ウッチーの自転車日記

自転車の形

学生のころ手にいれた自転車があった。
最初は通学に使っていた。
京都にいたころには通勤用に使っていた。
 色を塗り替えることにしたのであった。

 京都のお店でだいぶリニューアルしてもらった。リムを取り替えたり、ブレーキを調整してもらったり・・・。こんな古い自転車でいろいろと無理を聞いて貰ったと今更ながら思う。でも全然乗っていないのでけっこうもったいないのであった。そこで色を塗り替え錆をとり、ハンドルをバーに換えて、ブレーキも換えることにした。。
さぁどうなるのか。京都にいたときは自転車の分解とかメンテとか全然やらなかったけど、東京に引っ越してから,思い出してみるといろいろ教えてくれたんだなぁと思ってます。



2003年9月29日
すでに、ある程度の部品をはずしてあった。
もとはこんな自転車。
すでにドロップハンドルと前輪は外してある。
ロードマンというやつで、サイズ的には少し小さい。
この日は部品を外すだけで終わりとした。




2003年10月5日(日)
塗装剥がしをする。
使ったのは、塗料はがし液。
アサヒペン。
塗装はがしで他のをつかったことがないが、かなり使いやすかった。
水洗いできるのがとても気楽であった。
場所によっては、下地塗装もいっしょに全部とることができたが、ほとんどの場所は何度も何度も液を塗ってスクレーパではがしての作業が続いた。





白く見えるのは下地塗装。一度簡単に塗ったぐらいではこの程度しか剥がれない。



塗装液でとったのはこの程度までだった。


この先は全部剥がすのに、最初は紙ヤスリでやっていたのだが・・・・。どうにもこうにも進まないことがよくわかった。
そこで新兵器。電動ドリルの先につけた金ブラシ。威力は絶大だ!


あっというまに(といっても丸一日かかった)ぴかぴかの素フレーム。


塗装をはがしたあとは最後にきれいに水洗いをした。
最後に、ラストリムーバーを原液のまま。吹き付けた。
うーむ。説明書を全然読なかった。(笑) 大失敗だった。

最後に、らストリームバーでリン酸皮膜をつくろうとしてティッシュペーパ
に吹き付けてフレームに巻き付かせて放置した。
リン酸皮膜をつくるには希釈溶液で温度60度ぐらいに5分つけるとか
しなくてはならないらしい。



2003年10月11日(土)
朝、塗装するぞと意気込んでフレームを見に行く。
そうすると黒い斑点がぁ!!
黒錆びかと、おそるおそる爪で擦ってみると、なんとか削れる。
まさか・・・。リン酸皮膜がこんな形で生成されたのか??こんな形でできなくてもいいのによぉ。
 全部爪で剥がすころには、爪が剥がれると思い。紙ヤスリを擦ったけど時間がかかりそうだ。そこでラストリムーバーの3倍希釈溶液で拭いたら、見事に消え去ったのであった。


ぴかぴかのフレームを前に一息つく。そしてプラサブをプワーと一拭き。うーんえぇのぉ。
いままでの苦労がきれーに見えなくなっていく。ふぅぅぅ。

そして、終了。
見事に苦労の後が見えなくなったフレームの一部。


2時間ぐらい他の作業しようと、いままで取り外した部品チェーン
ディレイラーギアを磨く。

プラサブの説明にプラサブ塗装したあと、1日以内に本塗装の1回目を行う。とあったのでこれまたドイト東久留米店購入のファイアーレッド塗装を行った。


プラサブよりも難しかった。
近づけすぎると、垂れたり泡泡になって気泡が残った。まぁ。あとで磨けばいいかとほっておく。



2003年10月13日(月)
重ね塗りしようと思ったのだけど雨じゃった。
どちらにしても、磨いた。前回垂れた場所。気泡がある場所。
ぴかぴかにしたつもり。写真はとってない。


2003年10月19日(日)
天候が悪かったり、都合がつかなかったりでなかなか重ね塗りができない。
やっと本日本塗りに入った。
45度程度のお湯にスプレー缶をつける。
からからとふりふりして。
ぷしゅー。。。。
きれいに塗れたとそのときは思っていた。

きれいでしょー。


この日そこそこの風があった。
小さいゴミがぷつぷつっと付いている。あきらめた。



これ以外にも見えにくいところで垂れてたり、塗りが薄かったり・・・・。
あとでみると汚いところはたくさんできた。
とはいえ、初めてでここまできれいに塗れたのでまぁ良しとしよう。
パイフとか丸い形状のものは大変だなぁと思った次第。

使ったウレタンクリア。


あとは完全効果まで78時間まって。。。。
マスキングテープはずして、、、、
部品をつけるだけ!!

