
真偽のほどはどうなのだろう。

 海の底から掘り出すより、お金を出して買ったほうが安価というならそのほうが良いのかもしれないな。

もうひとつ。資源がある。
人的資源だ。人財だ。

これは簡単に掘り出せるのだろうか?
うーむ。埋もれた人財もたくさんあるのだろう。
誰かが発掘する必要がありそうだな。

おしまぃ。

とても久しぶりに「log演算」をすることになった。

うぉぉぉ。昔できたのに今は全然できない~。
logというより四則演算ができないのだ。

logをはずすにはどうすればよかぁ??
おもわず、Wikipediaの力をかりた。

あっていたけど、自信がないほど忘れているとは。

言い訳するなら。
使わない能力(脳力)は退化する。

あぁ。こんな夜中になにやってんだろ。おれ。。。

おしまぃ。

食用ほおずきの苗を手にいれた。

日本に昔からある「ほおずき」とは違う品種らしい。
甘いトマトのような味でデザートとして食用するらしい。
実がとれるまで無事育てることができるだろうか。

syokuyo-hoozuki-1.jpg

syokuyo-hoozuki-2.jpg

そういえば・・・苗の写真をとってなかった。
おしまぃ。

防腐剤を塗った。
まだ半分。。。
ハシゴを使って高所である梁に液体塗料を塗るというのはとっても大変な作業だ。
もう少し先まで塗ろうと足をだすと、そこには何も無い空間が・・・。

塗料と同じ程度の臭さなので我慢はできるけど、作業後に頭痛が・・・。やはり揮発成分を吸って気分悪くなった。

臭いが取れるまでまだまだ時間がかかりそうである。
夜に作業した。綺麗にぬれたと思っていたのだけど。昼みたら斑がたくさん。
塗り直し箇所もたくさんあるけど次回に・・・。
作業始めるまでに気合いがいるな。

防腐剤を塗る予定はなかったのだけど、木目も見えて、かつ、虫除けにもなるので良いなと思ったので使って見た。
天井と壁は、シュガーホワイト。塗るのはスプレーガンを使って塗る予定。梁は黒にしたかったけど、真っ黒ではかっこ悪いと思っていたので、防腐剤で色を濃くする。

この調子だと、あと一ヶ月以上はかかるな。。。たった一部屋にこんな時間かけていいのだろうか?
人生もっと有意義に使えることはたくさんあるだろー。。

作業中にあらたな雨漏りの箇所を発見・・・。
ほんっとボロい家だなぁ。

おしまぃ。

リフォーム中の家を。
高断熱・高気密 の住宅にしようと考えていた。
いちおう、壁の中にはグラスウールとか入っていて断熱を考えてはいるんだろうけど。

高断熱については、グラスウール以外にもある。新しい工法もけっこうでてきているらしい。発泡性の材料を充填するなど。

高気密についていうと、これは難しいと思う。施工技術そのものだから。同じ材料・同じ工法を指示しても業者によってできるものが大きく違ってくるだろう。業者の能力のベンチマークなど必要かもしれない。やられるほうは・・・嫌だろうけど。

何が言いたいかっていうと。
高気密にすると湿気がこもるってこと。部屋の中に湿気がこもるだけとかなら、通気性を高めればいいのだろうが。。。。壁の中とか床の下とか、高気密にすると、一度入った水分が抜けることはないだろう。透湿性のある構造にして、湿気がこもらないように施工する方法があると言うけれども、そんなうまくいくものだろうか? 
 ちなみに現在リフォーム中の家についていうと、壁の中にあったグラスウールは黒く変色していた。最初は黒いグラスウールだと思っていたくらい。黒い黴が生えたグラスウールだったのだ。壁の中まで湿気がこもらないようにするにはとても大変なんじゃないだろうか。

 できれば高断熱・高気密な家にしたいと思ってはいたけど。
素人には施工性などを考えるとなかなか難しい。
昔の日本の家のように、風通しの良い、壁の少ない家になりそうだ。。。。
温暖化も進んでいるし、寒さより暑さに対応させたほうが良いような気がしてきた。

追記。高断熱は暑さにも有効なんだけど。。。グラスウール以外の高断熱工法で素人でも手をだせる手軽な方法はないものだろうか。
 窓を減らそうと思う。窓があれば窓から熱の出入りがあるので断熱性は悪くなる。

