雷害

| コメント(0) | トラックバック(0)

雷害

雷による害。
いろいろあるけれど、電気電子機器が発達した現在、雷による電気的故障は多い。

昨日の夜雷雨の時。
窓の外が明るく光ったかと思うと凄まじい音。100mぐらい離れた所に落雷。

家のブレーカーが落ちて部屋の中は真っ暗闇。・・・といいたけども。
ノートPCの液晶ディスプレイが明るく光っていたのでこれが明かりがわりになった。

ブレーカーをあげて復旧となったのだけど、コンピュータがネットに接続できない。
いろいろ調べた。これがとても大変な作業となった。
ハブ(スイッチハブ)の1ポートだけが故障していた。
見事に避雷素子が機能したということである。
ちなみに避雷素子のことを近年は「サージ防護デバイス」 (SPD: Surge Protective Device) と呼ぶらしい。

コンピュータなどの機器の雷対策は難しい。
電源線とLANケーブルの両方に避雷対策をしないといけない。
電源線のみの雷対策機器は量販店で簡単に買うことはできる。値段により性能に差があるようで雷がおきるまで効能のほどはわからんので雷よけのお札程度の意味しかない製品もあるようだ。

問題はLANケーブル側。ここに電圧がかかるとハブの個々のポートに設置されたSPD(サージ防護デバイス)で防護される。

とにかくいろんな方法で雷などから護ってやらにゃあかんのだが、間違いなく雷が落ちても大丈夫という施工するのはとても難しいのだ。

例えばコンピュータは避雷器で護ったつもりでもモニタは護らなかったとすると、モニタの電源からモニタを通りHDMIケーブルなどを伝ってコンピュータを損傷を与えたりもする。

あまり深く考えてもしょうがないのであとは諦めが肝心ということになる。
それじゃ仕事にならんのだが。。。

今回はハブ(スイッチハブ)の1ポートが壊れただけで済んだけど。
もういちど雷対策を見直したほうがいいのかな。。。。

おしまぃ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Link Facebook

Powered by Movable Type 5.04

最近のコメント

アイテム

  • ocha-momi.JPG
  • himeuzura-mizuabi4.JPG
  • himeuzura-mizuabi5.JPG
  • himeuzura-mizuabi3.JPG
  • himeuzura-mizuabi2.JPG
  • himeuzura-mizuabi1.JPG
  • himeuzura-pettobottle3.JPG
  • himeuzura-pettobottle2.JPG
  • himeuzura-pettobottle1.JPG
  • himeuzura-ot4.JPG