とりあえず、きょうはここまで。


2003年10月25日(土)

塗装はすっかり乾いている。とにかく自転車としての形をみてみたい!
そう思ったらいてもたってもいられなくなって、ホイール、ハンドル、サドル
をつけた。
うーむ。いいのぉぉ。
今思えば、このころが一番フレームの美しさ(?)が引き立っているなぁ。
余計なものは何もついてないし。このまま地面を蹴って走っていてもよかった(笑)


これは、BBの軸。エロージョン(?)ベアリングの当たるところが削れている。
長くほっておくとこうなるんだなぁと思った次第。



いつまでも眺めているわけにはいかないので、とにかく組み上げた。
前後のディレイラーもついてるし、通勤用にバックミラーまでつけた。
タイヤの色も赤が入っているし。赤づくし。
望んだ最終形である。で、朝っぱらからあっちこっちに乗った。


・・・乗ってみてわかったのだけど。
ディレイラーの調整が面倒でしょうがない。古いからうまく決まらないし
決めてもしばらくのると調子狂うし。。。
ギアも一番重いのしか使わないし。(急な坂道は周りにないのだ〜)
一番重くしてもたいした事ないし、走れなければ歩けばいいし・・・
めんどくさがりやの僕は、、、、ディレイラーはいらない!と思った。

自転車はシングルスピードになった。いらないギアも外したいけど。
まぁそれはいいか。



通勤用に、ライトをつけた。少々格好悪いけど。実用性重視。
ディレイラー関係の部品をを外したら、なんと塗装が剥がれた。
最初からシングルスピードにしておけばよかったと後悔。



こんなふうに剥がれた。
いままでの塗装までの苦労がぁぁ・・・。至極残念。
本格的に寒くなるまえに直そう。

しばらくこれで乗ることにした。

そういえば、来週は東京国際自転車展だなぁ。
見にいくか。安くておもしろい部品があったら買ってこよう。

2003年11月1日

今日はあさから東京国際自転車展なるものを見に行った。
どれもきれいな自転車だなぁ。俺のとは大違いだと思いながらぐるーりと一回り。デモとかみていると、自転車に乗るのにもレベルがあるんだとしみじみと思った。
 みていてきれいだなぁと思ったのはTestachのcyclo3。ほしくなったけど当分買わないだろうね。今はまだ見ているだけで満足。
 野外では試乗会をやっていてリカベントなる自転車に乗ってみた。少々こつがいるけど空がよく見えて気持ちいいなぁと思った。街中では小回りきかないから取り扱いが面倒だと思う。
 即売会みたいのをやっていた。フラッシュライト(後ろから見たときの点滅ライト)を一つとどこのかわかんないけど工具を買った。久しぶりにきれいな工具を買った。ちょっと満足。

 帰ってきてから、自転車のシートポストを換えることにした。いままずーっと短いまま我慢していたのだ。だから本当に気持ちよく乗れなかった。前よりも4cmぐらい高くなったはず。



とりつけるためにはシートポストを固定する必要があった。いままでのシートポスト側に固定するための仕組みが備わっていた。そこでシートポストを固定するためにフレームに5mmのネジ穴を切り、ネジで押さえることにした。


シートポストが固定できたらとりあえず調整用の工具をもって近くをぶらぶーらと走って見た。文句なし!であった。俺の足は長いんだと自信をもった。(なんのこっちゃ)

試乗が終わると前に剥げてしまった部分を塗装しなおすことにした。
塗るところをてきとーにサンドペーパーで磨いて、赤いスプレーでプシュっと一吹き!
その結果は最悪であった!。


見事にしわしわーになってしまった。確かにウレタン塗装に使用したスプレーには注意書きで書いてあった。本塗装後に下地に使用したアクリル系の塗装剤を使用するとしわしわになるって。わかっていたけど・・・。ここまですごいとは思ってもなかったよ。

 初めてのことをするといろいろと失敗するけど強烈な失敗であった。なんかこれをみたら、タイヤまで赤くしておくことはないなと思って、タイヤをもとのやつに戻した。

奥、元のやつ。手前、色まで合わせたタイヤ

タイヤを外していたらブレーキがずれてしまったので、ブレーキの位置を変えてネジを締め直した。そしたら・・・壊れた。
金具にヒビが入っていたから注意しないとなと思っていたら、くにゅっと曲がってしまったのだ。なんか踏んだり蹴ったりの日だなと思って、明日、ブレーキ修理することにした。
ペダルも、片面SPDが使えるやつにしていたけど、もっと安いのでいいやとこれまた取り替えてしまった。

 なんとも言えない脱力感で終わった一日であった。

また、明日がんばるぞぉ!。
おぉ。


2003年11月2日(日)

 昨日壊したブレーキの部品を補強する部品をなんとか作った。どうにかブレーキが完成した。しばらくはこれで大丈夫だろう。古いブレーキだからもう代替え品が見つからない。大事に使おう。

 修理後、試走をしに行く。最初は問題なかったが、またまた問題が発生した。なんとシートポストが下がってしまったのだ。下記の写真のようにネジ一個で締めていただけだからあまり効かなかったみたい。