おしまぃ。


先日のこと。

とある施工業者さんと話をする機会があった。
新しく家を造るとか、大幅全面リフォームは楽だけどちょこちょこあっちこっち直すのは面倒なんだとか。
工数割合で仕事を取りにくいこともあるらしい。大変な世界だよなぁ。。。

まぁそんな世間話の後に。
いやな話を聞いた。
「目に見えないところなんて手を抜くのが当たり前ですよ~」
その業者さんはそういうことはしてないから話すると言っていた。リフォームで一番面倒なのはそういう家なんだとか。手を抜いた家を修理するほど大変なことはないのだそうだ。あとから柱入れろと言われるのと同じだよと。あとから壁の中に電源線・電話線などを通すのも容易ではないと言う。
 「特にバブル期につくった家なんてどーしようもない」と。さらにいうと、最近でも建て売りなんてその類の家が多いとか。

素人の私もそう思う。
自分で家修理していて思うのだ。
見えないところでは、どう見ても手抜きだろと言うのがわかる。
床下なんかゴミの山だし。屋根裏だって。。。

一般住宅が業務用に使われるビルと一番違うのは、点検の方法すらないことだとか。
床下も屋根裏も入れない家なんて普通。
そういえば、この家もそうだったな。だからみんなぶっ壊して再確認してるとも言えるが・・・。

一般人が家のことについて無知過ぎるのではないだろうか。昨日までの私もその一人だけども。
30年に一度壊すのが当たり前だと思っていればあまり気にもならないだろうけど。

家のことを調べれば調べるほどいろいろと考えてしまうな。

おしまぃ。

天窓の縁から水が落ちてくる。。。。

なぜじゃ・・・。
あれだけ念入りに修理したのに。
それにここしばらくの雨では全然問題なかった。
今日のように、ある程度の雨量になると雨漏りする。

雨のなか天窓を開けて点検すると。。。
おそらくここから漏っているのだろう。。天窓の縁のコーキング剤が完全に密着していない。
本当にこれが原因かどうかわからないけど。
しばらくしたら修理しよう。

天窓なんて気楽につけなけりゃよかった。・・・・かもしれないけど。
晴れている日は快適なんだよなぁ。

おしまぃ。

知り合いの会社で。
れっどかーど と いえろーかーど が配られた。

レッドカードには「警告」と書いてあり。
イエローカードには「注意」と書いてある。

そう、サッカーの審判がもっているようなものだ。

利用方法は、
パワハラやセクハラを受けた時に、そのカードを出すのだそうだ。

すげー会社だなぁ。
パワハラもセクハラもその程度で止まるのか??
それを出された選手が逆ギレする試合も良くあると思うけど・・・。

ちなみにその会社では、「本日は定時退社の日です。」の旗が配られ、『毎日』それを見ることができるそーな。意味ねぇ・・・(笑)

おしまぃ。

春の空。

 のんびりと漂っていく雲。暖かくてふわふわした気分で雲をみている。
うとうととのんびりしているっていいな。

spring-cloud-01.jpg

spring-cloud-02.jpg

おしまぃ。

鼎泰豊
本当は日本で言う旧字体の文字。

パンフレットの写真。食べるのに夢中で小籠包の写真はない。。
DINTAIFUNG001.jpg

DINTAIFUNG002.jpg

台湾の小籠包のお店。
日本にも何店かお店があり、東京の新宿にもお店がある。

新宿の鼎泰豊に行った。お店の前にはすごい行列。いつもすごく混んでいるのだそうだ。
人についていったのでお店に入って注文してしばらく「鼎泰豊」であることに気がつかなかった。
前に台北へ行った時に入ったお店だ。
大きさは台北のやつのほうが大きかった。味も台北のほうがよかった。
おいしいものは本場に行くべし。

