2006年10月アーカイブ

最近話題になっている話。

全国の高校で、必修科目になっているはずなのに、授業を行わず、それを生徒に伝えず、成績表には授業を受けたことにして処理をしていたという話。
そのようなことになった理由は、受験に必要なための授業を増やすために必修であっても必要性の少ない授業はおこなわず、受験勉強に割り振っていたのだそうだ。
 なんでそんなことをしたのかというと。高校の学校長の評価は大学への進学率で決まるというのがある・・・とTVでやっていた。

そういえば、、、最近の高校生は土曜日休みなんだろうか??
休みだとしたら土曜休みになるまえと同じカリキュラムですむわけはないよな。
思うに。高校生に土曜日休みなんていらないんじゃないのか?
先生の数を増やして、土曜日も授業をできるようにすればいいんじゃないだろうか。


現役の高校生は補習などをすることでなんとかなるそうだが・・・。
すでに卒業してしまった浪人生などはどうなるのだろうか。

高校での授業と大学受験勉強の間に格差がありすぎるのが問題なんだろうか。

高校はどこでも同じ授業をするっていうのが間違いなような気もする。
必修なんて学校ごとに決めればいい。義務教育じゃないんだから。
良い教育とは。良い大学に入ること。
まずそーいう考えがなくならない限り、何やってもかわらんだろう。

おっしまぃ。

これまた遙か昔に活躍したツール。
BASICコンパイラ。
それもIBM5550というシリーズのものだ。
今更使えるものではないわけで・・・。
5550-BASICCompiler.jpg

こんなものもあったんだなぁと。
つくづく感慨深い想いである。
おしまぃ。

PC-9801F

| コメント(0) | トラックバック(0)

知り合いの家の引っ越しを手伝った。

捨てようとしているゴミの中に、とても古いパーソナルコンピュータを発見した。
かつての名機、NECのPC9801F とディスプレイPC-KD551K。
CPUは8086 16bitCPUである。1975年ごろ開発されたCPUだったかな。。。

日本で爆発的に普及したすることになるPCのはしりである。
N88BASICが標準搭載されていたっけ。
今の携帯電話よりも計算能力のないマシン。

このマシンについて語り出すと止まらなくなりそうなので。
そろそろおしまぃ。

ComputerPC9801F.jpg

そろそろ骨董品かなぁ。。

久しぶりにチェロのコンサートを聴きに行った。

武満の「オリオン」
で深~い眠りについてしまった。^^;

演奏はとってもとっても素敵であった。

そのあとのことは全然覚えてなぃ。。。
いいなぁチェロの音色は。

おしまぃ。。

ちょっと前のこと。

はくじゅほーる というホールでクラシックのコンサートを聴いてきた。

大きさは中規模から大規模くらいの大きさ。
音響効果はとってもいい。

白熱球の間接照明でとても暖かい雰囲気。
そして青色LEDによる少しだけしゃれた部分。

天井には不定形の穴。これは余計な音を消すための物だと思われる。決まった形じゃないけど左右対称ではあった。なんとも不思議な形であった。

そうそう、特筆すべきは座席だろう。
窮屈ではなくて、少しリクライニングもできて。ものすごく気持ちがいいのだ。
あ~良くねた。^^;

おしまぃ。

NHKのクローズアップ現代という番組によるとだ。。。
年間7万社の中小企業がつぶれていっているそうだ。
後継者不足から廃業が増えていっているのだそうだ。
で・・・だから?

こんなこと言いたくないけど。
後継者が不足する、本当の理由はなんだかわかってるのかね?
厳しい労働条件。口うるさい親方がいる仕事環境。安定性のない給料。
そんなことがわかっている仕事場で仕事したいとは思わないだろ・・・・。

廃業が悪いことだとは私は思わない。寂しいことではあるけれど。
廃業する会社があれば、また別のところで起業する会社があるわけで。
それが時代にあった会社であるはずなのだ。

 製造業がつぶれていくのが問題だという。本当か? 日本からは製造業の
必要性がなくなってきているだけじゃないのか?
日本以外のアジアの国に製造業の場を奪われているだけじゃないか。