のんびりと帰ってきてから、フレームとシートポストごと穴をあけてネジで締めた。
さすがにこれだけしめれば落ちることもないだろう。これでも壊れるようなら諦めよう。


試走から帰ると後ろのギアが一段軽くなっていた。勝手に段が変わってしまったようだ。チェーンを短くしたかったのだが、これ以上短くできなかった。
 チェーンを新品と変更しようとして古いチェーンと比べてみたら、長さ(ピッチ)が違う。古い方は伸びてしまったのかもしれない。
 新しいチェーンのほうがあまりが多いため使えなかった。余りがあるためフレームにふれてしまう。うーむ。チェーンの長さとギアの歯数とかいろいろかんがえないとちょうど良い設定にできないぞ。困ったぁぁぁ。
 これ以上お金かけたくないしなぁ。ふーむ。どうすんべぇ。
後輪だけディレイラーをつけようか。テンションを張るためだけに。


タイヤをよく見てみたらひび割れていた。2年以上使っていなかったからな。すり減るまで乗って換えよう。ものはpanaのpacela。
今度換えるときはツーキニストにしよう。・・・だいぶ先になりそう。



最後の形。
乗りやすくなったと思う。



とりあえず、これでおしまぃ。

2003年11月8日(土)
ディレイラーがないというのは整備の必要がなくていいもんだと本気で
おもっていたんだけど。チェーンのたるみがあるので、たるんだときに
チェーンがとなりのギアにひっかかりとても危険な状態になることがあった。
慣れれば大丈夫かと思っていたけど、慣れるまえに事故を起こしそう。
 チェーンを張るためだけに後ろのディレイラをつけることにした。
普通につけたらバネが弱くなっているのかなんかあまり調子が良くない。
で、チェーンを短くした。こんな感じ。


ちょっと格好悪いけどこれでえぇ。音も少し出るな。
いままでみたいに弛みがでることはなくなった。

ピストがいいなぁ。。。ブレーキがつけば。
だんだん深みにはまっていく・・・・。(笑)

自転車修理についてはとりあえずおしまぃ。

2003年11月15日(土)
自転車のホイールを作ってみた。
むかーしから自転車のホイールがどうなっているのか不思議で不思議でたまらなかった。いつかつくってみるぞとおもっていたんだけど。やっと試すことができた。前輪だけだったけど。

材料でスポークの長さが296mmで組んでしまったけど、あとで調べたら298mmが良かったらしい。2mmたりないと危ないかもしれないが・・・。事故になってから考えるか。(笑)
後輪を作るときにでも時間があったら作りなおしてみようか。

使った材料は以下のとおり。
ハブ TIAGRA フロントハブ
リム MAVIC MA3
スポーク 星296mm Φ2mm
ニップル スポーク同梱品
リムテープ Panasonicの700x15mm
チューブ Panasonic 700c 18〜23
タイヤ Panasonic Stradius

組み方 32H6本組

使った工具
パークツール テンションメーター
パークツール センターゲージ WAB−4
パークツール 振れとり台 TS2
         台
ニップル回し 適当なやつ。

参考文献
 やまのせサイクルのHP

4時間ほどで組めることがわかった。それなりに楽しい作業であった。
やまのせサイクルでつくってもらったホイールを見てみたら。
ものすごく正確であった。 2年たっても全然ぶれてないし。
さすがプロだと思った。

WAB−4もTS−2も工具として微妙に使いにくい。
改良してみいよう。
WAB−4は中心軸をデプスメータのような仕組みにするとか。
TS−2は振れとるセンサーの位置を左右に平行移動
首振り移動させることができるとか。

時間があるときにでも考えよう。


2003年11月18日(火)

はじめて会社まで自転車通勤をした。
距離にして6.5km程度。

あさ、5:50分に目が覚めた。
TVをつけると本日の日の出は6時17分とか言っている。
へぇー。日の出前に家でるなんて遊ぶときだけだ。などと思い、飛び起きる。

6時10分、家をでる。
6時18分、自転車の場所につく。。
       家には邪魔だから置くなと言われしかたなく車のなかに置いていた。
       自転車の前輪の空気が少し抜けていたけど
       いまさら空気いれるのも面倒なのでそのまま乗る。
6時20分 出発
6時46分 会社の前の駐輪場着
       おそらくベストタイムだろう。
6時56分 コンビニ経由で会社着。正味26分で着く。

感想と結論
 自転車通勤は今日が最初で最後だろう。
電車で来ても時間的には同じか電車のほうが早い環境にある。
電車だと新聞が読めるが自転車だと読めない。

天気予報によると明日は雨らしい。雨の日に自転車にのるたくないしね。

最大の問題は。
こんなに朝早く出たのに、車道を走るので車への恐怖感はすごいもんだ。
朝早いから車もかっとんでるし。これ以上寿命を縮めたくない。
たぶんこれ以上遅くても車は増えるだけで怖いだけだろう。

帰りは暗くなった道を慎重に帰った。それでも車にクラクション鳴らされること数回。
歩道にぶつかってふっとぶこと1回。(無傷であったが)
スーパーの袋をもったおばちゃんにぶつかりそうになること2回。

自転車を作る楽しみではあったが・・・。
通勤するのはおもったほど楽しくない。

ということで。一応の目的。自転車出勤は達成できたので
これでおしまぃ。
帰ったら定期券を買いに行こう。

おしまぃ。