ランチセットのラーメンも食べたのだけど・・・。残念ながら味はいまいちだな。
やはり小籠包がおいしいお店だ。
次回は小籠包だけを食べよう。

おしまぃ。

東急ハンズで見つけた。

リングをいっぺんに8つにカッティングする道具。
そんなにいつもリンゴを剥く必要があるってどういう人なのだろ?
怠け者の道具ということだと思うのだ。

apple-cutter-2.jpg

これを買ってから帰り道、時季外れの高いリンゴを買う。

試し切り~。
apple-cutter-1.jpg

おしまぃ。


車に乗せてるお守り。

kuruma-omamori-kasugataisya1.jpg

kuruma-omamori-kasugataisya2.jpg

春日大社のお守りだ。

おしまぃ。

今年見た春の終わりごろの写真。

柿の葉
2008-haru-kakinoha.jpg

桃の葉
2008-haru-momonoha.jpg

イチゴの花
2008-haru-ichigo.jpg

パンジーの花
2008-haru-panji.jpg

ミニパンジー花
2008-haru-mini-panji.jpg

なんだっけ。。
2008-haru-ayam.jpg

おしまぃ。

ガソリンが158円。
高くなったもんだ。写真に撮ってみた。
まだまだこれからあがるだろうな。

GS158yen.jpg

おしまぃ。

マーガリン

久しぶりにマーガリンを買った。
ma-garinn.jpg

理由は簡単。
バターが品不足で店頭から消えてなくなってしまったから。

政策としての生産調整に失敗した結果、バターが品不足かつ高価なものになった。
国産バターが安価に出回るには、まだしばらく時間がかかるそうだ。

クリームをつくるときに使う牛乳(脂肪分が多い)からバターをつくることができるはずだ。
バターをつくるために、脂肪分の多い牛乳の価格も高くなっているのだろうか。

おしまぃ。

ルパン三世

カリオストロの城
監督は宮崎駿。

最後のシーンが有名。

クラリスが最後にルパンについて行きたいとせがむ。
ルパンがクラリスを抱きしめようとするが抱きしめずに、
肩を押さえて、
「人生はこれからじゃないか」と諭す。
犬のカールがやってくる隙にルパンは行ってしまう。

クラリス:「あの方は何も盗んでいかなかったわ。」
銭形警部:「とんでもないものを盗んでいきおって。」
クラリス:「?」
銭形警部:「あなたのこころです。」
クラリス:微笑

中年男のかっこよさがある映画だったと思う。
いつかあのようにかっこよくなれると思っていた。

今思うと、ローマ帝国、ゴート王国、などヨーロッパの歴史にでてくる名前は時代背景を考えてもおかしなものではない。

実に完成度の高い、ストーリー性のあるアニメ映画だと思う。
宮崎駿のつくるルパン三世の映画がありえるなら。。。。。と思ってしまうのだ。

おしまぃ。

ゆり

| コメント(0) | トラックバック(0)

百合(ゆり)

百合の球根を昨年の秋に植えた。

そのことをすっかり忘れていた。。。。
雑草だと思って思いっきり引っこ抜くと、下には、実覚えのある球根が!
あっちゃ~。やってしまった。
慌てて植え直したけど、根っこがブチブチと切れる音がしたから手遅れだろう。
もう1つ生き残ったのがあるからそれがどんな花を咲かせるか期待しようか。

おしまぃ。

信用

| コメント(0) | トラックバック(0)

信用。

これを築くためにはとてつもなく時間がかかる。
しかし、失うのは一瞬。

信用を築くための仕事をしたいと長いこと思っていた。
しかし、そんな言葉は無視され続けたと思う。
確かに、信頼を裏切ってしまうような技術力しか持っていない時もあった。

 ビジネスとして顧客との折衝、また下請けとの信頼関係をどうやったら築けるか腐心して考えて進言しても聞き入られることはなかったと感じる。

信用というものはお金で買えると、本気で思っている人たちなのだろう。会社を辞めて個人にどれだけの信用をもっているというのだ。個人として信用なんてどこにもないことに辞めるときに気がつくのか。

会社を辞めた人が、本当に喜んで会社に訪問してきているのを見たことがない。
そういうつまらない会社なのだ。会社と従業員の関係とはそういうものなのだろうか?

新しく会社を探す時に、こういう質問をしてみるといいだろう。
「退職なさった方は、この会社に遊びにくることはありますか?」
それについての本当の答えが、その会社の価値になるはずだ。
本当の答えを聞ける可能性は、、、、?%だけどね。

おしまぃ。

KitKat きなこ味

きなこ味ってどんな味なんだ? と思ったので買って確認した。
見た目は普通のチョコ。

Kitkat_kinako.jpg

中にきな粉が入ってる。
おいしいねぇ。

おしまぃ。

昨日つくったマーマレードもどき。
苦みは残っている。

瓶詰めにした。
mamarade---x1.jpg

瓶の上のほうに見えるのは砂糖のかたまり。
あまりに苦みがあるので、瓶詰めの時に砂糖を足してみた。
2、3ヶ月間冷蔵庫に入れておけば味もなじむだろう。

ところどころ黒く見えるのはこげついた部分。
香りはとってもマーマレードそのもの。
良い香りである。

おしまぃ。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2008年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。