もし、本当に日本という国に製造業を残したいのなら。
製造業者に税金をやすくするとか、公平性を無視してでも
やればいい。それが国の方針なのだということで。

誰もそんなこと言うわけないだろう。それは製造業というものにビジネス性の低さがあるから。
お金というものに踊らされて考えているうちは無理だろな。

税金を投入するということは、投入したお金が戻ってくることを期待しているわけじゃない。
国のインフラとして必要だから税金を投入するのだ。まぁ甘い汁を吸う人間がいないわけじゃないけど、それはそういう人間をなくすように努力すれば良いだけの話。

国は国が生き残るためのインフラとして、製造業を保護する必要がでてきたのかもしれない。いままでは自由主義経済のなかで存在していた企業を保護するってことは。。。。税金の無駄遣いを助長する可能性があるという意味で危険だろう。

製造業について、個人的に思うことは。
私は製造業が好きだ。想像を創造し、無から形あるものを作り出す。作りかたを知らなきゃIt's a magic!! なのだよ。 そういう製造業がとても素敵に思える。

おしまぃ。

himawari-jikihazure-aki01.jpg

いまごろ向日葵なのだ。
向日葵の種がこぼれ落ち、そのままにしておいたらいまごろ花が咲きそうなのだ。
こんな寒くなってから咲くなんて、、、、。
夏よもういちど~。

おしまぃ。

いつのまにか南天の実が赤くなりはじめていた。
これから寒くなるにしたがい赤みを増して
お正月のころには真っ赤になるんだな。

nanten-mi-aka001.jpg

おしまぃ。

夕暮れの中で柿をみる。
日本の風景だなぁと思う。

まだまだ葉っぱは緑いろのも残っているけど。
どんどん落葉になっていく。
kaki-ha001.jpg

ちなみにこの柿は渋柿なのだ。
kaki-yuugure001.jpg

おしまぃ。

球根を植えた。

今年は水仙の球根に挑戦。
今年掘り出したチューリップの球根も植えた。

suisen-kyukon0001.jpg

ちょうど夕方から雨が降ってきたので良かった良かった。

いまから寒い冬がきて、そのあとの春が楽しみ。

おしまぃ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

菊の一種かな。

名前がわからないけど。
菊の一種だろうな。
kiku-mamdaro01.jpg

kiku-mamdaro02.jpg

おしまぃ。

ぜんぜん甘くならないんだよな。。。
葉が全部落ちてから収穫するんだそうな。
kiwiii--001.jpg

おしまぃ。

野バラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

名前がありそうなんだけど。
わからんなぁ。
だから。野バラ。

nobararara001.jpg

おしまぃ。

苗木

| コメント(0) | トラックバック(0)

苗木を植えることにした。
木の種類は。

●ヒイラギモクセイ キンモクセイほどではないが香りが似たような香りがあるらしい。
hiiragi-ginmokusei-001.jpg

●ミナリクチナシ  実のなるクチナシ
kuchinashii-nae-001.jpg

●沈丁花 赤花と白花 を1株ずつ。
jinchoooge-nae-002.jpg

とりあえず鉢植えにした。
さて。。。どんな風にそだつかな。


ざくろ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ザクロ

ザクロの実を発見した。こんなところにザクロの木があることに驚いた!

ザクロの実の甘さがなんともおいしい。
そして、この透き通るような色。ガーネット色のなんとも美しい赤い色なのだ。
ちょっと得した気分であった。

zakuro-001.jpg

zakuro-002.jpg

おしまぃ。

秋の日に出かけた。
木漏れ日のこぼれる森の中でしばし休憩。

aki-komorebi001.jpg

朽ちた木をみていると、コケも悪くないなぁ。
などと思ったりする。

aki-kuchiku.jpg

あぁなんと気持ちの良い秋の日だっただろう。

ヒイラギモクセイの苗を購入した。

苗のうちから花がついていた。ちょっと嬉しいのであった。

hiiragimokusei-hana--002.jpg

キンモクセイの花とそっくりの形で色が白い。
そして、期待していた芳香は・・・・。
なんてこった。ぜんぜんない。たしかにほのかに香るのだけど。。。ぜんぜんないと言っていいんじゃないだろうか。。。

生け垣にもなって香りもだすなんて良い木だなぁ。。。などと勝手に思っておったのだけど、ちと残念。

まだ苗木だから香りが弱いのかな・・・。1,2年様子をみてみようか。

おしまぃ。

陽殖園

| コメント(0) | トラックバック(0)

陽殖園を紹介しているTV番組をやっている。

北海道紋別郡滝上町 にある 高橋武市さんという方がつくっている植物園。

自分の畑で自生することのできる花を植えることで1年中花が咲き続ける花園を作る。
野生種・園芸種にこだわらず、自生しつづける苗を選ぶのだと言う。
肥料を与えないことなども条件だそうだ。

高橋さん自身がいなくなっても花園はいつまでもなくならないような花園をつくるのだという。

喧嘩しない花どうしを植えるのも大事だとのこと。

NHKの番組でやっていた。

いつか見学に行ってみたいな。
おしまぃ。

栗の実の外側にあった毬。

実を採り終わると地面に落ちて朽ちるのを待つ。

また来年。おいしい実がなりますよーに。

kuri-no-ato001.jpg

おしまぃ。

金柑

| コメント(0) | トラックバック(0)

金柑の実

金柑の実のついた苗を見つけた。

甘い実になるのだろうか?


kinnkann001.jpg

おしまぃ。

秋の雲

| コメント(0) | トラックバック(0)

あたたかい秋の日に空を見上げていると。

ぽわぽわとした雲が浮いている。

天気がいいっていいなぁ。おれも雲になってふわふわと漂っていたい~。

akinookumo001.jpg

akinookumo002.jpg

akinookumo003.jpg

akinookumo004.jpg

もっと秋らしい雲を見てみたい。
おしまぃ。

通勤電車に乗る。

最近は満員電車じゃないこともある。
びみょーに人と人の間に空間が空いている。混んでないことは良いことだと思っていたのだが・・・。

変な人が多いのだ。
触れるか触れないかぐらいの距離で体が触れると嫌がるのである。わざと触れているわけではない。押されるからしかたなく押してしまうのだ。ただ、まわりはそんなに混んでいないという状況というのが満員電車と違う。
 あからさまに睨みつけたり、体を左右に揺すって邪魔だと意思表示をしたり。気持ち悪いくらいに強く自己主張をする。
 最近そういう場面にでくわすことが多くなってきた。自分だけ変な臭いがして睨まれるのかなとか思っていたが、そうではない。その人は誰に対してもにらみつけていた。 ただの変人かと思っていたのだけど、こういう人は多いのだ。いやだなぁ。
 
 こんな人ばかりだったら満員電車のほうが気楽だよなぁ。

おしまぃ。
 

藤袴

| コメント(0) | トラックバック(0)

藤袴
ふじばかま

秋の七草のひとつ。

まだつぼみだけどね。
きれいな薄紫色。

fujibakama-001.jpg

おしまぃ。

スズメバチ

とても獰猛なハチ。
木の幹にとまっているところを撮影することができた。何をしていたのだろぅ。

ただ・・・おっかなびっくりだったので、ちかよれないのであった。^^;
分類学上は、ミツバチとスズメバチより、スズメバチとアリのほうが近縁種なんだそうな。
たしかに顔は三角形しててアリみたいだよな。

suzumebachi001.jpg

suzumebachi003.jpg

おしまぃ。

柿の実 と 葉

柿の実 いい色してるんだけど、なかなか熟していかないのだ。
柿の葉 落ち葉となっても結構きれいな色をしている。秋だなぁ。。。
こんな柿の木の下でのんびりと昼寝をしていると、なんとも気分がいいのだな。

kaki-no-achiba01.jpg

kakihaha0001.jpg

kakihaha0002.jpg

kakimimi0003.jpg

kakimimi0004.jpg

kakimimi0005.jpg

秋なのでした。
おしまぃ。

大根の品種のひとつ。
サカタ種苗の製品。

色は赤。中身は白。大きさは中型。
9月のはじめ頃に植えたと思う。(メモしてた紙がなくなってしまった。。。)

育つのが早い。

味は比較的甘いかな。
サラダにしたらおいしい。色も綺麗だし。

aka-daikon-001.jpg

aka-daikon-002.jpg

chu-kabu-aka-daikon-001.jpg

おしまぃ。

水仙の球根を買ってしまった。

衝動買いである。

さて・・・どこに植えようか。
suisen-kyukon01.jpg

おしまぃ。

蕪(豊麗丸)

サカタ種苗の製品。
中くらいのカブ。

大根とちがい甘みがあっておいちぃ。
漬物にして食べてみるかな。

chu-kabu-001.jpg

chu-kabu-002.jpg

中くらいのカブ。
9月の頭くらいに種を播いたと思う。
おしまぃ。

国立駅

| コメント(0) | トラックバック(0)

JR中央線にある駅。

国立駅南口駅舎は大正15年建築という建物で、保存するかしないか注目してた。
しかしながら市議会は2006年秋に建て壊すことが決定した。

桜の咲くころとか、国立駅にはけっこう行く機会があって好きだった。
ちょっと天井の低い地下道とかも記憶に残っていたなぁ。

建て壊す前に、もう一度みてみたくて、見てきた。

kunitachieki001.jpg

kunitachieki002.jpg

kunitachieki003.jpg

おしまぃ。


彼岸花

| コメント(0) | トラックバック(0)

彼岸花
曼珠沙華

花言葉は 悲しい思い出 だそうな。

真っ赤な花で。
お彼岸のころに咲く。

mannjyusyage002.jpg

mannjyusyage001.jpg

おしまぃ。

みかん

| コメント(0) | トラックバック(0)

蜜柑

はやいもので、もうみかんの季節である。

mikan-hatumono-001.jpg

こたつに入って蜜柑を食べる。あぁなんて幸せなひとときなんだろぉ。
冬がまちどおしい。

秋になるとトンボが多くなる。

tonbo-me-0001.jpg

tonbo--0002.jpg

おしまぃ。

桑の葉

| コメント(0) | トラックバック(0)

桑の葉を発見した。

このあたりは昔、養蚕がさかんだったせいで桑の木があった。

kuwa-no-ha001.jpg

おしまぃ。

苗木

| コメント(0) | トラックバック(0)

苗木を購入した。

通販で三重県鈴鹿にある農家さんから直接購入した。
名前は「ちいちゃな苗木屋さん」。 元気のよい苗木を安価に提供してくれる。

購入した苗木は、
ミナリクチナシ ジンチョウゲ(白) ジンチョウゲ(赤) ヒイラギモクセイ
全部10.5cmポット

とても活きの良い苗木であった。
はやく土日がこないかな。植えるのが楽しみ。

おしまぃ。

労働時間によらない給料体系。
よーするに。裁量労働制度のこと。

そもそもホワイトカラーエグゼプションなんてその名の通りホワイトカラーに適用される話。
つまり管理職にのみ適応されるのだ。それだけなら、ホワイトカラーの役目だから当たり前だぁ。と思うのだけど・・・。実態としては下っ端管理職なんてたくさんいて、、、かわいそうだけど一番しわ寄せを食らうのは彼らなのだ。

ソフトウェア開発とか営業とか、ひとりでやっていける仕事の人には嬉しい制度だろう。
自分の能力がそのまま給料に反映されるはずなのだから。

と・こ・ろ・が。。。そんな人ばかりじゃないんだな。
工場勤務などの場合、工場が動いている間にみんなで働かないといけないのだ。
そういう仕事場では、時間どおりに働かないといけないのだ。ホワイトカラーにはサービス残業が増えるだけではないだろうか。

「時間に管理されない」仕事。
職種などによって大きく違うのだ。
適応するところを間違うと痛いことになると思うぞ。。。

おしまぃ。

イチジク

実になるころには鳥が食べてしまうので、あまり食べたことがなぃ。
ichijiku---001.jpg

おしまぃ。

野外活動をするときに使うボウシ。

bousi-aiyou.jpg

けっこ気に入ってる。

おしまぃ。

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。